ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
暗 号 ?
at 2017-03-10 13:47
互いに楽しい関係
at 2017-03-09 17:59
日々好日
at 2017-03-06 19:11
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フランスの大型スパニエル


「スパニエル」とは、「スペインの犬」という意味ですので、元々の発祥はスペインだったと思われますが、現在スペインには、スバニエルの名を冠する犬種は残っておりません。
しかし、スペインの北に位置するフランスには、様々なスパニエル(各地方ごとの、ローカルスパニエルも含め)が存在します。
スパニエルの名を冠する犬種は、ドイツ(ジャーマン・スパニエルなど)、またイギリスにも多くの犬種が存在します。

イギリスに関して言えば、イングリッシュ・コッカースパニエル、ワーキング・コッカースパニエル、イングリッシュ・スプリンガースパニエル、ウエルシュ・スプリンガースパニエル、ランドスパニエル、フィールドスパニエル・・・等々 多くのスパニエルが存在しますが、イギリスのスパニエルの特徴は 『大型のスパニエル(平均体重20kgを超えるスパニエル)が、存在しない』 ことと言えるのではないかと思います。(私の個人的見解ですが)

要はイギリスにおいては 「大型のスパニエルを作出する必要がなかった」 とも言えますし、より端的に申せば 「イギリスでは同一犬種に、多目的の用途を求めなかった」 と、言えるのだと思います。

我が家のソロモン(ワーキングコッカー・スパニエル)は、イギリスのスパニエルとしては鳥猟に関し多目的に使用されている犬種だとは思います。
e0204314_19291472.jpg

しかし、草むらに潜んでいる鳥を探し出し(Hunt)、潜んでいる鳥を飛び立たせ、撃ち落とされた鳥を回収する(Retrieve)をすることは出来ますが、「鳥が潜んでいる草むらを飼い主に指し示す(Point)」は、行いません。
イギリスには、「ポイントを専門職とする」ポインターやセッターがおりますので、スパニエルにポイント作業を兼業させる必要が無かった・・・ということでしょう。


ところで、 【Hunt・Point・Retrieve】 の三つの作業を それぞれ別個の犬種に当たらせる・・・という鳥猟の様式は欧州においてもイギリス固有のものであり、大陸側の欧州諸国では 【Hunt・Point・Retrieve】の作業を、すべて一つの犬種に行わせる = HPR Dog(多目的ガンドッグ)のが、普通です。

その為には、草むらに潜む鳥を探し出し、潜んでいる場所を飼い主に指示し、かつ撃ち落とされた鳥が大型鳥であったとしても、これを咥えて回収できる大きさ が求められる訳で、必然的に小型~中型ではなく、大型のHPR Dog(多目的ガンドッグ)が必要となります。

・・・と、長々と前置きを書いたうえで やっと本日の本題である 「フランスの大型スパニエル」 の話です。
フランスには、フレンチ・スパニエル、ブリタニー・スパニエルなどのメジャーなスパニエル(どちらかと言えば、この二種は中型犬に近い)もおりますが、本日はローカルな大型スパニエルの話をします。

ピカルディー・スパニエル、 ブルー・ピカルディー・スパニエル、 ポン・オードメル・スパニエル などの名前を聞いたことが、ございますでしょうか?

ピカルディー・スパニエル
e0204314_1944132.jpg



ブルー・ピカルディー・スパニエル
e0204314_1945193.jpg



ポン・オードメル・スパニエル
e0204314_19464483.jpg


ピカルディースパニエルはビカルディー地方で作出されたHPR、ポン・オードメル・スパニエルはポン・オードメル地方で作出されたHPRであり、私はこれらの犬種のfacebookのファンクラブサイトと交流があるのですが、ポインティング練習などと並行して、ダミーを用いたレトリーブ練習なども、しっかり行われています。

まあ、これらの犬種と暮らすことは、一生無いと思われますが 同じフランス国内であっても、各地域ごとに、優秀なHPR Dogを作出しようとした「意気込み」を感じます。
回収だけに特化するなら、英国からレトリバー種を輸入した方が優秀で、使い勝手も良いのかもしれませんが、それでも尚 さまざまな地域で、「優秀なHPR Dogを生み出そう」 としたその情熱に尊敬を覚えます。

