ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ソロモン 6歳に!

12月3日 は、 我が家のワーキング・コッカー・スパニエル、 ソロモン の誕生日です。
早いもので、ソロモンは 6歳 になりました。
なんか、 「もう、6歳になってしまったかぁ・・・」 という気持ちです。 
保護犬として、緊急レスキューして迎え入れた美琴ちゃん (美琴ちゃんも、3歳になりました)を除くと、 フラウが来年13歳、エステルが来年は、推定13歳~15歳・クワンですら来年は10歳と、我が家の女子WANチームは高齢化を迎えており、 言わば ソロモンは現在、我が家で唯一の現役競技犬 です。

ソロモンの母方の実家に、迎えに行った日の ソロモン 
e0204314_14571019.jpg
その、ソロモンが6歳になる・・・というか、気持ちとしては 「6歳に、なってしまった」 という感じですが、 2017年は 『やっと心の成長が、先行していた体の成長に追いついた』 という心技体充実の、そして実績の伴う一年となりました。

4月 ガンドッグ レトリーブ トライアル ミドルクラス 準優勝
e0204314_15003924.jpg
e0204314_14585088.jpg
10月 日本フリスビードッグ協会 小型犬部門 (ミドルクラスみたいな感じ) 年間1位 および 関東地区 決勝戦 優勝
e0204314_14580278.jpg
11月 日本フリスビードッグ協会  公式小型犬部門  2018年度 開幕戦 優勝
e0204314_15000608.jpg

e0204314_14593830.jpg
ソロモンの精神的な成長は、 野原でレトリーブ練習をしている時に、より強く実感します。
最近、新たに開拓した野原には 深さが1.2m~1.5m、幅が1.5mくらいの 溝と言うか塹壕のような亀裂が、多数ある野原です。
写真は、塹壕の底に停座したソロモン と、 上手く撮れていませんが塹壕状の亀裂。
e0204314_15005893.jpg
e0204314_15011146.jpg
e0204314_15012569.jpg
この塹壕状の亀裂を下り、そして登り さらにその先を直進した草むら・・・ スタートラインから120mほど離れた草むらにダミーを隠し、ブラインド・レトリーブを試みてみました。
スタートラインからダミーを隠した草むらまでは、約110m~120mくらいの距離だと思います。



2年ほど前でしたら、塹壕状の亀裂を下ったり、登ったりしているうちに興奮して、 当初 私が腕で指し示した方向のことが、頭から霧散し、なんか とんでもない方向へ、すっ飛んで行った様な気がします。
その様子が、目に浮かびます。 (苦笑)

それが、こうして GetOn! の 指示と共に、腕で指し示した方向へ走り、亀裂を下り登り さらに直進し、 こちらを向き直った時点での 私からの 「バック!!(後方へ!)」の 声符に従って後方へ向かい、さらに サーチング・ホイッスル (その辺りを探せ! の指示の笛) に従ってダミーを発見、回収する ・・・ という一連の動作をスムーズに行えるようになってきました。

これからソロモンも、年を重ねる毎に 若い頃とは逆に 心はより落ち着き、経験を重ね・・・ されど、思ったように体が動かない というジレンマ に陥るようになるのでしょう。
そのような意味では、来たるべき2018年が 心技体充実の黄金期 になるのかもしれません。

ソロモン君 誕生日 おめでとう。
十数年前、私が頻繁に口にし、またブログにも書いていた 『イングリッシュ・コッカー、ワーキング・コッカー、イングリッシュ・スプリンガーなどの、各スパニエルは、優秀なスポーツドッグに成り得る素材である。 日本のドッグスポーツ界においても、これら小型~中型のスパニエルは、もっと評価されても良いはず!!』という見解を、君は身をもって証明してくれました。

来年も、共に競技会の地に立とう!
共に、冒険の旅へ!




