「ほっ」と。キャンペーン

ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
外部リンク
最新の記事
REBORN
at 2017-02-18 09:01
ヨブ記
at 2017-01-30 10:29
跳ばない王子と千年女王
at 2017-01-19 12:16
杖をついてでも
at 2017-01-08 08:54
2017年も、よろしくお願い..
at 2017-01-01 00:01
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
イヌ

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

白菜 くださいっ!


本日の我が家の夕食は、海鮮鍋でした。
「鍋物には白菜!」ということで、家内が冷蔵庫の野菜室から白菜を取り出した音に反応してダイニングキッチンの壁に駆け寄る5ワンズ!

白菜、くださいっっっっ!
e0204314_23153215.jpg


ドッグベッドで寝ていようが、毛布に包まって寝ていようが、居間でレスリングをしていようが、冷蔵庫の野菜室を引き出す音に素早く反応する5ワンズです。

居間とキッチンを仕切る壁の天板に前足を乗せて、「何が出てくるかな?」と期待に胸を膨らませますが、ママが手に持っているのが 人参だったりゴボウだったりすると 「なーんだ・・・」という感じで、散っていきます。

面白いことに、天板に前足をかけて立ち上がる『並び順』が決まっているんです。
向かって右から、 美琴 ➡ フラウ ➡ エステル ➡ クワン ➡ ソロモン という並び順に、いつの間にか固定されました。

私が、和菓子店で お饅頭 を買ってきて、密かに そしてなるべく音を出さないようにキッチンで食べ始めても、瞬く間に この並び順で5ワンズが顔を揃えます。
お饅頭なんて、そんなに匂いもしない筈ですし、よくまぁ判るものだと感心してしまいます。

今日は、我が家のワンズの生活の ”ひとこま” をご紹介した処で、オシマイです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-01-30 23:32 | MY TALK

足が早い?


何度か、ご紹介している 私のお気に入りの動画です。 



特に、スタートから1分14秒前後からのシーンで 地面に突き刺したステッキの周辺に停座や立止しているラブラドールのうち、名前を呼ばれたラブだけが塀を飛び越えて回収に向う場面があるのですが、これが本当に好きで・・・

で、まあ本物の鳥の回収は無理としても 「名前を呼ばれた犬がダミーの回収に向い、残された犬は不動停座!」 の雰囲気だけでも味わおうと、フラウとソロモンを連れて野原へ。

少し小高くなっている場所に フラウとソロモンを停座させ、ダミーを投擲!!
e0204314_1739428.jpg


フラウはもとより、ソロモンもパピーの頃から 「ソロモン&他のワンズを停座させ、ボールやダミー、フリスビーを投げ、ソロモンは停座継続 &他のワンズがボールやダミーやフリスビーの回収に向う」という練習をしておりましたので、『当然、できるもの』と考え動画撮影の準備までしたのですが。。。

フラウとソロモンを停座させ、ダミーを投擲した時点で、ソロモンの腰が浮きました。(苦笑)
さらに、フラウにダミー回収に向わせている間も、動かないものの腰は浮いた姿勢のままで、フラウがダミーを咥えて戻り私に手渡す時点では、とうとう勝手に停座を解いて、私の足元に にじり寄る始末。。。(唖然)

まあ、確かに ここ数カ月 ソロモンに対する「応用系オビディエンス・トレーニング」は怠けておりましたが、それにしても こんなに早く劣化するとは!!
フラウ姐さんは 「ステイ とは、解除のコマンドが、かかるまで ひたすら停座を継続するものだ」 と理解して以降、何年が経過しても「劣化」することは、ありませんでした。


すぐに腐ったり、品質が落ちる食材を 「足が早い」 と表現することがあります。
例えば「鯖は、足が早い」などと用いる訳ですが、どうも ソロモンは 「トレーニングの足が早い」 みたいです。(苦笑)

継続せずに、油断したり弛んだりすると、すぐに習得したことが、出来なくなる & 自分に都合の良いように省略したり、簡素化したりする・・・という面が、ソロモンにはある様に思います。

