ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

太陽の王子

4月23日(日曜)、岐阜県中西部にある ひるがの高原 のスキー場で開催された GRT競技会(ガンドッグレトリーブトライアル) に、ソロモンと参加しました。
わが家から、ひるがの高原スキー場までは、約550km! 
愛車であるディーゼルの日産キャラバンは、スピードを出すと エンジン音が五月蝿く、またスピードを出しても全く楽しい車ではないので、 80km+α /h で走行しましたら、休憩や食事の時間も合わせると、片道約8時間ほど、かかってしまいました。
ただ、口腔内の化膿で口が開かなくり入院した2月の事を思い出すと、8時間のドライブが可能になったことすら、嬉しく思えます。

土曜日の夕方に予約したペンションに到着し、競技会当日は快晴!!
過去、何度か ひるがの高原 での競技会では、雨に見舞われ、 ひるかの高原=雨の思い出 でしたが、今年は本当に気持ちよく腫れました。
e0204314_17531790.jpg
競技会が開催された、スキー場中腹のゲレンデは、こんな感じ。
なだらかに見えますが、実は結構 起伏やクリーク (陥没した場所) などもあります。
e0204314_17553781.jpg
さて、ソロモン君は 『案の定』 と言うか、ネット超えのレトリーブ種目では、ネットを飛ばず迂回しましたが(フリスビー競技会では、コート外に流れたフリスビーを拾いに、高いネットを飛び越え、フリスビーを咥えたまま 再度、高いネットを飛び越えた癖に!!:苦笑)、それ以外の3種目はスピードもあり、マーキングも確実で、マーキング3種目に関しては、かなり満足のいく内容でした。

加えて、ブラインド種目では 私が腕で指し示した方向に、結構なスピードで駆け上って行き、ストップホイッスル~ ハントシグナルに従って左へ移動、サーチングホイッスルに従ってダミー探索から回収・・・等々、私のハンドリングに的確に動いてくれました。
特に、私が当初目標としていた 腕で指し示した方向に、マーキングと変わらないスピードで ブラインド種目でも、かっ跳べる犬 として、 少なくとも今回のソロモンは合格点でした。

昨年の夏に、それまで元気だった父が入院し余命宣告を受けるまでに悪化したり、私自身がヘルニアで歩けなくなったり、今年に入ってからは口腔内の化膿で入院したりと、ソロモンとの練習時間は減っている中で、今回の競技会でソロモンの調子が良かったのは、 加齢と共に、やっと落ち着いてきた という面が大きい様に思います。

停滞していた時期も、今も 常に機嫌が良く楽しそうに尻尾を絶えずブンブン振っている 太陽の様に明るいソロモン には変わりないのですが、漫画的な例えをするなら 「グルグル渦巻目玉」 の様な興奮がなくなり、出番を待っている待機時間も自らの意志で伏せて、周囲やダミーの落下方向や発砲音の方向などに目や耳を向ける様になったこと・・・ それが一番の変化かもしれません。
意欲がありつつ、しかし冷静である事・・・こそ、私の理想とする処であります。

結局、ソロモン君は ミドルクラスの準優勝 で、ひるがの高原での競技を終了しました。
e0204314_18222610.jpg
e0204314_18223954.jpg
e0204314_18225150.jpg
太陽の王子は、やっと遅咲きの花が咲いたのか?
それとも、今回だけのフロックだったのか?
次回の競技会は、5月下旬の蓼科高原・・・ どうしようかな。
一応、今回 準優勝だったので、ポイントとしては 上級クラスである アドバンストクラス の競技にも参加できるのですが・・・。
ソロモンが、アドバンストって・・・ ちょっと自信がないなぁ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。

 

[PR]
by gundogclub | 2017-04-24 18:31 | レトリーブ (GRT)

七輪道



ヘルニアの症状が悪化し、頻繁に整形外科に通院していた昨年の12月に、病院の待合室に置かれてた雑誌に 能登地方にある 切り出し七輪 を製造している家族経営の会社が紹介されていました。

※ 切り出し七輪とは
現在一般に普及している七輪は練り物と言われ、珪藻土を粉砕して (粘土等他の材料を混ぜることも) 金型で押し固めて成型して焼き上げた七輪です。
量産に向きローコストで生産できます。金型を使うので内側まできっちりした形状です。

り出し七輪は、珪藻土を塊のまま切り出したものを削って そのまま、焼き上げるため、珪藻土の組織が破壊されず、 空孔が多く軽量で、形状によりますが一般的に強度があり (ひび割れしにくく)、断熱性に優れています。 大切に使えば一生ものです。
価格は練りものの3~5倍もします。 製造には熟練した技と労力が必要で大量生産に向かないためです。
ただし、これは一般的な評価で、練り物でも技術開発により強度や断熱性の高い製品もあります。

息子たちが小さかった13~15年ほど前、一時 何かに憑かれたかのように、キャンプに はまっていた 時期があって、その頃は金属製のBBQセットなどで炭を使っておりましたが、『七輪』は使用したことがありませんでした。
そもそも、小さな子供を連れたキャンプでは 何事も「スピード」が大切で、準備が手軽な ホワイトガソリンやガスボンベを用いた調理器具が主役でした。
「火がつくまでに時間が掛かる」 炭 は、あくまでも主従で言えば 「従」の存在で、「火がつくまでの時間を惜しまない」という "スローライフ的キャンプ" は、小さな子供がいては なかなか難しいです。

ところが、息子たちの成長と共に、また我が家の犬たちの頭数が増えるに従い、ファミリーキャンプや家族と一緒のアウトドアライフは激減し、日帰りキャンプすら ここ10年以上、ご無沙汰となっていました。

