人気ブログランキング |

ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
クワン 天国へ
at 2019-06-24 10:42
フラウ 14歳の誕生日
at 2019-05-30 10:27
海 へ !
at 2019-05-23 12:18
Retrieve Dog
at 2019-04-20 19:33
スパニエルは楽しい!
at 2019-02-24 13:37
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

愛犬を伴っての避難

未曽有の大災害から2週間が経過しました。
地震そのものの被害より津波による被害が大きく広範囲に及んだこと、また原発の事故などもあり、阪神淡路や新潟中越の大震災と比べても、被災者の方々への救援は思うように進捗していない様子です。
テレビでは 連日、多くの方々が避難所で、その日の食料にも困窮する生活を送られている姿が報道されており、本当に胸が痛みます。

犬や猫などの愛玩動物の保護に関しても、あまりにも震災の規模が大きく広範囲に渡ることもあり、当初はなす術のない状態でしたが現在は 緊急災害時動物支援本部  も立ち上がり、様々な取り組みが行われております。

緊急災害時動物支援本部のメンバー団体である 社団法人動物福祉協会 を通じて私のスクールにも、愛犬と共に関東に避難してくる方々の、「愛犬の一時預り」の依頼の連絡が、ほぼ毎日あり スクールの生徒さんや同志の方々に、既に 「一時預り」 に関する具体的な調整を飼い主さんとして頂いております。


愛犬や愛猫を伴って避難してくる被災者の方々の受け入れ態勢は、各地方自治体により温度差のある状態であると思います。
私は千葉県の動物愛護ボランティアのメンバーなのですが、県の所轄部署から 「愛玩動物を伴って避難して来る方々への対応」に関し、何らの指示も依頼も、今のところ ありません。
預り親探しの依頼なども一切、ありません。



これに対し、例えば新潟中越地震を経験した新潟県などは随分と対応が異なります。
新潟県には、犬や猫と共に避難することが可能な収容施設が、いくつかあります。
東北地方太平洋沖地震 被災者応援ボード


避難所にペットと同伴避難する場合

新潟県内のペット同伴避難可能な施設での様子


そして、注目して頂きたいのは 『避難所にペットと同伴避難する場合』 の 注意事項 と 【状況が許すなら・・・】 という一文です。

簡単に申し上げますと、新潟県のペット同伴可能な避難所では、飼い主と同じフロアに一緒に避難できる訳ではありません。
同一建物内のペット収容部屋だったり、別棟でペット収容棟があったり、あるいは避難所の廊下の部分がペットの収容スペースだったり・・・


それでも、愛犬や愛猫と、一緒に避難できるということは、他の自治体の避難所に比べて、大変に恵まれた環境だと思います。
ただ、この恵まれた環境に避難し続ける為には、注意事項に記載されている様な様々な問題に関し、他の避難者の方々とトラブルにならない様に注意する必要があります。

特に 鳴き声 については、阪神淡路の震災の時も、新潟中越の震災の時も、ペットを飼っていない避難者とトラブルになったそうです。


新潟県内のペット同伴避難可能な施設での様子 をご覧頂くと、避難所での様子が判りやすいと思いますが、基本的にはバリケン(クレート、サクール含む)の中での飼育となります。

飼い主さんが、散歩や排泄、食餌の時などにバリケンから出し、またバリケンに入れることになります。
近い場所に飼い主が居るとは言え、基本的には飼い主と愛犬は居住スペースが別です。

もし、愛犬がバリケンに慣れておらずに吠え続けたら・・・
飼い主さんが見えなくなったと吠え続ける犬だったら・・・
あるいは、バリケンに入ることさえ拒絶する犬だったら・・・


避難所には、ペットと暮らしていない方々も大勢います。
もっと端的に言うと犬や猫が嫌いな方々も、いらっしゃいます。

いかなる事情があるにせよ、避難所という極限の環境で、犬が吠え続けているのが聞こえたら、トラブルになる可能性は非常に大きいと言えます。
且つ・・・ 阪神淡路の時も新潟中越の時も 愛犬と共に避難した方々同士のトラブルが多発したそうです。
「あんたの犬、吠えるのを止めさせてくれ! 我々(犬と共に避難してきた方)まで白い目で見られて、肩身が狭い・・・ あんたの犬のせいで他の愛犬家が迷惑するから、出て行ってくれないか!」 
愛犬家同士の方が、むしろ自分の愛犬を守る為に、問題を起こす犬の飼い主に対して辛らつだったと言われています。



「日本は地震の活動期に入った!」という説を唱える専門家もいらっしゃるそうです。
日本に居住している限り、どこに住んでいようと大地震に見舞われる可能性はあるのです。
その時に、自分を守り自分の愛犬を守るためにも、今からでもクレートトレーニングを行うことが大切だと私は思います。
フリスビーがキャッチできなかろうが、レトリーブができなかろうが、アジリティーができなかろうが、それによって他人に迷惑をかけることはありません。
避難所から追い出されることはありません。
しかし、服従訓練競技のメダリストだろうが、避難所で吠え続けていたら、他の方々にとって、その犬は単に迷惑なだけの犬です。


クワンとエステルの空中戦
e0204314_15313663.jpg



我が家の3人娘は・・・特にクワンとエステルは レスリングばかりしている アホアホコンビですが・・・

バリケンの中に入れると5時間程度は、ウンともスンとも言いません。
わざと、大きな音量でアニメソングをかけて、次男や次男の友人にバリケンの傍で奇声を発しながら踊ってもらったり(笑)、わざと大きな音を立ててお菓子の袋を開いたり、様々な刺激を工夫して、バリケン内で3姉妹が吠えたり暴れたりすることを誘引する試みをしています。
でも最近は、クワンでさえ(笑) 様々な刺激を試みても大人しくバリケン内で待機ができる様になり、誘惑の種が尽きてきました。



避難所で他人に迷惑をかけることなく、飼い主と愛犬が近くで共に避難生活をおくることが出来るように・・・
その為の事前の練習 (バリケンに慣れさせる、大人しくバリケン内で待機できる、飼い主が離れた場所にいてもバリケン内で待機できる 等) は、競技会に出場する為の訓練よりはるかに大切であると私は思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
by gundogclub | 2011-03-25 18:29 | 犬の躾・訓練