ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 全国6位でシーズン終了
at 2018-10-06 10:43
無事これ名犬
at 2018-09-17 10:10
犬は犬から学ぶ
at 2018-09-04 10:14
103年ぶりの決勝進出
at 2018-08-22 11:23
フランスの大型スパニエル
at 2018-08-11 09:12
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

もう だけれど まだ

2014年12月26日 に、我が家に迎え入れられた美琴ちゃん。
早いもので、我が家での暮らしも 3年半余 となりました。
写真は、北関東の保護団体のスタッフの方から手渡された美琴ちゃんを私が抱きかかえ、用意した車載バリケンに収容した直後のものです。

e0204314_09441590.jpg
写真では、比較的落ち着いているように見えますが、自宅に到着してからは、大変でした。
まず、踏ん張ってバリケンから出てこない・・・(苦笑)  バリケンから引っ張り出して、抱きかかえるまで、かなりの時間を要しました。
わが家の先住犬たちとは、本当にすぐに打ち解けて、我が家に来た当日から楽しそうに遊んでいました。

e0204314_09570845.jpg

しかし、私や家内、息子たちに対しては 怖がって逃げ回り 触ることは勿論、近づくことすら出来ませんでした。
目が合っただけでテーブルの下や家具の裏側に逃げ込み、出てきませんでした。
まぁ、このあたりの事は 美琴を迎え入れた当初、何度となくブログに書かせて頂きましたので詳細を改めて書くことはしません。

目が合っただけでも・・・あるいは、ちょっと大きな物音がしただけで逃げ回る様子を見て、私は 美琴と共に暮らす 『生活信条』 とも言うべきものを、常に念頭に置く事にしました。
それは、
① 万事、焦らない。
② 万事、諦めない。
③ 万事、性急に結果を求めない。
④ 服従することを求めない。
⑤ 怒りの感情や表情を見せない。

ということです。

焦らず、諦めず、結果を求めず、服従を強いず、怒りの感情や表情を封印し、3年半 が過ぎようとしています。

昨日も、美琴と広い野原に行きました。
まず、美琴は自由運動で 野原を20分くらい、縦横無尽に走り回ります。
美琴は、 「長ーい四肢に、胴体が ちょこんと乗っているような体型」 なので、本当に走るのが速いです。 まるで草の海をイルカが泳いでいるような感じ・・・
この間も、 「呼び戻しの笛」 を吹けば、どんなに遠くを走っていても美琴は、駆け戻って来ます。
それも、ニコニコ顔で !!

次に、紐付きボールのレトリーブ遊びを 30~50投げる。
紐付きボールは遠くまで飛びます。 例えば40mの飛距離だとしますと、 40m × 2(往復) × 50回 = 4,000m = 4Km の全力疾走です。

e0204314_09424491.jpg
e0204314_09430536.jpg

走り疲れますと、美琴は 私から2mくらい離れた場所に、座ります。
座ったまま、私を見上げています。
試しに、私が立っている場所を10m位 移動しますと、美琴もついてきて やはり私から 2mくらい離れた場所に、座ります。

「here」「come」「stay」「down」 などのコマンドは一切、口から発していません。
私が立っている場所を移動したら、美琴も自分が座っている場所を移動して、私との距離が同じような場所に座る・・・
「指示をしたから」ではなく、美琴は 「自ら考え、自ら判断して」 これを行っているのです。


e0204314_09431632.jpg
e0204314_09433293.jpg

私は、この 「自ら考え、自ら判断して」➡ 正しく行動する ことを重要視 しています。
「指示されたから、それに従う」だけではなく、「何をすれば、最も飼い主の要望に沿い得るのか」= (何をすれば、飼い主が とても嬉しそうな笑顔になるのか) を考える力を犬が持つことこそ、大切だと思います。


ともすれば、新しい飼い主 (里親さん) とのご縁が繋がるまでの間、 「少しでも里親さんに気に入られるように!」 と考え、保護した犬たちに 服従訓練系の躾を強いたりしがち ですが、私は、この 譲渡前服従訓練 とでも言うアプローチは、あまり推奨できません。
少なくとも、 あの超怖がりだった子犬の美琴に とっては、譲渡前服従訓練はマイナスにしか、ならなかったと思います。



美琴を迎え入れて もう 3年半余 が経過しました。
この間、服従訓練系の練習は、一切 行っていません。
それでも、散歩では言われなくとも私が歩くスピードに合わせ歩いてくれますし、前記のように ノーリードの野原では ドッグホイッスルの呼び戻しで駆け戻って来ます。



今、美琴との生活は とても快適です。
現在、わが家の5ワンズの中で、一番甘え方が激しいのは、かつて目が合っただけで逃げ回っていた美琴です。
こうなるまで確かに、3年半の年月を要しました。
しかし、これから10年以上続くと思われる美琴との生活を考えれば、 まだ 3年半しか経っていない のです。

美琴との暮らしを通して 焦らず諦めず ロングスパンで愛犬を育んでいく経験と知恵を与えられたように思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 




[PR]
by gundogclub | 2018-08-01 10:54 | MY TALK