ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 全国6位でシーズン終了
at 2018-10-06 10:43
無事これ名犬
at 2018-09-17 10:10
犬は犬から学ぶ
at 2018-09-04 10:14
103年ぶりの決勝進出
at 2018-08-22 11:23
フランスの大型スパニエル
at 2018-08-11 09:12
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フラウと野遊び

今日は、 あと1カ月で、13歳になるフラウ を連れて野原へ!

今日の ”野遊び” の目的は、
① フラウに草むらに潜んでいる雉を探してもらう。
② 雉が飛び立つシーンを撮影する。
③ フラウと一緒に野原の散策
④ ダミーを用いたレトリーブ遊び
⑤ ステッキコントロールの復習
でした。

わが家の 茶色坊主 ソロモン も、よく草むらに潜んでいる雉を臭気追跡で探し当て、雉を飛び立たせることがあります。
草むらに、小さな鳥が潜んでいたとしても あるいは公園を鳩が歩いていたとしても、ソロモンは全く反応しません。
それが、誰から教わった訳でもないのに (私は、教えておりませんし)、営々と紡がれた遺伝子の為せる業なのか、雉の匂いには強く反応します。
ただ、ソロモンに限らず コッカースパニエルは ポインターやセッターと異なり 『鳥が潜んでいる草むらの前でポイントやセットをしてハンドラーに鳥が潜んでいることを知らせる過程』をすっ飛ばして、いきなり鳥が潜んでいる草むらに飛び込みます。

その鳥が、「雉」だったとして 飛び立つ羽音を聞いて、雉が飛び立つ姿を確認し、カメラのファインダーごしにその姿を追いつつ、シャッターを切る・・・と言う行為は、なかなかに難しいです。
大口径の重い望遠レンズなどを装着したカメラの場合は尚更、雉が飛び立った後から、その姿を追尾して撮影したのでは、私の腕では ろくな写真が撮れません。


その点、フラウは雉が潜んでいる草むらの手前で、私の顔を ちらちら と見つつ、ポイントの姿勢を継続し、私の声符 (私は ”アヴァンス!” という声符でフラッシュを指示しています) で、草むらに飛び込みます。
ですので、雉が潜んでいるであろう場所に、予めカメラのフォーカスを合わせておいて、それからフラッシュの指示を出すと、望遠レンズのオートフォーカスの微調整の範囲で、綺麗な写真を撮影することが可能です。

因みに、草むらに飛び込んだ後は、飛び立った雉を勝手に追いかけたりせず、ぴたっと停止したまま、やり過ごすことが出来るのも、フラウの長所のひとつです。
雉をフラッシュした後、姿を確認しつつ、やりすごす フラウ姐さん。 
e0204314_14093506.jpg
フラウが、フラッシュ (潜んでいる草むらから、飛び立たせる) した雉 ☟
e0204314_14100183.jpg
e0204314_14094642.jpg
その後 フラウと一緒に、野原を歩きました。
フラウちゃん、楽しそう!!
呼び戻しの笛など吹かなくても、常に自らの意志で私の姿を確認しつつ、戻って来て甘えて、また走りに行く・・・という繰り返しでした。
e0204314_14102875.jpg
e0204314_14105116.jpg
e0204314_14101512.jpg
ダミーを用いた、レトリーブ遊び も 今日は ”ノリノリ” でした。
ちょっぴり、得意そう。。。
e0204314_14110468.jpg
e0204314_14111500.jpg

ステッキコントロール 
の、おさらい (復習) も、ちょっぴり してみました。
e0204314_14112465.jpg
e0204314_14113333.jpg
フラウちゃん、 『風の舞姫』 と称された往年のスピードは、既にありません。
ボールやダミーも、少し遠くまで投げると、発見するまで かなりの時間を要することもあります。
それでも、 草むらに潜んでいる雉を臭気から発見し (unt) 、 雉が潜んでいる場所をハンドラーに指し示し (oint) 、 そして私は鳥猟の免許も銃も所持していないので、もっぱら競技用ダミーですが 回収能力にも優れ (etrieve) た、 HPR Dog(多目的ガンドッグ) としての能力を、高齢になっても尚、フラウは有しています。

