ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家族の健康があってこそのドッグライフ


私の父は、今年の11月で88歳 (米寿) になります。
母が逝去して以来、父は一人暮らしをしているのですが、我が家と父の家が 車で30分位 と、比較的近いこともあり、私と家内とで週に3~4回は父の家を訪れ、買い物や洗濯、掃除などのケアをしていました。

月に一度、我が家の近くの内科クリニックで健康診断を受け、年に二回は大学病院で人間ドッグによる精密検査を受け、医師から「87歳にしては、非常に健康」「血糖値が、やや高いことを除けば、何ら所見が無い」と言われ続け・・・ まあ、そのことが、父の「一人暮らし」を、許容していた理由でもあった訳ですが・・・


8月の2日か3日頃だと記憶しておりますが、父から電話があり 「背中が痛い」 と言うので、すぐに整形外科に連れて行こうとしたのですが 「お風呂に入って様子を見る」 とのことで、この自宅での入浴治療(?)が、三日ほど続きました。

今にして思えば、この 「背中が痛い」 という原因は、父が自宅内で転倒したのではないかと思います。
健康診断では 「いたって健康!」 と言われる父ですが、歩行に関しては かなり足元が怪しくなっており、室内で転倒することは、ままあった様です。
父が、申すには 「転倒が日常茶飯事になって、いつ どのように転んだのかなど、よく覚えていない」 とのことでした。


そして、三日目の入浴中に 浴室から脱衣場に移動しようとした時に、全身に力が入らなくなり、必死に浴室から脱衣場へ移動しようとした際に、浴槽の縁や、脱衣場の洗面台や洗濯機などに、体を強く、ぶつけた様です。

改めて、父から「背中が、とても痛い」と連絡があり、8月8日に 我が家の近隣では評判の良い、中規模の整形外科へ、連れて行きました。
「全身の方々を強く、ぶつけた」 と父から聞きましたので、MRIでの精密検査を希望したのですが、一番痛みが強い 背中のレントゲンを撮影し、「骨折はありません。打ち身でしょう!」 という診断で、湿布薬のみ貰って帰宅。

16日には、私や私の家内、息子たちと共に亡母のお墓参りに行き、墓地の駐車場からお墓まで、独力で歩き、お墓参り後は ファミレスで ステーキ220gを、ぺろりと食べ帰宅。


しかし、20日に 「背中の痛みが、一向に治らない」 との連絡を受け、父を前回と同じ整形外科へ連れて行きました。
再びMRI検査を要望したのですが、「そこまでは必要ないでしょう!」という医師の判断で、再びレントゲン撮影・・・
ただ、前回の診察と異なるのは 「もしかしたら、肋骨に僅かな ひびが入っているかもしれません」 とのことで、簡易コルセットの様なものを、装着する事になりました。

24日の夕方に父から、「全身のだるさが著しい」と連絡を受け、25日に 月に一度 定期的に健康診断を受けている内科クリニック にお願いをして、予約日を繰り上げて診察 してもらう事としました。


父を迎えに行って、驚きました。
22日に訪問した時には、自力歩行していた父が、全く歩行困難となっていたのです。
父宅を訪問しなかった 23日~24日の間に、何があったのか???


何とか父を車に乗せ、内科クリニックへ! クリニックの駐車場から病院内へは車椅子を借りて移動。
血液検査の結果、「血液の状態が、非常に悪い。 一か月前の数値からは、考えられない程、悪化している」 との事で、救急車で近くの総合病院へ搬送されました。

MRI、CT、エコー と、立て続けに検査が行われ、「肋骨の圧迫骨折」「背骨の圧迫骨折」「右大腿部 単純骨折」 と、3カ所も骨折が判明。
それにも増して、とにかく血液中の炎症反応が著しく、内臓にも障害をきたしている為、『内科的な面での治療ができなければ、骨折部位の手術は、とてもできない!』 とのことでした。

そして、「大腿部を骨折したら、歩行は不可能」とのことでしたので、少なくとも最後に父宅を訪れた22日までは、肋骨や背骨の圧迫骨折は別として、大腿部の骨折は無かったと思われ (スーパーの店内を自力で歩いていましたから)、本当に 23日~24日の間に、何があったのか???


