ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めてのクリスマス


昨日、facebookを眺めていましたら、英国の友人の投稿に、気持ちがシンクロしてしましました。

「初めてのクリスマス」というタイトル、そして 白い毛が目立つ年老いた黒ラブラドールの写真が3枚掲載されており・・・

【彼女の名前は、〇〇〇〇 といいます。 彼女は、私にとって、共に暮らした数頭のラブラドールの中でも、特別な存在でした。 彼女は、13歳を過ぎてもレトリーブを楽しみ、そしてストップホイッスルも忘れることは、ありませんでした。
彼女は、13歳5か月で、天国に召されました。
今年は、彼女のいない初めてのクリスマスを迎えます。彼女は、私にとって恋人のような存在でした。
私は、今 とても寂しい・・・・・】


英国の友人が愛した、恋人の遺影が、私の心の中でフラウと重なりました。
そう遠からずに迎えるであろう、フラウのいないクリスマス。

明日は、クリスマス・イヴ。
願わくは、来年のクリスマスを、フラウと共に迎えられんことを!
フラウの、優しく そして少し悪戯っぽい目が、クリスマスの燭火のように消えることなく、私を見つめていますように。

e0204314_20384665.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2016-12-23 20:39 | フラウ (GSP)

父の転院


8月25日から、我が家の自宅の近くにある総合病院に入院していた父ですが、12月13日に 介護療養型の医療施設(病院) へ、転院しました。

9月の中旬頃には、主治医から私に 『お父さんは、次の誕生日を迎えるのは、難しいと思います』 と説明があり (因みに、父の誕生日は11月10日)、 「余命は、あと2カ月程度か・・・」 と覚悟をしたのですが、その米寿の誕生日も無事に迎え、超低空飛行ながら墜落する事無く、師走を迎えることが出来ました。

とは言え、内臓の疾患に重点を置いて治療をし、大腿骨 その他の骨折箇所の治療は切り捨てたと言っても良く、今後 父が独力で歩くことはもとより、ベッドから自力で起き上がり車椅子に移動する・・・なども不可能で、 『全介助状態』 と言うのだそうですが、誰かがサポートしなければ、ベッド上で体の向きを変えることも不可能です。

転院先の療養病院を決めるにあたっては、家内と共に 5施設ほど見学させて頂きました。
そして、実際に転院先として決めた病院は、5つの中で建物外観や設備が最も古く、昭和30年代の日赤病院みたいな雰囲気なのですが、病床数の割に看護師さんの数が多く、きめ細かな対応が期待できそうな事、比較的 我が家から近い事、主治医が病理哲学にも詳しく 父と話が合いそうな事、等々により選択しました。

転院先の主治医からは 「心肺停止など、急激な変化が無い限り、まずは新年を迎えることは出来るでしょう!」 と伝えられ、父が存命しているなかで新年を迎えられそうな事に、ほっとしました。


そして、来年は きっちりと愛犬たちと向き合い、そして可能な限り 競技会にも参加したいと考えています。
父からも、「犬のことは 私に遠慮したりせずに しっかり、やるべきことを やりなさい!」と、諭されましたし。。。

e0204314_18372441.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2016-12-15 18:50 | MY TALK

ソロモン 5歳に

本日12月3日は、 ワーキング・コッカースパニエル のソロモンの誕生日です。
早いもので、ソロモンは5歳になりました。
e0204314_18111186.jpg


ソロモンを我が家に迎え入れる事が決まった5年前、ソロモンを迎え入れる日を待ちながら、繰り返し見ていた動画が、こちら。



『こんな素敵なコッカーに育って欲しいなぁ~』 と願いつつ、憧れをもって動画を見ていたものです。
そして、数日前のソロモンの写真。
e0204314_1895535.jpg

e0204314_18102153.jpg

e0204314_18104057.jpg

レトリーブ・トライアル競技会に関しては、迎え入れた頃の 「脳内妄想」 では、とっくにアドバンストクラスに昇格している筈なのですが (苦笑) 、現実は そんなに甘くありませんでした。

しかし、ダミーレトリーブに関する様々な事柄を覚えたり、練習したりするのがソロモンは大好きなので、 (ボールとダミーを転がしておくと、ダミーを優先して持ってきます) その意味では、希望通りの犬に育ったとも言えます。
e0204314_1821764.jpg

e0204314_18213849.jpg

意外だったのは、フリスビーのキャッチング・センスの良さです。
ソロモンに初めてフリスビーを投げた日の、3投目か4投目かで 空中キャッチ に成功しました。

しかも、ソロモンは 『超ソフト・バイト』 で、何度 空中キャッチをしても、フリスビーに穴も開かなければ、歯型の凹凸さえ つきません。
高速で飛んでいるフリスビーを、どうやって歯形もつかない様に咥えているのか、不思議です。
クワンは逆に、バイトが強く すぐにフリスビーに犬歯でつけた穴が開きます。 競技会では1Rで用いたフリスビーを2Rでは使用できず、1Rと2Rの合間にフリスビーを競技会本部に行って買っているくらいですから・・・

『年に数回しか練習しないのに、いきなりフリスビーの競技会で、高ポイントを出した!』 と、facebookの ワーキングコッカーのファンサイトに書き込みをしましたら、英国のファンシャーから 「それこそが、コッカー・マジックというものだよ! ワーキング・コッカーは、魔法使いだからね!!」と、コロメントを頂きました。

そして、来年の目標は 「GRT競技会で活躍すること」 でもなく 「フリスビー競技会で、ジャパン・ファイナルに出場すること」 でもなく、 『実猟の場で、水禽の水上回収を経験させること』 です。
父の病状にもよりますが、来年の秋には 是非 ソロモンに、本物の水禽類の水上回収を経験させたいと思っています。

場所は、九州!
そのために、現在 何度かに分けて NV350 キャラバン を 『長距離巡行用 犬運搬車』 に、改装中です。
防振・防音・断熱の作業、そして足回りのセッティング、車中泊用のベッドやサブ・バッテリーの設置などなど・・・ 改装目的の何割かは この 「九州の地で、水禽類の水上回収に向うため」 と言っても過言ではありません。

ソロモンは、パピーの頃は 「我が家に迎え入れた犬の中で、最も車酔いに弱い犬」 でしたが、今では 尻尾をブンブンと振って、車内搭載のバリケンの中に、飛び込んで行きます。
「俺、パパと一緒なら、どこに行くのも楽しいよ!!」 という感じが、強烈に伝わって来るソロモンは、一緒に居て こちらも楽しくなります。

『一緒にいるだけで、互いが楽しくなる関係』 をソロモンと築くこつが出来て、嬉しいです。
ソロモン君、誕生日 おめでとう!!
来年は、新たなる冒険の始まりだよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2016-12-03 00:01 | ソロモン (WC)