ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 全国6位でシーズン終了
at 2018-10-06 10:43
無事これ名犬
at 2018-09-17 10:10
犬は犬から学ぶ
at 2018-09-04 10:14
103年ぶりの決勝進出
at 2018-08-22 11:23
フランスの大型スパニエル
at 2018-08-11 09:12
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

クワン 全国6位でシーズン終了

JFA(日本フリスビードッグ協会) の 2018年度の順位が 確定しつつあります。

クワン ちゃん が出場しておりました シニアクラス は、既に順位が確定しました。 
クワンは シニアクラスの 全国6位 で、2018年度を終えました。


もっとも、今年度は ソロモンの 公式小型選手権を 『主』として出場し、 2月以降 クワンは 競技会に出場しておりません
にも関わらず、 全国6位でシーズンを終えたのですから、流石 クワンちゃんです!!      (親バカっ!:笑)

と言う訳で、クワンは 10月20日 ~ 21日 に、兵庫県但馬で開催される ジャパンファイナル2018 への出場権を獲得 しました。
同じく、ソロモン も まだ順位は確定しておりませんが 公式小型選手権への出場権を獲得できる順位 におります。

昨年の ジャパンファイナル出場時の クワン 
 (新潟県 越後川口)

e0204314_10242088.jpg
e0204314_10244428.jpg

『クワンとソロモンと、揃って2頭を伴い、ジャパンファイナルに出場する』 のが、昨年の11月から始まった 2018年シーズン の当初の目標でした。
その意味では、その当初の目標を、達成する事が叶いました。


ただ、今年の5月下旬に、私の父が 1年9カ月の入院生活を経て逝去し、その後 私自身や家族も含め 様々な事柄が変化し、あるいは変化を求められる事態となっています。
まだ当分は、落ち着きそうにない感じです。


今年のジャパンファイナル出場は、辞退しました。
出場は辞退しましたが、 「出場権を得られた」 ことは、やはり嬉しいです。
来年のゴールデンウィークの頃には、再び クワンやソロモンを伴って、JFAの競技会に出場できる事を願っています。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
 





[PR]
# by gundogclub | 2018-10-06 10:43 | フリスビー(JFA)

無事これ名犬

フラウ姐さん、13歳4カ月となりました。

 この写真は、ちょうど今から2年ほど前の写真です。      
e0204314_09095495.jpg
この頃は、 『投擲されたダミーに駆け寄るスピード』 もあり、 ブラインド・レトリーブ作業においても全盛期とは比べられない程、衰えたとは言え それでもハンドシグナルやドッグホイッスルによる遠隔操作にも従ってくれました。
『咥えたダミーを保持 (咥え続ける) する』  ことも、苦も無く こなしていたのですが・・・


2年の月日を経て、今のフラウは ダミーのレトリーブはもとより,「中毒ですか?」いう程 大好きだったボールのレトリーブ遊びも、ほとんど やらなくなりました。

それと同時に 以前のフラウは 「どんなに広い野原であったとしても 縦横無尽に高速で走り回り、草の海をトビウオの様に飛び跳ねながらも 常に私の位置を自らの意志で確認し (フラウが走っている間、私も立ち止まっている訳ではなく あえて 前後左右に動き回っているので) 呼び戻しのホイッスルを吹かなくても、私の足元まで駆け戻り、そしてまた草の海を走り出す」 というルーティーンでした。
ですから、ハンドラーである私自身がフラウの姿を追い、フラウのいる位置を確認する必要は、一切ありませんでした



それが、ここ1年ほどはフラウは 「ちらっちらっ と、私の姿を確認する動作は変わらない」 のですが いざ戻ろうとした時に 自分の位置と私がいると思われる場所を 『脳内マップ』 で上手く描けなくなったのか、私が居る場所とは違う方向に真剣な顔で駆け戻ろうとする事があり、慌てて私が声をかけたり、ホイッスルを吹くと 意外そうな顔をして、振り返ったりします。
「あら アナタ、違う場所に居た筈だけれど・・・ワタシ、今 そこに戻ろうとしていたのだけれど・・・なんで、そこにいるの?  瞬間移動でもしたの?」 みたいな、不思議そうな顔を私に向けたりします。
草が短く刈られた野原ならまだしも、 『草丈が高い お互いの姿が見えない野原』 では、フラウは 最近は どうも、危なっかしいです。(苦笑)
ですので、草深い野原にフラウと行く時は トレーニングカラー (トランシーバー型の機械のボタンを押すと、犬側に装着した首輪から音が鳴る) を装着する様にしました。
まさか、 「あの」フラウ に、トレーニングカラーを装着する日が来るとは、想像だにしませんでした。



