ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
クワン 全国6位でシーズン終了
at 2018-10-06 10:43
無事これ名犬
at 2018-09-17 10:10
犬は犬から学ぶ
at 2018-09-04 10:14
103年ぶりの決勝進出
at 2018-08-22 11:23
フランスの大型スパニエル
at 2018-08-11 09:12
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

無事これ名犬

フラウ姐さん、13歳4カ月となりました。

 この写真は、ちょうど今から2年ほど前の写真です。      
e0204314_09095495.jpg
この頃は、 『投擲されたダミーに駆け寄るスピード』 もあり、 ブラインド・レトリーブ作業においても全盛期とは比べられない程、衰えたとは言え それでもハンドシグナルやドッグホイッスルによる遠隔操作にも従ってくれました。
『咥えたダミーを保持 (咥え続ける) する』  ことも、苦も無く こなしていたのですが・・・


2年の月日を経て、今のフラウは ダミーのレトリーブはもとより,「中毒ですか?」いう程 大好きだったボールのレトリーブ遊びも、ほとんど やらなくなりました。

それと同時に 以前のフラウは 「どんなに広い野原であったとしても 縦横無尽に高速で走り回り、草の海をトビウオの様に飛び跳ねながらも 常に私の位置を自らの意志で確認し (フラウが走っている間、私も立ち止まっている訳ではなく あえて 前後左右に動き回っているので) 呼び戻しのホイッスルを吹かなくても、私の足元まで駆け戻り、そしてまた草の海を走り出す」 というルーティーンでした。
ですから、ハンドラーである私自身がフラウの姿を追い、フラウのいる位置を確認する必要は、一切ありませんでした



それが、ここ1年ほどはフラウは 「ちらっちらっ と、私の姿を確認する動作は変わらない」 のですが いざ戻ろうとした時に 自分の位置と私がいると思われる場所を 『脳内マップ』 で上手く描けなくなったのか、私が居る場所とは違う方向に真剣な顔で駆け戻ろうとする事があり、慌てて私が声をかけたり、ホイッスルを吹くと 意外そうな顔をして、振り返ったりします。
「あら アナタ、違う場所に居た筈だけれど・・・ワタシ、今 そこに戻ろうとしていたのだけれど・・・なんで、そこにいるの?  瞬間移動でもしたの?」 みたいな、不思議そうな顔を私に向けたりします。
草が短く刈られた野原ならまだしも、 『草丈が高い お互いの姿が見えない野原』 では、フラウは 最近は どうも、危なっかしいです。(苦笑)
ですので、草深い野原にフラウと行く時は トレーニングカラー (トランシーバー型の機械のボタンを押すと、犬側に装着した首輪から音が鳴る) を装着する様にしました。
まさか、 「あの」フラウ に、トレーニングカラーを装着する日が来るとは、想像だにしませんでした。



それでも、13歳を過ぎた ”お婆ちゃん” にしては、意欲的に野原を走りますし 草むらに潜んでいる雉の匂いをとると、 瞬時に停止して私の方に目を向けて私の指示を待ちます。
指示も無く、草むらから雉を追い立てたりはしません。
坂道を駆け上り、腰砕けになって転んだりすることもありますが、それでもフラウは楽しそうです。


e0204314_10011755.jpg
e0204314_10013801.jpg

13歳を過ぎても、元気に野原を走り回り、血液検査でも異常は見受けられず、全ての数値が基準の範囲内。
確かに年相応の衰えを感じることも多々ありますが それでもフラウ姐さん、無事是名馬ならぬ 無事これ名犬 という感じです。
フラウと共に野原で過ごす日々が、一日でも長く続くことを願っています。


e0204314_09101191.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 


[PR]
by gundogclub | 2018-09-17 10:10

犬は犬から学ぶ

美琴ちゃんを、我が家に迎えて3年半余・・・ 
とうとう、ダミーや紐付きボールを、私に 手渡すことが出来る ようになりました。

e0204314_09033737.jpg
わが家に迎え入れた頃は 『超』 がつく程の怖がりで、私や家内、息子たちと目が合っただけで、テーブルの下や 家具の隙間に逃げ隠れしていた美琴ですが、他のワンズも一緒なら、比較的早い時期から庭などで、私とダミーやボールを用いて遊べる様になりました。

写真は、我が家に迎え入れて1カ月程度の頃・・・ 既にダミーを咥えながら、私が立っている場所に近寄って来るようになりました。

e0204314_09031193.jpg
それから約3年。。。。 美琴は、私が投げたダミーや紐付きボールを、私に手渡す (咥えたまま、私の手元まで持ってくる) ことはありませんでしたが、咥えて駆け戻って来て、私が立っている場所から5~6mの範囲で口から放すので、比較的簡単にレトリーブ遊びを継続する事が出来ました。

投げられたボールやダミーを咥えて走り回り、そのうち 咥えていた物を口から放り出し、そのまま縦横無尽に走り続ける・・・というパターンの犬もおり、広い野原では投棄されたボールやダミーを飼い主が探し出すのも困難で、 『野原で遊ぶ度に、ボールやダミーが無くなる』 という困った事態になるのですが、美琴は少なくとも、その様な事はありませんでした。

実は、我が家のイングリッシュ・ポインターのエステルさんが、このパターンで 迎え入れた当初は全くボールに興味が無かったものが、フラウやエステルと一緒にレトリーブ遊びに参加するうちに、ボール遊びが好きになりました。
しかし、私と 1対1 ですと、咥えたまま走り回り、戻って来た時には何も咥えていない・・・という状態でしたので、必ずフラウやクワンとペアにして、レトリーブ遊びをしていました。
フラウやクワンが一緒なら、エステルが口からボールを放り出しても、必ず追尾しているフラウやクワンが咥えて戻って来てくれますので。


そんなエステルが きちんとボールやダミーを私に手渡せる様になったのも、 そして美琴がボールやダミーを私に手渡せる様になったのも 他の犬と私が遊んでいる様子を、近くで見ていられる様になってから であると確信しています。

エステルも美琴も、迎え入れたから数カ月 (エステル) 、あるいは数年間 (美琴) ・・・ 例えば、私がフラウやソロモンとレトリーブ練習やボール遊びをしている間、好き勝手に (笑) 走り回っていた (もちろん、呼び戻しの笛を吹けば、戻って来ますが) のですが、 そのうち 私の近くで、私がフラウやソロモンと レトリーブ練習をする様子、褒められたり、撫でられたり、私から笑顔を向けられている様子などを観察する様になり、この 他の犬と私が遊んでいる様子を近くで観察できる様になってから 大きな変化が生じた様に思います。


抽象的な言い方なのですが 自分以外の犬が、私から褒められたり、撫でられたり、笑顔を向けられたりする様子を見て、それを羨ましいとか悔しい とか感じる様になると (つまり、「ワタシも撫でられたり、褒められたりしたいっ!!」と感じる様になると) 大きな変化が生まれる様に思います。


今では、 エステル&美琴 のコンビで、紐付きボール遊びをしても、気持ちよく何度もボールを投擲することが可能です。
美琴も きちんと私にボールを咥えて渡してくれますし、エステルも 走り回った末にボールをどこかに投棄して来るようなことも無く、私に手渡してくれます。

e0204314_09035602.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 


[PR]
by gundogclub | 2018-09-04 10:14 | MY TALK