ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
Japan Finalへの道..
at 2017-10-26 16:34
Japan Final への..
at 2017-10-24 14:17
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つづら折り

通称 ”野原C” の 「際の部分」 に沿って、草が刈られました。
草が刈られた際の部分に沿って一周するのに、徒歩で15分ほどかかる、広い広い野原です。

予めスタート地点を定め、そこから草が刈られた部分に沿って歩き、スタート地点から徒歩4分くらいの 「草が刈られている部分の真ん中」 にダミーを置きました。
片道4分・・・ゆっくり歩いてダミーを置きに行きましたので、スタート地点からダミーを置いた地点までは、 片道200m程度 だと思います。
e0204314_10290195.jpg
e0204314_10291528.jpg
車で待機していたソロモンを、車から降ろし スタート地点と定めた場所 で、 「Get On!!」

1年半程以前に、場所は異なりますが同様に 「草が刈られている場所を、ひたすら走り抜けるとダミーが置かれている」 という状況で練習をしたことがあり、ソロモンは、その練習の経験を記憶していたようです。

振り返ることも無く、 「つづら折り」 に草が刈られた野原の際を、走り抜けて行きました。
「つづら折り」の、ブラインドコーナーから ダミーを咥えたソロモンの姿が視界に飛び込んでくることを期待しつつ、本当にダミーを咥えて戻って来るのか半信半疑だったのですが・・・
e0204314_10284441.jpg
e0204314_10295289.jpg
e0204314_10301621.jpg
e0204314_10292865.jpg
見事、成功!!!

試みたかったことは 「回収を指示されたからには、必ずダミーがあると信じて、草が刈られている部分を、どこまでも前へ前へと、駆け抜けていけること!!」
「真っ直ぐよぉ~ 真っ直ぐに走って!」  「ゲットオンよ、ゴーゴー!」  「ダミーよダミー! ロースト ほらロースト!」  とか、 「ハンドラーから声をかけ続けられている事により動く」 のではなく、ハンドラーの姿が見えないような、うねうねした つづら折り の道であっても、自らの意志で駆け抜けていける意欲。

まぁ、こんな練習ばかりしていると 「草が刈られていたり、草丈が短い部分だけを重点的に探す様になる」 リスクもあるかもしれませんが、あえてリスクは承知で、ソロモンの回収意欲に賭け、その意欲を確認することに重きを置いてみました。
e0204314_10305444.jpg
e0204314_10313492.jpg
ソロモンは、いつも本当に楽しそうです。
フリスビー競技会で 『競技コートの近くで、手を振って応援してくれていた優しそうな 女の子の処に、競技中にも関わらずフリスビーを咥えたまま、甘えに行ってしまう』 とか、フラウ姐さんでは考えられないような行為に及ぶこともある (苦笑) ソロモンですが、 「見た目の可愛らしさ で、予想を超えた才能を包み隠している」  あたりが、この犬種に、どっぶりと惚れ込んでしまう要因なのかもしれません。

e0204314_10314907.jpg
e0204314_10311700.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 



[PR]
by gundogclub | 2017-08-24 11:13 | レトリーブ (GRT)

よしなしごと


【よしなしごと】
つまらないこと。 たわいもないこと。
出典 徒然草 序
「心にうつりゆく よしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば」


7月28日に入院したクワンは、8月8日に退院しました。
11泊12日の入院生活でした。 結局、脂肪腫などの切除が背中の部分と前肢の腋の下、そして腹部の切開と 3カ所の切開&縫合を行いました。
退院前日に、縫合部分の抜糸をした処、背中と腋の下の縫合部分が まだ治りきっておらず、傷口が開いてしまい再縫合したとのことです。
エリザベスカラーを外して退院・・・の筈が、8月下旬まで抜糸は猶予することになりました。 ですので8月下旬まで、クワンはエリザベスカラー生活のままです。

縫合箇所の皮膚が、くっつくこと (癒合: ゆごう と表現するらしいです)と、皮下脂肪には関連性があり、皮下脂肪が極端に少ないと 癒合の進捗に影響を与えるらしく、『皮下脂肪が、殆どない』クワンは、癒合が遅いのだとか・・・
クワンの手術の翌日に、ボールを飲み込んで開腹手術をした、少し おでぶちゃん のラブラドールは傷口が治り、エリザベスカラーも外れてクワンと同じ日に退院したそうですから。

