ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

来年の春に


来年の春に、もしかしたら ガールズ・チーム のメンバーが増えるかもしれません。(笑)

事の起こりは、2週間ほど前のこと。
ソロモンの父方の実家であるAさんから、『来年の春に、繁殖予定なのですが、女の子が生まれたら、貰いませんか?』 と連絡があり・・・

私の父が、超低空飛行を続けていて、いつ墜落しても、おかしくない状況でもあり、当初は『次回に、是非!』と申し上げたのですが、Aさんの処も ご家族の健康問題などもあり、せっかく英国から、FT系のワーキングコッカーの雌を迎えたにも関わらず、繁殖が困難な状況らしく。

『今回でラスト・クロップで、以降は繁殖はしません』 との事でしたので、「それならば!」 という事で、女の子限定で パピーを迎え入れることになりました。 (雄しか生まれなかった場合は、譲り受けません)
因みに、ソロモンは昨年、去勢してしまったので、繁殖目的は全くないのですが・・・。


これで、我が家の犬は 「総勢6頭」 となりますが、来年の年齢で言うと フラウが12歳、エステルが推定11歳、クワンが9歳と、高齢化しつつあり 大型犬の寿命から考えると あと数年後には、残っているのは ソロモンと美琴だけ という事に、なりそうです。

ここに、新しく来春 迎える予定のワーキングコッカーの女の子が加わり、最後にレトリバーを迎え入れて、私の 「犬人生」 は、打ち止めかな?・・・と思います。


来年の春の件は、不受胎の可能性もありますし、雄しか生まれない可能性もありますし、蓋を開けてみなければ、判りません。
でも、もし 雌のワーキングコッカーのパピー を迎え入れることが出来たら、 また懲りずに レトリーブトライアル・ドッグに育成する予定です。


私のなかの、『内なる声』 が、 「何も、不利を承知で、苦労することないじゃん!」 「レンジが伸びずに、苦労するだろ!」 「マーキング力が、レトリバーには、敵わないだろう!」 「曲がりなりにも、プロならリザルトも気にして、各クラスで上位進出を視野に入れられる犬種にした方が、いいのでは?」 などと、警告音を発しておりますが (苦笑)、これこそが欧州のファンシャーが良く口にする 「コッカー・マジック」 というものかもしれません。
ワーキングコッカーは、雄も雌も 魔法使い ですから・・・

他の犬種と同様、ワーキングコッカーも 雌は優しい表情をしているようです。
e0204314_821409.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
# by gundogclub | 2016-11-05 08:24 | MY TALK

マテ! を遊びながら


今日の野原は、エステル & ソロモン のペア。
そして、今日の 遊具 は、紐付きボールのみ。

ソロモンはもとより、迎え入れた当初はボールに見向きもしなかったエステルも、今では 立派な(笑)、ボールフェチです。
e0204314_8564331.jpg

エステル & ソロモン を、同時にボールのレトリーブに向わせる 「レトリーブ競争」 も行いましたが、ソロモンとは 『誘惑の中でのマテ! 遊び』 も、行いました。

その時の動画が、 


あ、ちなみに エステルさんは フリスビーやダミーはキャッチすると私の手元まで持ってきますが、ボールは途中で 「カジカジ・モード」 になってしまいます。
途中まではボールを咥えて戻って来るものの、しゃがみこんで ボールを齧りだすので・・・
まあ・・・お見逃しください。(苦笑)

動画で行っている事は
① エステルがボールに向って駆け寄っている間、ソロモンは伏臥
② 途中までボールを咥えて戻って来たエステルが、しゃがみこんでボールを齧っている間も伏臥
③ ソロモンの近くにボールが転がり、そのボールにエステルが駆け寄っている間も伏臥
という感じですが、 これもまた 私とソロモンの遊びの一つ です。
大きな声を出したり、怖い声を出したりして、ソロモンを制御している訳ではありません。

動画の最後に ”Good boy!!” の声が私からかかり、私に駆け寄って来るソロモンの表情は、『ドヤ顔』で、得意そうです。

ボールなどを用いて、「停座」とか「伏臥」をさせて 「誘惑があっても動かない練習」 をする場合、最初から 複数頭 のなかで行うと、まず失敗するので、お勧めできません。
失敗させて怒る のが目的ではなく、成功させて褒める のが目的 ですから、まずは簡単なところから。

愛犬を停座 or 伏臥させて、紐付きボールを くるくると回す・・・それだけでも 「誘惑の中で動かず停座や伏臥を継続する」 という経験が無い場合は、かなりの確率で動いてしまうのではないかと思います。

ですから、最初は紐付きボールをブンブンと振り回すのではなく、紐付きボールを飼い主が手に持っているのを見せる ➡ 動かなかったら褒める とか、ごくごく簡単な処からスタートするのが良いと思います。
重ねて書きますが、失敗させて叱る 為に行う のではなく、成功させて褒める 為に行うのですから!!