『別に、鳥猟する訳でも無いのだから、Hunt や Point の能力、要らないじゃん!!』 とも思いますが、やはり 私は 『一頭で、鳥猟の作業の全てを賄う ことを目的に作出された欧州大陸系の犬種』 が、大好きなんです。

ワーキングコッカーも、どちらかと言えば英国出身のスパニエルの割には、多目的ガンドッグ的な使われ方をしていますし 最近は フランスの中型~大型のスパニエルも、興味津々です。

写真は、 ポン・オードメル・スパニエル という、水辺での回収作業を得意とするフランスの中型スパニエル。
この犬種も、鳥猟に関する全ての作業を一頭でこなす、多目的ガンドッグです。
意外にも、英国にも この ポン・オードメル・スパニエル のクラブがあり、ワーキングテストやウォーター・レトリーブ競技会などが開催されている様です。
e0204314_15102788.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします


[PR]
by gundogclub | 2018-04-27 15:19 | フラウ (GSP)

天国と地獄の一日

昨日(4月22日)、埼玉県 𠮷見総合運動公園 で開催された JFA(日本フリスビードッグ協会)主催のフリスビー競技会に ソロモン と参加しました。
昨日は、ソロモンが今シーズン参加している 「公式小型選手権」が、参加頭数の不足で成立せず、 ソロモンはJFAの 最上位カテゴリー である 公式オープン選手権・・・しかも、昨日は 公式オープン選手権の中でも 月に一度程度しか開催されない 『公式シリーズ戦』 に参加しました。

公式オープン、公式シリーズとも 参加する犬種の大部分は ボーダーコリー であり、ボーダーコリーと ソロモンのような小型犬が同じ土俵で競うために 「ハンデ」 が設けられています。 (簡単に言うと、同じエリアでフリスビーをキャッチしても、小型犬の方が高いポイントが与えられます)
ただし、 「空中キャッチしなくてはポイントを付与されない」 という点では、同じ土俵にあると言えます。

さて、昨日は全国的に季節外れの 高気温 となりました。
吉見運動公園の ピンポイント天気予報 でも、予想最高気温が30℃で あったため、実は競技が始まる前から、”諦めムード” だったのです。
何度か、このブログでも書いておりますが、基本的にソロモンは 「物を優しく、歯を立てないで咥える」 習性が、生来 身についており、何度も空中キャッチしたフリスビーにも、全くと言って良いほど歯形はつきません。
これはガンドッグとしては、むしろ称賛されるべきのではありますが、フリスビー競技においては 「優しく、歯を立てないで咥える」 ことは、フリスビーのミスキャッチに繋がりやすくなります。

加えて、全身が茶色のソロモンは 濃い被毛色の犬の特徴 として、太陽の熱を吸収しやすく そのため 暑がりで、暑さに弱く はぁはぁと口を大きく開けて走るため、 これもフリスビーのミスキャッチに繋がる要因となります。

ですので、 高気温 = ソロモンは暑さに弱い = ミスキャッチ ➡ 不調 となるであろうと予想し、はなから諦めムードだったのです。
しかも、 公式シリーズ戦は1R時に9ポイント以上獲得しないと、2Rは参考記録 になってしまう為、 なんとか1R時に 9ポイント以上 獲得すること を目標にしていました。