それでも、13歳を過ぎた ”お婆ちゃん” にしては、意欲的に野原を走りますし 草むらに潜んでいる雉の匂いをとると、 瞬時に停止して私の方に目を向けて私の指示を待ちます。
指示も無く、草むらから雉を追い立てたりはしません。
坂道を駆け上り、腰砕けになって転んだりすることもありますが、それでもフラウは楽しそうです。


e0204314_10011755.jpg
e0204314_10013801.jpg

13歳を過ぎても、元気に野原を走り回り、血液検査でも異常は見受けられず、全ての数値が基準の範囲内。
確かに年相応の衰えを感じることも多々ありますが それでもフラウ姐さん、無事是名馬ならぬ 無事これ名犬 という感じです。
フラウと共に野原で過ごす日々が、一日でも長く続くことを願っています。


e0204314_09101191.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 


[PR]
# by gundogclub | 2018-09-17 10:10

犬は犬から学ぶ

美琴ちゃんを、我が家に迎えて3年半余・・・ 
とうとう、ダミーや紐付きボールを、私に 手渡すことが出来る ようになりました。

e0204314_09033737.jpg
わが家に迎え入れた頃は 『超』 がつく程の怖がりで、私や家内、息子たちと目が合っただけで、テーブルの下や 家具の隙間に逃げ隠れしていた美琴ですが、他のワンズも一緒なら、比較的早い時期から庭などで、私とダミーやボールを用いて遊べる様になりました。

写真は、我が家に迎え入れて1カ月程度の頃・・・ 既にダミーを咥えながら、私が立っている場所に近寄って来るようになりました。

e0204314_09031193.jpg
それから約3年。。。。 美琴は、私が投げたダミーや紐付きボールを、私に手渡す (咥えたまま、私の手元まで持ってくる) ことはありませんでしたが、咥えて駆け戻って来て、私が立っている場所から5~6mの範囲で口から放すので、比較的簡単にレトリーブ遊びを継続する事が出来ました。

投げられたボールやダミーを咥えて走り回り、そのうち 咥えていた物を口から放り出し、そのまま縦横無尽に走り続ける・・・というパターンの犬もおり、広い野原では投棄されたボールやダミーを飼い主が探し出すのも困難で、 『野原で遊ぶ度に、ボールやダミーが無くなる』 という困った事態になるのですが、美琴は少なくとも、その様な事はありませんでした。

実は、我が家のイングリッシュ・ポインターのエステルさんが、このパターンで 迎え入れた当初は全くボールに興味が無かったものが、フラウやエステルと一緒にレトリーブ遊びに参加するうちに、ボール遊びが好きになりました。
しかし、私と 1対1 ですと、咥えたまま走り回り、戻って来た時には何も咥えていない・・・という状態でしたので、必ずフラウやクワンとペアにして、レトリーブ遊びをしていました。
フラウやクワンが一緒なら、エステルが口からボールを放り出しても、必ず追尾しているフラウやクワンが咥えて戻って来てくれますので。


そんなエステルが きちんとボールやダミーを私に手渡せる様になったのも、 そして美琴がボールやダミーを私に手渡せる様になったのも 他の犬と私が遊んでいる様子を、近くで見ていられる様になってから であると確信しています。

エステルも美琴も、迎え入れたから数カ月 (エステル) 、あるいは数年間 (美琴) ・・・ 例えば、私がフラウやソロモンとレトリーブ練習やボール遊びをしている間、好き勝手に (笑) 走り回っていた (もちろん、呼び戻しの笛を吹けば、戻って来ますが) のですが、 そのうち 私の近くで、私がフラウやソロモンと レトリーブ練習をする様子、褒められたり、撫でられたり、私から笑顔を向けられている様子などを観察する様になり、この 他の犬と私が遊んでいる様子を近くで観察できる様になってから 大きな変化が生じた様に思います。