体内の炎症反応が著しくなった原因は、一番最初の肋骨の圧迫骨折 以降、約1か月 骨折による炎症の放置  (その間、転倒などにより、骨折箇所が次々と増えたと想像され) であり、8月8日に最初に整形外科を訪れた際に、MRI検査の要望を受け入れてくれていたなら・・・という思いはあります。


昨日から、酸素マスクによる酸素吸入も始まった父。
主治医からは 「骨折は別として 血液や内臓の状態が改善されなければ、かなり危険な状態である。 万が一の心構えが必要な状態」 と一昨日、申し渡されました。
8月の半ばには、220gのステーキを、ぺろりと食べていたのに・・・


夜も、「病院から、緊急の連絡が あるかも」 と思うと、よく眠れません。
愛犬たちを野原へ、連れて行って トレーニングや運動をさせていても、身が入りません。
うわのそら という感じ。

愛犬との暮らしも、自身や家族の健康が あってこそだと改めて実感します。
自身が、家族が・・・心身ともに健康であることが、愛犬にとっても 最も重要で、かつ幸せな事なのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-29 08:41 | MY TALK

そろそろコンビ解消かな!

ここ数日、台風の通過や、その影響なのか 朝から雨が降っている日が多く、なかなか早朝の運動&練習に行けず。

今日は久々に早朝から晴れたので、 フラウ&ソロモン の 「茶色倶楽部」 「レトリーブトライアル倶楽部」 のコンビ2頭を連れて、野原へ。 
e0204314_9111772.jpg

(↑ の写真は、本日撮影分ではありません。)

まずは、ソロモン王子から。
e0204314_9132495.jpg

ブラインドレトリーブでは、以前よりは 私が腕で指示した方向に、真っすぐに走れるようになりました。
ソロモンの長所は、 マーキングレトリーブでもブラインドレトリーブでも、スピードが変わらない こと。
私が腕で指示した方向へ、フルギャロップで駆けていきます。
ただし、以前からの課題であった スタートラインから50m~60mを過ぎると、ストップホイッスルに反応しなくなる ・・・という問題は、改善されないまま。

まあ、一つスキルが増えたとすれば 『スタートラインからの距離軸は合っていて、左右軸が間違っている』 という場合、 私から見て左側にダミーが置かれているとして、右方向に走っているソロモンに 「逆!!」 と声をかけると、Uターンして正面右側から左側に移動 ➡ サーチングホイッスルでダミーを発見 が出来るようになりました。

でも、「逆!!」なんて、叫んでいるのは見栄えが悪いし ストップホイッスル ➡ ハンドラーのハンドシグナルに従って左右に移動・・・が、距離の壁なく出来るようになって欲しいです。
フラウは、ストップホイッスルからの遠隔ハンドリングに従うのが、得意だったのですが、ソロモンは、この部分では まだ試行錯誤中です。


さて、そのフラウ姐さんですが ソロモンを迎え入れて以降、常に 私とソロモンの練習に、同伴してくれました。
我が家のホイッスルコマンドの呼び戻しは ピーピッピッという 「1長2短」 の吹き方なのですが、ソロモンには ロングリードなどを用いて 「ピーピッピッ=呼び戻し」を馴致したことがありません。
ピーピッピッの笛で駆け戻るフラウを見習い、ソロモンが自習しました。呼び戻しに関しては私はソロモンに、何も教えていません。

ダミーレトリーブの練習に関しても、フラウがお手本を見せてくれましたし、ソロモンが回収出来なかったダミーは、全て私の近くに控えているフラウが回収してくれました。
飼い主が、えっちらこっちら ダミーを回収に行くのは大変ですので・・・

そんな訳で、フラウ&ソロモン で野原に行く時は、たとえソロモンの練習が長引いた時でも、フラウは勝手に野原を走り回ったりせず、私の近くに控え、常にダミーが投擲された方向や、ブラインドダミーが置かれた場所を見ておりました。
ソロモンがダミーを回収できなかった場合は、「自分の出番」となる訳ですから、フラウにとっても "他人事" ではありません。