「1頭で鳥猟に必要な猟芸の全てをカバーさせる」という思想のもとに作出された犬種というのは、一つの一つの能力では、「専門職」である英ポインターや英セッター、またレトリバーと比較すると能力は、やや劣るのかもしれません。

それでも、私は自らは鳥猟をせず・・・つまりは、Huntの部分とpointの部分の能力を有する犬種を、必要としないにも関わらず、HPR Dog が好きです。
最愛のフラウの出自であるドイツのHPR Dogに限らず、一生共に暮らす可能性の無い日本には輸入されたことすらないHPR Dogも含め、それぞれの国、地域が愛情と誇りをもって生み、育てたHPR Dogに、愛しい気持ちを禁じえません。

私の 「HPR Dogに対する尊敬の念」や、 「HPR Dogに対する興味や学ぶ気持ち」 を育んでくれたのは、最愛のフラウに他なりません。
e0204314_2165237.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-24 21:17 | 犬種探訪

林間レトリーブ練習


昨日、ソロモンを連れて、長野の牧場に 『林間レトリーブ』 の練習に行きました。
早朝に自宅を出発する時は 千葉市は小雨でしたが 東京~神奈川 の高速道路走行中は 強い雨が降り、天候が危ぶまれましたが 中央道 釈迦堂付近 から雨は止み、その後は 曇天ながら時おり、青空がのぞく天候となりました。

ソロモンは平素、平坦な野原で練習をしているので 「平坦な場所での マーキング能力(ダミーの落下地点を目視し、記憶する力)」 は、年とともに良化し、マーキングできる距離も伸びてきております。

しかし、2年前の GRTAファイナル(決勝戦・ ソロモンはノービスクラスに出場)で、木々の間に投擲されたダミーに対して、予想以上に対応ができず ほとんどマーキングできなかった苦い経験があり、 「林間など障害物がある中でのマーキング力の強化」 を、したいと常々 考えていました。

平素 練習している野原も、外周には木々がありますので、時折 「プチ練習」 のようなことは、しておりましたが、林のように木が立ち並んでいる環境で 「投擲されたダミーが、木々に遮られて、ちらっとしか見えない & 落下地点も、よく判らない」 という環境での練習は、日ごろは行っておりませんので・・・。
e0204314_9344767.jpg

実際に 「林間レトリーブ」 を試してみましたら、ソロモンは 2年前よりは きちんとマーキングが出来るように、なっておりました。
2年前は、 「えっ? 何で、判らないの? あの木と木の間に、ダミーが転がっているじゃん! 俺からでも見えるんだけれど・・・」 という感じのなか 木々の間を高速で飛び跳ねているだけのソロモンでしたが、少しは成長していたようです。
e0204314_9392989.jpg

e0204314_9394124.jpg

e0204314_9395791.jpg

せっかくでしたので、 「サーチングホイッスルの強化練習」 も、してみました。
正確に言うと、 『ブラインドレトリーブ + サーチングホイッスル の強化』 という感じ。

ソロモンは、サーチングワイッスルの意味(その辺りを探せ! の指示の笛)は、判っているのですが、一通り探してダミーを発見できないと 「パパは、笛を吹いているけれど、きっと この辺りには、ないな! 俺、探したけれど 無かったもん!」 と、自らの意志で 違う場所を探し始める・・・という面があり 「サーチングホイッスルが吹かれているなら、必ず近くにダミーはある!!」 という認識が薄い面があります。
この辺りは、 「サーチングホイッスルが吹かれている間は、その辺り 半径5m位から逸れずに探し続ける」 フラウ姐さんとは、大きく異なります。
まあ、言うなれば 「ソロモンは 私が吹くサーチングホイッスルを、それ程 信用していない」 ということです。(苦笑)

