ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
外部リンク
最新の記事
天国と地獄の一日
at 2018-04-23 13:45
タイタン君の成長 レトリーブ編
at 2018-04-12 19:18
ダブル婆ぁ 衰えず火花バチバチ
at 2018-04-06 12:15
久々の七輪キャンプ
at 2018-03-31 10:19
2018シーズン 5か月を終えて
at 2018-03-25 19:36
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

複数頭での初級練習

今日は、複数頭で行うレトリーブの初歩訓練について、お話したいと思います。

我が家の3女1男は、揃ってボールもダミーもフリスビーも大好きです。
計4頭の愛犬がおりますが、大抵は2頭をペアにして野原に連れて行きます。
私の車(キャンピングカー)は、車体は大きいのですが、ベットやら冷蔵庫やらシンクやらで場所をとられていて、バリケンを乗せるスペースが、あまりありません。 
2000CCクラスの普通のワンボックスカーの方が、まだ愛犬を沢山、乗せられるかも・・・


さて、2頭を連れて野原に行って、よくやっているのが ボールやフリスビーのレトリーブ競争です。
e0204314_14281879.jpg

一切、ノーコマンドでボールやフリスビーを追いかけさせているだけ。 これは訓練ではありません。
単なる遊び・・・

で、遊んでばかりおりますと オバカさんになってしまうので、ちょっとは勉強もしてもらっています。
それは、 2頭を停座させ、ボールやダミーやフリスビーを投げ (私が投げ終わるまでは停座継続) 指示された犬だけがレトリーブに向う練習 です。

我が家では、クワンもエステルも他のワンとなら、停座継続ができるのですが クワン&エステルのペアにすると、なかなか停座が継続できません。 お互い、「負けないっ!」という気持ちが強すぎるみたい。(苦笑)
どうせなら、「どちらが、より長くボールやフリスビーの誘惑に打ち勝ち、長く停座継続できるか」 で、競争して欲しいものですが。。。

文章で書くより、とても判りやすく、画質の綺麗な動画がありましたので、ご紹介します。



この動画のような練習をするためには、一つの条件があります。
それは、各々の犬が同程度に、ボールやダミーを投げても停座を継続できると です。
例えば、この動画では3頭の犬が登場しておりますが、この中に1頭でも ダミーが投げられた瞬間にダミーに駆け寄ってしまうレベルの犬が含まれていたら、練習になりません。
ダミーに駆け寄ってしまう度に、「NOoooooo!」と叫んだり、停座をし直させたりしていたら、練習にはなりません。
ポイントは、同程度のレベルにある犬たちを複数頭、集めてグループで練習することです。


そして、できればローテーションでメンバーを入れ替えて練習を繰り返すことです。
ソロモン坊主は、フラウ、クワン、エステルなど、お姉ちゃんたちと、この動画のような練習をしても、全く問題はありません。

ところが、グループの中に スクールの生徒犬など、普段 一緒に練習をしていない犬を加えると、停座の姿勢が、ちょっと腰がいたような感じになったりします。
「お姉ちゃんたちなら、パパから指示があるまで誰も動かない」 ことはソロモンも経験上、認識しているわけですが、見知らぬ犬が加わると 「もしかしたら、先にボールやダミーをとられてしまうかもしれない! とられる前に、ボクが咥えないと・・・」 なーんて雑念が、頭をよぎるみたいです。(苦笑)


メンバーを変えながら、グルーブレッスンを行うことは、ステディネスの般化という観点から、とても効果があると思います。
メンバーをローテーションしながらグループレッスンをすると、見えなかった弱点を発見することも、ありますし。。。


e0204314_1545448.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-09-05 15:01 | 犬の躾・訓練