人気ブログランキング |

ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
クワン 天国へ
at 2019-06-24 10:42
フラウ 14歳の誕生日
at 2019-05-30 10:27
海 へ !
at 2019-05-23 12:18
Retrieve Dog
at 2019-04-20 19:33
スパニエルは楽しい!
at 2019-02-24 13:37
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

13年前の今日

今から13年前の 2005年 7月24日  生後55日余のフラウと、”海ほたる” で初めて対面しました。
e0204314_08183190.jpg
事前に、フラウの同胎犬たちを繁殖なさった方とは、 『迎え入れるハピーと、どのような暮らしをするのか。 何を目的にGSP(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)と暮らすのか』 についてお話をさせて頂いており、ブリーダーさん側からの 「イチオシ」 がフラウだったのですが、オーナーが決まっていないパピーたちと母犬を連れて来て頂いたので、その場で フラウ以外のパピーに変更する事も可能でした。
しかし、生まれたパピーそれぞれの性格や個性を把握しているブリーダーさんからの推薦でしたので、迷うことなくフラウ (オレンジ リボンちゃん) を選びました。


e0204314_08344402.jpg
フラウは、8月の初旬にわが家に迎え入れられました。

e0204314_08212655.jpg
e0204314_08414861.jpg
e0204314_08420731.jpg

成長したフラウは、 まるで私の言葉を全て理解し、また私の気持ちを全て汲み取ってくれる様な まさに 『犬の奥さん』 と表現するに相応しい唯一無二の存在になってくれました。

e0204314_08185614.jpg
e0204314_08192131.jpg
e0204314_08194862.jpg
e0204314_08222516.jpg
e0204314_08233396.jpg
e0204314_08235489.jpg


今年の5月に13歳を迎えたフラウちゃん。
若かりし頃に想像した 「10歳を過ぎてからのフラウの姿」と ひとつ 異なるところは ボールやダミーなどに対する ”レトリーブ欲” について。
6歳頃までは、紐付きボールやダミーのレトリーブ遊びが本当に好きで、エンドレスと言うか、「こちらから止めなければ、倒れるまでボールを追い続けるのでは?」という感じだったフラウ。
8歳頃になった後も、紐付きボールのレトリーブ遊びが大好きでしたので 「スピードは衰え、スタミナも無くなり、レトリーブ出来る回数は減っても、虹の橋を渡るまでボール遊びが好きなんだろうな~」と想像していたのですが・・・

10歳を過ぎた頃から 「気分がのれば、ボールを追いかけるけれど・・・」という 『条件付き』 に変わり、13歳を過ぎた今は もう 殆どボールを見せても 喜びもしなければ、はしゃぎもしなくなってしまいました。(苦笑)

しかし、鳥の臭気を追いながら野原を走り回るのは依然、大好き で、13歳の割には スピードもスタミナも、なかなかのものです。

e0204314_08554169.jpg
e0204314_08560941.jpg
e0204314_08563066.jpg
e0204314_08240656.jpg


私のドッグライフを彩ってくれたフラウちゃん・・・
いつまでも元気に、野原を走り回れることを祈っています。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 



by gundogclub | 2018-07-24 09:02 | フラウ (GSP)

クワン 10歳に

7月18日は、 クワン の 誕生日です。
今日 クワンは、 10歳の誕生日 を迎えました。

9年7カ月ほど前・・・ 元の飼い主さんの手元を離れ、 LADF で、長期預託 されていた クワンと初めて会った日のことは、今でも はっきりと記憶しています。
下記添付の写真 3枚は、元の飼い主の手元を離れ、それでも LADFのオーナーさんご夫婦に、愛情をもって育まれていた頃の、クワン (生後4~5カ月) です。

e0204314_08541066.jpg
e0204314_08534693.jpg
e0204314_08543443.jpg
LADFでの預託が始まった頃は、歩くのもヨタヨタしていたらしい (あまりに動きが激しいパピーで、ゴールデンを何頭も飼い慣れていた飼い主さんですら、散歩が困難で、匙を投げられ、放置状態だった) のですが、その後 LADFのオーナーさんの ご令嬢達 (ゴーギー&ボーダーコリー) とフィールドを走り回るうちに、歩様もしっかりとし、筋肉もつき 私が初めて会った頃には、既に違和感のない歩様でした。


