ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ラブちゃん天国へ

父の愛犬、 マルチーズのラブちゃん  が12月18日の早朝、天国へ旅立ちました。
12年9ヶ月の一生でした。


ラブちゃんは、元の飼い主さんの飼育放棄犬です。
私の両親(父と亡母)とラブちゃんの縁結びをしたのは、12月1日に天国へ旅立った我が家のシャドーでした。
シャドーの掛かりつけの動物病院に、「里親募集」の案内が掲示されており、その里親募集のワンちゃんが、ラブちゃんだったのです。
丁度、実家では両親が可愛がっていたヨークシャーテリアが亡くなって1年程が経過した時期であり、里親募集の掲示を見た私が、ラブちゃんを里子にすることを両親に勧めたのです。
シャドーが、その動物病院のお世話になっていなかったら、両親とラブちゃんの出会いは、ありませんでしたから、言わば シャドーが縁結び をしたと言えます。


e0204314_22272571.jpg




ラブちゃんは、実家に貰われた時 手を近づけると、いきなり噛み付いてくる悪癖がありました。
頭を撫でようとしても、鼻に皺を寄せて噛もうとするのです。

ラブちゃんは、30歳代のご夫婦と暮らしていたのですが、専業主婦だった奥さんが、ご主人の目の届かない処で随分、叩いていたみたいです。
ご主人が溺愛し、奥さんからは疎まれている・・・そんなパターンだった様です。


そして、奥さんの妊娠が判明したのと同時に、奥さんと奥さんのご両親が、「妊娠中に動物が居るのは、よくない! 今すぐ、手放すべき・・・」 と、ご主人を口説き続け、ご主人が連日のプレッシャーに負けて、泣く泣くラブちゃんを手放すことになったとの事です。

ラブちゃんを私の両親に譲渡するため、ラブちゃんを連れご夫婦で実家にいらしたのですが (私も立ち会っていました) 奥さんは結局、車の中から出てこず、私の両親に挨拶することなく帰って行きました。
ご主人だけがラブちゃんを連れて家の中に入って・・・そこで、ご主人は上記の経緯を私の両親や私に説明しながら、 「子供が生まれることを口実にされて、悔しい!」 と少し涙ぐんでいらっしゃいました。
ラブちゃんが我が家へ里子に来たのは4歳弱の頃だったと記憶しています。



ラブちゃんのハンドシャイは、私が一応、治しました。
その頃はまだ私は会社員でしたので、仕事が忙しく、あまり頻繁に実家にラブちゃんの訓練に行けなかったので、治すまでには1年ほど掛かりました。
父が甘やかすものですから、どんどん傲慢なお嬢様になってしまいましたが(苦笑)、ハンドシャイに関しては亡母が頑張って日々、矯正の練習をしてくれました。




それから約8年・・・
特に母が天国に召された3年前から、父にとってはラブちゃんが唯一の家族でした。
私の自宅から実家までは車で30分程の距離で、比較的近いのですが、それでも毎日、実家を訪れる訳ではありませんし、電話も毎日している訳ではありません。
「ラブちゃんとしか話をしない日」 の方が多い生活を送っていた父・・・



父は、「犬の手作り食」 の本を何冊も買って、手作り食を毎日、ラブちゃんに作っていました。
食材を買うためには、歩いて食料を調達しに行かなければなりません。(父は車の免許が無いので・・・)
ラブちゃんと一緒に、朝夕 短い時間ですが散歩にも行っていました。
定期的に動物病院に行き、待合室で他の飼い主さんと、ワンちゃんの話をする・・・

ラブちゃんのために歩き、ラブちゃんを介在して散歩の途中や動物病院で飼い主さんと会話を交わす生活。
父と社会との接触はラブちゃんを通して成り立っていました
そのラブちゃんが居なくなった今後の父が、とても心配です。
父が逝去した後は私が引き取る覚悟で、「最後の愛犬」と暮らすこと を薦めた方がよいのかもしれません。




ラブちゃん。。。
どうか、安らかに! 
晩年は、親父の 「犬の奥さん」 の役割も担ってくれてありがとう。
もう、天国でママ(亡母)に、抱っこしてもらったかな?
シャドーには挨拶した? 
ラブちゃんは我が家に泊まり来たことがあるから、シャドーは知っているよね?

