ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Japan Final への道  メンタルスポーツ

さて、 『31頭中、なんとか ”一桁順位” を獲得して、千葉に戻りたい。 8位でも9位でも良いから!』 という目標で臨んだにも関わらず、思いもよらぬ 31頭/2位 で、決勝戦へと駒 を進めることとなった、私とクワンのペア・・・
e0204314_14005213.jpg
決勝進出が決まった後、実際に決勝戦が行われるまでには、1時間以上の 「間 (ま) 」 がありました。
この間、多くの方から 「おめでとう!」 とか 「凄いじゃーん!」 などと祝意を頂いたり、旅館のご主人が用意してくださった お弁当 (バラエティに富んだおかずで、量も多く とても食べきれるものでは、ありませんでした) を食べているうちに、なんか ほっこりとした気持ちになり・・・
e0204314_14004118.jpg
お弁当を、頬張りながら シーズン中の競技会では シニアクラスは決勝戦は行われず、1R・2Rの 合計ポイントが順位になるので  『シーズン中なら、俺とクワンのペアが準優勝じゃん!』  などと考えているうちに (実際には、Final なので決勝戦が控えている訳ですが)、なんとなく戦意や覇気、気力というものが、溶けてしまいました。
これが、2R終了後、5分とか10分とか短い時間で、決勝戦を迎えていたら、覇気や気力も持続したいたかもしれません。

そんななか、決勝戦が始まりました。
決勝戦は、出場31頭の上位6頭で競うこととなり、 6位 ➡ 5位 ➡ 4位 ➡ 3位 ➡ 2位 ➡ 1位 の順で行われました。
私とクワンのペアは、最後から2番目の出場です。

6位 ➡ 5位 ➡ 4位 ➡ 3位 と競技が進んでいくなかで 「これは、ちょっと 追いつくのが難しいな~」 と感じるポイントを獲得するペアが何組かあり、元々 スタミナに不安を抱えているクワンでもあり 気持ちは、どんどん弱気に・・・

さぁ、そして いよいよ 私とクワンの出番となりました。
1 投 目
考えていたのは、 「短い距離に投げ込んで、クワンの様子を見よう!」 ということでした。
1Rでも、様子を見ながら 短い距離の5投勝負 で パーフェクトキャッチ だったクワン。 しかし1Rでは 「短い距離に、しっかりと投げ込む」 という "明確な意思" をもって投げ込んでいたのですが、 決勝戦の第1投目は ただ距離が短く、高く舞い上がっただけの、中途半端なスロー になりました。
一応、フリスビーは真っ直ぐに飛んだのですが、推進力を失ってからは急速に左側に曲がりながら落下する軌道に・・・
急速左旋回しながら落ちるフリスビーに、クワンはタイミングを合わせる様に飛びついてくれたのですが、キャッチならず。

2 投 目~ 投 目
5~6ポイント で キャッチ成功!! 計12ポイント獲得
e0204314_14013384.jpg

4 投 目 クワン3投目を持ち帰り、残り13秒!!
デジタルタイマーで、残りが13秒ある事を確認し、 『ただ単に6ポイントエリアに投げ込むのではなく』 ごく短い距離へのスロー (2ポイント想定) と 6ポイントエリアへの "2投" を瞬時に決めました。
これは初めての試みではなく、シーズン中も この戦法は何度か試みて、ほぼ成功しておりましたし、「残り時間15秒程度」を想定して、野原でも練習をしておりましたので!!
ところが、ごく短い距離へのスローをクワンが鼻で弾き、フリスビーは地面に落ちました。 空中キャッチならず!!
しかし、ぎりぎり クワンがすぐにフリスビーを持ち帰れば、もう1投する時間的余裕はありました。
ところが・・・ クワンが地面に落ちたフリスビーを咥えられないのです。 咥えようとしても、フリスビーがずるずると 地面を動くだけで 、咥えることが出来ません。 そうこうしているうちに、なんとタイムオーバー・・・
焦って、地面に落ちたフリスビーを 咥え上げることすら出来ないで、もがくクワンを、初めて見ました。

こうして、私とクワンの決勝戦は 「2キャッチ 12ポイントの追加」 に留まり、 結局 決勝進出6ペア中/6位 で終わりました。 

結果として、決勝戦の第1投目を6ポイントエリアに、きっちり投げ込み クワンがキャッチしていたら あるいは 残り13秒で迎えた4投目に余計な事をせず6ポイントエリアに、きっちり投げ込み クワンがキャッチしていたら ・・・ 第1投目か、第4投目のどちらかを、6ポイントエリアでクワンがキャッチしていたら、なんと決勝戦3位という大金星 だったのですが、 『たら・れば』の妄想は、これ位にしておきましょう。


