ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
今年も宜しくお願いします
at 2019-01-01 10:33
4年が経ち
at 2018-12-31 08:10
ソロモン、初の70ポイント超え
at 2018-12-09 16:33
さよなら キャラバン
at 2018-12-03 20:35
ご無沙汰してしまいました
at 2018-11-17 17:04
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

この季節は・・・

昨年の秋から愛用している野原は 接道部分の外周が、成人男性の腰くらいの丈がある草で覆われています。
ここ数週間は、天候に関わらず朝露が凄くて、上下レインスーツを着用しないと、ずぶ濡れに・・・

透湿性が高く、さりとてゴアテックスよりは、2~3割 安価な素材のレインスーツが各アウトドアブランドからリリースされるようになり、ありがたいです。
大切に使用していても、硬い草が生い茂る野原を毎日、踏破しているとレインスーツの劣化・消耗が早いので。


先日も、ソロモンは まるで泳いだかのように、ずぶ濡れ。
全身からポタポタと水滴を滴らせながら走っていました。

e0204314_07480669.jpg
e0204314_07481988.jpg

この季節、草深い茂みにダミーを投げ入れず、草丈が短い 鳥が営巣しない場所にダミーを置いたり、投擲したりして練習しています。

草深い茂みを、人や犬が歩き回って、産卵された卵を踏みつぶしたり、投擲したダミーが直撃して卵が割れたりすると、後味が悪いものですから。。。

e0204314_07482955.jpg

そもそも、レトリーブ・トレーニングだけなら、もう少し草丈の低い、 「牧草地」みたいな場所があれば、その方が良い位ですので。


さて、今週末の土曜日は、亡父の納骨式を予定しています。
父が、天国に召されてから、一カ月余が過ぎました。
キリスト教では、四十九日の法要とか、○周忌の法要とかは、ありませんので、納骨が終わりますと、あとは自主的に 墓前礼拝 (牧師に依頼して立ち会って頂きます) を、行うくらいでしょうか。

亡父と亡母の、一人息子として、滞りなく納骨式を終えますと、「息子」としての役割は終焉を迎え 「夫」なり あるいは「父親」 としての 立場や役割に専従する事になるのでしょう。
『息子としての役割の終焉』の寂しさが、こみ上げてくるのは、これからのような予感がします。 



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



by gundogclub | 2018-06-27 08:01 | MY TALK