ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ソロモン王子 戴冠!

本日、ソロモンと 茨城県つくば市で開催された JFA(日本フリスビードッグ協会) の、 スモールドッグ チャンピオン決定戦  第2リージョン = 関東エリア に参加しました。
e0204314_14373429.jpg


2017年シーズンの 「小型犬大会」 において、最も高得点を獲得したのは、我が家のソロモン でした。
これは、プロ野球に例えますと "ペナントレース" に相当すると言えるかもしれません。


そして本日 開催された スモールドッグ チャンピオン決定戦 は、 "クライマックスシリーズ" に相当する感じです。

ペナントレースで優勝したからと言って、必ずしも クライマックスシリーズを制して日本シリーズへと駒を進めることが出来ないのと同様、小型犬大会の最高得点をシーズン中に獲得したからと言って、本日の スモールドッグ チャンピオン決定戦で勝利できるとは限らなかった訳ですが・・・


幸いにも ソロモン君は、本日の スモールドッグ チャンピオン決定戦 でも優勝し、 関東エリアの小型犬部門のチャンピオン となることが、できました。
もうすぐ6歳になるソロモン君・・・ 今年は GRT競技会(レトリーブトライアル)でも、5月にミドルクラスで準優勝 を果たし、またこうして フリスビー競技でも小型犬部門の頂点 に輝き、 やっと名前負けしない(笑) 犬へと成長しつつあります。

e0204314_14374726.jpg
e0204314_14375841.jpg
e0204314_14381075.jpg
最も、 「小型犬大会で優勝」と言っても、実は 「小型犬部門」 には、 『公式小型選手権』 という小型犬部門のトップリーグ があります
言うなれば、ソロモンは プロ野球に例えれば、ウエスタンリーグやイースタンリーグ、JFAのプロサッカーリーグならJ2 で優勝したようなもの・・・
真の頂点は、遥か高みにあります。


公式小型選手権で競うには、今までの様に 月に1~2回 競技会に出場する程度では、足元にも及ばないので、2018年度の去就に関しては、未だ決めかねています。
2018年度も、今年と同じ 「小型犬大会」に出場するのは、気がひけますし (優勝した手前もあり)、 かと言って中途半端に公式小型に出場するのも、意味が無いような・・・

まぁ、こんな悩みを持つことができるのも、ソロモンが居ればこそな訳で、ソロモンとの出会いに感謝しつつ、2018年度の去就に関しては、もう少し じっくり考えたいと思います。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 
 




[PR]
# by gundogclub | 2017-10-09 15:33 | フリスビー(JFA)

霧ヶ峰でGRT競技会

10月1日 日曜日に、ソロモンと 霧ヶ峰高原 で開催されたGRT(レトリーブトライアル)競技に参加しました。

今から5年ほど前までは GRT競技会が開催される長野県、静岡県、群馬県などの競技会場に、競技会当日の未明(午前2時とか3時とか)に自宅を出発し、競技を終了した後、ペンションやロッジに一泊して帰る・・・というパターンでしたが、加齢と共に心身ともに衰え、競技会前日&競技会当日(競技会終了後)の2泊しないと、体がもちません。

という事で、今回も前日の9月30日に、ここ数年 長野県内で競技会が開催される時に定宿としているペンションへ!
途中の観光牧場で、一休み・・・
e0204314_08153457.jpg
さて、今回の競技会場である 霧ヶ峰の高原 は、フラウ(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター) が、GRT競技会で活躍していた頃には、競技会場として使用されていませんでした。
ですので私にとって、 霧ヶ峰の高原のGRT = ソロモン なわけですが、これまで あまり良い思い出が無く・・・(苦笑)

まずは、 雨天の競技会 となったことが、何度もあったこと。  寒い、冷たい、ソロモンも寒さで震えている・・・というイメージ。
そして、競技会場による得意・不得意が少なかったフラウ姐さんとは異なり 霧ヶ峰 = ソロモン 謎の不調 のイメージ なんです。

e0204314_08164008.jpg
e0204314_08162827.jpg
☝ の写真 のような競技会場で、草丈は いつも練習している自宅近くの野原の方が、生い茂っている感じなんです。
鹿の糞や兎の糞などが落ちておりますが、いつも練習している野原にも兎の糞は落ちていて、子犬の頃から慣れているソロモンには興奮要因には、ならない筈。
にも関わらず、ダミーを発見し咥えた後、私が待っているスタート地点とは、全く異なる方向に真剣な顔で駆けて行き、私の姿を探して右往左往したり・・・ かと思えば、ダミーが転がっている ごくごく近く(30cm~50cm)を何度も周回しながら結局 ダミーを発見できずタイムオーバーになったり・・・