難易度をあげるのは簡単で、ボールの数を増やしたり、停座させておいて50mほど離れた場所で他の犬と遊ぶ (飼い主がアイコンタクトで制御できない距離) とか、まあ いくらでもできます。


ただ、私はこれを 「服従訓練」とか「強制訓練」 だとは思っていません。
「停座や伏臥の解除のコマンドが発せられるまで、どれだけ我慢できるか?」 という、 飼い主と愛犬の間のゲームの一つ として、捉えています。

であればこそ、このゲームが終了した時、我が家の犬たちは 得意満面の顔で 私に駆け寄ってきます。
強制され、単に服従を強いられているだけなら、あんな得意そうな顔で、駆け寄っては来ないと、私は思いますから・・・


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
# by gundogclub | 2016-10-28 09:40 | 犬の躾・訓練

独英 ROVER (老婆ぁ) 対決


本日は、フラウとエステルを連れて、野原へ!
フラウが11歳5カ月、エステルが推定 (保護犬なので) 10歳・・・2頭合わせて20歳超えの、独英ポインターの ROVER (老婆ぁ) たちです。

そんな、合わせて20歳を超える 独英ポインター で、フリスビーやボールを用いた、レトリーブ競争をしました。
最近は、フラウもエステルも、ソロモンや美琴相手のボールのレトリーブ競争は、勝ち目がないと悟ったのか、とんと のってきません。

しかし、互いに10歳超えの 独英老婆ぁ は、 「こいつになら、負けない!」 「こいつになら、勝てる!」 と思っているのか、2頭とも闘志満々!!(笑)

対戦前から、両者 真剣な表情です。 笑顔なんて作っている余裕は、互いにありません。
e0204314_9194327.jpg

e0204314_920043.jpg

e0204314_9202860.jpg

そして、いざ 独英 老婆ぁ 激突!!
e0204314_9212243.jpg

e0204314_9214345.jpg

e0204314_922457.jpg

e0204314_9221977.jpg

e0204314_9223153.jpg

11歳5か月の、フラウも まだまだ低い姿勢でフリスビーを追うことができます。
e0204314_9233915.jpg

e0204314_924125.jpg

e0204314_9254169.jpg


フリスビーのレトリーブ競争の後で、紐付きボールのレトリーブ競争も、やりました。
e0204314_9264061.jpg

週に何度も、10歳超えの犬に、こんな激しい運動をさせている訳ではありません。
老婆ぁ対決は、月に一度、やるか やらないか・・・という頻度です。

しかし、たまには 同程度の体力同士が、フルギャロップでボールを追ったり、フリスビーを追ったり、  『可能な限りの全力で走る機会』  『真剣に競い合う機会』  も必要なのではないかと思っています。

勿論、無茶や事をさせるのは論外ですが、「老犬なのだから、老犬らしい生活を!」 とばかりに、縁側でお煎餅を片手にお茶を飲んでいるような日々は、かえって老化 (メンタルを含め) を早めるような気がします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
# by gundogclub | 2016-10-21 09:38 | フラウ (GSP)

NV350 納車


NV350 キャラバンが、本日 納車されました。
近畿の日産ディーラーから、10月の初旬には千葉県内に搬送されていたのですが、内装などを変更・架装する専門業者の工場へ、直接入庫されて 晴れて本日 納車でした。
「登録済 未走行車」として、 総走行距離12km で、私の手元に届きました。

さて、車に愛犬を乗せている方なら、多かれ少なかれ経験があると思うのですが、車に犬を乗せて搬送していると(例え、バリケンに入れていたとしても)、 砂や犬の被毛、草の切れ端などがカーペットに、入り込んで 掃除機で清掃しても、なかなか綺麗にはなりません。

