ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

5歳半にして、やっと・・・

本日の野原遊びは クワン & ソロモン。
今年の夏に9歳になるクワンと、現在5歳半のソロモン が、こうして嬉しそうに私を見上げてくれることは、私にとっても幸せな事です。

e0204314_09312128.jpg
本日の  「野原遊び」  は、まずは 紐付きボールとフリスビー遊びから!
2頭同時に ボールやフリスビーを追わせることもあれば 片方に停座を指示し、もう片方とボールやフリスビーで遊ぶ というルールで遊ぶこともあります。

e0204314_09315887.jpg
『片方が待機、片方が私と遊ぶ』 というルールで遊んでいる時のソロモンは、実に辛抱強いです。
「誘惑がある中での停座や待機」が苦手なクワンとは異なり、ソロモンは 私が あえて大げさに(笑)歓声をあげたり、派手な動きをしながらクワンと遊んでいても、釣られることなく、停座や待機ができます。

ここの部分は、我が家に迎え入れた直後から  「誘惑がある中でも、我慢して待つ」  「誘惑がある中でも、停座や伏臥を継続する」  を意識的に、遊びの中に取り入れたソロモンの面目躍如と言えると思います。

ところが、 「誘惑がない中で、待つ」  「誘惑がない中で、停座や伏臥を継続する」という、一見 容易な事が ソロモンは苦手です。
私が他の犬と歓声をあげながら遊んでいる中での停座や伏臥待機は5分でも7分でも出来るのに、他の犬もおらず何の誘惑も無いような環境で、単純に停座を指示し、アイコンタクトを切ると、2~3分で動き出すソロモン・・・(苦笑)

そもそも、難しいことからトレーニングを始める飼い主は居ない訳で、私も 基礎訓練として勿論、「何の誘惑も無い環境下でのオビディエンス練習」から始め、褒めたり撫でたり、時にはご褒美も使いながら馴致した筈なのですが・・・

それが、ここにきて やっと  「誘惑があろうが 無かろうが 停座や伏臥を継続する」   が、出来るようになってきました。

e0204314_09320777.jpg
本日も、まずは クワン & ソロモン で、紐付きボールやフリスビーで散々遊び その後 ソロモンに停座の指示を出し クワンのみリードを付けて野原を歩き、道路と接道している斜面を歩き、道路際に駐車している車に搭載しているバリケンに収容。
その後、ポットに入れてきたコーヒーを飲み、一休み。 禁煙して今日で、ちょうど2カ月。 禁煙開始後は一本も煙草を吸っていません。
なんやかんやで、野原と接している斜面を登り、ソロモンの姿が見える場所まで戻ってきたのは、約7分後!!

ソロモン君、一歩も動かずに待っていてくれました。 この後、レトリーブ練習を少々!!
フラウ姐さんは生後1歳になる前から、指示されれば私の姿が見えなくても5分でも10分でも、野原の真ん中で停座を継続することが出来ましたし、それが 『普通』 であり 『日常』 でもあったので、  「誘惑が無い環境では待てないソロモン」  がむしろ ”非日常” だったのですが、5歳半を迎えて、やっと歯車が嚙み合ってきた感じです。

ニコニコ笑顔で、尻尾をワイパーの様に振りつつ、それでも 指示があるまで停座を継続できるワーキングコッカー・・・
競技成績も勿論 大切ですが、  「意欲的でありつつ、かつ冷静でもある」  という私が理想とするワーキング・コッカー・スパニエルへと 歩みは遅くても成長してくれることが、何よりの目標です。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。

 
  








[PR]
# by gundogclub | 2017-04-03 10:30 | ソロモン (WC)