脂肪の少ない筋肉質の体がクワンのスピードを支える源であり、フリスビー競技などでは それ故、牧羊犬とも渡り合え得る訳ですが メリットもあれば半面、このようなデメリットもあることが判りました。

e0204314_08255177.jpg
e0204314_08260735.jpg
e0204314_08261787.jpg
さて、夏 真っ盛り ではありますが、今年も大きなイベントは予定しておりません。
それでも、ここ10年ほどは ワンズを湖や海に連れて行って泳がせたり、キャンプに行ったりと、いくばくかの 「夏らしい催し」 はあったのですが、今年は本当に予定なしです。

ひとつには、ちょうど1年前に入院し、病院で暮らしている父のことです。
超低空飛行ながら、医師の数度に渡る 「余命宣告」 を次々に、くつがえして命を繋げている父ですが、衰弱が顕著になってきました。
ですので、 「その時」 に備えて、必要以上に遠出はしない生活をしています。


もう一つは、我が家の次男が来年2月に高校受験だということです。
中学1年~2年の間は、あまり勉強もせず、成績も潜水艦のように水面を深く潜航していた(苦笑)我が家の次男君・・・中学3年になる春休みに、とあるイベントに参加していた某クラブの演奏会に、一目惚れ!!
「僕も、あの高校に入って、あのクラブに入りたい!」と宣言したのは良いとして、その高校って 千葉県の公立高校の 『高偏差値校 10傑』 に入ろうかという高校なんです。
逆立ちしても入れる成績ではなかったのですが、夏休み前の中間テスト(次男の中学は二期制なので、夏休み前が 期末 ではなく 中間 になります)では、それまでの定位置から60人抜き!
夏休みに入ってからも、塾の夏期講習 & 塾の自習室 で、 『1日10時間』 は勉強しています。
それでも、そもそもスタート地点が平均以下の水面下だったので、まだまだ志望高校の合格判定では、希望の光すら見えませんが、親として 「努力することによって、不可能だと思われることが可能になることもある」という事を来春の志望校合格によって経験して欲しいと思いますし、もし夢かなわず他の高校に入学することになったとしても、「夏休み期間中 約40日間、ほぼ毎日10時間、勉強した」という経験は、きっとこれからの次男の人生にとって、自信に繋がると思います。


そんな訳で、今年は自宅周辺での生活が続きそうです。
ここ数日は朝は涼しいので、12歳のフラウ姐さんと自転車散歩をする事もあります。
ゆっくりとしたスピードで自転車をこぎ、常にフラウの歩様に気を付けながらではありますが、往復5~6kmは、涼しい顔で息も切れないフラウ姐さん。
「フラウはすごいね!」と褒めると、尻尾を振りながら 得意顔です。
e0204314_08262883.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 




[PR]
by gundogclub | 2017-08-13 09:40 | MY TALK

クワン 入院中

突然ですが、現在 クワンは 掛かりつけの動物病院に入院中です。

ことの起こりは、7月25日・・・
この日にクワンは 血液検査・心電図検査・レントゲン検査などの 『ドッグドック』 を受け、併せて全身麻酔を施して 背中にある二か所の脂肪腫の摘出手術を行う予定でした。


背中の腫瘍は、事前に細胞診で「脂肪腫」と診断されていました。 ドッグドックを受診し、かつ脂肪腫の摘出手術をうけても 「日帰りコース」 の予定だったのですが、25日のお昼過ぎ、獣医さんから 「血液検査も全く問題ないです。 心電図も、9歳の大型犬とは思えないほど、良好です。 しかし・・・<中略>・・・ちょっと今すぐ、来院して貰えませんか?」ということで、急きょ病院へ!

レントゲン写真を見せて頂き、一昨年のドッグドックでは影も形も無かった内臓の腫瘍の画像を説明して貰い・・・
8月28日、クワンは腫瘍の摘出手術を行いました。
昨日、獣医さんから連絡があり 手術後の経過は 「教科書に書かれているお手本通りの良好な回復です」 とのこと。

来週のはじめには、退院できそうです。
手術前日、クワンの 『第二の実家』 とも言えるLADFに行ってきました。
クワンは、走り 泳ぎ LADFのオーナーさんご夫婦に 子犬のように甘えて、とても楽しそうでした。
e0204314_07452057.jpg
e0204314_07454907.jpg
e0204314_07460967.jpg
e0204314_07462881.jpg
e0204314_07465376.jpg
e0204314_07464104.jpg
くーちゃん、元気になったら またLADFに遊びに行こうね!
だから、今は回復することに専心してがんばれ。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2017-08-01 07:51 | クワン (GR)