ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
レトリーブ・トレーニング
at 2018-02-18 09:16
糖分と煙草
at 2018-02-03 10:37
最小にして最大
at 2018-01-24 15:33
ウォーキング ステッキ 到着
at 2018-01-11 14:11
本年も、よろしくお願いいたします
at 2018-01-01 00:02
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

スキー場近くの温泉

今日の千葉県は晴天ながら、帽子が風で飛ばされそうな強風でした。
そんななか、ブリタニーの飼い主さんに請われて、成田空港近くの野原で呼び戻しのレッスンを行いました。
我が家からは、エステルが参加しました。

e0204314_13355542.jpg


↑ エステル カッコいい~  ドッグカレンダーの写真みたい・・・! (← 自画自賛:苦笑)


昨年の3月に北関東のセンターから我が家に来たエステルは、フラウやクワンの様にレトリーブが得意な訳でも、フリスビーが競技会に出場するほど上手い訳でもありません。
ボールのレトリーブもフリスビーも、そこそこ出来る様にはなりましたが、まあ  ”少しは出来ます・・・” というレベルです。(これから、レトリーブもフリスビーも、いま少しは上達できると思っておりますが。。。)

しかし、野原を走り回っていても、笛が鳴れば 尻尾をブンブン振りながら戻ってきますし、何と言っても温和で興奮することも少ないので、とても暮らしやすい女の子です。
先日も、保護団体の里親会に同伴しまして、繋いでおきましたら、色々な方が撫でに来てくださり、 「この子は貰えませんか?」 という里子希望のお申し出も、数名の方から頂きました。(笑)

エステルは家庭犬としては本当に理想的な子だと思っています。



年末から年始にかけて、スクールに在籍なさっている 「元保護犬の飼い主さん」 から、嬉しい電子メールやお手紙を頂戴しました。

その中の、お一人は うちのスクールにしては珍しいボーダーコリーの保護犬(Bちゃん)と暮らしている方なのですが、 Bちゃん が人に対しても他の犬に対しても怖がりなことを、悩んでいらっしゃいました。
グループレッスンで他の生徒さん(ワンちゃん)と自由に走ったり (どの子とどの子を一緒に遊ばせるか・・・という配慮はもちろん、した上で) 他の飼い主さんと接していく過程で、Bちゃんの怖がりは随分と改善されました。
先日もBちゃんは自分から、知らない人に挨拶に行ったそうで その人から 「まあ ずいぶん人懐こい子ね~」 と言われたことを、飼い主さんはとても喜んでいらっしゃいました。
Bちゃんは1月から野原組に昇格し、これからは野原をノーリードで飼い主さんと歩いたり、笛が鳴ったらきちんと足元まで戻る練習をしていきます。




また、CACI (コンパニオンアニマルクラブ市川) 出身の英セッター、Fちゃんの飼い主さんからは 「Fちゃんが家族になってくれたお陰で、今まで見過ごしてきた景色や公園など様々なものに目が向くようになりました。犬と一緒の生活は、いいなぁ~と思います」 とお手紙を頂きました。
Fちゃんも、一人息子の様に可愛がられていて、レッスンで飼い主さんとFちゃんを見るにつけ、双方が本当に幸せで楽しいのが、手に取るように判ります。
Fちゃんも近い将来、是非 野原組に昇格して飼い主さんと共に野原を駆け回って欲しいと願っています。




Bちゃんも、Fちゃんも 野原組に参加してもらうのは、「ノーリードでの呼び戻しがきちんと出来る様になって欲しい」という願いと同時に 「遊びのレパートリーを広げて欲しい」 という思いからです。




私は、服従訓練の競技会にでも出場するのでなければ、多少リードを引っ張って歩こうが、道端の匂いを嗅ごうが、飼い主と愛犬が多少、離れて歩いていようが、問題はないと思っています。
飼い主の左足に擦り付くような脚側歩行なんて、一般の家庭犬には必要ないのではないかと思います。

ドッグスクールの役割は、飼い主さんが問題としている行動の矯正は必要ですが、あとは飼い主さんと愛犬が絆や信頼関係を構築したり深めたりすることのお手伝いだと思っています。(競技会への出場を目指している場合は、また異なりますが。。。)




