ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
外部リンク
最新の記事
レトリーブ・トレーニング
at 2018-02-18 09:16
糖分と煙草
at 2018-02-03 10:37
最小にして最大
at 2018-01-24 15:33
ウォーキング ステッキ 到着
at 2018-01-11 14:11
本年も、よろしくお願いいたします
at 2018-01-01 00:02
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

レトリーブ・トレーニング


愛犬と暮らすなかで、その暮らしの中に ”レトリーブ・トレーニング” を、取り入れるようになって15年ほどが経ちました。

初代 シャドー (フラットコーテッド・レトリバー)
e0204314_08151444.jpg

二代目 フラウ (ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)
e0204314_08152820.jpg
e0204314_08154035.jpg
レトリーブ・トレーニングには、 『単に、投げられたダミーを咥えて戻る練習』 ではなく、練習の過程において 「愛犬と共に暮らすうえで、愛犬に習得させるべきこと」 「習得させた方が、より暮らしやすくなること」 の多くが含まれていると、感じています

パピー・トレーニングにとっても、レトリーブ・トレーニングを取り入れることにより、 飼い主を意識すること  飼い主と共に歩くこと  飼い主の指示に従って遊ぶこと  飼い主と遊ぶ楽しさを知ること  様々な誘惑を我慢すること など、遊びを通してパピーに習得させることが可能です。

三代目 クワン (ゴールデン・レトリバー)
e0204314_08155280.jpg

四代目 エステル (イングリッシュ・ポインター)
e0204314_08160405.jpg

よく、例えに用いるのですが 例えば 紐付きボールで遊ぶにしても 「飼い主が、ボールを投げる動作に入ると同時に走り出し、投げられたボールを咥えて戻る」 のと 「飼い主がボールを投げ、投げられたボールが地面に転がっても動かず、飼い主からの指示があって はじめてボールの回収に向かう」 のとでは、大きく異なります。
「うちの子は、ボール遊びが大好きなんですっ!」 と飼い主が自慢する犬たちのなかでも、 この 「指示があるまで、待てる犬」 は、そんなに多くないかもしれません。
まして、「早くボールを投げてくれ!」と飼い主に吠えて要求する様では、 「飼い主が犬と遊んでいる」のではなく、「犬に飼い主が遊ばれている」ような感じかもしれません。

五代目 ソロモン (ワーキング・コッカースパニエル)

e0204314_08161930.jpg
六代目 美琴 (ミックス)
e0204314_08163460.jpg

我が家の犬たちは、犬種を問わず、日々の生活の中に レトリーブ・トレーニングを取り入れています。
クワンやエステル、美琴のように レトリーブ競技会に参加した事もなければ、参加する予定もない犬たちも含め、
・ ダミー遊びが、好き
・ 指示があるまでは、ダミーが投擲されても停座を続ける
・ しっかり、ダミーの真ん中を咥える
・ 可能な限り、フルスピードで戻ってくる
・ 咥えてきたダミーを、きちんと手渡すことができる
などは、こなすことができます。

「物を咥えたら、全速力で しかも最短距離で戻ってくる」という修練は、クワンの場合はフリスビー競技会で大いに役立って います。


「レトリーブ競技会に参加する、しない」に関わらず前記のように、レトリーブ・トレーニングは愛犬と暮らすうえで、非常に有益だと思っています。
今後も、我が家に迎え入れた犬たちは、犬種を問わず、レトリーブ・トレーニングをドッグライフのルーティーンとして、取り入れていくことになると思います。

しかし、ドッグスポーツに限らず 「習い事の成果・上達具合」を計り、また同じ道を歩む他者と練度を競うことによって、自らの習得度を客観的に判断できる 競技会や発表会、コンテストは、必要であると感じます。
独学だけでは、意欲の維持が困難ですし、自らの習得度やレベルを計ることが出来ません。

「競技会のために、犬と暮らしている」のいうのは 何か本末転倒のようにも思えますが、「同じ道を歩む他者と競う」ことも、必要なことだと感じています。


 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします






[PR]
# by gundogclub | 2018-02-18 09:16 | レトリーブ (GRT)