それにしても、フリスビー競技は、本当に、メンタルスポーツだと思います。
ちょっとした、『心の綾』が、勝敗に大きな影響を与えます。(個人差が、あるのかもしれませんが・・・)
フリスビー競技に参加するようになって、十数年が経ちますが、改めて この メンタルな部分に魅力を感じる様になりました。

きっと、この経験は、私にとって今後のフリスビー競技の糧となるように思います。
そして、思わぬ好成績を残した "黄金美魔女 クワン" は、2018年シーズンも、シニアクラスにて現役生活を続行する事にしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2017-10-28 15:15 | フリスビー(JFA)

Japan Finalへの道 黄金の美魔女

JAPAN FINAL 2017 シニアドッグの部 には、全国から 2017シーズン獲得ポイントの上位31頭がノミネートされました。
クワンは 31頭中/13位 のリザルトでの出場でした。

午前9時30分・・・ ゼッケン31位から 競技開始!

1 R
昨日、獲得ポイントの詳細がJFAから公表されました。
クワンは、 6/4/4/4/4 計22ポイント の 5投パーフェクト・キャッチ (1分間に5回、フリスビーを空中キャッチ 成功) でした。

e0204314_16441044.jpg

e0204314_16442593.jpg

e0204314_15480070.jpg

e0204314_15484790.jpg

前回のブログにも書かせて頂きましたが、 開腹手術以降 スタミナに不安を抱えるクワンちゃん・・・ フリスビー競技会は 『1Rと2Rのポイントの合計で順位が決まったり』 あるいは 『1Rと2Rのポイントの合計の上位ペアが決勝戦に進出して順位を競ったり』 します。 
1Rで、全てのスタミナを使い切る訳には いきませんので 『1Rは、抑え気味』 (短い距離で5投キャッチを目指しました) でいきました。
この 「抑え気味の短い距離で、様子を見ながら、投数で稼ぐ戦法」 が1Rでは成功した為、決勝戦でも、同じ戦法を用いようとしたのですが、思い通りにはいきませ
んでした。
決勝戦の話は、また改めて・・・

結局、1Rは22ポイント獲得で、31頭中/6位  で終了しました。

2 R

1Rを無事に終え、6位という成績は、予想以上のものでした。
1R・2Rの合計の上位5ペアで行われる決勝戦には進出できる気がしておりませんでしたので、2Rは 思いっきりいきました。
もはや、クワンのスタミナを温存する必要は、ありません
『この2Rで2017年の私とクワンのシニアクラスは終わる!  思いっきり悔いなく投げて、宿に戻って美味しい夕ご飯を食べ、お風呂に入って くつろごう!』 などと、リラックスしていたのが良かったのか クワンは、 6/6/6/4/6 計28ポイント の 5投パーフェクト・キャッチ
なんと、2Rは28ポイント獲得で、31頭中/1位 (トップ) で2Rを終了。

1R・2R 合計50ポイントで、31頭中/2位 で決勝戦進出!!
e0204314_15483206.jpg

e0204314_15495096.jpg

e0204314_15490426.jpg


e0204314_15493738.jpg

予想外の決勝戦進出については、次回のお話・・・ 
それにしても、 ☝ クワンの走る姿は、とても もうすぐ10歳になる犬には、見えませんよね!
クワンは、いつまでも  『幼 顔』 で、笑いながら走っているように見えます。 
しかも、目が大きくって、美人さんです。 (親バカ全開っ!)
ちなみに、1R・2Rともに 5投パーフェクトキャッチ だったのは 31頭のなかで、クワンだけ でした
微笑みながら、高速でフリスビーを追う黄金の美魔女 クワン!!