そして、 信頼関係の構築に最も大切なことは、飼い主さんの足元を愛犬が快適な場所であると認識していること  だと考えています。
呼び戻しも、犬を畏怖させたりするのではなく 「呼ばれて、足元まで駆け戻るのが好き!」 という愛犬の心を育てていきたいのです。


そして、飼い主さんの足元を好きになってもらうには、お菓子で釣るのではなく (そもそも、ノーリードで野原を走り回っている時にお菓子では釣れないので) 飼い主さんが愛犬と楽しく遊ぶことです。
その為のツールとして、ボールやダミー、フリスビー、ロープなどは、とつても有効だと思っています。

そして、様々なツールを使って遊べることは 「遊びのレパートリー、生活のレパートリーが広がる」 ということです。
ただ散歩をしたり自転車引きをするだけではなく、ボールやダミーやフリスビーでの遊びもプラスされることは、楽しいドッグライフを送るうえで、きっと役に立つと思います。


例えばの話ですが、スキー場近くの温泉に冬に遊びに行った時、勿論 ご馳走を食べて温泉に入るだけでも楽しいとは思いますが、もしスキーができたなら・・・
日中は白銀にシュプールを描き、疲れを温泉で癒し、運動したお腹がペコペコになれば、ご馳走もことさら美味しく感じることでしょう。

同様に、ワンちゃんと海や湖に行くだけでも楽しいかもしれませんが、そのワンちゃんが 海や湖にに投げ込まれたボールをレトリーブできたら、飼い主さん・愛犬の双方にとって、更に楽しいものになるのではないでしょうか?

ただし、投げられたボールをとりに行ってくれない様では困りますし、ノーリードで飼い主の言うことを聞かず湖畔や海岸を爆走していたら・・・


愛犬の生活の幅を広げて欲しい。
スキー場近くの温泉へ行ったなら、是非 湯治やご馳走だけではなく、スキーも楽しんで欲しい!
しかし楽しむためには最低限、習得してもらわなければならないことがある・・・
楽しみのレパートリーを増やすための訓練!
私は、そのように考えています。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
# by gundogclub | 2011-01-07 15:03 | MY TALK

くぅちゃん

今日は、 くぅちゃん のお話・・・
と言っても、我が家の黄金爆裂娘のクワンのお話ではありません。
クワンの最初のお名前は、確かに くぅちゃんですが・・・


e0204314_1554918.jpg

 ↑ ちなみに、こちらが我が家のくぅちゃん、ジャンピング・クワンの写真・・・



スクールのレトリーブクラス所属の蛍ちゃん (チェサピークベイ・レトリバー) のママであるHさんは、昨年 新たに保護団体 Pawpads (ぱうぱっず) を立ち上げました。 
pawpadsさんは、月に一度 辻堂海浜公園で里親会を開催しており、私もこの里親会で躾相談と躾教室を開催しております。


そのpawpadsさんが、昨年の12月に神奈川県のセンターから引き出した女の子が本日、ご紹介する くぅちゃんです。

くうちゃんは、推定6ヶ月のイングリッシュセッター系の女の子です。
純血のイングリッシュセッターではなく、他の犬種とのMIXの様にも見えますが、定かではありません。
体重は13kg程度です。


e0204314_15175257.jpg



先日、くぅちゃんに初めて会いましたが、とても元気な女の子です。
そして、 レトリーブ能力はかなり高そう です。
初めて見たであろうダミーが投げられると一直線にダミーに走り、しっかりとダミーの真ん中を咥えて、足元まで戻ってきます。
ダミーの端っこしか咥えない我が家の くぅちゃんに、少し爪の垢を頂くことにしています(苦笑)





きっと、散歩だけではなく、ボールのレトリーブなどの遊びも楽しく出来る様になると思いますし、練習すればフリスビーの競技会や、レトリーブトライアルの競技会でも活躍できるかも!!