わが家に迎えられた後は、俊足のフラウ姐さんに鍛えられ、広い野原で走り回り スピードとスタミナが磨かれました。
そして、クワンが1歳の誕生日を迎えた頃・・・ クワンは、フリスビーのキャッチング・センス が、とても高い ことを発見しました。
後1歳になるまでは、愛犬にフリスビーを追わせない方針 なので、クワンのフリスビー特性を発見するのが若干、遅れましたが その事に対する後悔は全くありませんし、これから我が家に迎える犬にも、生後5カ月や6カ月の頃からフリスビー遊びを始めるつもりは、ありません。


フリスビー競技会デビューを果たしてからのクワンは 黄金爆裂娘 として、ゴールデンレトリバーとは思えない ランニングフォーム を常に披露してくれました。
写真は、2歳半の頃のクワン。
e0204314_08572511.jpg
昨年の夏に内臓に腫瘍が見つかり、大きな手術を経験したクワン。
皮下脂肪が、ほとんど無いことも影響したらしいのですが、なかなか切開~縫合後の治りが遅く、抜糸ができず 約2カ月 フリスビー練習から遠ざかり 『ぶっつけ本番』 に近い形で臨んだ JFA (日本フリスビードッグ協会) の、ジャパンファイナル2017

2017年度の、獲得合計ポイント 30頭中 / 13位 の順位で、ジャパンファイナル のに『シニアクラス』に 出場しました。
まさに、 ”病み上がり” でしたので私は 「今回が、最後の出場になるかも。。。 できれば、10位以内に入れるといいなぁ・・・」 という気持ちだったのですが、予想に反してと言うか クワンが 「尻尾ブンブンの、 やる気満々」 で、1Rと2Rの合計が 30頭中 / 2位 で、決勝進出!! 
 (決勝は上位5頭 + α)
しかも、 1Rと2Rの合計が クワンにとっての2017年度の競技会で出したポイントの最高ポイント = シーズンベスト でした。
ジャパンファイナル という本番に 自己のシーズンベストを叩き出した 病み上がりのクワンの底力 に、心底 驚きました。 
決勝戦は、「決勝に進出できただけで満足してしまった」 私の、覇気の無さが仇となった1投目が災いし、トロフィーを手にすることは叶いませんでしたが、『頂まで あと一歩』 という経験をさせてくれたクワンに、とても感謝しています。
e0204314_08555241.jpg
e0204314_08563409.jpg
2018シーズンも、今のところ クワンは JFA の シニアクラスのランキング で ベスト5 に入っています。(2018.07.18 現在)
ただ、今年の3月以降は、競技会に出場していません。
頂点まで、あと一歩 と迫った 昨年のジャパンファイナルが終了して以降、クワンはフリスビーを追うスピードが 明らかに衰えました。
今までなら届いていた、距離・高さ のフリスビーに、届かなくなって (キャッチできなくなって) きました。

クワンは、フリスビー遊びが本当に好きなので、これからも クワンが望む限りは遊びのメニューとして、取り入れていくつもりですが、競技への参加は 今年で卒業 になる様に思います。


それでも・・・
規格外の やんちゃさ、動きの激しさで元の飼い主さんから匙を投げられたクワン。
我が家に迎え入れられ フリスビーの才能に目覚め、それが開花し ボーダーコリーなども多数 参戦している中で 頂点へあと一歩と迫った クワン。
クワンは、 きっと 我が家に迎えられるべくして生まれてきたのではないかと思います。
パピーの頃、ほんの少し 遠回りもありましたが、その遠回りの道の途中にもLADFのオーナーであるKご夫妻の愛情に育まれ、天使のような笑顔を振りまきながら、我が家に迎え入れられました。

クワンちゃん、誕生日おめでとう。
これからも、一日でも長く フリスビーを追いかける健康な日々が続きますように。。。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 






by gundogclub | 2018-07-18 10:17 | クワン (GR)

