ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 全国6位でシーズン終了
at 2018-10-06 10:43
無事これ名犬
at 2018-09-17 10:10
犬は犬から学ぶ
at 2018-09-04 10:14
103年ぶりの決勝進出
at 2018-08-22 11:23
フランスの大型スパニエル
at 2018-08-11 09:12
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この季節は・・・

昨年の秋から愛用している野原は 接道部分の外周が、成人男性の腰くらいの丈がある草で覆われています。
ここ数週間は、天候に関わらず朝露が凄くて、上下レインスーツを着用しないと、ずぶ濡れに・・・

透湿性が高く、さりとてゴアテックスよりは、2~3割 安価な素材のレインスーツが各アウトドアブランドからリリースされるようになり、ありがたいです。
大切に使用していても、硬い草が生い茂る野原を毎日、踏破しているとレインスーツの劣化・消耗が早いので。


先日も、ソロモンは まるで泳いだかのように、ずぶ濡れ。
全身からポタポタと水滴を滴らせながら走っていました。

e0204314_07480669.jpg
e0204314_07481988.jpg

この季節、草深い茂みにダミーを投げ入れず、草丈が短い 鳥が営巣しない場所にダミーを置いたり、投擲したりして練習しています。

草深い茂みを、人や犬が歩き回って、産卵された卵を踏みつぶしたり、投擲したダミーが直撃して卵が割れたりすると、後味が悪いものですから。。。

e0204314_07482955.jpg

そもそも、レトリーブ・トレーニングだけなら、もう少し草丈の低い、 「牧草地」みたいな場所があれば、その方が良い位ですので。


さて、今週末の土曜日は、亡父の納骨式を予定しています。
父が、天国に召されてから、一カ月余が過ぎました。
キリスト教では、四十九日の法要とか、○周忌の法要とかは、ありませんので、納骨が終わりますと、あとは自主的に 墓前礼拝 (牧師に依頼して立ち会って頂きます) を、行うくらいでしょうか。

亡父と亡母の、一人息子として、滞りなく納骨式を終えますと、「息子」としての役割は終焉を迎え 「夫」なり あるいは「父親」 としての 立場や役割に専従する事になるのでしょう。
『息子としての役割の終焉』の寂しさが、こみ上げてくるのは、これからのような予感がします。 



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2018-06-27 08:01 | MY TALK

この花の一つほどにも 

Yet Solomon in all his glory was not dressed as beautifully as they are.

 (Matthew 6:29)

しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
 (マタイによる福音書6章29節)


ソロモンとは、勿論 我が家の茶色犬の話ではありません。
旧約聖書において 古代イスラエルの賢王にして 栄耀栄華を極めた偉大な王です。
「そんなソロモン王でさえ、全知全能の神が、お造りになった 名も無き野の花ほども美しく着飾ることは出来なかった。」というのです。
神の御業の偉大さを言い表す比喩として、よく用いられる一節です。

今日は、我が家のソロモンを連れて野原に行きました。
よく目をこらしてみると、名も知れぬ花々が楚々とした風情で咲いております。
華やかな観賞用の花々とは異なる趣の凛とした佇まい。

e0204314_13133143.jpg
e0204314_13134131.jpg
e0204314_13135655.jpg
e0204314_13140633.jpg
e0204314_13141624.jpg
e0204314_13142506.jpg
e0204314_13143480.jpg
e0204314_13144531.jpg


野原を歩き、美しい野の花を探し、ファインダーを通して、撮影をする・・・。
その間、ソロモンの姿を目で追ったり、居場所を確認することは、ありません。
『呼び戻したり、声をかけたりしなくても、ソロモンが逸走したり、行方不明になったりすることは無い』と、信じることが出来るからこそ、撮影に集中することが可能です。

野花の撮影が終了した後、少しだけレトリーブ練習もしました。

e0204314_13322596.jpg
e0204314_13321502.jpg
e0204314_13324620.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2018-06-15 13:34 | MY TALK

台風一過 

茶色チーム の フラウとソロモン を伴って、台風一過の野原へ!  