今回は、林の中に 高さ30cm~50cm の切り株が沢山 ありましたので、その木の切り株の上にダミーを置いてみました。
ブラインドレトリーブの距離は 40m~50mと、短めにし(それ位の距離のブラインドは、真っ直ぐに走れるようになりました) 木の切り株の周辺に到達したら、サーチングホイッスル!
最初は、木の切り株周辺をウロウロしておりましたが、一度 発見に成功してからは、サーチングホイッスルが吹かれている近辺を、入念に探すようになり、自らの意志で探索範囲を広げることは、ありませんでした。
まあ、競技会などでは 木の切り株の上にダミーを置いたりはない訳ですが 「サーチングホイッスルが吹かれたら、必ず その付近にダミーはある!!」 と認識する一助になればと思います。
e0204314_1025613.jpg

e0204314_1032026.jpg


ちなみに、レトリーブとは全く関係ありませんが ソロモンは 私の JUMP! の声符で、何かに飛び乗るのが得意です。
高さ80cmくらいの、少し高い切り株の前で JUMP! の指示を出してみました。
ソロモン君、楽しそうに 飛び乗っていました。 垂直方向へのジャンプ力は、かなりあるソロモン君です。
e0204314_1071178.jpg

1mを超える 居間とキッチンを隔てる壁も、軽々と飛び越えますから・・・
でも、障害レトリーブなどで使うネットは、飛びません。(苦笑)


練習を終え、帰路の中央道では 談合坂周辺から雨が降り始めて、帰宅するまで ずっと雨でした。
長野地方が、偶然 天気に恵まれるなか、雨も降らず さりとて暑くもない環境で、有意義な時間を過ごすことができました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 

 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-22 10:16 | レトリーブ (GRT)

Happy Birthday KWAN in LADF


今日 7月18日は、ゴールデンレトリバーのクワンちゃんの誕生日です。
早いもので、クワンは 8歳 になりました。

クワンは、生後3か月から約1カ月は 日帰り保育で、そして生後4か月から5か月の1カ月間は、元の飼い主さん宅を離れ、長期お泊り保育で LADF で、暮らしておりました。
そして、そのまま 我が家に迎え入れられましたので、LADFは クワンにとって、 『第2の実家』 のようなものです。

と言う訳で、今日はクワンを連れて LADF へ行ってきました。
くーちゃん、大喜びでLADF施設のオーナーさん ご夫婦に、べったり甘えておりました。
興奮して、「アン! アン!」と子犬みたいな甲高い声で大喜び・・・

誕生日を記念して、くーちゃんが フリスビー競技会で獲得した優勝トロフィーを並べて記念撮影してみました。
トロフィーは優勝しても必ずしも貰える訳ではありませんので(何らかの 冠大会 でしか、授与されません)、クワンが今までに獲得したトロフィーは、大部分 持参しました。
まあ、その他 トロフィーではなく 「優勝(入賞)盾」は、並べきれないほど獲得しましたし、チャレンジカップや、ジャパン・ファイナル出場のメダルもあるのですが、本日はトロフィーのみ。
e0204314_14474675.jpg

e0204314_1448396.jpg

e0204314_14481434.jpg


フリスビーで遊んだり・・・
e0204314_14502687.jpg

e0204314_14504171.jpg

紐付きボールで遊んだり・・・
e0204314_14511080.jpg

e0204314_1451272.jpg

クールダウンで、プールで泳いだり・・・
e0204314_14515955.jpg

e0204314_14521126.jpg

e0204314_14522596.jpg

くーちゃん、ニコニコでしたっ!
e0204314_1452556.jpg

ちなみに、くーちゃんが フリスビーを追う時の姿勢は、8歳にして まだまだ迫力があります。
この低い姿勢を維持して走れるからこそ、牧羊犬全盛のフリスビー競技に於いて、異才を放つことが出来るとも言えます。
e0204314_1455304.jpg


そして、クワンが幼い頃、お泊り保育の間 まるでご自分の愛犬であるかのように愛情を注いでくださったLADFのオーナー、Kさんご夫妻には 心から感謝しております。
飼育放棄状態で、 「走ることはもとより 歩くことさえ ヨタヨタしていた」クワンに、「遊ぶこと」 そして 「走ること」 の楽しさを教えてくれました。

↓は、 LADFのオーナー Kさんの愛娘 Nちゃん(ボーダーコリー)と クワン。
Nちゃんが、クワンより 半年ほど お姉ちゃんのはず。
e0204314_1532966.jpg

e0204314_1535817.jpg

長じて、Nちゃんは アジリティーの世界選手権の日本代表として、オーナーのKさんと何度も海を渡り、現在に至っています。 まさに日本を代表するアジリティードッグとして大輪の花を咲かせたNちゃん!