そんな 良い印象のない(ソロモンではなく、ハンドラーである私にとって)霧ヶ峰の高原で、ソロモンがアドバンストクラス(上級クラス)に昇格して、2回目の競技会!!
アドバンストクラスになると、競技種目が高度になることに加え、 競技で設定される距離 (スタートラインからダミーが投擲されたり、置かれたりする距離) が、長くなります。
片道100mを超える距離を用いての競技種目 が多くなります。


ソロモンは、自らが高い場所にいて、 ”駆け下る” シュチュエーションの ロングマーキング・レトリーブ ですと 100m~120m 程度は可能なのですが、レトリバー種に比べて体高が低いこともあり 自らが停座している場所より 高い あるいは ほぼ平坦 なシュチュエーションでの ロングマーキング・レトリーブは、ダミーの落下方向を捉えることが出来ないみたいです。

今回の競技会でも この ”ロング マーキング・レトリーブ” という名の ソロモンにとっては ”ロング ブラインド・レトリーブ” 種目は、タイムオーバーで失格となってしまいました。
しかし他の3種目は、成功を収めることが出来ました。
今まで、良い思い出の無い霧ヶ峰で、アドバンストクラス初出場となった 蓼科牧場での競技会より好成績を収めるこさができました。
e0204314_08165470.jpg
これからも、ソロモンと歩むGRT競技会 アドバンストクラスは、 『距離との闘い』 になるかと思います。
それでも、不利を承知で 自らの意志で選択した ワーキング・コッカー・パニエルと共に歩むGRT競技会!
ソロモン王子と歩む冒険の旅は、まだまだ続きます。

ちなみに、ソロモン君 ”JUMP!!” のコマンドで、かなり高い岩へも、喜々として駆け登ります。
なんか、得意そうな お顔 していますよね!
e0204314_08154847.jpg
e0204314_08170603.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
# by gundogclub | 2017-10-03 09:06 | レトリーブ (GRT)

クワン 無事に復帰戦を終える

もう一週間近く前の話になりますが、 9月18日(祝日・月曜) に、クワンとソロモンを伴い、宇都宮で開催された JFA(日本フリスビードッグ協会) 主催の競技会 に参加しました。

自宅を早朝3時半頃に出発する予定だったのですが、台風が関東地方に最接近している時刻と重なったらしく、外は猛烈な雨と風・・・
30分ほど、様子を窺っておりましたら、風雨が若干 弱くなってきたので、意を決して自宅を出発!!
「こんな台風の中でも、出かけるんだぁ~ 凄いと言えば、凄いねぇ・・・」 と、カミサンはあきれ顔。(苦笑)

一般道を走り、高速道路へ!
都市部を走行している時は まだしも、川に掛かった橋脚部分を走行している時などは、横風が強烈で ほぼ四角形の愛車 キャラバンは、何度も車体が大きく揺れ、怖かったです。
「諦めて このまま、引き返した方がいいかな?」 とか 「出場をキャンセルした方が、よかったかな?」 とか、何度も頭をよぎりました。

宇都宮に到着する頃には、雨があがり太陽が顔をのぞかせ、風も思ったよりは強くなく・・・
結果として、台風が通過した後にも関わらず、出場をキャンセルなさった方々は、あまり いらっしゃいませんでした。
出場者の皆さんの敢闘精神に敬服です。 私は、もう少しカミサンから強く引き止められていたら、おそらく出場キャンセルしていたと思いますので・・・

e0204314_17263345.jpg
クワンは、7月末に開腹手術をして以降、久々の競技会出場でした。
手術後、縫合箇所が獣医さんが首を傾げるほど癒合が芳しくなかったり、エリザベスカラーの影響で口周りから首にかけて広範囲に爛れたり・・・ 心身ともに辛い40余日を経て、クワンちゃん 笑顔で競技会出場です。
e0204314_17264436.jpg
手術以前のスピードとスタミナは、まだ戻っておりませんが、フリスビーを元気に追うクワンの姿を目にして、私も感慨深いものがありました。

日中は台風一過で、気温が33℃まで、あがりました。 
湿度も高く、木陰に居ても息苦しい感じ。
ソロモン君も、高温多湿の中で、頑張りました。
e0204314_17270014.jpg
クワン (復帰戦) シニアドック大会 3位
ソロモン 小型犬大会 優勝

e0204314_17271153.jpg
2017年度の目標であった 『クワンと共に、再び フリスビー競技  ”ジャパン・ファイナル” へ出場する!』 が、現実のものとなってきました。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします


[PR]
# by gundogclub | 2017-09-24 17:42 | フリスビー(JFA)

クワン快気祝い in LADF

7月末に入院し、8月中旬に退院した後も、開腹手術をした傷口の癒合が芳しくなく、トータルで1か月以上 『エリザベスカラー生活』 が続いたクワン・・・
やっと傷口も綺麗に治り、口回りの皮膚の ”ただれ” も治癒したので、クワンの「第二の実家」とも言えるLADFへ連れて行き、快気祝い!!
快気祝いは、9/6(水曜) 9/11(月曜) 9/15(金曜) の、3回 を予定しています。

9/6(水曜) 霧雨
運悪く、霧雨が降り続きましたが、久々の自由運動、そして久々のLADF・・・ということで、クワンは子犬のような甲高い声で興奮して、喜んでおりました。
e0204314_09330568.jpg
e0204314_09332129.jpg
e0204314_09334583.jpg
1か月以上、ほとんど運動しなかった割には、瞬発的なスピードは、あまり落ちておりませんでした。
ただし、持続的なスタミナは、かなり喪失してしまったようです。
あまり焦らずに、しかし地道に、スタミナと筋肉を増強させなくては!

9/11(月曜) 快晴
e0204314_09341572.jpg
e0204314_09345222.jpg
e0204314_09342729.jpg
e0204314_09350688.jpg
クワンちゃん、満面の笑顔です。
そして明日15日が、快気祝い第三弾!
その後、クワンは 来週月曜日(祝日)に、2017年度としては最後となるフリスビー競技会(イベントやJapan Finalは別として)に、出場します。

2017年度の最後となる競技会出場ですが、台風の進路が気になります。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 

[PR]
# by gundogclub | 2017-09-14 09:57 | クワン (GR)

大きな、お友達

昨日の朝は、とても涼しかったので、ソロモンと自転車で遊歩道を散策しました。

ソロモンも、シャドーやフラウ、クワンなど 歴代の我が家の愛犬と同様に自転車の横を、ぴったりと並走してくれます。
リードが、弛んだ状態で 『自転車のハンドルより、やや下がった位置』 を保って走ります。
e0204314_08533970.jpg
わが家の自宅周辺は、新興住宅地で、車が通行できない遊歩道が四方に伸びています。
シャドーやフラウと自転車散策をする時は、ゆっくりと自転車を走らせ (時速15km/hくらい?)、往復で1時間半ほど費やしたりしておりました。
15km/h × 1.5時間 = 22.5km。  地図の上を転がして計る簡易距離計測機を用いて計測しても、20km内外でした。
それ位の距離を走っても、シャドーやフラウは、疲れた様子もありませんでした。
安全な遊歩道を、季節の移ろいを感じながら、ゆっくりと愛犬と自転車散策をすることも、とても楽しいものです。


さて、さすがに中型犬のソロモンは、20kmもの距離を自転車と並走は出来ないのではないかと思い、10km程度の距離に、留めています。
元保護犬の、英ポインターや英セッターと30分程度なら、野原を互角に走り回れるソロモンなので、もしかしたらフラウと同様に20km位、平気で自転車並走が出来るのかもしれませんが、試したことはありません。

散歩の途中で、大きな アイリッシュ・ウルフハウンド と遭遇。
まだ、うら若いお嬢さん犬でした。
ソロモンは、臆することなく近づいて、遊びに誘っていました。

e0204314_08535973.jpg
e0204314_08542120.jpg
飼い主さんが仰るには、あまりに大きいので せっかく遊歩道で他のワンと出合っても、吠えたてられるか 逃げられてしまうかの どちらかで、なかなか他の犬と挨拶をしたり、遊んだりするチャンスが無いのだとか・・・

ソロモンは、尻尾をブンブン振って、解説書に図解されるような模範的な(笑)プレイバウの姿勢をとって、大きなお嬢さんを遊びに誘っておりました。
さすが、天真爛漫な ”太陽の王子” !!
大きなお嬢さんも、大喜びで 前脚でソロモンを抑え込み、大きな舌でソロモンにキスの嵐!
ソロモン君、顔がベチョベチョに濡れていました。

コッカースパニエル系の犬種(イングリッシュ、アメリカン、ワーキング等)は、 『飼い主を、飼い慣らすのが趣味』 などとも言われており、暮らし方を間違えると 手に負えない 「我儘犬」 になってしまうリスクがある (などと、犬種図鑑に記載されていたりしますが) 暮らし方さえ間違わなければ 都会でも田舎でも、とても良い相棒になってくれる犬種だと思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 
 


[PR]
# by gundogclub | 2017-09-03 09:39 | ソロモン (WC)