糖分と煙草

1. 煙 草

一年前の今日、2月3日・・・ 私は千葉市内の総合病院に入院しました。
口腔内にできた腫瘍状のものを、約3週間ほど通院もせず我慢した結果、化膿が顎関節にまで広がり、また歯茎の化膿が複数個所に達しました。
結果、顎関節の化膿により、口が殆ど開けなくなり、たばこのフィルター (直径7mm程度) すら、上下の歯の間に ”ねじ込む” ようにしなければ咥えられなくなりました。
しかも、煙草を吸うと、口腔内の腫瘍や傷口に痛みが走るようになりました。

それでも・・・ 口が殆ど開けず、煙草の吸い口部分を上下の歯間に、ねじ込み さらに喫煙をすることにより口腔内に痛みが走る状態になっていたにも関わらず、喫煙を止めることは、ありませんでした。
2月3日、総合病院 口腔外科の診察予約時間の15分ほど前に、病院と道路を挟んだ向かい側にあるコンビニの、ごみ箱横に設置されていた喫煙場所での一服が、最後の一本となりました。

口腔外科での診察を経て、即日入院が決まり、「約35年間の喫煙、それも一日に30本は吸う生活」 から 否応なく 「入院による禁煙」 を強いられ 『どんなにか禁断症状に苦しめられることだろう』 と畏怖 (説明を受けた口腔内の麻酔手術や、複数本に渡る抜歯の予定より、禁煙による禁断症状のほうが、むしろ気になっていた) していたにも関わらず、不思議な程、禁煙による禁断症状などは全くなく 拍子抜けする程で、 「煙草を吸わなくても、こんなに何事もないのなら 退院後も喫煙しなくてもいいかな・・・」 と思い立ち、以来 退院して1年を経過する本日まで、煙草は1本も吸っていません。

2. 糖 分

一昨年の5月 ゴールデンウィークが明けた頃・・・その頃はまだ 自宅で一人暮らしをしていた父の家を訪れ、父が血圧計で血圧を計測していたので、私も計測してみた処・・・ あまりの高血圧に目を見張りました。
年々、肥満しつつあることは自覚しておりましたが、血圧は計測しておりませんでした。
すぐに自宅に駆け戻り、掛かりつけの内科に飛び込みました。 血圧降下薬を処方されると同時に 減 量を指示 されました。

50歳を過ぎても、炭酸系飲料や、甘い缶コーヒー、カップ麺 などに、まみれた生活 をしておりましたので、まずは 糖分を控える生活 を始めました。
炭酸系飲料、加糖缶コーヒー、カップ麺は一切 飲食せず、ご飯のお茶碗を小さいものに変更し、野菜を意識的に摂取する様に心がけた結果・・・ その年の12月までの 約7か月で体重が15kgほど減りました。 
体重が15kgほど減り、身軽になり ウエストも13cmほど細くなり、喜んでいたのも束の間、上記の口腔内の化膿による苦しみが始まり、口が開かなくなり、何も食べられなくなり・・・ 結果として、体重が15kgほど減って、喜んでいたものが、次には好むと好まざるとに関わらず、食べることが出来なくなり さらに7kgほど体重が減ってしまい あまりの高血圧に目を見張った一昨年の5月に比べ体重が22kgほど減ってしまいました。( 2016年5月と2017年2月の比較で ▲22kg )
現在は体重が少し戻り、高血圧に驚いた一昨年5月に比べ、体重は20kg減 という感じ です。

目的をもって減量に取り組み 糖分を控える生活が習慣となり、また禁煙をするに至ったことにより 得たものがあります。
それは 『舌が敏感になった』 ことです。
若いころから、「珈琲が好き」と言っていた割には、豆の種類による味の違いが、よく判らなかったのです。
そりゃ、砂糖をドバドバとと投入した珈琲を、甘味と煙草で麻痺した舌で飲んでも、その違いなど判るはずがありません。

珈琲に限らず、紅茶やお酒も含め やっと 銘柄や品種による味の違いが 実感できるようになりました。
口腔内の疾病は、苦痛に満ちたものでありましたが、それにより得られた物もありました。
糖分の過多接種とと喫煙からの解放・・・

銘柄や品種による味の違いが実感できる喜び・・・
そして、こじつけですが(笑) ガンドッグだけではなく グループの異なる犬種 との生活も、新しい発見と喜びがあるように思います。
まぁ、今年中にどうこう。。。という話では、ありませんが。
e0204314_10281499.jpg
e0204314_10281553.jpg
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします





[PR]
# by gundogclub | 2018-02-03 10:37 | MY TALK

最小にして最大

一昨日は、我が家周辺も降雪で、白銀の世界となりましたが、思いの外 雪解けが早く翌日のお昼頃には、雪はあらかた消えてしまいました。
そして今日、僅かに雪が残るフィールドで、ソロモンと レトリーブ・ワーク!