「カミサンと二人で七輪を持って スローライフのアウトドアもいいかもなぁ~!」 などと思い、切り出し七輪について調べているうちに だんだんと七輪のあれやこれやが魅力的に思え、12月の中ごろに 石川県の切り出し七輪を製造している町工場に、様々な七輪道具を発注しました。
簡単に説明しますと、
 ① 炭に火をつけるための小型の七輪 (火熾し用七輪) 1個
 ② ダッジオーブンも使える かまど型の大型七輪 2個 
 ③ 燃えている炭を消化し、保管する為の七輪 (火消用七輪) 1個・・・etc
 

切り出し七輪は、手造りのため在庫が無く、発注した石川県の町工場からは 「納期まで、2カ月程 お待ちください!」 とのことでした。
七輪道具一式の到着を楽しみにしていたのですが、そうこうしている内に 昨年の暮れから 顎が痛くて口が開けなくなり、口腔内化膿により痛み著しい日々が続き・・・ 七輪道具一式が、我が家に到着したのは 私が入院する前日でした。
梱包されたまま物置部屋に放置すること2カ月。。。 やっと、口を大きく開いて物を食べることが可能(とは言え、今でも口を大きく開けると 顎の筋肉に痛みが走るのですが) となったので、家内と "七輪ライフ デビュー" を果たしました。

場所は、15年ほど前まで 月に1度は必ず、家族で訪れていたキャンプ場です。
七輪に関する薀蓄は、いずれまた・・・

e0204314_11441989.jpg

e0204314_11451635.jpg
e0204314_11443365.jpg
e0204314_11450288.jpg
e0204314_11444739.jpg
e0204314_11464410.jpg
e0204314_11454746.jpg
e0204314_11462932.jpg
e0204314_11473087.jpg
e0204314_11465710.jpg
e0204314_11460136.jpg
e0204314_11461316.jpg
e0204314_11471125.jpg
e0204314_11474536.jpg
e0204314_11475826.jpg
e0204314_11481296.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。

 
  


[PR]
by gundogclub | 2017-04-13 12:06 | おでかけ・野遊び

5歳半にして、やっと・・・

本日の野原遊びは クワン & ソロモン。
今年の夏に9歳になるクワンと、現在5歳半のソロモン が、こうして嬉しそうに私を見上げてくれることは、私にとっても幸せな事です。

e0204314_09312128.jpg
本日の  「野原遊び」  は、まずは 紐付きボールとフリスビー遊びから!
2頭同時に ボールやフリスビーを追わせることもあれば 片方に停座を指示し、もう片方とボールやフリスビーで遊ぶ というルールで遊ぶこともあります。

e0204314_09315887.jpg
『片方が待機、片方が私と遊ぶ』 というルールで遊んでいる時のソロモンは、実に辛抱強いです。
「誘惑がある中での停座や待機」が苦手なクワンとは異なり、ソロモンは 私が あえて大げさに(笑)歓声をあげたり、派手な動きをしながらクワンと遊んでいても、釣られることなく、停座や待機ができます。

ここの部分は、我が家に迎え入れた直後から  「誘惑がある中でも、我慢して待つ」  「誘惑がある中でも、停座や伏臥を継続する」  を意識的に、遊びの中に取り入れたソロモンの面目躍如と言えると思います。

ところが、 「誘惑がない中で、待つ」  「誘惑がない中で、停座や伏臥を継続する」という、一見 容易な事が ソロモンは苦手です。
私が他の犬と歓声をあげながら遊んでいる中での停座や伏臥待機は5分でも7分でも出来るのに、他の犬もおらず何の誘惑も無いような環境で、単純に停座を指示し、アイコンタクトを切ると、2~3分で動き出すソロモン・・・(苦笑)

そもそも、難しいことからトレーニングを始める飼い主は居ない訳で、私も 基礎訓練として勿論、「何の誘惑も無い環境下でのオビディエンス練習」から始め、褒めたり撫でたり、時にはご褒美も使いながら馴致した筈なのですが・・・

それが、ここにきて やっと  「誘惑があろうが 無かろうが 停座や伏臥を継続する」   が、出来るようになってきました。

e0204314_09320777.jpg
本日も、まずは クワン & ソロモン で、紐付きボールやフリスビーで散々遊び その後 ソロモンに停座の指示を出し クワンのみリードを付けて野原を歩き、道路と接道している斜面を歩き、道路際に駐車している車に搭載しているバリケンに収容。
その後、ポットに入れてきたコーヒーを飲み、一休み。 禁煙して今日で、ちょうど2カ月。 禁煙開始後は一本も煙草を吸っていません。
なんやかんやで、野原と接している斜面を登り、ソロモンの姿が見える場所まで戻ってきたのは、約7分後!!

ソロモン君、一歩も動かずに待っていてくれました。 この後、レトリーブ練習を少々!!
フラウ姐さんは生後1歳になる前から、指示されれば私の姿が見えなくても5分でも10分でも、野原の真ん中で停座を継続することが出来ましたし、それが 『普通』 であり 『日常』 でもあったので、  「誘惑が無い環境では待てないソロモン」  がむしろ ”非日常” だったのですが、5歳半を迎えて、やっと歯車が嚙み合ってきた感じです。

ニコニコ笑顔で、尻尾をワイパーの様に振りつつ、それでも 指示があるまで停座を継続できるワーキングコッカー・・・
競技成績も勿論 大切ですが、  「意欲的でありつつ、かつ冷静でもある」  という私が理想とするワーキング・コッカー・スパニエルへと 歩みは遅くても成長してくれることが、何よりの目標です。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。

 
  








[PR]
by gundogclub | 2017-04-03 10:30 | ソロモン (WC)