この野原は、中心部分は比較的草丈が短いのですが、そこに辿り着くまでの間、接道部分から外輪部にかけては 私の胸の高さか、それ以上の高さのある草が繁茂しており、雨の後は、防水ウエアが必要です。

本日も、透湿防水機能の帽子をかぶり、透湿防水機能の上下レインウエアに、ラバーブーツという完全武装で野原へ。
透湿機能のあるレインウエアでないと、蒸し暑さに人一倍 弱い私は、耐えられません。
最近は、レインウエアに用いる素材の進化開発が著しく、ゴアテックスより安く、しかし防水と透湿の性能はゴアテックスと さほど遜色のない素材も増えてきました。


e0204314_15170628.jpg

飼い主の私は、防水対策ばっちりですが、犬たちは どろどろ の びしょびしょ・・・
ソロモンなどは、わざと水溜りを目がけて飛び込んでいましたし・・・(苦笑)

e0204314_15172074.jpg


英国には、 『濡れているコッカースパニエルは、幸せなコッカースパニエルだ!』 という諺があるそうですから、ソロモンもコンクリートに囲まれた都会暮らしよりは、幸せかもしれません。

e0204314_15332764.jpg
経験のある飼い主さんなら、想像に難くないと思いますが、 いくらタオルなどで拭いて応急処置をしても、濡れた犬を収容すると、車内は何とも言えない匂いが充満し・・・(苦笑)
それでも、一仕事終えたような ほっとした様な 楽しさと充実感 に包まれながら、朝げ前 のわが家へと車を走らせました。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



 


[PR]
by gundogclub | 2018-06-12 15:43

日常に戻りつつ ありますが

父が逝去して、今日でちょうど10日となりました。

長男として また、喪主として 滞りなく葬儀を終え、父の逝去に起因する諸々の事務的な手続きは まだ殆ど手つかずの状態とは言え、少しずつ ”日常の生活” が、戻りつつあります。

今日の早朝には、ソロモンを連れて 最近 足しげく通っている野原へ向かいました。
e0204314_12250273.jpg
ほんの少し前までは、白い花が咲き乱れていた野原は、主役が交代して 黄色い花が一面に繁茂しています。
e0204314_12252095.jpg
GRTA(ガンドッグ レトリーブトライアル協会)主催のレトリーブ競技会が、今後も開催されるのか 不透明な状況が続いておりますが、 『競技会が開催されるか否か』 ということと、 『自らが理想とするレトリーブドッグに育成する』 ということは、別の問題です。
ですので、ソロモンのレトリーブ練習を怠ったことはありませんし、むしろ 競技会の種目とは別の次元で、様々なことに挑戦し続けています。

e0204314_12252930.jpg
とは言え、愛犬の練習を終え・・・あるいは、私のドッグスクールの生徒さんたちのレッスンを終え、自宅に戻ってからの脱力感と言うか、やり場のない寂しさは、やはり、そう簡単には癒えるものでは無さそうです。

一昨年の8月末に入院して以降、 「いつ、何時 病院から私の携帯電話に、父の様態が急変した旨の連絡があるか、判らない」 という緊張状態の中に、昼夜を問わずおかれておりました。
実際に、父は入院してからの1年9か月のなかで、何度か危険な状態に陥り、 その都度 それが昼間なら 「学校にいる息子たちに連絡し、職場の家内に連絡し、各自 病院に駆けつける」 という事を繰り返しました。

寝ても覚めても、あるいは ドッグスポーツの競技会に出場している時も、 「いつ、病院から連絡があるか判らない」 という緊張の中にありました。
それが今、「もう、病院から父の様態急変の電話は、二度とこない」・・・(逝去してしまった訳ですから、もう病院から連絡は、ありません) という現実すら、受け入れ難い と言うか、寂しいと言うか・・・

少なくとも、「これで、安心して夜も熟睡できる!!」 という気持ちには、なれません。
まだまだ、本当の意味で 日常が戻る までには、時を要するように思います。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



 

[PR]
by gundogclub | 2018-06-04 12:50 | MY TALK