ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

揺れる尻尾


私の 犬友 が、運営にも携わっている ルアーコーシング のイベントに、ソロモンを連れて 顔を出させて頂きました。
ルアーコーシングに参加している犬種の大部分は、サルーキー、ボルゾイ、ウイペットなどの サイトハウンド です。

e0204314_13184682.jpg

e0204314_1319472.jpg

e0204314_13192253.jpg

e0204314_13193838.jpg

e0204314_13195849.jpg


以前のソロモンは、見知らぬ人や犬が周りに大勢いると大興奮で、息はハァハァと荒く 目は ぐるぐるの渦巻状態で、落ち着いていられなかったのですが、今日は落ち着いていました。
尻尾は間断なく振られているものの、革製のスリップリードを、たるませて持っていても、引っ張ることも無く・・・
4歳を過ぎて、やっと何かが変わってきたように思われるソロモン君です。



GRTの競技会場でも 競技の待機中(出番を待っている間)も、この動画のように、尻尾を左右に振りつつ、発砲音がした方向を振り返ったり、投擲されたダミーが落下する様子を目視したりと、落ち着きがでてきました。
この 落ち着き・・・冷静さが、GRT競技においても、きっと良い結果を生むようになると信じています。


それにしても、犬種の作出目的に沿った作業や、その作業を模したドッグスポーツに参加することが出来ることは、犬たちにとって幸せな事だと私は思います。
猛然とルアー(犬たちに追わせるための目印)を追うサイトハウンドたちは、美しく かつ 幸せそうでした。
「如何なる場合でも、犬が興奮するようなシチュエイション に犬を置かずに、過度の刺激から遠ざける」生活を推奨する方も いらっしゃるようですが、それならば 「共に暮らす犬種を選択する」 という意義すら、不必要となってしまいます。

ガンドッグにはガンドッグの、牧羊犬には牧羊犬の、サイトハウンドにはサイトハウンドの、ウォータードッグにはウォータードッグの・・・ それぞれの犬種の作出目的に沿った作業をする事が出来る犬たちを、私は幸せだと思います。
e0204314_13473825.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-04-23 13:51 | MY TALK

can’t or don’t


今度の日曜日に 岐阜のスキー場で開催されるGRT競技会の、出走表および競技種目等が届きました。

前回のブログで 「現在のソロモンは、150mの マーキング・レトリーブなんて、まったくもって無理!」 みたいな事を書いたのですが、競技種目を見ましたら ソロモンが出場するミドルクラスに 150mのロングマーキング種目が・・・(苦笑)

千葉の我が家から、岐阜のスキー場までは かなりの距離があり 『諦め半分』 に行くには、ちょっと辛い距離です。
まぁ、玉砕覚悟で・・・。

 投擲されたダミーを目視するソロモン。
e0204314_856312.jpg

見た目は、カッコいいなぁ~ と思いますし、賢そうな(← 親ばか)表情でダミーの落下地点を記憶している様に見えますが・・・ 見た目とは裏腹に、あまりマーキングが正確ではありません。
どんなに草深い場所にダミーが投擲されても、70~80mまでの距離なら、正確にダミー落下地点に駆け寄りますが、距離が延びると 極端に精度が落ちます。

昨日、facebookの非公開の 『ワーキングコッカーのファンサイト』 に、「皆さんのワーキングコッカーは、130mを超えるマーキングレトリーブは可能ですか?」と書き込みをした処、様々な意見が書き込まれ、

『そりゃ、無理だろ! その距離は、もはやコッカーではなくレトリバーの領域!』 とか 


『うちのコッカーは雉を用いたマーキングレトリーブで200mのレトリーブができたよ!』
それに対し『雉の臭気を追えるからじゃない? 布製のダミーでは難しいよ!』 とか


「我が家のコッカーは150mの 布製ダミーのレトリーブ、できたよ!」 とか


「我が家の小さな息子は、60mが限界だった」

など、様々な意見がありました。


一つ、気づいたのは 「練習したら出来るようになった」 とか 「練習したけれど、距離は伸びなかった」とか、皆さん それなりに練習したり 試したりしているという点・・・

私は、はなから ソロモンと100mを超える マーキングレトリーブの練習 をしたことが殆どなく (と言うか、数年前までは100m超えのマーキングレトリーブなど、アドバンストクラスでしか、行いませんでしたし)、「やれば できる」のか 「やっても できない」 のか、それすら試していません。
can’t なのか 単に don’t(正確には、didn’tですが)なのかも、分かりません。

もちろん、今度の日曜日の競技会には 間に合いませんが、まずは きちんと ロングディスタンスのマーキングレトリーブにソロモンと取り組んでみようと思います。
e0204314_8544025.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-04-14 08:59 | ソロモン (WC)

happy Cocker


Dry Cocker is not a happy Cocker .