どうか天国で、父を見守っていてください。



たった3週間の間に、シャドーのみならず、ラブちゃんまで虹の橋へ旅立ってしまったことが、悲しくそして辛いです。
[PR]
# by gundogclub | 2010-12-18 23:11 | MY TALK

トロット&ギャロップ


11月の初旬から、クワンとエステルに 飼い主と一緒に歩く そして 自転車と併走する 練習を、再度始めました。

最先住犬のシャドー(故犬)やフラウとは、ごく普通に 「街中を歩いたり、自転車で散歩をしたり・・・」 ということを行っていたのですが、 クワンとエステルは我が家に迎え入れて以降、 野原を走る&野原での様々な練習が中心 になっていました。



でも・・・  人生、何があるか判りません。
私が、何らかの病気や事故で早世することだって無いとは言えません。
もし、そうなった場合、小学生と中学生の息子たちを抱えたまま、フルタイムで働くことになるかもしれない家内が、3頭の犬の世話をする事は、残念ですが難しいかもしれません。

そして、フラウ・クワン・エステルの、どの子を 手放す(里親募集をする) にしろ、野原を走ることしか出来ない犬では、里親さん候補がなかなか見つからないのではないかと思うのです。




「普通に散歩も出来ます。 自転車引きも出来ます。 公園などでボールなどを使った運動も出来ます。バリケントレーニングは完了しています。」 という犬なら、里親さん候補が見つかりやすいのではないかと・・・
もっとも、それらが完璧でも ジャーマンポインターのフラウや、イングリッシュポインターのエステルは、なかなか里親さんが決まらないかもしれませんが・・・(苦笑)

まあ。。。 私が長生きすれば、それらの心配は杞憂で終わる訳ですがね・・・・





ところで、 エステルに ちょっと変わった訓練をしてみました。
コマンドで自転車と併走するスピードを変える練習 です。

エステルは、自転車に乗った私の横を併走できる様になるまで2日ほど、かかりましたが すぐに自転車とかなり接近した位置で併走が出来る様になりました。
かなり短いリードでも大丈夫です。


次に、ゆっくりと歩く様なスピードから 通常の速足になる様に自転車のスピードをあげ、その時点で 「トロット!」 という言葉(コマンド)を出します。
通常の速足の状態を維持することが、トロット!というコマンドの意味であること を覚えさせていきます

次に自転車を早く漕ぎ エステルが駈足になった時点で 「ギャロ!」 という言葉(コマンド)を出します。
ギャロは、 ギャロップ=駈足 を略したコマンドです。
自転車を早く漕ぎ出す瞬間に、ギャロ! というコマンドを出し 駈足の状態を維持することが、ギャロ!というコマンドの意味であること を覚えさせていきます。


私は自転車から降りて一休み、エステルは鳩観察中
e0204314_16191793.jpg





エステルは、トロットとギャロのコマンドを覚えるのが、シャドーやフラウより早かったです。
私が、ゆっくりと自転車で走っていても、「ギャロ!」と言った瞬間に駈足を始める様になりましたから、単に自転車のスピードに合わせて併走しているのではなく、コマンドを聞き分けて、速足になったり駈足になったり出来る のは確かです。
エステルちゃん 優秀!!!(笑)





それに比べてクワンちゃんは・・・・・
私の自転車のスピードに合わせて、上手に併走することは出来る様になりましたが、コマンドの聞き分けは、まだまだです。
まあ、飼い主さんの自転車のスピードに合わせて併走が出来れば、普段の生活でに支障は無いので、コマンドの聞き分けなんか出来なくても良いのですが・・・
[PR]
# by gundogclub | 2010-12-15 16:36 | MY TALK

巡  礼


今日、シャドーの遺髪を懐に、シャドーが散歩した道や、立ち寄った公園を巡ってきました。
言わば、シャドーの思い出の場所をめぐる巡礼の散歩・・・

お供はエステルちゃん。
エステルは我が家へ来た当初は、リードを引っ張って歩いたり、鳥を見ては飛び上がったりで、まともに散歩が出来ませんでしたが、今では3姉妹の中で最もお散歩が楽チンで、かつ一緒に歩いていても、実に楽しいのです。



四角い公園
e0204314_1148144.jpg


ちゃんと名前のある公園なのですが、家族の間では通称 「四角い公園」 と呼んでいました。
家から徒歩で15分(往復30分) 程なのですが、今年の7月頃からは シャドーはこの公園への散歩が、精一杯となっていました。