一方、くーちゃんが 海を渡ったのは 淡路島で開催された フノスビー競技会の ”ジャパン・ファイナル” に出場する為、本州四国連絡橋を渡ったきり(苦笑)・・・

まさに、天と地ほどの差がついてしまったとも言えますが、それでも私は クワンを誇らしく思っています。
自慢の 愛娘・・・黄金の天使です。
スピードが不可欠な、フリスビーのディスタンス競技に於いて ボーダーコリーやウイペットなどのスピード自慢の犬たちを相手に 「幼い頃は、歩くのさえヨタヨタしていた」 というクワンが、スピードを武器に、競っているのですから!

くーちゃん、誕生日 おめでとう。
来年も、再来年も ずーっと 誕生日はLADFでお祝いできるといいね!
黄金爆裂娘 あらため 黄金爆裂美魔女 として、いつまでの元気で!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-18 15:21 | クワン (GR)

影絵の中の笑顔

今日も、関東地方は 暑くなりそうですね。
皆様も、ご愛犬 ともども ご自愛くださいませ。

暑くなる前に・・・ ということで、本日も 朝4時30分には、野原に到着。
そして 5時30分 には 練習&野原遊び 終了!
e0204314_1056957.jpg


丁度、野原に到着した頃に、太陽が昇り 綺麗なシルエットが野原に現れました。
e0204314_1057342.jpg


ソロモン君は、影絵の中でも 私を見上げ 楽しそうに笑っています。
e0204314_10572432.jpg


飼い主と一緒にいるだけで、楽しい犬。
飼い主も、愛犬と 時間と空間を同じくして 共に居ることが嬉しい。
訓練云々より、まずは 「一緒にいるだけで」 楽しく、笑顔になれる関係・・・
そんな関係こそが、何よりも大切なのだと、私は思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-11 10:58 | MY TALK

long memory retrieve (268m×2)


いやぁ~ 暑いですねぇ! 7月初旬なのに、暑すぎます。
暑いので、本日は朝4時20分には野原到着 そして 午前5時30分には 練習&野原遊び終了でした。

本日の、練習の メイン・イベント は、 「ロング・メモリー・レトリーブ」!
数日前に、ゴルフが趣味の生徒さんから 『スタートラインから ダミーを置く目印の棒までの距離』 を、簡易デジタル測量計で計測してもらいました。
スタートラインに設定した場所から、目印の棒まで 片道 268m!

野原は、草が刈られて、目印の棒までの距離が計測しやすくなりました。
ほぼ、平地の野原で 「仰角0」 に近いので、この 268m という距離は、大きくは間違っていないと思います。
e0204314_15172378.jpg

まずは、ダミーを置くために ソロモンと てくてくと歩行。
不動産屋さん的な表示方法ですと 268mは 1分/80m で換算すると 3分半弱・・・という感じですが、野原は ぬかるんでいて歩きにくく、5分ほどを要しました。
目印の棒の下にダミーを置き、ソロモンにもダミーを地面に置く様子を見せ・・・
e0204314_15205697.jpg

戻りは、あえて 紐付きボールなどで遊びながら、時間をかけてスタートラインに設定している場所に戻りました。 時間を掛けて戻ったほうが、ソロモンの記憶が薄れるのではないかと思ってのことです。

で、スタートラインから いざ出撃っ!!!