今日は、朝から暖かかったので、海に行ってソロモンを泳がせようかとも思ったのですが、外房海岸地域に、波浪注意報が出ていたので断念。 荒波に呑まれてソロモンが流されては困りますので・・・。

ということで、昨日の雨で 湿地帯 と化した野原で遊んできました。
e0204314_11473719.jpg

e0204314_1148228.jpg

e0204314_11481990.jpg

e0204314_1148354.jpg

e0204314_11484969.jpg

e0204314_114926.jpg

来週の日曜日には、岐阜のスキー場で、2016年2回目のGRT競技会がありますので、真面目に練習すべきなのでしょうが。。。

手前味噌の 親バカ炸裂ですが 水しぶきをあげながら湿地を駆け、ダミーをレトリーブするソロモンの写真を見ると ”カッコイイな~” って思います。
「ダミーを回収する意欲」 という部分では、ソロモンは 「はなまる 満点犬」 です。

加えて申し上げるなら 濡れて耳の被毛がクルクルとカールし、胸の辺りからポタポタと水滴を滴らせているスパニエルって、なんか 「いかにも、ワーキング系!」 という感じで、とてもカッコイイと思うのです。

とは言え、やはりGRT競技会でも それなりの実績を残すことの必要性を感じていない訳ではなく・・・
先日、facebookで 『20年以上、ワーキングコッカーでトライアル(レトリーブ)に参加している』 という英国のハンドラーが書いた記事を読んだのですが 「同じようなトレーニングをしても個体によってレンジが、かなり異なる。 極端に言えば同胎犬でもハンドラーからの距離が50mが壁になる犬もいれば、150mまで伸びる犬もいる。 距離の壁が個体によって、かなり ばらつき があるのがレトリバー種との差異とも言える」という事でした。

うーん ソロモンの 「距離の壁」 は、現在 80m位かなぁ~。
マーキングにしろ、ブラインドにしろ 80mまでなら、なんとかコントロールできます。
でも、前回のGRT競技会のミドルクラスの種目のような 「マーキングレトリーブ 120m」 などは、何かの幸運が重ならないと、ちょっと きつい。 まして150mは現段階では100%、無理・・・

私のトレーニングメニューが悪いのか、あるいは まだソロモンに伸びしろが、あるのか、あるいは ソロモンには出来なくても別のワーキングコッカーなら私のトレーニングメニューでも可能なのか。。。 まぁ、結論は急ぎません。

で、本日の野原での水遊びの話に戻りますが 今日はカミサンに手伝ってもらって100m前後のロングマーキング・レトリーブの練習も、ちょっとしてみました。
制限時間を2分にしてみましたら 成功2回 & 失敗3回・・・
慣れ親しんだ野原で、これでは 甚だ不安定ですねぇ~

ただ、ロングマーキングのダミーが落下した方向を真剣に見るソロモン・・・
いつもの ニパニパ うひょうひょ とした顔ではなく、本当に真剣な顔!
立ち姿も絵になる男! (親バカ 炸裂:笑)

まだまだ不安要素ばかりのソロモンですが、この姿を見ると 「ワーキングコッカーを選択して、よかったなぁ~」と、頬が緩んでしまいます。
e0204314_1231492.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-04-08 12:36 | ソロモン (WC)

マックスビューティ

マックスビューティ

 1984年生まれ  父 ブレイヴェストローマン
 1986年 桜花賞馬  優駿牝馬(オークス)  エリザベス女王杯2着
 通算 19戦10勝
 
 名前に、たがわぬ美貌ぶりから ”究極の美女” と讃えられた。


わが家の、”マックスビューティ” の クワンちゃん。
8歳になるにもかかわらず、幼顔の 永遠の美少女 です。
e0204314_12114024.jpg

e0204314_12121169.jpg

まあ、実は その美少女も 背中などを中心に、銀髪が目立っきたのは、寂しい限りですが・・・

競走馬マックスビューティと同様、美しいだけではなく ”速くて、強い” のも、クワンの魅力です。
e0204314_12144141.jpg

e0204314_121533.jpg

e0204314_12153319.jpg


元の飼い主さんの元を離れ、ドッグスポーツ施設 LADF で ”お泊り保育中” の美少女と初めて会ってから8年余り・・・
e0204314_1220842.jpg

e0204314_12202051.jpg

黄金の翼を持つ、マックスビューティ・・・ クワンと縁があったことを、日々 喜んでおります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-04-02 12:23 | クワン (GR)