2006年の1月か2月頃に、大雪が降った時がありまして、雪の中でフラウとレトリーブの練習をしていたら、ダミーを投げた場所が判らなくなってしまった(ダミーが雪に埋まって)ことがありました。
翌日、シャドーを連れて来て 「シャドー! ダミー 。。。 探せ探せ!」 と言ったら雪の中をジャカジャカと歩き、やがて前足で雪を掘り返し、見つけたダミーを得意そうに咥えました。
元々、足に疾病を抱え、あまり走るのが速くなかったシャドーですが、時間の制限なしに ダミーやボールを捜させたら、フラウ姐さんよりシャドーの方が信頼性が高かったと今でも思っています。


遊歩道
e0204314_1261938.jpg


私が住んでいる地域は新興住宅街でして、整備された遊歩道が四方に伸びています。
車の往来を気にせず散歩できるので、犬と暮らすには良い地域だと思います。
ただし、東京まで通勤する方は、片道 電車で1時間半程かかりますし、終電も早いので、仕事中毒の方や都心の繁華街で飲み歩きたい方には向かないかも・・・

私は会社から帰宅す時間は、夜9時~10時頃が多かったのですが、夕飯を食べずに 「まずシャドーと散歩!」 という日々でした。
歩きの時もありましたし、自転車引きの時もありました。



秋の道公園
e0204314_12131262.jpg


シャドーと私にとって、最も思い出の多い公園です。
週末は、この公園で 恋人の紫苑ちゃん(黄ラブラドール)とデートをしたり、他のお友達と走ったり、飼い主さんをベロベロと嘗め回したり・・・

夜、常夜灯の明かりを頼りに日々、レトリーブの練習をしたのも、この公園でした。

今でも脳裏には 紫苑ちゃんとまるで繋がれているかの様に、ぴったりと寄り添って走るシャドーの姿や、ダミーに向かって一生懸命に走るシャドーの姿が焼きついています。


さらに遊歩道は枝分かれして続き・・・
e0204314_12174058.jpg



終点の公園(名称不明)
e0204314_12183231.jpg


この公園まで、自宅から徒歩で50分ほどかかります。
往復すると100分以上かかりますので、徒歩ではあまり来ない公園でした。
自転車の時は、この公園で水を飲んで少し休憩してから帰路へ・・・

公園の中に高さ1mほどの煉瓦の塀のようなものがあり、フラウはこの煉瓦塀を使ってジャンプの練習をしました。




エステルと共に歩いたシャドーの思い出の道や公園を巡る散歩・・・

シャドーが天国に旅立ってから10日余り・・・
少しずつですが、シャドーを失った悲しみが薄れているように思います。
人に記憶というものがある限り、共に暮らした時間 そして様々な思い出は映像の様に心に残ります。
シャドーと共に暮らした約9年3ヶ月分の思い出は、いつまでも私の心の中にあります。


今日、歩いた遊歩道 そして公園には、何十、何百のシャドーとの思い出があります。
形は失われても、心は常に シャドーと一緒です!


e0204314_12325758.jpg

[PR]
# by gundogclub | 2010-12-10 12:37 | シャドー (FCR)

シャドゥ と シャドー

2001年の春以降、我が家に犬を迎え入れることを決めた私は、レンタルビデオシッョプへ行き、犬を主人公とした作品を数多く、借りて家内と共に観賞しました。
妻は、「新築 間もない家であること」、そして「長男が未だ幼稚園にも入っていない年齢であること」を理由に、当初は、反対をしていました。
「犬と暮らすこと自体」を反対したのではなく、「せめてあと3年ほど待って、長男が小学校に入学してから・・・」と言うのが家内の言い分だったのですが、犬と暮らしたいと気持ち一心の私は家内の言い分に耳を貸しませんでした。

ですから、犬を主人公とした作品も夫婦で楽しく観たというよりは、私に無理矢理、付き合わされた感じでしょうか・・・(苦笑)
一緒にビデオを見ることによって、あたかも犬と暮らすことを容認する様な形になるのは家内としては不本意だったのかもしれません。



犬と共に暮らすことを躊躇する家内を翻意させるためには 「子供と愛犬が共に暮らすことの素晴らしさ」  をテーマにした作品を見せることが大切。。。と考えた私は お笑い系の作品ではなく、子供と愛犬との絆をテーマとした作品を選んで、渋る家内と共に観賞しました。