黄金の美魔女の決勝戦での様子は、次回のお話、今日は ここまで。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 


[PR]
by gundogclub | 2017-10-26 16:34 | フリスビー(JFA)

Japan Final への道 越後路へ 

10月20日 金曜日 午前5時15分・・・  降り続く雨の中、クワンを連れて新潟県へと向かいました。

最初の行き先は、20日~21日 の両日、宿泊する予定の 『愛犬と泊まれる古民家の宿』 でした。
この宿を予約したのは、7月の中旬・・・ 「2017年のJAPAN FINAL の開催地は、新潟県長岡市の運動公園」 と、JFAのホームページに掲載されて、間もない頃でした。

勿論、7月の段階では、クワンがJAPAN FINALに、ノミネートされるか否かは確定しておりませんでしたが、 『シニアドッグのJAPAN FINAL ノミネート頭数は、上位30位まで』 ですので、7月中旬のクワンの順位を勘案しながら (確か、9位~11位の間だったと記憶しています)  "見切り発車" で宿を予約しました。

前々回、クワンがJAPAN FINALに出場した折は、『ノミネートが確定してから、宿探しを始めたら、開催地周辺の愛犬と泊まれる宿は、どこも予約で一杯』 という苦い思い出があり、今年は早々と宿を確保したのですが・・・
e0204314_14093872.jpg

『宿を早々と確保し、7月下旬に背中や腋の下の脂肪腫の除去手術も行い、8月中旬頃から9月にリバビリも兼て2~3回 競技会に出場し、準備万端 JAPAN FINALに出場する』 予定が、術前検査で クワンの内臓に腫瘍が見つかり、「準備万端、滞りなく」「粛々と」の筈が、全てが瓦解してしまいました。


しかも、このブログでも何度か書かせて頂きましたが、 クワンは手術後の傷口の癒合が、獣医さんも首をかしげる程、芳しからず 傷口が完全に癒合したのは手術から4週間後・・・
最初の予定では、手術から8日目に抜糸で、その8日間で傷口は癒合する筈だったのですが。

結果として、この  「約4週間 エリザベスカラーを装着したまま、自宅周辺の散歩程度しか運動が、できなかった」 ことが大きく響き、クワンは 持続力(スタミナ)を大きく損なう結果 となりました。
手術前 クワンは、9歳のシニアであるにも関わらず フリスビー練習を連続で20セットくらい行うことが可能でした。
距離にして大よそ 35m×2(往復)×20回 = 1,400m ・・・ つまり、1,400mを全力疾走し続けることが可能な9歳でした。

それが、手術後は・・・ 練習を重ねるにつれ スピードは回復 してきたものの、持続力は戻らず 連続でフリスビー練習が出来るのは8セット・・・しかも6投目あたりからスピードが落ちるようになりました。

そして、何より手術前と手術後で変わったのは 『少し休憩した位では、スピードもスタミナも回復しなくなった』 ということ。
20セットのフリスビー練習をしても、30分ほど休憩すると、再びスピードもスタミナも、ある程度は回復したいたクワンが、休憩をはさんでも、ほとんど回復が見られなくなりました。


それでも、 「内臓腫瘍の摘出手術を経たクワン、そして なかなか傷口が癒合しなかった状況を乗り越えたクワン」 とJAPAN FINALに出場できただけでも、 「何とか、間に合った! という安堵感」 で胸が一杯 でしたので まさか クワンのスタミナの喪失が金星を掴み損ねることに繋がるとは、想像すらしませんでした。

「何とか、間に合った! という安堵感」 そして、 「クワンと共に再びJAPAN FINAL に出場できる喜び」 を胸に越後路へ!
関越トンネルを過ぎる頃、雨は上がり 薄日が差し込んできました。
まずは、予約した古民家宿の確認、そして宿を確認した後は JAPAN FINALが開催される長岡市の運動公園を確認に行きました。
e0204314_14102656.jpg
e0204314_14100742.jpg

運動公園で、JAPAN FINALに出場する同郷の友人と会って、話をすることも楽しみにしていました。
その友人に、私は千葉を出発する前日にメールを送っていました。
「2017シーズンのクワンは、シニアクラス13位で終わりましたが、JAPAN FINALでは なんとか一桁順位に入りたい。8位でも9位でもいい! 決勝戦に進出するのは無理だと思うけれど、何とか一桁順位を獲得して、千葉に帰りたい」・・・と。

JAPAN FINAL開催まで、あと16時間。

e0204314_14104071.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 


[PR]
by gundogclub | 2017-10-24 14:17 | フリスビー(JFA)

Japan Final への道 序章

昨日、 クワンと共に JFA(日本フリスビードッグ協会)の ”フリスビードッグ日本一 決定戦” である JAPAN FINAL の 『シニアドッグの部』 に参戦しました。
開催場所は、新潟県長岡市内の運動公園でした。
e0204314_20104593.jpg
JFAのJAPAN FINALは、誰でも希望すれば参加できる訳ではありません。
例えば、クワンが参戦したシニアドッグのクラスを例に、2017年度のノミネート基準を大雑把に説明しますと 「2016年11月~2017年9月末」 までの間の 「自己獲得ポイントの上位8試合の合計点」 の 上位30チームまで に、出場権が付与されます。 