最近、最も練習頻度が高いこの野原は 方々に溝が走っており、その溝の幅や深さは、まちまちです。
ソロモンは、高速で縦横無尽に走り回りながら、溝に転がり落ちることもなく、ピョンピョンと溝を上手に飛び越えています。
目前に溝が迫ってから、溝がある事を認識する場合もあるのですが、障害馬術で言う処の "やや、つまり気味" の飛越姿勢になるものの、器用に飛び越えています。

今日は、 あえて 溝の先にダミーがある (マーキング & ブラインド & メモリー) レトリーブ・ワーク を行って、その飛越写真などを撮影してみました。 

1. ブラインド・レトリーブ Jump! (白いビニール袋の周辺にダミーを隠してあります) 
e0204314_14224469.jpg

2. メモリー・レトリーブ Jump! 
(溝の先にダミーを置き、かつ置く様子をソロモンにも見せてあります。 この溝は、幅が1.2mほどあり、深さも0.8mほどあります)
e0204314_14232898.jpg
e0204314_14230326.jpg
3. マーキング・レトリーブ Jump!
e0204314_14240163.jpg
4. その他

① ストップホイッスルで急停止し、こちらに向き直るソロモン。 カッコイィ~ (親バカっ)
e0204314_14242057.jpg
② ダミー・レトリーブ
e0204314_14243642.jpg
e0204314_14234654.jpg
③ 今日の、フィールド
e0204314_14244765.jpg
ワーキング・コッカースパニエル (イングリッシュ・コッカーも含め) は、よく 『ミニマムの、実猟鳥猟犬』 と表現されます。
「鳥猟犬種として最小なのは、オランダ原産の マルキースィエである」とも言われますが、マルキースィエは 実猟ではあまり使われていない様です。

雉の長い尾羽を引きずりながら、それでも健気にレトリーブしているワーキング・コッカーの動画や写真は、facebookの ”ワーキング・コッカーの愛好者サイト” には毎日のように掲載されています。
その意欲満々の働きっぷりは、ダミーの回収練習しかしないソロモンですら、感心しますし、惚れ惚れとします。
まさに 最小の体格にして、最大の意欲を有する という感じ。

まあ、ソロモンは ガンドッグレトリーブトライアル協会(GRTA)主催のレトリーブトライアル では、昨年の4月に達成した ”ミドルクラス 準優勝” くらいが「どうにか、こうにか」という感じで、アドバンストクラスに昇格した現在は 競技で用いられる距離も、競技の難易度も 「ちょっと壁が高いなぁ~!」 という感じはします。

願わくは、私が競技会場のフィールドの斜面を自力で登れるうちに(苦笑)、スパニエルを相棒としてGRTに参加するペアが もっともっと増えて ”スパニエル部門” のレトリーブ競技会が開催されるまでになる事を願ってはおりますが・・・

そして、「勝利の方程式」からは大きく外れているのかもしれませんが、ソロモンと参加するのは、順位や成績は別として、ワクワクします。
ダミー回収に送り出したソロモンが、うす緑色の公式ダミーを咥えて 小さな体で飛び跳ねる様に戻って来る姿を見るだけで、ちょっと目頭が熱くなりますから!!