そんな 「子供と愛犬の絆」 を描いた作品の一つが、ディズニー映画の 奇跡の旅 でした。

この物語のあらすじは、

母の再婚で、長男ピーター、長女ホープ、次男ジェイミーの兄弟は、新しい父親ボブと新しい家で暮らすことになりる。
三人はボブになかなかなじめない上、ボブの仕事の都合で引っ越す家は動物厳禁。三人は、それぞれかわいがっていた三匹、ゴールデン・レトリーバーのシャドウ、ヒマラヤンのサシー、アメリカン・ブルドッグのチャンスを、しぶしぶ農場に預けることに同意する。ところが、シャドウはいつまで待ってもピーターが姿を見せないのは、きっと危険な目にあっているに違いないと考え、チャンスとサシーを連れて、農場を飛び出してしまう。三匹はケンカしながらも、獲物をとって食料を得たり、巨大な熊から逃れたりしながら、互いに協力して飼い主のもとへと旅を続ける。(以上、ウォルト・ディズニー・スタジオジャパンHPより抜粋)

というものなのですが、子供たちを常に思いやり愛情を注ぐ老いたゴールデンレトリバー、シャドゥの姿に感動し、我が家に迎え入れる犬の名前をシャドーと決めました。

e0204314_10522558.jpg


2001年10月7日、我が家に フラットコーテッドレトリバーのシャドー がやってきました。

そして翌10月8日、私は健康診断と混合ワクチン接種のため、シャドーを初めて動物病院へ連れて行きました。
受付の女性から、「お名前は?」と聞かれ、 「シャドーです!」 と答えた時の嬉しさを今でも覚えています。
自分の愛犬、待ちに待った愛犬の名前を人に告げる嬉しさ・・・



ところが、我が家に来たシャドーは、映画のシャドゥとは大違い・・・
そりゃそうですよね!  ヤンチャな小僧に、人生の酸いも甘いも経験した老犬と同じ役割を期待しても、無理というものです。


その頃、私は会社員でしたので、朝早く東京まで出勤し、夜遅くまで家には戻ってこない訳です。
その間、家の中は家内と長男とシャドーだけ・・・(次男は、まだ生まれていませんでした)

シャドーは家内を本当の母親の様に慕って、そして甘えていました。
そんなシャドーにとって、長男は最大のライバルに思えていたと思います。
自分はサークルの中に入れられているのに、長男は ママと一緒に、ブロックで遊んだりプラレール(電車の玩具)で遊んだり、ママの膝で本を読んでもらったり・・・

長男との遊びが一段落したり、長男がお昼寝をしていると、サークルから出して遊んでもらえるのですが(引張りっこ などを中心に、家内はシャドーと随分、遊んでくれました) シャドーは長男が妬ましくて仕方がない・・・

家内も犬との生活に不慣れでしたので、長男と遊んでいたブロックや絵本などを出したまま、シャドーをサークルから出してしまったりしたのですが、そうするとシャドーは、ライバルが遊んでいた玩具や絵本を、まるで敵(かたき)の様に破壊するのです。(苦笑)

ある日、事件が起きました。
長男と家内が、プラレールで遊んでいた時、シャドーはサークルを飛び越え、プラレール(1.5m四方位の大きな玩具でした)に乱入し、線路を噛み砕いてしまったのです。
線路が壊れてしまったら、もう電車を動かすことは出来ませんね。

さすがに長男が怒ってシャドーを叩いたのですが、 「待っていました!」 とばかりに シャドーは長男に体当たりし、吹っ飛んだ長男は椅子の角に頭をぶっつけ、出血・・・
頭を怪我すると、驚くほど血が一杯でるんですよね!

まあシャドーにすれば、「ヨシト(長男の名前)が先にボクを叩いたじゃないか!!」 と言い分はあったと思いますが・・・


その晩、帰宅した私は家内に、かなり叱られました。
「だから犬を飼うのは早いって言ったのよ! シャドーなんか馬鹿犬で映画のシャドゥとゼンゼン、違うじゃない!」  と・・・


その点、その翌年に生まれた次男は、あまりシャドーの被害には遭っていないんです。
次男が生まれた時、シャドーはまだ1歳3ヶ月ほどだったのですが、既に往年のヤンチャさは、少し薄れていて、次男を嘗め回したりすることはあっても、吹っ飛ばされたり、玩具を壊されたりした経験はありません。
やはり、良くも悪くも シャドーにとっては長男が永遠のライバル だったのだと思います。



それから数年・・・

公園で、長男が友達とカードゲームをしていて、そのカードを上級生に脅かされて盗られそうになった時、長男と一緒に公園に来ていたシャドーが、その上級生に吠え掛かってカードを盗まれずに済んだこともありました。

次男は、保育園の 「生き物とふれあうイベント」 にシャドーと共に登園し、シャドーの大きさに怖がる他の保育園児を尻目に、得意そうにシャドーを撫で回していたそうです。