ただし、何も教えていない子犬(と言うか若犬)なので、まだまだ散歩ではリードを引きますし、動かずに停座していることは、苦手です。(私がリードを持つと、かなり長い間 脚側停座を続けられます)
誘惑(刺激)に対する反応が、ものすごく早いので、ぼんやりしていたら手からリードがすっぽ抜けて、くぅちゃん どこかへ跳んでいってしまうかも・・・

でも、ボールやダミーなどへの集中力や執着心があるのは、とても良いことです。
その集中力や執着心を上手に使って訓練すれば、短期間で驚くほど成長をする子ではないかと思ってます。

本当は、我が家に迎え入れたいのですが、くぅちゃんが2頭 になると私の体がもたないのではないかと・・・(汗)


e0204314_15493738.jpg



因みに、くぅちゃんの名前の由来は、Hさんが自宅で預かり親をしている9頭目の犬なので、
くぅちゃん・・・
既に10頭目の子もH家に預かりワンコとして迎え入れられていて、こちらは10頭目なので
藤(とう)吉郎君なそうで。。。


お問い合わせは、 Pawpadsさんのホームページのお問い合わせ欄からお願いします。


くぅちゃんに素敵なご縁がありますように・・・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
# by gundogclub | 2011-01-05 15:46 | 保護活動

いやぁ~驚いた!

今日は犬のお話ではなく電気掃除機のお話です。

昨年の暮れに 「自宅を購入して以来、10余年間で最も念入りに大掃除をした」 というお話は前々回の日記で書かせて頂きましたが、実はその大掃除の途中で掃除機が壊れてしまいました。
スイッチを押しても、ウンともスンとも言わなくなってしまって・・・
仕方が無いので、ほうきで手作業掃除を行いましたが、効率は悪いし カーペットや絨毯の掃除は出来ないし、本当に閉口してしまいました。


それにしても、我が家は掃除機が壊れるサイクルが早すぎる気がします。
新婚のとき (品川区のマンションで家内と義母とで暮らしていたのですが) に購入した掃除機は5年ほど壊れなかったのに、千葉に自宅を購入し シャドーが我が家に来た後は 1年半~2年で次々と掃除機が壊れてしまいました。

掃除機の耐用年数って、そんなに短いのでしょうか?
家内は、「すぐに壊れるのは、犬の毛のせいだと思う!」 と言っておりますが、皆さんのご家庭では如何ですか?
ペットの毛と掃除機の耐用年数って、やはり因果関係があるのでしょうか



そして、家内は掃除機が壊れても壊れても、サイクロン式を買わずに紙パック式の掃除機を使い続けていました。
まあ、今から10年ほど前は、サイクロン式の掃除機ってダイソンだけ だった気がしますし (実際は他のメーカーでも製造していたのかもしれませんが、私は詳しくないので・・・) 掃除機の価格としては高価だったので家内は敬遠したのだと思いますが、国内メーカーが次々とサイクロン式を発売しても、依然として紙パック式を選択し続けていました。

家内は 「強力吸引!」 を謳い文句にしている紙パック式が好きだった みたいです。




ところが、いつの間にかペットの有無を問わず、サイクロン方式が掃除機の主流になっていた様で(苦笑)、スクールの生徒さんにお伺いしても、もう大部分の方がサイクロン方式を使っていらして、我が家は完全に乗り遅れている感じ・・・
それと、 各社の掃除機などについて、すごく詳しい生徒さんが多い のにも驚きました。

「紙パック式とはゼンゼン違いますよ!」 と聞いていたので、家内にも 「次に買う時はサイクロンにしようよ!」 と話をしていたのですが、思いもよらず掃除機が壊れたので、サイクロンの力を実感する機会は、予想より早くやってきました(苦笑)



今日、家内と掃除機を買いにいきました。
家内は、昨日も電気屋さんに下見に行って 「ゴールデンレトリバーの写真のシールが貼ってある掃除機が気に入った!」 と言っていました。
「吸い込んだペットの毛の匂いを除去する機能」 があるそうで、でもメーカー名も型番もメモしていなかったので、ひたすら家内と2人で 「ゴールデンレトリバーの写真のシール」を探したのですが、見当たらず・・・