ところが。。。。
午前9時過ぎには、例年の4月下旬とは比較にならない高温に達していたにも関わらず 1Rのソロモンは 超絶 絶好調!!!
ハァハァと口を大きく開けながら走っていたにも関わらず、また かなりキャッチが難しい軌道になったフリスビーもあったにも関わらず 一度もフリスビーを弾くことなく、1分間の競技時間で 5投パーフェクトキャッチ!!
なんと40ポイント獲得 で、ソロモン以外は ほぼ全頭 ボーダーコリーの 公式シリーズ戦 で 1位通過
2Rに進出することだけを考えていたので、瓢箪から駒・・・
e0204314_12153213.jpg
そして、2Rもソロモンの絶好調は続き、2Rは4投(そのうちの1投は、10ポイント 最長エリアでキャッチ) パーフェクト・キャッチ!
季節外れの猛暑の中 1R5投・2R4投 計9回 投じて一度もミスすることなく、9投 パーフェクト・キャッチ!
結果として、1Rと2Rの合計で74ポイントを獲得し、小型犬のソロモンがシリーズ戦の予選を1位で決勝戦進出!!
事務局のスタッフからも 『公式オープならまだしも、シリーズ戦で小型犬が予選で首位に立って決勝進出は、記憶にない』 と言われました。

シリーズ戦での決勝進出ペアは、上位7ペア。
いよいよ決勝戦。 
7位、6位、5位・・・と、決勝進出下位チームから紹介をうけ拍手で迎えられつつ、コート内へ!!
そして最後の最後に呼び出された 「予選1位通過」 が、私とソロモンのチーム。
もう2度とないかもしれません。 予選1位通過ペアとして紹介をされ、拍手を受けながらコート内に入場した瞬間が最高の 天国タイム でした。

実際のところ、 「このまま逃げ切って優勝」 などとは、全く思っていませんでした。
予選2位通過のペアとは僅か1ポイントの差でしたし、その方は JFAのフリスビー日本一を決定するジャパン・ファイナルで優勝を飾っているような雲の上のプレイヤーでしたし、他の予選通過選手の方々も、ジャパン・ファイナルの常連選手たちで、日本のフリスビー界のトップを担うような方々ばかりでしので・・・

ソロモンに小型犬としてハンデが付与されていることもあり、また 偶然ソロモンが1R・2Rともノーミスで、全投キャッチ してくれたこともあり、決勝戦に1位で進出する事となりましたが 考えていたのは 他の決勝進出者に恥ずかしくないプレーをしよう! ということだけでした。

にも関わらず・・・
決勝戦1投目 私が地面に突き刺さるような低い軌道のミススロー
2~4投   それなりに、まっすぐ咥えやすい軌道のフリスビーを投げたにも関わらず、ソロモンが全て口から弾く!!! 4投目に至っては、ヘディングしてフリスビーを弾き飛ばすオマケつき。
5投目    「せめてもの見せ場」と考え遠投したフリスビーに、ソロモン あと一歩、届かず・・・
結果、決勝戦 ノーキャッチ 0ポイントっ!! 
1R・2Rと奇跡的に、ノーミスで全投キャッチした分を、まさか決勝戦でノーキャッチで返されるとは思いませんでした。(汗)

確かに、1Rよりは2R、2Rよりは決勝戦 。。。と、気温は上昇し続けていたので、ソロモンの動きが鈍っているのは認識しておりましたが、ここまでとは予測不能。
「恥ずかしくないプレーをしよう!」 が一転、 「穴があったら入りたい」「羞恥」「悶絶」の 地獄タイムへ!

ソロモンは、フリスビー競技では本当に予測不能・・・
1R ➡ 2R ➡ 決勝戦 と、それぞれ時間が、かなり開くのも、ソロモンには向いていない感じ。
集中力が、続かない。
「まともにフリスビーが飛びさえすれば」 どんなにラウンドごとの時間が開いていても、意欲もスピードも落ちずに ほぼ100% キャッチしてくれるクワン との大きな差が、ここにあります。

e0204314_12155827.jpg
1日で、天国タイムと地獄タイムを 経験させてくれたソロモン。
爆発力と不安定感のジェットコースターは、まだまだ続きそうです。

それにしても・・・ ハンデを貰ってボーダーコリーと競うのは、やはり気が引けるし、申し訳ない気持ちになります。
さりとて、ハンデ無しでは、勝負になりませんし。
西日本地区や、九州地区のように 小型犬部門の参加頭数が多ければ、勝っても負けても すっきりするのですが、現状 東日本は地域は小型犬の参加頭数が、あまり多くないので、しかたありませんね。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします


[PR]
by gundogclub | 2018-04-23 13:45 | ソロモン (WC)

タイタン君の成長 レトリーブ編

2015年8月、生後3か月にも満たず、最初の飼い主が飼育放棄して保護団体に保護されたオスのラブラドール・レトリバーと里親候補のご家族のお見合いがありました。
e0204314_18034333.jpg
e0204314_18032902.jpg
そして、それ程の時を経ず、このラブラドールの男の子は タイタン と名付けられ、Oさん家の家族となりました。

Oさん家に引き取られ、間もなく 私のスクールでのレッスンが始まりました。
レッスンを開始した当初は、
① 他の犬と遊ぶのは大好き。
② ボールや縫いぐるみなどを投げたり、転がしたりしても、あまり反応がない。
③ 人間と遊ぶことに、あまり興味がない。 人間への関心が薄い。
というのが、タイタン君の印象でした。

最初の飼い主の処では、「サークルの中に、玩具などを置いて長時間 放置。飼い主に遊んでもらったことは無い。」という生活だったようです。
所属していた 「大型キャンピングカーの同好会」 で、レトリバー種と共に長距離移動キャンプをしている人たちの姿を見て、漠然と憧れて 深く考えずにタイタン君を購入し、すぐに手に負えなくなって飼育放棄・・・という事 らしいです。
そもそも、 『犬と共に遊ぶ』 という発想すら無かったのかもしれません。

他の犬と遊ぶのが好きなタイタン君の相手は、我が家の茶色坊主 ”ソロモン” が努めてくれました。
相手が追いつくか おいつかないか ぎりぎりのスピードを調整しながら逃げ回るソロモンを追いかける ことを目的としたレッスン(と言うか、遊び)を数カ月・・・ヨタヨタと歩いていたタイタン君の体幹がしっかりとして、また前後肢の筋肉も成長しました。
e0204314_18370067.jpg

タイタン君には、ただソロモンを追いかけて走り回るだけではなく、 私とソロモンの 紐付きボールやダミーを用いたレトリーブ練習も、しっかり見てもらいました。
最初は、何の興味も無い為 おとなしくOさんの横で 私とソロモンの様子を、はんなりと眺めていたタイタン君でしたが、そのうち 紐付きボールやダミーに興味を示し始め、 ロングリードを用いつつタイタン君と紐付きボールで遊ぶようになって以降は ・・・ 遊びたくて遊びたくて 暴れるわ、吠えるわ、悲鳴をあげるわ 大騒ぎ!!(笑)
人と一緒に、道具を用いて遊ぶ楽しさ を知ったことで、第一段階は卒業。

第二段階では、「遊びには ルールがあるんですよ!」 
ということを、タイタン君に教えることを主眼としました。
例えば、
・ 自分の順番までは、暴れたり吠えたりせずに、待てるように頑張りましょう。
・ 投げられたボールやダミーを咥えたら、きちんと飼い主さんの処に戻って渡しましょう。
・ ボールやダミーを咥えたら、一直線に なるべく速く戻りましょう。 途中で寄り道しない様にしましょう。
・ 呼ばれたら、寄り道せずに戻りましょう。
などなど・・・
日に日に強くなったレトリーブ遊びに対する意欲・欲求のコントロールが最も困難で、時間を要しました
あえて、他の犬たちのレトリーブ練習を先にして、タイタン君の待機時間を長くすると、集中力が無くなったりと、匙加減が難しかったですね。

紆余曲折はありましたが、タイタン君は レトリーブ意欲は旺盛、しかし自分の順番がくるまでは、ノーリードでハンドラー横で停座 できるまでに、成長しました。
e0204314_18044513.jpg
e0204314_18050139.jpg
昨日、撮影した動画です。
① レトリーブコースの途中に、ソロモンをノーリードで停座。
② タイタン君は、ハンドラー横で、ノーリードで待機。
③ ダミー投擲。
④ 私の「どうぞ」の声で、ハンドラーが回収を指示。
⑤ 停座しているソロモンに気を取られることなく、ダミーを咥え、ハンドラーの処へ戻る。
という 手順です。