クワンは、31チーム(同点のペアがあった為、30チームではなく31チームになりました)中、13位 で JAPAN FINAL シニアドッグ・クラス の 出場となりました。
e0204314_20121698.jpg
2017年度は 私もクワンも 「健康面に問題を抱えつつ、可能な限り出場する」 という難しい展開 となりました。

何度か、このブログでも書かせて頂きましたが まず昨年の10月頃から ヘルニアが悪化し、父が入院している病院の駐車場から、病院の玄関までの50mの歩行も困難になりました。
そのうち12月下旬から、私の口腔内に腫瘍ができ、その腫瘍が化膿・悪化し、翌1月中旬には、口を開くことが困難になってきました。

それでも、近所の歯科医の治療を受けつつ、唯一 飲み口が細くて摂取可能なゼリー系の飲料でエネルギーを補給しつつ、口腔内の激痛と戦いながら競技会にも何度か参加したのですが、とうとう2月初旬に口腔外科病棟に入院・・・

春先から、やっと体調が上向き、4月~7月は 何度かフリスビー競技会に参加することが出来ました。

7月が終わり ”オフシーズン” ということで クワンの背中や前肢のつけ根にできた脂肪腫を除去する為に 術前検査 をした処、 内臓内に腫瘍があることが判明。
背中や前肢つけ根の、脂肪腫の除去は、「おまけ」みたいな手術となり、メインは 「内臓の腫瘍除去手術」 という思わぬ展開に・・・


私もクワンも 「山あり谷あり」 ではなく、健康に恵まれない散々な2017年度シーズン でしたが、 クワンと共に 『2017年の目標としていたJAPAN FINAL への出場』 が叶い、本当に嬉しく思っています。

クワンは、 「病み上がり」 とは思えない、予想以上の成績・・・ 2017年度のシーズンベストのスコア を、本番であるJAPAN FINALの場で叩き出し、出場に華を添えてくれました。
👇 9歳のシニアドッグ・・・しかも 8月に大きな手術をした犬とは思えない クワンの走る姿をご覧ください。
e0204314_20105884.jpg
そのお話は、次回 改めて。。。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 


[PR]
by gundogclub | 2017-10-22 20:52 | フリスビー(JFA)

ソロモン王子 戴冠!

本日、ソロモンと 茨城県つくば市で開催された JFA(日本フリスビードッグ協会) の、 スモールドッグ チャンピオン決定戦  第2リージョン = 関東エリア に参加しました。
e0204314_14373429.jpg


2017年シーズンの 「小型犬大会」 において、最も高得点を獲得したのは、我が家のソロモン でした。
これは、プロ野球に例えますと "ペナントレース" に相当すると言えるかもしれません。


そして本日 開催された スモールドッグ チャンピオン決定戦 は、 "クライマックスシリーズ" に相当する感じです。

ペナントレースで優勝したからと言って、必ずしも クライマックスシリーズを制して日本シリーズへと駒を進めることが出来ないのと同様、小型犬大会の最高得点をシーズン中に獲得したからと言って、本日の スモールドッグ チャンピオン決定戦で勝利できるとは限らなかった訳ですが・・・


幸いにも ソロモン君は、本日の スモールドッグ チャンピオン決定戦 でも優勝し、 関東エリアの小型犬部門のチャンピオン となることが、できました。
もうすぐ6歳になるソロモン君・・・ 今年は GRT競技会(レトリーブトライアル)でも、5月にミドルクラスで準優勝 を果たし、またこうして フリスビー競技でも小型犬部門の頂点 に輝き、 やっと名前負けしない(笑) 犬へと成長しつつあります。

e0204314_14374726.jpg
e0204314_14375841.jpg
e0204314_14381075.jpg
最も、 「小型犬大会で優勝」と言っても、実は 「小型犬部門」 には、 『公式小型選手権』 という小型犬部門のトップリーグ があります
言うなれば、ソロモンは プロ野球に例えれば、ウエスタンリーグやイースタンリーグ、JFAのプロサッカーリーグならJ2 で優勝したようなもの・・・
真の頂点は、遥か高みにあります。


公式小型選手権で競うには、今までの様に 月に1~2回 競技会に出場する程度では、足元にも及ばないので、2018年度の去就に関しては、未だ決めかねています。
2018年度も、今年と同じ 「小型犬大会」に出場するのは、気がひけますし (優勝した手前もあり)、 かと言って中途半端に公式小型に出場するのも、意味が無いような・・・