ボールひとつで

わが家のワンズが、お気に入りの 『紐付きボール』 の 見栄え が経劣化してきたので 十数年来の友人で東京西部にお住いの ドッグトレーナー Sさん に 製造を依頼しました。

現在、使用している紐付きボールは 約7~8年前に、頂いたものです。
その間、フラウ クワン エステル ソロモン 美琴 と、延べ5頭の犬たちの誰かが 毎日のように使用しましたが、ボールから紐が抜け落ちたり、紐が切れたり・・・等々の不具合は、全くありませんでした。

e0204314_09342470.jpg
驚くほど、丈夫で長持ちです。 
そんじゃそこらの市販品とは、耐久性が違います!!

さて、Sさんも上記添付のブログに書いておりますが、この 紐付きボールひとつで犬との遊びは無限に広がります

わが家の犬たちは、全頭 この 紐付きボールひとつあれば、私と 1対1 で 1時間は遊べます



e0204314_09340757.jpg
愛犬とのボール遊びで、まず思い浮かぶのは 飼い主さんがボールを投げる動作に入るのと同時に走り出す犬の姿です。
あるいは、 「早くボールを投げてくれよ!!」と飼い主に吠えている姿だったり、 あるいはボールを咥えたまま逃げ回って、ボール遊びではなく 「飼い主との 追いかけっこ」 に変わってしまっている姿だったり・・・

まぁ、「ボール遊び」とは、文字通り ”遊び” ですから、あまり 『○○○○でなくては、ならない!』   『○○○○であるべき!』    という 制約のお話 にはしたくないのですが、 一人遊びは別として、複数人で行う遊びには必ずルールはある と私は思います。


わが家のボール遊びのルールは、 『飼い主が決めたルールに沿って遊ぶ』 ということです。
骨子としては、
① ボールを咥えたからには、必ず持ち帰って飼い主に渡す。
② 基本的には、「制限なし」の時を除き、ボールが投げられても指示があるまで、ボールを取りに行かない (指示があるまで、動かない)。
です。
e0204314_09343586.jpg

ボール 一つがあれば、本当に様々な遊びや訓練ができます。
オビディエンス系の練習にも、ボールは有効です。 

例えば、犬を停座させ、20mほど離れた場所に飼い主が犬と向かい合います。 そして、ちょうど中間点に 紐付きボールを置きます。
愛犬を呼び戻した時、皆さんの愛犬は ボールを咥えずに足元まで戻りますか? それとも、咥えてから戻りますか?  ボールを咥えたまま走り回って、戻ってこない・・・という犬も多いような気がしますが・・・(苦笑)

あるいは、複数頭の愛犬とボールで遊ぶ場合。。。
私は、写真のように 「レトリーブ競争」 にする時もありますが、私は一頭を私の背後で停座させ もう一頭と紐付きボールのレトリーブ遊びを続ける事もあります。
選手交代で自分の番が来るのを、尻尾で地面をワイパーのように扇型に動かしながら それでも我が家の犬たちは、要求吠えをしたり、フライングして飛びついてきたりは、しません。

e0204314_09344673.jpg

「どのように練習したら、そのような事が可能になるのか?」に関しましては、文字で説明すると とても長くなるので割愛します。
ただ、もしかすると飼い主さんが「愛犬と、様々なボール遊びが出来るようになる為の、ノウハウを飼い主が身につける」 のは、様々な競技会系のノウハウの取得より、 『一生もの』 かもしれません。

子犬の時期、そして若犬から壮年期、そして老犬になるまで、また老犬になった後も、日々の生活や運動は続きます。
その日々の生活、そして運動は ボール一つあるだけで、無限のバリエーションで 犬の年齢や住環境によって変化させながら充実したものとなります。
たかが紐付きボール・・・されど愛犬の一生に寄り添う事が可能な紐付きボール。

是非、ボール遊びの達人になって欲しいものです。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 




by gundogclub | 2018-07-04 10:22 | 犬の躾・訓練