まあ、ソロモン本人も 「僕は足が早い!」 と申しておりますが、ソロモン君が言っているのは、足が速いことの自慢みたいです。(笑)
e0204314_17595746.jpg


ソロモンに関しては、弛まず億劫がらずに、応用系のオビ練習を継続していく必要がありそうです。
因みに、 私が申し上げている 「応用系オビ練習」とは、「GRT競技会の種目には直接、必要ではないがレトリーブドッグとして習得させたい(して欲しい)メニュー」でもあります。

例えば、 「自分の愛犬(複数頭)とか友人のワン複数頭にノーリードで停座をさせ、ボールやダミーを投げた後、指示された犬だけが回収に向う」  とか もっと単純に  「地面に突き刺した杖の周辺で、5分とか10分とか、誘惑があっても停座を継続する練習」  などは、直接 GRT競技会の競技種目とは関係がありませんが、 『レトリーブドッグとしてのオビディエンス練習』 としては、是非経験&習得して貰いたい項目であると私は、考えております。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-01-21 17:30 | レトリーブ (GRT)

ポインティングドッグ?

美琴ちゃんが、我が家に来て1年余が経過しました。

”超びびり犬 美琴” の成長や変化につきましては、何度も紹介してきましたが、ここ2カ月程の間に、新たなスキルを身につけましたので、ご紹介させて頂きます。

美琴ちゃんは、「鳥」に対して、強い興味を持つようになりました。
そして、興味を持つだけに留まらず、とうとう鳥を見ながらポインティング・ポーズをとるようになりました。
 庭の植栽にとまっている鳥にポイントする美琴ちゃん。
e0204314_1623207.jpg


これは、一緒に暮らしている 独・英ポインターである フラウ姐さんとエステルの影響が大きいように思います。( ↓ ジャーマン・ポインターのフラウ、イングリッシュ・ポインターのエステルのポイント)
e0204314_16265937.jpg

e0204314_16355426.jpg


庭の木々や、自宅の屋根などに、ある程度の大きさの鳥が飛来すると、居間やPC部屋で寝転んでいたフラウやエステルは、飛来を感知して飛び起き、庭に面したガラス扉に駆け寄ります。
ガラス扉を開放していると時は、そのまま庭へ飛び降りて行って、飛来した鳥にポイントするフラウやエステル・・・

寝転がっていたフラウやエステルが、色めき立って庭に飛び出していく訳ですから、美琴ちゃんにとっては 「えっ? えっ? 何が起こったの? どうして、庭に飛び出して行くの?」 という感じだったのだと思います。

色めき立って飛び出して行くフラウやエステルの後について自分も庭に降り、不動の姿勢でポイントをする姉さま方の視線の先には、鳥!
これを何度か繰り返しているうちに、そしてフラウやエステルの様子を 「観察」 しているうちに、 姉さまたちが色めき立つ ➡ 庭に飛び出す = 鳥 ➡ 鳥に対してポイント という関連付けが美琴ちゃんの頭の中で定着したのではないかと思います。

この、「観察力」こそが、美琴ちゃんの優れている処だと私は思っています。
わが家の先住犬たちの、それぞれの甘え方を見て覚え、今では美琴は私に対して「七色の甘え方」をする様になった事は何度かご紹介しましたが、それぞれの先住犬の甘え方を観察して模倣するだけに留まらず、何事に関しても 観察 ➡ 模倣 ➡ 関連付け が優れている美琴ちゃんです。
この点、クワンは 美琴より遥か以前からフラウやエステルと暮らしている訳ですが、フラウやエステルが色めき立って庭に飛び出して行く理由を探ったり、理解したりする気はないみたいです。(笑)

今では、美琴ちゃんは フラウやエステルの後を追って庭に飛び出すだけではなく、自ら鳥の飛来を察知してフラウやエステルに先んじて庭に飛び出して行くこともあります。

昨年の11月頃に フラウ&美琴のコンビで野原に行った時、フラウ姐さんが茂みに潜んでいる雉を発見し、ポイント ➡ フラッシュ!
雉が飛び立った周辺の匂いを、しつこくしつこく嗅いでいた美琴ちゃん・・・先日、とうとう単独で草むらに潜んでいる雉を発見し、フラッシュ成功!