まあ、もともとソロモンは小柄ですし、何が何だか判らない動画ですが、少なくともスタートラインから飛び出して目印の棒の方向へ、すっ飛んで行くソロモン と ダミーを咥えて戻ってくるソロモンの姿だけは、ご覧頂けるかと・・・

ちなみに、何度も練習した後の 「やらせ動画」 では、ありません。(苦笑)
「やらせ」 なら、ダミーを咥えて戻って来て、私の正面でダミーを咥えつつ停座できるまで、繰り返しますから・・・(苦笑)
カメラを両手で持って撮影しているので、ダミーを受け取れませんでした。


判りやすい目印である大きな棒の下にダミーを置いたとは言え、蒸し暑い中 意欲的なメモリー・レトリーブを見せてくれました。
体重16kg程度の、中型スパニエルでありながら 紐付きボールなどで、さんざん遊んだ後に、あの意欲とスピードで、 260m×2(往復) のメモリー・レトリーブを成し遂げてくれたソロモンに、満足です。

ソロモンのレトリーブ意欲やスピードが、今はまだ競技会での順位に結びついておりませんが、いつの日か 結実する ことを信じています。
e0204314_15365019.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-04 15:42

失敗を減らす工夫

本日のタイトルは、 『失敗を減らす工夫』 です。
要約しますと 愛犬を叱ったり、罵倒したり、溜息をついたりする機会 を飼い主の工夫で減らそう!! ということです。

例えば、愛犬を室内フリーにして外出し、戻ってみたら テレビのリモコンが齧られて壊されていた、大切なスマホが破壊されていた、ゴミ箱のゴミが室内に散乱していた・・・ というケースでは、飼い主さんは 怒りのあまり 大声で叱ったり、呪いの言葉を吐いたり、あるいは叩いたり (これはダメですが) という事になります。

しかし、外出する時間の長さにもよりますが 「バリケンに入れる」とか「犬が届く範囲の高さに、物を放置しない」などの工夫をすることにより、 『愛犬を叱る原因』 を回避することが可能です。

この様なケースにおいて 「いえ 私は、室内フリーにして外出しようが、届く高さに物を置こうが、なにも悪戯しない おりこうさんの犬 に育てたいのです。」 と仰る飼い主さんが、いらっしゃいます。
つまり、 「飼い主が何ら工夫をしたり、予防手段を講じなくても、何ら悪戯をしない犬」 に育てたいという事なのですが、確かに これは理想ですよね。
もし、その理想像に至るまでの間、弛まぬ練習をする時間と熱意がある飼い主さんなら、それこそが理想像であると私も思います。

しかし、理想像に至るまでの練習をする熱意も無く、ただ「無いもの ねだり」で、理想像を愛犬に押し付けても、結局は 失敗 ➡ 叱る という悪循環に陥ってしまいます。
それなら、予防策を講じて、「愛犬が叱られる可能性」を排除すべきだと思います。
e0204314_10393797.jpg

あるいは、やっと 飼い主さんと愛犬が向かい合って 距離10mの停座&マテ ができるようになったペアがいるとします。
私が、「少しずつ、距離を伸ばしてくださいね!」とアドバイスしているのに、いきなり距離を30mに伸ばしたりする飼い主さんがいらっしゃいます。

やっと 距離10mの停座&マテ が出来る様になったのですから 次は15m・・・その次は20m・・・と、距離を伸ばしていけば良いものを、いきない30mに伸ばして 失敗 ➡ 叱る という、はめに。

上記ふたつの例を書きましたが どちらも 失敗の原因は 飼い主の予測力不足 です。
「もしかしたら、失敗するかもしれないな!」 という予測力が足りません。

失敗したことにより、叱られたり 罵倒されたり 溜息をつかれたりする のは、愛犬の側な訳ですので、 失敗させない為の工夫、そして失敗する可能性の予測 をする力を飼い主が磨くことにより、回避することが可能となります。

叱る、罵倒する、叩く・・・などの実力行使ではなくとも、犬は 飼い主さんの 溜息や落胆の表情にも敏感です

飼い主が、がっかりした顔、落胆した顔を見せると 犬の方も しょげてしまったりします。
ニンゲンの子供も犬も、パパやママに誉められると嬉しい。
逆に、叱られたり、大声で怒鳴られたり、溜息をつかれたり、落胆の表情を見せられると、ニンゲンの子供も犬も、悲しくなるんです。


愛犬を叱らない工夫をすることにり 成功 ➡ 褒められる の機会を増やしていきましょう。
いつも、飼い主の傍らで 飼い主を見上げて笑っている犬に育てましょう。
e0204314_10582729.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-01 11:06 | MY TALK