ところが・・・まあ、数か月前から気が付いていた事ではありますが 投擲されたダミーが落下した方向を、しっかりと見ているにも関わらず、いざフラウに回収に向かわせると、「距離軸」が全く合っていないことが多くなりました。

例えば50mほどの距離にダミーを投擲し、ダミーが落下する様子をフラウも、しっかりと目視している様に見受けられるにも関わらず、実際に回収に向かわせると 「走っていく方向は合っているけれど、距離の把握が出来ない ・・・ 50mの距離があるのに 20m~30mのあたりを、うろうろと探し回る というケースが増え、 もはや 「ソロモンが回収失敗したから、代わりにフラウを回収に向かわせる」 は、不可能となってきました。

今日も、あえてソロモンには停座継続のコマンドを出し フラウに いろいろと試してみたのですが どうもマーキングダミーであっても30mが限界のようです。
相変わらず、ストップホイッスルでの急停止は、優れているのですが・・・
e0204314_9542160.jpg

e0204314_9544953.jpg

e0204314_955323.jpg


↓の写真は、本日のフラウ姐さんですが ダミーを咥えて停座するフラウを撮影できる機会も、残り僅かかもしれません。
e0204314_1032364.jpg

e0204314_104037.jpg

ソロモンと一緒の野原では、いくら 「フラウ、好きに走り回っていていいよ!!」 と言っても、気持ちだけは 「万が一の場合は、私の出番です!」 とばかりに、ずっと私とソロモンの練習に、付き従うフラウの姿が目に浮かびますし、 フラウ&ソロモン のコンビは解消です。

野原に一緒に行く相棒が、エステルや美琴なら フラウも、思いのままに走り回れますし。
フラウちゃん、今まで 私を そしてソロモンを、サポートしてくれて、ありがとう!!


フラウちゃんへ
競技を引退し、レトリーブ練習すら引退したとしても、そしてこの先 君が天国へと旅立ったとしても、そして将来 君以上の競技成績をあげる娘と 縁があったとしても、私の「千年女王」は、君だけです。
e0204314_10195933.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-19 10:22 | MY TALK

ソロモン 海へ!


連日の猛暑で、野原の運動や練習が、おざなりのソロモン君。
筋肉保持の為に、本日は海へ行ってきました。
「海 初体験!」 の保護犬ラブラドールのT君が一緒でした。

海岸には、朝 5時40分頃には、到着。
朝日を浴びて、ややオレンジ色のソロモン。
いつもの、愛嬌のあるニコニコ顔も良いですが、たまに見せる精悍な表情が私は好きです。
e0204314_215527.jpg

e0204314_21244035.jpg


早朝のため、海岸は もやが かかっており、かつ水平線に太陽が昇って逆光、加えて数日前に関東沿岸を通過した台風の余波で波が高く、水しぶきも舞い上がっていて、ろくな写真が撮影できませんでした。
e0204314_2191543.jpg

e0204314_2193451.jpg


T君は、当初は 波打ち際で待ちかまえ、ダミーを咥えて戻るソロモンを追いかけておりましたが・・・
e0204314_21114118.jpg

e0204314_21115794.jpg

そのうちに、ソロモンと一緒に、足がつかない場所まで行くようになり・・・
e0204314_21145446.jpg

e0204314_21154197.jpg

海遊び 終了間際には、単独でウォーターダミーのレトリーブに向かうようになりました。
e0204314_21173435.jpg

e0204314_21175229.jpg

「習うより慣れろ」 などと言いますが、 犬同士で遊びながら自然と泳げるようになるのが、理想的ですね。
飼い主が教えるより、お手本となる犬がいて、見よう見まねで自然に習得させる方が、効果的で確実なケースが多いように思います。

T君、今度は 湖や川に挑戦だね。
e0204314_21251673.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-10 21:28 | ソロモン (WC)

同じ動画を何度も掲載しますが!

