人気ブログランキング |

ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 天国へ
at 2019-06-24 10:42
フラウ 14歳の誕生日
at 2019-05-30 10:27
海 へ !
at 2019-05-23 12:18
Retrieve Dog
at 2019-04-20 19:33
スパニエルは楽しい!
at 2019-02-24 13:37
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

2014年 01月 03日 ( 1 )

「保護犬だから」 ではない

今日は、クワンとエステルの 2014年走り初め でした。
本当の 2014年走り初めは、昨日 フラウ&ソロモンで行ったのですが、カメラを持たずに野原に来てしまい。。。
ちなみに、ゴールデンレトリバーのクワンは最初の飼い主の飼育放棄犬、イングリッシュ・ポインターのエステルは、北関東の保健所に収容された元保護犬です。

e0204314_15585339.jpg


フリスビーのキャッチ競争をしたり・・・
e0204314_15595221.jpg

e0204314_160852.jpg

e0204314_1611377.jpg


ボールのレトリーブ競争をしたり・・・
e0204314_16276.jpg

e0204314_1622079.jpg


面白いことに、エステルさんは 私と1対1 でフリスビー練習をすると、4~5回 空中キャッチをした辺りで飽きてしまいます。
フリスビーを投げても追いかけなくなってしまいます。
ところが、クワンと競わせると 続く続く・・・(笑)

エステルにとっては 「クワンと競争すること」 そのものが楽しいようで、競う相手が居ないと、すぐに飽きてしまう。
それも、競う相手は、フラウ姐さんやソロモンではなく、クワンと競うのが楽しいみたい。
まあ、くーちゃんにとっては迷惑な話だと思いますが。。。


2010年の3月31日に、北関東の保健所から保護団体を経由して我が家に嫁いだエステルさん。
今年の3月末で我が家に来て4年目となります。
保護団体のシェルターや預り親さん宅に数カ月間、養育されている保護犬の場合は、保護団体や預り親さんがブログなどで紹介をするケースも多く、健康状態や問題点、性格などをある程度、把握することも可能ですが、エステルの場合は、保健所の檻の中で撮影された写真が2枚だけ・・・
エステルがフィラリア陽性なことも、私が譲り受けた後に血液検査で判明した位でしたから・・・
まして、性格に関しては 「人なつこい」 という以外の情報は皆無でした。

我が家へ迎え入れた当初は、間断なく部屋の中をグルグルと回り続け、ひと時たりとも、じっとしていないエステル。 
室内でも所かまわず排泄をしてしまう等もあり、「室内で暮らす」という事に慣れてもらうまでは大変でした。
ソファーで寝そべるエステルを初めて目撃したのは、迎え入れて3か月を経た頃でした。


しかし、室内での生活に慣れて以降については、エステルは何ら問題がありません。
元々、我が家に迎え入れた当初から、野原では私を意識しながら走っていましたし、新たに教えたのは「笛が鳴ったらパパの足元まで戻る」という程度。
しばらくして、たいして教えてもいないのにフリスビーを空中キャッチしたり、ボールを咥えて私の足元まで戻ることも出来るようになりました。

エステルと、今こうして平穏に楽しく暮らしているのは、家族・・・特にカミサンの理解と寛容の賜物だと感謝しています。
室内で間断なく室内をグルグルと回り続け、あたり構わず排泄してしまう犬を 「きっと外で飼われていたんでしょ。 今までは、どこでも排泄OKだったのよね! いまにフラウ達みたいに、“排泄するから庭に出してください”ってアピールできる様になるわよ!」と、雑巾と匂い消しスプレーを持って苦笑していたカミサン。

あの時、「だから素性の判らない保護犬なんて嫌なのよ! 今すぐ、庭で排泄するように躾してよ! アナタ、トレーナーでしょ!!」などとヒステリックに絶叫されていたら、どんなに困ったことか・・・


残念なことに、せっかく里親さんが見つかった保護犬が、数日のうちに保護団体や保健所に出戻ってしまうケースがあります。
理由を聞くと 「迎え入れた日に間断なく吠えた」とか 「夜にバリケンの中でクンクンと鳴き続けた」とか「テーブルの上の人間の食べ物を食べてしまった」とか「食糞した」とか、まあ私から見れば、大した問題ではないケースも多く・・・


保護犬ではなくて、ペットシッョプから購入した子犬だって、その家に慣れるまではいろいろと問題が発生したりするものです。
「保護犬だから」という理由に起因して、問題が起こるケースというのは、稀なのではないかと思います。
せっかく、ご縁があって新しい家族の元に迎え入れられた保護犬なのですから、温かく多干渉せずに、寛容な心で見守って欲しいと思います。

「ここがボク(ワタシ)の新しいお家、そして新しい家族なんだ! もう、いろいろな処を転々とする必要はないんだ!」と確信した時、保護犬はきっと里親さんに寄り添ってくれることでしょう。

そして、その時 素敵な家族に迎え入れられた喜びと誇りに満ちた笑顔で、飼い主さんを見上げてくれるはずです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
by gundogclub | 2014-01-03 17:08 | 保護活動