フラウのように、ポイントの姿勢のまま固まることなく ポイントすると同時に、すぐさまフラッシュしてしまいましたが、それでも 雉の匂い を記憶していた美琴には感心しました。
美琴ちゃん・・・図らずも 第7グループ(ポインティングドッグ)の仲間入りです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-01-14 17:07 | MY TALK

Mud & Wet

昨年12月の末に義母が逝去致しましたので、新年のご挨拶は 控えさせて頂きます。
本年も、何卒 宜しくお願い申し上げます。

さて、本日は義母が逝去して以来、約10日ぶりにソロモンとレトリーブ練習をしました。
この10日間は、ソロモンに限らず 我が家の5ワンズとは 「野原には行くものの、紐付きボールのレトリーブで、ささっと運動をさせて、終了!」 という日々でした。

約1時間の レトリーブ練習&自由運動で ソロモンは、ドロドロのビショビショに・・・
今日は、朝露が凄かったので、全身から水滴をポタポタと垂らして、まるで泳いだかのような姿でした。
e0204314_14472133.jpg

e0204314_144738100.jpg


昨年、イギリスのワーキングコッカーのファンシャーの方が 『濡れているコッカーは幸せなコッカー、乾いているコッカーは不幸せなコッカー!』 という名言をfacebookに書いていらっしゃいましたが、私も同感です。
フィールドで、泥まみれでビショビショに濡れている姿こそが、ワーキングコッカーの ”晴れ姿” だと思います。

e0204314_14513874.jpg

e0204314_14515873.jpg

e0204314_14521681.jpg


昨年の暮れに、2016年度のGRTAの会員更新手続きがありました。
参加犬名からフラウの名前を外すことが寂しくって、一応 フラウも名簿に記載して提出しましたが、「引退犬の記念競技」など、何かのイベントでも無い限り、フラウがGRT競技会に出場することは、もう無いと思います。

わが家には現在 総勢5頭の犬がおりますが

フラウ(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター) 競技引退
クワン(ゴールデンレトリバー) フリスビードッグ
エステル(イングリッシュ・ポインター) 大型愛玩犬&保護活動イベント犬
ソロモン(ワーキング・コッカー・スパニエル)  レトリーブトライアルドッグ
美琴(ミックス犬) ボールのレトリーブ競技 & 初級フリスビー競技?

という事で、現役のレトリーブトライアル犬は、ソロモンだけになってしまいました。
ソロモンに全てを託すのは、はなはだ不安ではありますが 『非レトリバー種で、レトリーブ競技での可能性を提案していく』というのが、私のレトリーブトライアルに対するスタンスですし、「あんなに小さなスパニエルでも、意外とやるもんだなぁ!」と感じて頂けるように、頑張りたいと思います。

まあ・・・次に迎え入れたパピーが、レトリバーだった・・・という可能性も、あるんですけれどね!(笑)

「マンションの管理規約で大型犬は飼えない」 とか 「駐車場が狭くて大きな車に買い替えられない」 とか 「年齢的に、あるいは体力的に ちょっと20kg超えの犬は自信が無い」とか、あるいはもっとボジティブに「スバニエル種が好き!」とか、様々な理由で レトリーブトライアルの主流はレトリバー種だと認識しつつも、レトリバー種と暮らすことが難しい飼い主さんに 「レトリバーと暮らすことが出来なくても、15kg程度のスパニエルでもレトリーブトライアルを楽しめますよ!!」というモデルケースになれるよう、「ずぶ濡れソロモン」と頑張っていきたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッとemoticon-0152-heart.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-01-04 15:19 | ソロモン (WC)