結局、あれやこれやと迷った挙句、パナソニックの この掃除機 に決めました。
新型が新たに発売されたので、かなり値引きしてくれました。(笑)
それでも、結婚以来 我が家が購入した掃除機としては最も高額な掃除機です。


e0204314_18552383.jpg




本当はネットの電化製品の比較サイトなどで比較検討したり、ユーザーの使用インプレッションなどを読んで、じっくり選定するのが 「正しい電化製品選択の方法」 なのかもしれませんが、「予算最優先」 だったので、予算の範囲で、まあ適当に・・・
ダイソン様は高くて手が出ませんでしたし、国内メーカーでも7~8万円の掃除機が複数、売られていることには正直、驚きました。



で。。。
自宅に戻って、早速 最も汚れている (と言うかクワンの毛が織り込まれて色が変わっている) 居間の絨毯を掃除してみたのですが、いやぁ~ 驚きました!
まさに新鮮な驚きでした。(笑)
「確か、買った頃は こんな色だったよねぇ~」 という色に絨毯が蘇った(爆)のです。
紙パックの掃除機では、掃除しても殆ど絨毯の中に入り込んだ毛は掃除できなかったのに・・・

ただ、あまりに絨毯に入り込んでいたクワンの毛が多すぎたのか、途中から掃除機のノズルの回転部に毛が絡まって、回転部のローラー動かなくなり、何度かノズル部分の分解清掃が必要になってしまいましたが・・・

他のメーカーでは、あんなに何度も分解清掃をする必要が無いのか、あるいは絨毯に織り込まれた毛の絶対量が多すぎて、どのメーカーのものでも、ローラー部の毛の除去が必要だったのかは、よく判りませんが・・・




いずれにしても、本当に新鮮な驚きでした。
行燈しか知らなかった人々が、ガス燈を見た時も、こんな感じだったのかも・・・(苦笑)

「今更、サイクロン掃除機で驚くなよ!」 と日記の読者の方から笑われてしまいそうですが。。。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。



                                                              
 
[PR]
# by gundogclub | 2011-01-03 19:20 | その他

明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。
昨日は日記に大晦日のご挨拶を書きまして、そこで 「不調法ながら新年の挨拶に代えさせて頂きます」 と書きましたものの、やはり改めて新年謹賀のご挨拶を。。。

THE GUNDOG CLUB 2'd stage ・・・ 昨年に増しましてご愛読の程、宜しくお願い申し上げます。

e0204314_22125190.jpg



本日は、家内と息子二人を連れて父の家へ新年の挨拶に行きました。

昨年の暮れに愛犬ラブちゃんを天国へと見送った父は、ラブちゃんが逝去した当初は 「とても新年を祝う気分ではないので、正月も来なくていいから・・・」 と言っていたのですが、少しは落ち着いた様で、どうにか共に新年の食卓を囲むことが出来ました。


ただ、後顧の憂いが無くなったかの様に ここ数日 家の中の整理を始めたことが息子の私としては、気になっています。
2007年の4月に実母が逝去して以来、あまり入ることもなかった母の部屋の遺品も片付けだした様で・・・
母は洋服を作るのが趣味で、よく銀座の馴染みの生地屋さんに母の姉妹たちと一緒に生地を買いに行っていました。
母の部屋の押入れには、手付かずのままの生地のストックが沢山残っていた様で、私も何枚か生地を貰って帰りました。
ソファーカバーにするのに丁度良い大きさのものが沢山ありましたので・・・


3姉妹の写真の背景に写っている赤茶のソファーカバーも今日、貰ってきた母の遺品の一枚です。
なんかフラウ姐さんは保護色みたいになっていますが・・・


私としては、父がこのまま 「家の中の整理」 などをしながら暮らすのではなく、もう一度 共に暮らす相棒 (犬でも猫でも、どちらでもいいと思います) を得て、その相棒との生活を楽しんで欲しいと願っています。
それも保護団体から譲渡して貰うミドルエイジの犬や猫がよいのではないかと思ってます。
でも今はまだ、父もその気にはなれないみたいです。
まあ、押し付けても仕方のないことですし・・・