エンジンかからず

昨日、ソロモンと GRTA 2017年度 第1回目の定例競技会(ミドルクラス)に参加しました。
昨年は、3月・4月・5月の定例競技会には参加しましたが、8月末に父が入院し 9月頃には余命宣告される程 病状が悪化し、秋の定例競技会には参加しませんでした。
まぁ、父の病気の件が無くても 昨年の秋以降 私自身がヘルニアを患って ほとんど歩けなくなったり、今年に入ってからは口腔内の疾病で入院したりと体調が芳しくなく、 『長距離運転 & 競技会参加』は不可能だったのですが。
e0204314_08470940.jpg
ちなみに、昨年の3月に 朝霧で開催された GRTA2016年 第1回定例競技会 に出場した時と比べ、1年を経て 体重が20kg 減ってしまいました
まぁ、以前は 肥え過ぎでありましたが・・・(苦笑)  写真は、昨日の 私とソロモン。
e0204314_08465199.jpg
e0204314_08463570.jpg
まだ、ヘルニアが完治していない事もあり、かつ急激に痩せて筋肉も落ちて、歩いても へろへろ しているので、杖を購入しました。
コスプレ用ではなく、今は本当に必要なので・・・
あと、自分の出番まで長時間 立って待機が出来ないので 折り畳み式の 英国や北欧で "ハンティングチェア" と呼ばれている椅子も用意しました。
畳んで・・・と言うか、閉じて肩にかけて移動できるので便利です。
e0204314_08571316.jpg
30mの歩行にも痛みで困難であった時期・・・  そして、のたうち回るような口腔内の激痛の時期を経て、 こうして 大好きな ”ガンドッグ” が集うガンドッグのための競技会に参加でき、とても幸せでした。
「参加できただけで幸せ、嬉しい」という気分なので 半年以上に及ぶソロモンの練習不足もあり、昨日の競技内容は 褒められたものではありませんでしたが、 「ほとんど半年以上、練習出来なかった割には、ソロモンが今 やれることは やってくれた!」 という感じです。
もう少し、体調が戻ってくれば 不出来な内容だった場合の 「悔しさ」 なども、心中に ふつふつと湧いてくるのでしょうが、今はまだ エンジンはかかりません。

本当に・・・ ソロモンと こうして再び レトリーブ競技に参加できたことが 嬉しいので!




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。















[PR]
# by gundogclub | 2017-03-21 09:08 | レトリーブ (GRT)

キルティング・ジャケット

ここ10年ほどの間、ワンズを連れて野原に行く時の 私のアウター(外套) は、もっぱら Barbour のワックスドコットン・ジャケットを愛用していました。
毎年、6月~9月を除き ほぼ9か月間、 天候が極端に悪い日や、私の体調が悪かったり 用事がある日を除き 毎日のように着用するので、損耗が物凄く激しく、Barbour の "ビューフォート" いう名称のコートが現在2着目、そして ビューフォートより やや生地が厚い "ムーアランド"という名称のコート(廃番)も現在、2着目です。

ビューフォートが 10月~11月 & 3月~6月、ムーアランドが12月~2月・・・という感じで使い分けていたのですが、どちらもサイズが42。(日本ではLLサイズ相当)
本当は、42を着用すると 袖や着丈などは長すぎるのですが、出っ張っていたお腹(笑)が苦しくない着幅を確保するには、42サイズである必要がありました。

ところが、昨年の今頃と比べると、私は体重が20kg近く減ってしまい、42サイズのBarbourは、あちこち すかすかです。
厚めのセーターなどを着込んでて、その上にBarbourを着ても、あちこち隙間だらけで・・・ 隙間の多いアウターだと、いくらその下に厚めのセーターなどを着用しても、暖かい空気の層が滞留せず寒いんです。

38サイズの ビューフォートにでも買い換えようかと考えたのですが、偶然 自宅近くの大手リサイクルショップで Barbourのキルティングジャケットを着用してみましたら、その温かさと軽さに、驚きました。
ただし、そのキルティングジャケットは、かなり着古されておりましたので、家内と一緒に渋谷のBarbour直営店に見に行くことになりました。


家内が、「どうせ、東京まで行くのだから・・・」ということで 
○ キルティグ・ジャケット
○ アウトドア仕様
○ 撥水・防水
などで検索してくれて HELMINGHAM(ヘルミンガム 乗馬ウエアとしても有名な英国の衣料ブランド) や、バーバリ、その他 あまり有名ではない衣料ブランドも含め、5店舗ほどを回りました。
結婚前は、よく家内と出かけた 代官山~柿の木坂~祐天寺 あたりも、約20年ぶりに散策・・・