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
# by gundogclub | 2017-12-02 16:11 | ソロモン (WC)

Wagon Wheels 

レトリーブトレーニングのメニューとして ”Wagon Wheels” (ワゴンホイール = 荷馬車などに装着されている木製の車輪を想像してみてください) というものがあります。
この Wagon Wheels の練習は、我が家の愛犬たちの練習メニューとしても重んじておりますし、スクールの レトリーブクラス の生徒さんたち にも繰り返し練習をして貰っています。

Wagon Wheels の練習を、動画で見て頂くと、こんな感じです。
動画1
 

動画2


動画1と動画2の主な違いは、 ダミーを4個 90度 の角度で投げるに際し 『1投ごとに ヒール・ポジションに犬をつけるか」、『さしあたって4個のダミーを投げてしまってから、ヒール・ポジションにつけるか』 なのですが、私は 動画1の方法で練習 しています。

Wagon Wheels の練習の目的は、
① ハンドラーが腕で指し示した方向にあるダミー回収することができる
② ハンドラーと共に正対している方向に直進してダミーを回収することができる

ことであり、このWagon Wheelsの練習 の延長線上に、ブラインドレトリーブの練習があると私は認識しています。

Wagon Wheelsの練習に関しては、書きたいことは たんまりとあるのですが 今日はこのWagon Wheelsの練習の前段階について、ひとこと。
『前段階』と書いたのは、少なくとも Wagon Wheelsの練習 は、 ノーリードではもとより リードを装着していたとしても ボールやダミーを飼い主が投げた瞬間に、じたばたと暴れて、そのボールやダミーに駆け寄ろうとする犬 では、練習が難しい ということ・・・

例えば、 「生後10か月で、 体だけは一人前に大きくなったレトリバーです」 「投げられたボールを追いかけるのが大好きですっ!!」 「ボールを投げたら、待つなんて、とても出来ません。飼い主ごと、リードを引きずってボールに駆け寄ろうとします」 という犬が相手では、このWagon Wheelsの練習は、とても苦痛と困難を伴うことになるでしょう。

飼い主の怒声、悲鳴が響き、じたばたと暴れる犬・・・ 飼い主にとっても、犬にとっても 楽しくもない時間になってしまいます。
Wagon Wheelsの練習をスタートさせる時点で、 飼い主が、縫いぐるみやボール、ダミーなどを投げても、回収の指示があるまでは 動かないで、待っていられる犬 であれば、すんなりと Wagon Wheelsの練習をスタートさせることが出来ます。

その為に、最も簡単な方法は 子犬を迎え入れた時点から、例えばですが
① 室内で、「ヨシ!」と言われるまで、投げられた縫いぐるみに駆け寄らない練習
② 室内でオスワリをさせ、目の前をボールが転がったり、縫いぐるみが投げられたりしても、誘惑に負けず動かない練習

などを、してしまうことです。

動画を検索してもらうと、いくらでもヒットすると思うのですが、 欧州では ボールや縫いぐるみなどを室内や自宅の庭で投げ、飼い主がしゃがんで じたばたする子犬を抱きかかえ、少しおとなしくなったら回収に向かわせる・・・ という 練習(お遊び)の動画が散見されます。
レトリバー種であろうと、よちよち歩きのパピーの大きさなら、飼い主も容易にコントロールできます。
このパピーの頃(生後90日くらいから)から、 ボールなどが目の前を転がったり、飛んだりしても動かない練習が出来ていると、その後が本当に楽です。

ちなみに、ソロモンも 我が家に迎えた翌日から 
① 縫いぐるみやボールに駆け寄り、咥えて私の足元まで運んでくる遊び と同時に
② 指示があるまでは 目の前をボールが転がったり、縫いぐるみが飛んで来たり、頭上を飛び越えても動かない練習

をしました。 
ワクチンの3回の接種が終わる以前、室内運動限定の時を経て、自宅の庭で練習ができるようになる時まで練習を続けました。

e0204314_11433846.jpg
体格も体力も成犬なみ、しかし頭の中は まだまだ お子ちゃまで・・・(溜息)・・・という時期を迎える前に、 縫いぐるみやボールが転がったり飛んだりしても、指示があるまでは動かない練習を 強制訓練とか 怒声と怖い顔の飼い主・・・とかではなく、”遊びのメニューのひとつ” として習得させることができれば、その後の様々な練習が効率よく、できる様になると思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします








[PR]
# by gundogclub | 2017-11-29 11:56 | レトリーブ (GRT)

受け渡し練習 の大切さ

11月18日(土曜日) ~ 19日(日曜日)、茨城県つくば市で開催された JFA の フリスビー競技会に クワン&ソロモン と参加しました。

クワンが参加した シニアドッグ大会 は、出場ペアが1組でも開催されるのですが、 ソロモンが参加した 公式小型選手権 は、最低出場ペア数が規定されていて、事前申し込みが、その規定数に達しないと開催されません
今回は、18日・19日とも公式小型選手権は不成立となり、ソロモンは 公式オープン (シリーズ戦も含め) 選手権 (全犬種参加可能な、一番 上のクラス) に出場しました。

小型犬が、JFAの トップカテゴリーである 公式オープン選手権 (大半がボーダーコリーなど) に出場する場合は、アドバンテージがあり 例えば スタートラインから同じ距離でフリスビーをキャッチしたとしても、小型犬には加算ポイントがあります。
まあ、ちょっと ずるいと言えばずるい のですが、かと言って 小型犬種とボーダーコリーが全くハンデ無しに競ったら、なかなか公平な勝負とは ならないし・・・

と言うことで、JFAの会員となって十数年・・・ 18日の土曜日に 生涯初となる、『公式オープン』に出場しました。
結果は、優勝!!  ソロモンのお陰で 公式オープン初参戦で初優勝 となりました。
e0204314_08460223.jpg
e0204314_08461840.jpg
日曜日の、公式シリーズ戦 (公式オープンより参加頭数も多く、1Rに規定ポイントを下回ると、2Rは参考記録となってしまう) でも、38頭中/3位 で1R・2Rを終え、決勝戦へ!!
e0204314_08472091.jpg
e0204314_08463642.jpg
e0204314_08465181.jpg

小型犬でありながら、こうして結果を残している理由のひとつは ソロモンの 受け渡し(デリバリィ)の質の高さ だと思っています。
そして、そのデリバリィ  (JFAでは 『手元の良さ』などと表現するようですが) は、 日々の レトリーブトライアル練習 で練習を重ねた結果 だと思います。

フリスビーとダミーという 形状こそ異なれ  咥える(キャッチする) ➡ 一直線にハンドラーのもとに戻る ➡ きちんと、確実に手渡す という部分は、フリスビー競技も、レトリーブトライアルも共通した部分だと思っています。
e0204314_08492271.jpg
e0204314_08494709.jpg
他のペアの競技を見ていると きちんとハンドラーにフリスビーを渡さずに、再度走り出したり (ハンドラーが、しゃがんでフリスビーを拾う時間的なロスが生じる) あるいは キャッチしたフリスビーを なかなかハンドラーに渡さず フリスビーの引っ張り合いになったり (これも、時間のロスが生じる) ・・・ というペアも、見受けられます。
その点、我が家のフリスビー競技会に出場した犬たちは フラウ ➡ クワン ➡ ソロモン と歴代、 受け渡しが実に上手で、スムーズでした。

e0204314_08470430.jpg
e0204314_08475119.jpg
フリスビーのスローが へたっぴい な私を支えてくれている一因は、相棒犬の 受け渡しのスムーズさ だと思っています。
「下手だ 下手だ という割には、優勝とかしているじゃん!!」 と言われたりしますが、本当に上手な方は どんな方向から風が吹いていても、それなりに対応できる 「技術の引き出しの数」 を、持っている様に思います。