ところで保護団体の中には 「小学生以下の子供が居る場合は譲渡不可」 とか 「高齢者の一人暮らしは譲渡不可」 と、無条件に譲渡対象から除外してしまう団体もある様です。
確かに、無条件に除外することにより譲渡後のトラブルを未然に防ぐことが出来るのかもしれませんが、反面保護犬や保護猫の嫁ぎ先を自らの手で狭めているとも言えるのではないかと思います。

要は保護団体の譲渡決定担当者 (大抵は団体の代表や主要メンバーの方だと思いますが) が、きちんと譲渡希望者に会い、その希望者と譲渡希望の犬や猫がマッチングするかどうかの見極めを出来る経験や判断力を有しているか否か・・・ということなのだと思います。
まあその判断力に自信が無い場合は、条件に合致しない希望者を機械的に除外した方が後々のトラブルを回避することが出来るのかもしれませんが・・・




そして、今年も私個人としても、またDogSchool I’ll としても 保護活動や保護犬の躾や訓練に積極的に関わっていきたいと思っています。
湘南の辻堂海浜公園で月に1度、開催される保護団体pawpadsさんでの躾教室をはじめ、千葉県の動物愛護ボランティアとしても具体的な貢献をしていきたいと考えております。
昨年までと同様、元保護犬の訓練もLADFでのグループレッスンから野原組の呼び戻しを主体としたレッスンも行っていきます。


我が家の3人娘・・・
フラウ姐さんを除くと、元の飼い主さんから譲渡して頂いた子だったり、保健所が実家(笑)の子だったり・・・
でも、「子犬の頃から飼っていない」 ということが、共に暮らしていくうえで何らの支障にもなっていません。
エステルでさえ、子犬の頃から我が家に居る様な錯覚に陥ることもありますし・・・


保護犬と共に暮らすことの楽しさ、そして保護犬であることが生活をする上で大きな障害にはならないこと、更には保護犬であっても十分にスポーツドッグとして通用すること等々・・・
今年も、それらのことを多くの方々にお知らせできる年となりますことを願っています。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
# by gundogclub | 2011-01-01 23:18 | MY TALK

来年も宜しくお願い致します


2010年も残すところ、あと数時間となりました。
大晦日の一日を、如何お過ごしでしょうか?

我が家では、一昨日と昨日 2日に渡って大掃除を行いました。
小学2年の次男も戦力として掃除に参加できるようになり、マイホームを購入して10年余にして初めて、キャビネットや飾り戸棚など大きな家具を移動させての大掃除となりました。


居間の家具の裏には、カフェオレ色の綿ゴミが沢山、堆積していました。
シャドーのチョコレート色の毛と、クワンのクリーム色の毛が交じり合って、まさにカフェオレ色の綿ゴミに・・・。



ところが2階の寝室や長男の部屋はシャドー以外のワンは立ち入り禁止 (2年程前からフラウ姐さんも2階解禁となりましたが・・・) にしているので、家具の隙間などから出てくるのはチョコレート色のシャドーの毛のみ・・・
捨てるのが惜しくなって家内と 「とっておこうか?」 と話しましたが、まあ結局は捨ててしまいました。



もっとも、動かすことが出来なかった家具もありますので、家中のシャドーの毛を全て除去することは不可能だと思います。
家中いたる処に潜んでいる(笑)シャドーの毛は、シャドーの思い出と共に、この家が解体されるまで、家具の裏などに、ひっそりと存在し続けることになります。
それはそれで、ちょっと嬉しいかも・・・・

4歳のシャドーと生後3ヶ月の頃のフラウ
e0204314_1873975.jpg




今年は初夏に家内が長期入院を余儀なくされたり、師走になってからシャドーそして父の愛犬のラブちゃんと、立て続けに天国に召されたりと、寂しいこと、悲しいことの多い一年でした。

しかし、多くの皆様から有形、無形の様々な励ましや支えを頂戴した一年でもあり、改めて感謝申し上げます。



来るべき新年が皆様にとって笑顔に満ちた素敵な年となりますよう、お祈り申し上げます。

不調法ではありますが、この日記をもちまして年賀の挨拶に代えさせて頂きます。
[PR]
# by gundogclub | 2010-12-31 18:33 | MY TALK