ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
この花の一つほどにも 
at 2018-06-15 13:34
台風一過 
at 2018-06-12 15:43
日常に戻りつつ ありますが
at 2018-06-04 12:50
父 逝去 そして
at 2018-05-30 14:48
茶色チームと野遊び
at 2018-05-15 08:07
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

つづら折り

通称 ”野原C” の 「際の部分」 に沿って、草が刈られました。
草が刈られた際の部分に沿って一周するのに、徒歩で15分ほどかかる、広い広い野原です。

予めスタート地点を定め、そこから草が刈られた部分に沿って歩き、スタート地点から徒歩4分くらいの 「草が刈られている部分の真ん中」 にダミーを置きました。
片道4分・・・ゆっくり歩いてダミーを置きに行きましたので、スタート地点からダミーを置いた地点までは、 片道200m程度 だと思います。
e0204314_10290195.jpg
e0204314_10291528.jpg
車で待機していたソロモンを、車から降ろし スタート地点と定めた場所 で、 「Get On!!」

1年半程以前に、場所は異なりますが同様に 「草が刈られている場所を、ひたすら走り抜けるとダミーが置かれている」 という状況で練習をしたことがあり、ソロモンは、その練習の経験を記憶していたようです。

振り返ることも無く、 「つづら折り」 に草が刈られた野原の際を、走り抜けて行きました。
「つづら折り」の、ブラインドコーナーから ダミーを咥えたソロモンの姿が視界に飛び込んでくることを期待しつつ、本当にダミーを咥えて戻って来るのか半信半疑だったのですが・・・
e0204314_10284441.jpg
e0204314_10295289.jpg
e0204314_10301621.jpg
e0204314_10292865.jpg
見事、成功!!!

試みたかったことは 「回収を指示されたからには、必ずダミーがあると信じて、草が刈られている部分を、どこまでも前へ前へと、駆け抜けていけること!!」
「真っ直ぐよぉ~ 真っ直ぐに走って!」  「ゲットオンよ、ゴーゴー!」  「ダミーよダミー! ロースト ほらロースト!」  とか、 「ハンドラーから声をかけ続けられている事により動く」 のではなく、ハンドラーの姿が見えないような、うねうねした つづら折り の道であっても、自らの意志で駆け抜けていける意欲。

まぁ、こんな練習ばかりしていると 「草が刈られていたり、草丈が短い部分だけを重点的に探す様になる」 リスクもあるかもしれませんが、あえてリスクは承知で、ソロモンの回収意欲に賭け、その意欲を確認することに重きを置いてみました。
e0204314_10305444.jpg
e0204314_10313492.jpg
ソロモンは、いつも本当に楽しそうです。
フリスビー競技会で 『競技コートの近くで、手を振って応援してくれていた優しそうな 女の子の処に、競技中にも関わらずフリスビーを咥えたまま、甘えに行ってしまう』 とか、フラウ姐さんでは考えられないような行為に及ぶこともある (苦笑) ソロモンですが、 「見た目の可愛らしさ で、予想を超えた才能を包み隠している」  あたりが、この犬種に、どっぶりと惚れ込んでしまう要因なのかもしれません。

e0204314_10314907.jpg
e0204314_10311700.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 



[PR]
by gundogclub | 2017-08-24 11:13 | レトリーブ (GRT)