その点、私は 向かい風は苦手 向かって左側からの風が苦手 向かい風気味の左からの風なら最悪・・・ と、本当に 追い風・微風 でなくては、思い通りにフリスビーを飛ばせない、下手っぴい です。

e0204314_08473779.jpg
e0204314_08472091.jpg
今後、クワンが そしてソロモンが年老い、天国へ旅立った後も ワーキングコッカーなどを相棒として、フリスビー競技に参加し続けるかもしれません。
フリスビー競技より比重の重い レトリーブトライアルへの参加 を考慮すると、今後も牧羊犬を相棒にすることは無いと思いますので。
その時も、子犬を迎え入れた時の最優先事項は フリスビーに興味を持たせる ではなく スピードとスタミナのある体の育成 でもなく 投げられたもの(小さな、縫いぐるみなど)に一直線に駆け寄る ➡ きちんと、真ん中を咥える ➡ 寄り道しないで飼い主の足元まで戻る ➡ きちんと、飼い主に咥えたものを渡す という 受け渡しの基本の練習だと思っています。

レトリーブトライアルやフリスビー競技に出場する しないは別として、紐付きボールなどで愛犬と遊ぶ場合にも 投げられたボールを咥え、一直線に戻ってきて飼い主に渡すことができる犬 に育てると、飼い主にとっても楽しいボール遊びとなるのでは、ないでしょうか。
ボールを咥えて走り回って、なかなか飼い主にボールを渡さない犬とのボール遊びは、少なくとも飼い主にとっては楽しいものではありませんし、共に楽しんでこその「遊び」だと私は思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします


[PR]
# by gundogclub | 2017-11-20 09:54 | 犬の躾・訓練

Japan Final への道  夢の続き

10月20日 金曜日に自宅を出発し、10月22日 日曜日に帰宅した2泊3日の、越後路への旅。
ランキング13位で出場した シニアドッグ大会 で、 思いもよらぬ 『頂点への光に手が届きそうな』 貴重な経験、そして芳醇な時間 を私に与えてくれたクワンには、感謝の言葉しかありません。
e0204314_10381851.jpg


私とクワンの 2017年度の冒険の旅は、越後路往復 950km超の旅程を経て終了しました。
e0204314_10364254.jpg

そして、11月5日から、 2018年度の新たな夢と冒険が始まりました。
今年は クワンが昨年と同様に シニアドッグ大会、 そしてソロモンは 小型犬のトップリーグである 公式小型選手権 に出場する予定です。

JFA(日本フリスビードッグ協会)の、2018シーズンは、11月3日に開幕しましたが、我が家の開幕戦は昨日、11月5日となりました。

クワンが シニアドッグ大会で優勝、 ソロモンは 初出場の公式小型選手権で優勝 ・・・ と、 ダブル優勝 の幸先の良い2018シーズン開幕と、なりました。 

e0204314_10370413.jpg
e0204314_11141793.jpg

e0204314_10373375.jpg
e0204314_10371587.jpg
e0204314_10374366.jpg
2017年の Japan Final への道は、夢の続きとして 2018年の Japan Final へと続いていきます。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
# by gundogclub | 2017-11-06 11:02 | フリスビー(JFA)

Japan Final への道  メンタルスポーツ

さて、 『31頭中、なんとか ”一桁順位” を獲得して、千葉に戻りたい。 8位でも9位でも良いから!』 という目標で臨んだにも関わらず、思いもよらぬ 31頭/2位 で、決勝戦へと駒 を進めることとなった、私とクワンのペア・・・
e0204314_14005213.jpg
決勝進出が決まった後、実際に決勝戦が行われるまでには、1時間以上の 「間 (ま) 」 がありました。
この間、多くの方から 「おめでとう!」 とか 「凄いじゃーん!」 などと祝意を頂いたり、旅館のご主人が用意してくださった お弁当 (バラエティに富んだおかずで、量も多く とても食べきれるものでは、ありませんでした) を食べているうちに、なんか ほっこりとした気持ちになり・・・
e0204314_14004118.jpg
お弁当を、頬張りながら シーズン中の競技会では シニアクラスは決勝戦は行われず、1R・2Rの 合計ポイントが順位になるので  『シーズン中なら、俺とクワンのペアが準優勝じゃん!』  などと考えているうちに (実際には、Final なので決勝戦が控えている訳ですが)、なんとなく戦意や覇気、気力というものが、溶けてしまいました。
これが、2R終了後、5分とか10分とか短い時間で、決勝戦を迎えていたら、覇気や気力も持続したいたかもしれません。