抽象的な言い方なのですが 自分以外の犬が、私から褒められたり、撫でられたり、笑顔を向けられたりする様子を見て、それを羨ましいとか悔しい とか感じる様になると (つまり、「ワタシも撫でられたり、褒められたりしたいっ!!」と感じる様になると) 大きな変化が生まれる様に思います。


今では、 エステル&美琴 のコンビで、紐付きボール遊びをしても、気持ちよく何度もボールを投擲することが可能です。
美琴も きちんと私にボールを咥えて渡してくれますし、エステルも 走り回った末にボールをどこかに投棄して来るようなことも無く、私に手渡してくれます。

e0204314_09035602.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 


[PR]
# by gundogclub | 2018-09-04 10:14 | MY TALK

103年ぶりの決勝進出

第百回目を迎える 全国高校野球選手権大会 (夏の甲子園) において、私の故郷 秋田県の代表である 秋田県立金足農業高校学校 が、秋田県勢としては第一回大会以来 103年ぶりに決勝戦へと駒を進めました。

1980年(昭和55年)の4月に大学進学の為に故郷秋田を離れて以降、大学進学 ~ 就職 ~ 結婚 ~ 現在にいたるまで 東京都および千葉県に居住した年数は40年近くとなり、秋田市に在住していた18年間を遥かに超える年数を関東で暮らしているわけですが、未だに 私の『故郷』は、東京都でも千葉県でもなく、秋田県秋田市です。

昭和59年に就職して社会人となった後も、 夏の甲子園大会の 秋田県代表高校の初戦は、なるべく有給休暇を取得してテレビの前で応援 しておりました。
しかし、長男が生まれた1998年から13年間、秋田県代表校は初戦での敗退を繰り返し、 『今年も駄目だったか・・・ 今年の夏も、もう終わったな・・・ 来年に期待するしかないな・・・』 という、諦念と言うか、意気消沈する年を重ねておりました。


そもそもと言うか、私が高校生だった40年ほど前には、秋田県には 共学の私立高校が一校 しかありませんでした。 (旧 秋田経済大学付属高校 現、明桜高校)
今は、県内に共学の私立高校が3校に増えている様ですが、それでも東北地方の他の県と比べると、圧倒的に少ないのです。
しかも、秋田県を除く、他の東北5県には、ここ20年ほどの間に 甲子園常連と言われる 有力私立高校が林立してきました。



『絶対王者』のような強豪高校が存在しない秋田県では、毎年のように 甲子園出場高校が変わります。
「県内においては、優れた投手が在籍している高校」 だったり 「県内においては、強打者が数名、在籍している高校」だったりが、年替わりのような形で秋田県予選を勝ち進み、秋田県代表として出場する・・・という感じでしょうか。


今年は、「県内においては」ではなく、「全国でも屈指の」好投手が存在したこと、そして かねてより 「厳しく苛烈なことで知られている金足農業の猛特訓」 に鍛えられた好打者とが、走攻守 高レベルで噛み合ったことが、快進撃の理由だと思います。


みちのく秋田の県立高校・・・しかも、農業高校の野球部が 私立の強豪校を次々と破っていく様は、まさに漫画やアニメの主人公のようでした。
一戦、一戦 勝ちあがるごとに 『金農旋風』・・・ミラクル・・・奇跡・・・県内に留まらず全国の方々から熱狂的な応援を頂いた2018年の夏。
王者 大阪桐蔭に挑む相手が、ベスト8に勝ち進んだ、他の私立強豪校なら、これほどの熱風は吹かなかったと思いますし、決勝戦での甲子園来場者数を更新することも、無かったかもしれません。


