ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 全国6位でシーズン終了
at 2018-10-06 10:43
無事これ名犬
at 2018-09-17 10:10
犬は犬から学ぶ
at 2018-09-04 10:14
103年ぶりの決勝進出
at 2018-08-22 11:23
フランスの大型スパニエル
at 2018-08-11 09:12
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

最小にして最大

一昨日は、我が家周辺も降雪で、白銀の世界となりましたが、思いの外 雪解けが早く翌日のお昼頃には、雪はあらかた消えてしまいました。
そして今日、僅かに雪が残るフィールドで、ソロモンと レトリーブ・ワーク!

最近、最も練習頻度が高いこの野原は 方々に溝が走っており、その溝の幅や深さは、まちまちです。
ソロモンは、高速で縦横無尽に走り回りながら、溝に転がり落ちることもなく、ピョンピョンと溝を上手に飛び越えています。
目前に溝が迫ってから、溝がある事を認識する場合もあるのですが、障害馬術で言う処の "やや、つまり気味" の飛越姿勢になるものの、器用に飛び越えています。

今日は、 あえて 溝の先にダミーがある (マーキング & ブラインド & メモリー) レトリーブ・ワーク を行って、その飛越写真などを撮影してみました。 

1. ブラインド・レトリーブ Jump! (白いビニール袋の周辺にダミーを隠してあります) 
e0204314_14224469.jpg

2. メモリー・レトリーブ Jump! 
(溝の先にダミーを置き、かつ置く様子をソロモンにも見せてあります。 この溝は、幅が1.2mほどあり、深さも0.8mほどあります)
e0204314_14232898.jpg
e0204314_14230326.jpg
3. マーキング・レトリーブ Jump!
e0204314_14240163.jpg
4. その他

① ストップホイッスルで急停止し、こちらに向き直るソロモン。 カッコイィ~ (親バカっ)
e0204314_14242057.jpg
② ダミー・レトリーブ
e0204314_14243642.jpg
e0204314_14234654.jpg
③ 今日の、フィールド
e0204314_14244765.jpg
ワーキング・コッカースパニエル (イングリッシュ・コッカーも含め) は、よく 『ミニマムの、実猟鳥猟犬』 と表現されます。
「鳥猟犬種として最小なのは、オランダ原産の マルキースィエである」とも言われますが、マルキースィエは 実猟ではあまり使われていない様です。

雉の長い尾羽を引きずりながら、それでも健気にレトリーブしているワーキング・コッカーの動画や写真は、facebookの ”ワーキング・コッカーの愛好者サイト” には毎日のように掲載されています。
その意欲満々の働きっぷりは、ダミーの回収練習しかしないソロモンですら、感心しますし、惚れ惚れとします。
まさに 最小の体格にして、最大の意欲を有する という感じ。

まあ、ソロモンは ガンドッグレトリーブトライアル協会(GRTA)主催のレトリーブトライアル では、昨年の4月に達成した ”ミドルクラス 準優勝” くらいが「どうにか、こうにか」という感じで、アドバンストクラスに昇格した現在は 競技で用いられる距離も、競技の難易度も 「ちょっと壁が高いなぁ~!」 という感じはします。

願わくは、私が競技会場のフィールドの斜面を自力で登れるうちに(苦笑)、スパニエルを相棒としてGRTに参加するペアが もっともっと増えて ”スパニエル部門” のレトリーブ競技会が開催されるまでになる事を願ってはおりますが・・・

そして、「勝利の方程式」からは大きく外れているのかもしれませんが、ソロモンと参加するのは、順位や成績は別として、ワクワクします。
ダミー回収に送り出したソロモンが、うす緑色の公式ダミーを咥えて 小さな体で飛び跳ねる様に戻って来る姿を見るだけで、ちょっと目頭が熱くなりますから!!

小さな体で回収成功した時の、ハンドラーに与えてくれる歓喜や充実感も 体の大きさとは真逆に、とても大きなものが与えられる・・・ それもまた、ワーキング・コッカーの魅力の一つなのかもしれません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします







[PR]
by gundogclub | 2018-01-24 15:33 | ソロモン (WC)