そして、結局BarbourHELMINGHAMではなく 『英国湖水地方の中小荘園主のカントリーライフをベンチマークとしている』 マイナー衣料ブランドのキルティングジャケットが夫婦ともに気に入り、購入してしまいました。
ウエスト部分のベルトが、試着してみて少し恥ずかしかったのですが、家内が 「似合う 似合う カッコイイ!」 と褒めてくれるもので()、決めてしまいました。
かなりしっかりとした ワックスドコットンのキルティングジャケットです。
ワックスが抜けてきたら、ショップの方でワックスを塗り直すサービスもしてくれるようです。

e0204314_13535677.jpg

背中に、二つあるゲームポケットに、レトリーブ練習や競技会で使用するダミーが 3/4 ほど入る大きさがあるのも選択のポイントとなりました。
ゲームベスト (ダミーなどを収納できる様に作られているベスト) を着用しない私にとって、競技会や練習で1~2個のダミーを収納できる衣料が必要なので。 (ですので、Barbourも乗馬用のビデイルではなく、ゲームポケットのあるビューフォートやムーアランドを愛用している訳ですが)
e0204314_13540750.jpg


ワックスドコットンのキルティングジャケット・・・ せっかく購入したのに 再び太ってしまうと着用できなくなってしまうので、食生活には気を付けないと!
ちなみに、ダイエットとは関係ありませんが、退院して1カ月・・・煙草は一本も吸っていませんし、あまり吸いたいとも思いません。
禁煙には、成功したみたいです。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。





[PR]
# by gundogclub | 2017-03-15 13:58 | その他

暗 号 ?



3月11日
+ 63日 ≒ 5月15日
5月15日 + 80日 ≒ 8月初旬・・・ 

まあ、不受胎の可能性もあります。
受胎しても、男の子ばかりの可能性も・・・
あるいは、女の子が一頭しか産まれない可能性も・・・

予約が 「女の子の二番目」 の私。
女の子が一頭しか産まれなかったら、私には お鉢 は、回って来ません。

8月初旬かぁ~  一番、暑い頃だなぁ。
迎えに行くのも、ちょっと大変かも・・・

わが家の次期 女王候補も、レトリバー種にあらず。

e0204314_13443671.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。








[PR]
# by gundogclub | 2017-03-10 13:47 | MY TALK

互いに楽しい関係


今日の朝は、ソロモンを連れて野原へ!
昨年の今頃に比べ、体重が20kgほど減ってしまったので、シルエットまで細くなってしまいました。
昨年の秋までは、体重が減ると喜んでいた(ダイエットしていたので)のですが、今は少し体重を増やしたいです。
なんか、野原を歩いていても ヘロヘロしている感じ・・・
e0204314_17132145.jpg
退院して約3週間が経過し、我が家のワンズとの生活も やっと落ち着いてきました。
昨年の秋以降、ほとんど歩けない時期があり ソロモンとのレトリーブ練習も、おざなり(ソロモンと1対1で練習をするにしろ、ソロモンを停座させ ダミーを投擲する為にソロモンから離れようとしても30m位、歩くのが やっとだっのだ・・・)でしたが、今は 『おさらい・復習』 の練習を始めています。
単にダミー・レトリーブの練習をするだけではなく、紐付きボールやフリスビーなどのツールも用いた 「複合的な、オビィディエンス練習」 をしています。


例えば、「紐付きボールを投げて、指示するまでは勝手に回収に向かわせない」という単純な練習であっても、これまで飼い主がボールを投げるのと同時に駆け出していた犬にとっては難しいことですし、「マテ!」と飼い主が指示したからと言って待てる訳ではありません。

飼い主さんが、怖い顔で あるいは怒った声で あるいはイライラしながら 「マテ! と言ったのに、どうして お前は待てないんだっ!!」と叫んでも、愛犬側にしてみれば 「???・・・・」。

その点、わが家では フラウもソロモンも 複合的なオビィディエンス練習は 『遊び感覚』 です。
指示に、素早く あるいは正確に従ったうえで 「どうよ~! ワタシって(ボクって)すごいでしょ!!」みたいな感じで、得意そう にしています。

「飼い主の指示に従う際は、謹厳実直な 真面目な顔で、従わなくてはならない!」 とは私は思っていません。
ニコニコと、得意そうな顔で、いいじゃないですか。
「真面目そうな顔」と「緊張した顔」や「怯えた顔」は、違いますしね。

まあ、「では、どうやったら 愛犬が遊び感覚で、オビィディエンス練習ができるようになるのか?」 というのが、一番のポイントであり、肝なわけですが・・・
e0204314_17424539.jpg

いずれにせよ 大切なのは、「一緒にいて、飼い主にとっても 愛犬にとっても 互いに楽しい関係」 なのだと思います。
人と犬との関係は、一方的に従わせたり、従ったりする関係ではありません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。




[PR]
# by gundogclub | 2017-03-09 17:59 | MY TALK