金足農業への熱い応援は、 競馬で言えば 古くはハイセイコー ・・・ そして、 オグリキャップ に通じるものがある気がします。
地方競馬出身でありながら、中央競馬に挑戦し、エリートと言われるライバルたちを、次々と薙ぎ倒していく姿に人々は、己を投影するのだと思います。
人の世も、エリートと呼ばれる人々は、ごく僅か。 勿論、並々ならぬ努力を重ねてエリートになる方もいる訳で、「生まれながら」のエリートは少ないのかもしれません。
それでも・・・ 並々ならぬ努力や克己の末にエリートになることも・・・あるいは出自が良く生まれながらのエリートになることも・・・出来なかった大部分の人々にとって 『俺も頑張れば、ハイセイコーやオグリや金農の生徒みたいに、今からでもエリートと競えるかもしれない』という夢や覇気   そして 『ハイセイコーもオグリも金農の生徒たちも、苦しくても頑張ったんだ。俺も歯を食いしばって頑張ろう!』 という励み・・・ それが 『大多数のエリートに非ざる人々』 に支持され応援されるのではないかと。


e0204314_11113134.jpg


103年の年を経ても、故郷秋田に優勝旗が持ち帰えられることは、ありませんでした。
県内の高校のほぼ全てが公立高校の秋田県では、 「一つの高校で高いレベルの投手を複数名 揃える」 ことは、まず不可能です。
大会屈指の投手をもってしても、一人で決勝戦まで投げ切るのは 昭和の時代ならまだしも 今は不可能なことも判りました。
強打者を複数名、一つの高校が擁することも秋田県の公立高校では、難しいでしょう。
どこかひとつ 高校を決めて 県内の優秀な選手を全て集めて 「オール秋田」 のチームを作ったとしても、全国の私立強豪には歯が立たないかもしれません。
秋田県に深紅の優勝旗が来ることは、私が生きている間はおろか、あと100年経っても無いかもしれません。


それでも、全国に金足農業旋風が巻き起こった 2018年の夏 を、私は忘れません。
秋田県立金足農業高校、ありがとう。
自分が秋田県に生まれた事を、嬉しく思います。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 


[PR]
# by gundogclub | 2018-08-22 11:23 | MY TALK

フランスの大型スパニエル

e0204314_08161002.jpg
 は、フランス原産の、 ピカルディースパニエル という犬種です。
フランスには、この ピカルディースパニエルをはじめ ピカルディースパニエルの親戚の   ブルーピカルディースパニエル や フレンチスパニエル など、体重が20kgを超えるような大型のスパニエル犬種が、複数 存在します。

これらの犬種は、フランス国内でも決して一般的な犬種では無いのですが、さりとて ”希少犬種・珍犬” に属する訳ではなく、かつ フランスのみに留まらず、イギリスや他の欧州諸国にも、これら大型スパニエルのクラブがあり、また 大型スパニエルを対象としたレトリーブ競技会 なども開催されています。


ピカルディースパニエルや、ブルーピカルデイースパニエルは、 レトリバー種に比べて四肢が長く、 『粘土質で足抜きの悪い湿地帯が多いピカルディー地方のフィールドワークに優れている』 と言われているようです。
犬種保存の為 だけではなく、実際に猟の相棒としてフランスの一部地域では 大活躍 しているようです。

e0204314_08154289.jpg
私は、 一頭で鳥猟に係る作業の全てをカバーする 事を目的に作出された 欧州大陸系の HPR Dog (ジャーマン・ショートヘアード・ポインターのフラウちゃんも、このHPRの範疇です) に愛着を感じているので、フランス原産の これら大型スパニエルにも興味のベクトルが向いています。


犬に限ったことでは無いのですが 例えば車にしても 同じ欧州でもイギリス・ドイツ・フランス・イタリア・・・国によって違いがあり、その違いには地学や人種・民族、ドクトリン・・・など様々な要因が関係してきます。

たとえ私が、超お金持ちで ピカルディースパニエルの つがい をフランスから輸入し、繁殖したとしても おそらく日本ではポピュラーな犬種には ならないと思いますし、買い求めに来る方は 「珍しい犬が欲しい」 とか 「誰も飼ったことがない犬を飼って自慢したい」 とか、あまり建設的な感じには、ならないかと・・・
まぁ、私が超お金持ちになることは、決して無いので そもそもが空想の範囲ですが。


ただ、  「何を目的に」  「どのような背景から」 そのものは作出されたのか? を調べる ということは、 犬種に限らず 理解を深めたり、あるいは より愛着を増す ために、有意義な作業なのではないかと、私は思います。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
 


[PR]
# by gundogclub | 2018-08-11 09:12 | 犬種探訪