そんななか、決勝戦が始まりました。
決勝戦は、出場31頭の上位6頭で競うこととなり、 6位 ➡ 5位 ➡ 4位 ➡ 3位 ➡ 2位 ➡ 1位 の順で行われました。
私とクワンのペアは、最後から2番目の出場です。

6位 ➡ 5位 ➡ 4位 ➡ 3位 と競技が進んでいくなかで 「これは、ちょっと 追いつくのが難しいな~」 と感じるポイントを獲得するペアが何組かあり、元々 スタミナに不安を抱えているクワンでもあり 気持ちは、どんどん弱気に・・・

さぁ、そして いよいよ 私とクワンの出番となりました。
1 投 目
考えていたのは、 「短い距離に投げ込んで、クワンの様子を見よう!」 ということでした。
1Rでも、様子を見ながら 短い距離の5投勝負 で パーフェクトキャッチ だったクワン。 しかし1Rでは 「短い距離に、しっかりと投げ込む」 という "明確な意思" をもって投げ込んでいたのですが、 決勝戦の第1投目は ただ距離が短く、高く舞い上がっただけの、中途半端なスロー になりました。
一応、フリスビーは真っ直ぐに飛んだのですが、推進力を失ってからは急速に左側に曲がりながら落下する軌道に・・・
急速左旋回しながら落ちるフリスビーに、クワンはタイミングを合わせる様に飛びついてくれたのですが、キャッチならず。

2 投 目~ 投 目
5~6ポイント で キャッチ成功!! 計12ポイント獲得
e0204314_14013384.jpg

4 投 目 クワン3投目を持ち帰り、残り13秒!!
デジタルタイマーで、残りが13秒ある事を確認し、 『ただ単に6ポイントエリアに投げ込むのではなく』 ごく短い距離へのスロー (2ポイント想定) と 6ポイントエリアへの "2投" を瞬時に決めました。
これは初めての試みではなく、シーズン中も この戦法は何度か試みて、ほぼ成功しておりましたし、「残り時間15秒程度」を想定して、野原でも練習をしておりましたので!!
ところが、ごく短い距離へのスローをクワンが鼻で弾き、フリスビーは地面に落ちました。 空中キャッチならず!!
しかし、ぎりぎり クワンがすぐにフリスビーを持ち帰れば、もう1投する時間的余裕はありました。
ところが・・・ クワンが地面に落ちたフリスビーを咥えられないのです。 咥えようとしても、フリスビーがずるずると 地面を動くだけで 、咥えることが出来ません。 そうこうしているうちに、なんとタイムオーバー・・・
焦って、地面に落ちたフリスビーを 咥え上げることすら出来ないで、もがくクワンを、初めて見ました。

こうして、私とクワンの決勝戦は 「2キャッチ 12ポイントの追加」 に留まり、 結局 決勝進出6ペア中/6位 で終わりました。 

結果として、決勝戦の第1投目を6ポイントエリアに、きっちり投げ込み クワンがキャッチしていたら あるいは 残り13秒で迎えた4投目に余計な事をせず6ポイントエリアに、きっちり投げ込み クワンがキャッチしていたら ・・・ 第1投目か、第4投目のどちらかを、6ポイントエリアでクワンがキャッチしていたら、なんと決勝戦3位という大金星 だったのですが、 『たら・れば』の妄想は、これ位にしておきましょう。


それにしても、フリスビー競技は、本当に、メンタルスポーツだと思います。
ちょっとした、『心の綾』が、勝敗に大きな影響を与えます。(個人差が、あるのかもしれませんが・・・)
フリスビー競技に参加するようになって、十数年が経ちますが、改めて この メンタルな部分に魅力を感じる様になりました。

きっと、この経験は、私にとって今後のフリスビー競技の糧となるように思います。
そして、思わぬ好成績を残した "黄金美魔女 クワン" は、2018年シーズンも、シニアクラスにて現役生活を続行する事にしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
# by gundogclub | 2017-10-28 15:15 | フリスビー(JFA)