私の大好きな動画を再掲載。
もう何度も掲載した動画では、ありますが 大好きなので・・・



何と言っても、『レトリーブイベント』 であらにも関わらず、レトリバー種以外のガンドッグが多数、参加しているのが良いですっ!!

そして、紹介したイベントのルールは、「タイムトライアル制」。
人間の陸上競技や、アジリティ競技で使用するような、大きなデジタル・タイム計測機を使用しています。

日本のGRTAも、発足当初から数年間は この 「タイムトライアル制」 で競技を行っていたのですが、その後 「ジャッジの評点制」 へと、大きく変わりました。

今年の5月のGRTA競技会の折、役員の方が 新たに入会した方  (あるいは、これから入会を予定している方かも) に、 「以前は、まるでボールのレトリーブ競争イベントの様に、タイムで競っていたんですよ。 それが、やっとイギリスと同じようにジャッジ制に変わりまして・・・」 と、説明をしていたのですが、 「以前は、タイムで競っていた」 と言う折に、苦笑と言うか 恥ずかしそうな表情 (に、私には見えた) をしていたのが、傍で聞いていた私の印象に残りました。


「タイムトライアル制」って、そんなに 恥ずかしいことなのかな?
「ジャッジング方式」は、レベルが高く高尚で、英国のルールに近く、「タイム制」は、競技を日本に浸透させるまでの、暫定的な、低レベルのルールなの?

まあ、人により受け取り方は、様々だと思いますが 私の中では 両方のルールに上下とか貴賤とかは無く ただ単に 「ルールが大きく変更になった」 という感覚だけなんです。

現に、この動画は ワーキングテストでも公式なトライアルでもなく、企業協賛のイベントとは言え、聖地イギリスで開催された 「レトリーブイベント」 なわけですから・・・


私は、GRTAのルールを、元のタイムトライアル制に戻して欲しいとは、微塵も思っていません。
これは、本当です。
しかし、私の中では タイムトライアル制を 「上下で言えば下」 「貴賤で言えば賤」とは、捉えていないので、年4回の定例競技会とは別に、この動画のような 『タイムトライアル制のレトリーブイベント』 があれば、楽しいかな・・・と、思います。

そして何よりも、この動画の様に レトリーブ=レトリバー ではなく、多種多様なガンドッグが「レトリーブ競技(イベント)」 に集うような国に、日本も変貌して欲しいと願います。

e0204314_10384950.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-06 10:42 | レトリーブ (GRT)

影法師


これから数日間は、酷暑が続くようです。
どうか、ご自愛くださいませ。

わが家の愛犬たちと、私の影法師。

e0204314_757196.jpg

e0204314_7573367.jpg

e0204314_757454.jpg

e0204314_7583190.jpg

早く、涼しくなって欲しいものです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-05 08:01 | MY TALK

今年で最後かな?


蒸し暑い日が続いております。
夜明けと共に野原へ行っても、既に蒸し暑かったり・・・
こんな季節は、水遊び (ウォーターレトリーブなど) を中心として、愛犬たちの心身の健康を維持したいのですが、残念ながら千葉県は周囲を海水で囲まれており 塩水なら、たんまりとありますが、犬が泳ぐのに適した湖や川などが、殆どありません。

特に、今年11歳となった フラウ姐さん は、自然の湖や海で泳がせるのは、今年が最後になる気がします。

一昨年前までは、湖に平気で飛び込み、泳いでいたフラウですが・・・
e0204314_201513.jpg

e0204314_2021350.jpg

e0204314_2025087.jpg

来年からは、ワンコ用のプールかなぁ・・・
e0204314_2045120.jpg


果たして、今年は ライフジャケットの着用を嫌がらないかなぁ・・・
一昨年は、ライフジャケットを着用させようとしたら、フラウは私をジロリと睨んで、前脚で私が持っていたライフジャケットを叩き落しましたから。(苦笑)

「馬鹿にしないでよっ! そんなもの、必要ないわよっ!」という感じでしょうか。
まあ、そんな 「凛とした女」 であることも、私がフラウに恋し続ける理由でもあります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-01 20:10 | フラウ (GSP)