ということで、
① 助手席から荷物室半分程度を、 木床に変更。

② 荷室後部 (バリケンを置く場所)、二列目ステップ、リアステップ、運転席と助手席のステップなどに、 防滑鋼板 を、貼りました。

e0204314_1985544.jpg

e0204314_199770.jpg

e0204314_1991710.jpg


他にも、追加装着したパーツもあるのですが、おいおい ご紹介していきます。
『お犬様運搬車』 である、NV350は、何回かに分けて、これからも進化していく予定です。

架装工場まで車を引き取りに行き、自宅に戻ってから 家内とドライブを兼ねて食事に行きました。
ここ1か月半ほど、 仕事 (スクールのレッスン) で野原に行くか、我が家のワンズを連れて野原に行くか、あるいは入院している父のお見舞いに病院に行くか・・・ という、単調な生活でしたので、たまには気分転換も しないと!

e0204314_19141464.jpg

e0204314_19143117.jpg

e0204314_19144292.jpg

e0204314_19145457.jpg


私のブログでは滅多にない "お料理の写真" を掲載して、本日は これでおしまいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
# by gundogclub | 2016-10-14 19:21 | 車のこと

迎え入れた日の喜びを


10月7日は、我が家の元祖犬 フラットコーテッドレトリバーのシャドーを、我が家に迎え入れた日です。
15年前の今日、シャドーを迎えに羽田空港に行った日の事は、今でも鮮明に記憶に残っています。

バリケンを開けたと同時に、飛び出してきて 初対面の私の手を舐め、尻尾をぶんぶん振って、私に飛びついてきた生後50日のシャドー。
『はじめまして! あなたが、パパさんですか? よろしくお願いしますっ!!』 という感じでした。

シャドーを迎え入れた時は、本当に嬉しく、シャドーは私の宝物でした。
当時、私はビデオカメラに凝っておりまして、ほとんど写真を撮影しませんでした。
ですから、シャドーのパピー時代の姿も、沢山ビデオカメラで撮影したのですが、そのビデオカメラは今では姿を消した 「小型のビデオテープ」 を媒体として撮影するタイプでした。
時は流れ、そのビデオカメラが壊れ、ビデオカメラとテレビを結んで撮影した動画を見る事が出来なくなり、そのうちVHSビデオデッキも壊れ、何本も撮影したシャドーのパピー時代の動画を見ることが出来なくなってしまいました。
ビデオカメラだけではなく、もっと写真も撮影しておけば良かったと後悔します。

わが家に残る、最も幼いシャドーの写真は 生後4か月 の頃に長男と、九十九里近くの公園で撮影した、この一枚。 長男も、まだ3歳数か月でした。
e0204314_10475345.jpg


『犬を迎え入れる』 という事は、私に限らず 誰もが とても嬉しく、華やいだ気持ちになるのではないかと思います。
迎え入れる先が、ブリーダーさんであろうと ペットショップであろうと 愛護センターや保健所であろうと、且つ その迎え入れる犬が パピーであろうと 成犬であろうと 「新たに犬を家族に迎え入れる」 という事は、わくわくと楽しい 本当に幸せな日なのではないでしょうか?

自宅近くの商業施設の駐車場に、わざわざ神奈川から来てくださった実家のご夫婦からフラウを譲り受けた日も、LADFにクワンを引き取りに行った日も、エステルや美琴を譲渡してもらう為に北関東の保護団体を目指して車を走らせている時も、ソロモンを迎えにブリーダーさん宅へ向かった時も、私は わくわくと幸せな気持ちでした。

私は、この 新たに犬を迎え入れた日の わくわくとした 幸せな気持ちを 失うことなく保ち続ける努力をする ことが、とても重要なのではないかと思います。

わくわくと迎えた日のことを、いつしか忘れ 「こんなことになるなら犬なんか・・・・」「こんなことになるとは・・・」 と、迎え入れた日の幸せな気持ちをすっかり忘れてしまう飼い主さんも、いらっしゃるのではないかと思います。

では、 「なぜ、迎え入れた日の幸せな気持ちのままで、いられなくなったのか?」 を、きちんと考えるべきなのではないかと思うのです。
その原因は、100%と言ってよい程、飼い主さん側にある筈です。
その原因となる部分を、除去したり緩和したりする為には、何をすべきかを、考えるべきなのだと思います。


迎え入れた日の喜びを、その犬が天国に召されるまで忘れない・・・ 忘れないための努力をする・・・ 
私にとっては、それが 愛犬たちと暮らす指針であり、また目標でもあります。

e0204314_11163751.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
# by gundogclub | 2016-10-07 11:18 | MY TALK