2010年12月1日、 シャドーが逝った日・・・

かつて幼き日、シャドーに吹っ飛ばされて頭を縫った長男は、泣きながら自転車で駅前のジャスコへ手向けの花を買いに行き、レジでも泣き顔のままだった様で、レジの女性から 「ちょっと あなた大丈夫?」 と聞かれたそうです。
ジャスコの店内でも、ずっと泣いていたみたいで・・・
そして、長男は今 「自分が大人になったら、シャドーみたいな犬と暮らしたい」 と口にする様になりました。




3年前、私の実母が逝去した時は、幼かったこともあり、「死」というものが、よく理解できなかった次男・・・
一緒に、火葬場で拾骨したにもかかわらず、「おばあちゃんは、今度 いつ家に来るの。。。?」 なんて言っていました。
その次男が、シャドーの死を通し、生きとし生けるものは、やがて死に土に還っていくことを理解した様です。
今、次男は 毎日 小学校へ行く前に骨壷の入った銀色の袋を撫でながら 「シャドー、行ってくるよ!」 と言って登校し、家に戻ると 「シャドー ただいま」 と言いながら袋を撫でています。

まあ長くは続かないとは思いますが、死というものを次男なりに理解できたのは、シャドーのおかげだと思っています。


一昨年の夏、三兄弟集合写真
e0204314_15265332.jpg




昨日、家内が少し涙ぐみながら 「シャドーは、映画のシャドゥ以上に、シャドゥらしく生きて、そして死んでいったね!」  と私に言いました。

「こんな犬に育ってくれたら・・・」 「愛犬と暮らすことを子供が喜んでくれたら・・・」

そんな願いを込めて名づけたシャドーは、立派にその役割を果たしてくれました。

シャドー ・・・・ ありがとう!
君はシャドゥに勝るとも劣らない、我が家の名犬です。
[PR]
# by gundogclub | 2010-12-06 12:11 | シャドー (FCR)

お別れ

シャドーが虹の橋へ旅立ち、フラウやクワンはシャドーの命が燃え尽きてしまったことを、はっきりと理解したようです。
エステルは、どうも理解が出来ていない気がします。(苦笑)



沢山の方々・・・
それもお会いしたことのない方々(旧ブログを愛読してくださった方など)からも、お花を贈って頂き、感謝しております。
本当にありがとうございました。

また、”シャドーの恋人” の ラブラドールレトリバーの紫苑ちゃんのママさんも、お花を私の自宅まで、届けてくださいました。
シオンちゃんは、千葉県外の動物病院に入院していることを知りました。
どうか回復して、無事に 住み慣れたお家に戻ることが出来ますように・・・





夕方、長男と次男が学校から戻るのを待って、千葉市にある ペットの葬儀施設へ向かいました。
もちろん、家内も一緒です。

e0204314_222456.jpg



葬儀施設で用意してくださったお花と、昨日 長男が自転車で買いに行ってくれたお花を、シャドーの棺に入れました。
天国で遊ぶための、おもちゃ(ソフトダミーやボールなど)も、棺の中に収めました。
そして、家族全員で最後のお別れをしました。

e0204314_22284978.jpg



シャドーの収骨を行いました。
箸の使い方が不器用な次男も、一生懸命 長い箸で骨をはさんで骨壷に入れてくれました。
シャドーの骨は太くて立派で、特に頭蓋骨は、まるで骨格標本の様に、形の崩れが無いままにお皿の上に乗っていました。
無意識のうちに、箸を置き、シャドーの頭蓋骨を撫でてしまいました。



葬儀施設に、スプリンガースパニエルのボニーベルちゃんのママが、駆けつけてくださいました。
ありがとうございました。
シャドーは今年の7月にボニーベルちゃんと一緒に、茨城県のプールに遊びに行きました。
結局、それがシャドーにとって、最後のお出かけとなりました。


e0204314_22331969.jpg


e0204314_22334927.jpg




午後9時過ぎに、シャドーと共に自宅に戻りました。

尻尾をブンブン振って、その尻尾が壁やガラス扉にパンパンと当たる音を響かせながら、嬉しそうに駆け寄ってくるシャドーは、もういません。

シャドーの居なくなった居間は、とても・・・空々しいまでに広く感じます。


e0204314_22442429.jpg



シャドー お別れだね・・・
もし神様が許してくれるなら、たまには戻ってきてよね!

9年3ヶ月の間、本当にありがとう。
君と会えて幸せだったよ!
[PR]
# by gundogclub | 2010-12-02 22:50 | シャドー (FCR)