まぁ、こんな悩みを持つことができるのも、ソロモンが居ればこそな訳で、ソロモンとの出会いに感謝しつつ、2018年度の去就に関しては、もう少し じっくり考えたいと思います。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 
 




[PR]
by gundogclub | 2017-10-09 15:33 | フリスビー(JFA)

霧ヶ峰でGRT競技会

10月1日 日曜日に、ソロモンと 霧ヶ峰高原 で開催されたGRT(レトリーブトライアル)競技に参加しました。

今から5年ほど前までは GRT競技会が開催される長野県、静岡県、群馬県などの競技会場に、競技会当日の未明(午前2時とか3時とか)に自宅を出発し、競技を終了した後、ペンションやロッジに一泊して帰る・・・というパターンでしたが、加齢と共に心身ともに衰え、競技会前日&競技会当日(競技会終了後)の2泊しないと、体がもちません。

という事で、今回も前日の9月30日に、ここ数年 長野県内で競技会が開催される時に定宿としているペンションへ!
途中の観光牧場で、一休み・・・
e0204314_08153457.jpg
さて、今回の競技会場である 霧ヶ峰の高原 は、フラウ(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター) が、GRT競技会で活躍していた頃には、競技会場として使用されていませんでした。
ですので私にとって、 霧ヶ峰の高原のGRT = ソロモン なわけですが、これまで あまり良い思い出が無く・・・(苦笑)

まずは、 雨天の競技会 となったことが、何度もあったこと。  寒い、冷たい、ソロモンも寒さで震えている・・・というイメージ。
そして、競技会場による得意・不得意が少なかったフラウ姐さんとは異なり 霧ヶ峰 = ソロモン 謎の不調 のイメージ なんです。

e0204314_08164008.jpg
e0204314_08162827.jpg
☝ の写真 のような競技会場で、草丈は いつも練習している自宅近くの野原の方が、生い茂っている感じなんです。
鹿の糞や兎の糞などが落ちておりますが、いつも練習している野原にも兎の糞は落ちていて、子犬の頃から慣れているソロモンには興奮要因には、ならない筈。
にも関わらず、ダミーを発見し咥えた後、私が待っているスタート地点とは、全く異なる方向に真剣な顔で駆けて行き、私の姿を探して右往左往したり・・・ かと思えば、ダミーが転がっている ごくごく近く(30cm~50cm)を何度も周回しながら結局 ダミーを発見できずタイムオーバーになったり・・・

そんな 良い印象のない(ソロモンではなく、ハンドラーである私にとって)霧ヶ峰の高原で、ソロモンがアドバンストクラス(上級クラス)に昇格して、2回目の競技会!!
アドバンストクラスになると、競技種目が高度になることに加え、 競技で設定される距離 (スタートラインからダミーが投擲されたり、置かれたりする距離) が、長くなります。
片道100mを超える距離を用いての競技種目 が多くなります。


ソロモンは、自らが高い場所にいて、 ”駆け下る” シュチュエーションの ロングマーキング・レトリーブ ですと 100m~120m 程度は可能なのですが、レトリバー種に比べて体高が低いこともあり 自らが停座している場所より 高い あるいは ほぼ平坦 なシュチュエーションでの ロングマーキング・レトリーブは、ダミーの落下方向を捉えることが出来ないみたいです。

今回の競技会でも この ”ロング マーキング・レトリーブ” という名の ソロモンにとっては ”ロング ブラインド・レトリーブ” 種目は、タイムオーバーで失格となってしまいました。
しかし他の3種目は、成功を収めることが出来ました。
今まで、良い思い出の無い霧ヶ峰で、アドバンストクラス初出場となった 蓼科牧場での競技会より好成績を収めるこさができました。
e0204314_08165470.jpg
これからも、ソロモンと歩むGRT競技会 アドバンストクラスは、 『距離との闘い』 になるかと思います。
それでも、不利を承知で 自らの意志で選択した ワーキング・コッカー・パニエルと共に歩むGRT競技会!
ソロモン王子と歩む冒険の旅は、まだまだ続きます。

ちなみに、ソロモン君 ”JUMP!!” のコマンドで、かなり高い岩へも、喜々として駆け登ります。
なんか、得意そうな お顔 していますよね!
e0204314_08154847.jpg
e0204314_08170603.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2017-10-03 09:06 | レトリーブ (GRT)