以前なら、咥えたダミーをソロモンに見せびらかしに寄り道したり、あるいはダミーには目もくれずソロモンの処へ突っ込んだりする姿が、目に浮かぶのですが (失敗を経験させない為に、実際には試したことはありません。 あくまで想像です)  予想通り、当初の作業目標を達することが出来ました。



ダミーの端っこを、咥えているのが、ちょっとね・・・(苦笑)
カメラを回している時に限って、 『端っこ咥え』 多いんです。
おそらく、Oさんの 「カメラが回っているから、失敗しないように、させないとっ!!」 みたいなオーラと言うか、緊張の空気を タイタン君が敏感に感じているのではないかと・・・
もう少し、肝がすわって、万事 動じなくなると良いのですが・・・  それは、もうちっょと時間が必要かも。

e0204314_18041856.jpg
生後、僅かで 不認識な元の飼い主の手元を離れたのは幸いであるとも言えます。
タイタン君の挑戦と成長の旅は、まだ始まったばかりです。

e0204314_18052183.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2018-04-12 19:18 | DogSchool I'll

ダブル婆ぁ 衰えず火花バチバチ


まず、2010年5月15日撮影の写真を2枚、ご紹介します。
北関東の保健所からエステルを我が家に迎え入れて1カ月半ほどが過ぎた頃の写真です。
また、クワンはエステルより1年数カ月、早く我が家に来ました。
この写真の時点で、 クワンは1歳10カ月 エステルは推定4~6歳 でした。
e0204314_11332552.jpg
e0204314_11335916.jpg
エステルを我が家に迎え入れた翌日から、 先住だけれど若いクワン と 後から来たけれど年上のエステル は、火花バチバチの良きライバル関係。
迎え入れた翌日に、エステルはクワンにマウンティングを試み、それをクワンが弾き飛ばして逆にマウンティングを仕掛ける・・・そんな感じで始まった2頭のライバル関係。

e0204314_11311193.jpg
もちろん、レスリングが昂じて、流血沙汰になったり、どちらかが怪我をしたことは、これまで一度もありません。
それでも、見慣れない人が見ると、本気で殴り合っているように見える位の迫力があったようです。

それから8年の時を経て・・・
エステル 推定12~14歳。  クワンも今年の7月には10歳・・・
2頭とも、顔に8年間の歳月が刻まれています。
e0204314_11344991.jpg
e0204314_11343916.jpg
今日は、そのエステルとクワンを連れて、野原に行きました。
行ったのは、 ”フリスビー・キャッチ競争” と ”紐付きボールのレトリーブ競争” 。

クワンは、競技会では、こんなハイジャンプはしません。 堅実にキャッチしますが、派手さは競技会では一切ないクワン・・・
高く飛ぶのは、エステルとの競争の時だけ・・・(笑)
e0204314_11350493.jpg

エステルに至っては、 私と1対1の時は 私がフリスビーを投げても 追いかけすらしないんです。(苦笑)
それが、クワンと競争だと・・・

e0204314_11351429.jpg
e0204314_11354494.jpg
紐付きボールの競争でも、火花バチバチの真剣勝負。
e0204314_11355949.jpg
e0204314_11361411.jpg
色々な事柄で、フラウも含めた フラウ・エステル・クワンの3頭は 「こいつにだけは、負けないっ!!」 みたいな覇気があって、我が家の高齢化の一途をたどっている我が家の女子チーム(美琴を除き)が、年齢に比して元気なのは それも理由なのかもしれません。
もうしばらく、火花バチバチのライバル同士で、元気に野原を走り回って欲しいものです。
e0204314_11362979.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします




[PR]
by gundogclub | 2018-04-06 12:15 | エステル (EP)