小さな体で回収成功した時の、ハンドラーに与えてくれる歓喜や充実感も 体の大きさとは真逆に、とても大きなものが与えられる・・・ それもまた、ワーキング・コッカーの魅力の一つなのかもしれません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします







[PR]
# by gundogclub | 2018-01-24 15:33 | ソロモン (WC)

ウォーキング ステッキ 到着

英国のステッキ・メーカーに発注していた "ウォーキング ステッキ" が、1月2日に自宅に届きました。
長さが120cmほどあり、一般的なステッキより 長さがあります。
e0204314_13424434.jpg
数年前までは "英国ガンドッグ・ハンドラー風 コスプレ"(笑) の、小道具の一つとして 愛犬と共にフィールドに居る折にはステッキを携えておりましたが、一昨年の秋以降 ヘルニアの症状が顕著になって以降は、ちょっとした高低差でも足元が ふらついたり 両足が もつれたりしますので 街中や商業施設などでも "街中専用のステッキ" を使用しています。

今回、発注したウォーキング ステッキは、長いので街中で使用するには不便ですが 先端が尖っていて地面によく刺さりますし (使用しない時は、先端の尖った部分に はめるゴムのカバーも、ついています) 野原では持ち手の先端に白いビニール袋を つけたりすると 丁度良い目印にも、なります。
茶色一色の冬枯れの野原では、このステッキ先端に白いビニール袋をくくりつけて、地面に刺しておきますと ブラインド・レトリーブ の丁度良い目印にもなります。
e0204314_13425850.jpg
e0204314_13431945.jpg
ステッキの太さも、手によく馴染み 『実物を見たり、手に取ったりすることなく発注する ネット・ショッピング では、実際に品物が手元に届いて 少し (あるいは かなり) がっかりする事も多い』 のですが、 このステッキに関しては 大当たりでした。

e0204314_13433136.jpg
ソロモンやフラウと共に、野原を歩き また ソロモンとレトリーブ練習をすることが、このステッキを手にすることにより、いっそう楽しくなりそうです。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします


[PR]
# by gundogclub | 2018-01-11 14:11 | MY TALK

本年も、よろしくお願いいたします

明けまして おめでとうございます。
本年も、よろしくお願い致します。

わが家は、愛犬たちの年齢が上昇の一途をたどっており、 フラウ姐さんが今年の5月に13歳、エステルが推定13歳~15歳、クワンが今年の7月に10歳・・・
美琴ちゃんですら、早いもので、今年の秋には4歳になります。
わが家で唯一の レトリーブ・トライアル・ドッグ であり フリスビードッグ としても 『小型犬部門』 で活躍を始めたソロモンが、唯一 獅子奮迅の働き。
そのソロモンが、はや6歳!!

そろそろ、新たにパピーを迎え入れたい気持ちもありますが、フラウやエステルなどの高齢犬たちが、「介護が必要な生活」となる可能性を考えると、今は自制の時期のように思います。

今は、頭数は多くはありませんが  私のスクールの 「レトレーブクラス」  に所属しているパピーや若い犬たち  を GRT競技会の競技種目をなぞる だけではなく、競技会では行わない メモリーレトリーブ(ダミーを複数6~8個 投擲し、指示されたダミーのみ回収など) や、 ウォーターレトリーブ なども含め レトリーブドッグとして多様なことに対応できるレトリーブドッグに育成 することを目標として、自身がパピーを迎え入れないことの代替にしようかと思います。

昨年12月29日 に フラウだけを伴って野原へ!
ソロモンや美琴など "お邪魔虫" がおりませんでしたので、フラウ姐さんは ご機嫌が良く 私に抱きついたり、甘えたり 体当たりしたり 尻尾ブンブンでした。
まぁ、  お顔は、相変わらず真面目で不愛想で、ご機嫌には見えませんが・・・(苦笑)
e0204314_17342723.jpg
e0204314_17344549.jpg
あまりにフラウが、ご機嫌で 珍しくレトリーブ意欲も旺盛 でしたので 久々に ブラインド・レトリーブも試してみました。




往年の韋駄天ぶりは、影をひそめておりますが、私が腕で指し示した方向に、真っ直ぐに走る能力は、現役ソロモンより上かもっ!(苦笑)
ソロモンは、途中から腕で指し示したラインから外れて、蛇行するので・・・
今年の5月に13歳になるフラウ姐さんが、 『興がのった時 限定』 とはいえ、こうして元気な姿を見せてくれるのは、本当に嬉しいです。
あまり、お婆ちゃん扱いしていると、フラウに叱られてしまうかもしれません。


皆さんも、ご家族と そして ご愛犬と 楽しく穏やかなお正月を、お過ごしくださいませ。
2018年が、充実した そして笑顔に満ちた年となりますよう、お祈り申し上げます。

 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



 


[PR]
# by gundogclub | 2018-01-01 00:02 | MY TALK