ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フラウ&ソロモン 動画アップ


フラウ姐さんとソロモンの、トレーニング動画を撮影してみました。
撮影機材がビデオカメラではなくスマホで、かつ自分で撮影しながらハンドリングもしているので、画面が揺れていて修正できませんでした。
見ずらいのは、ご容赦ください。

まずは、ソロモン君!

停座 (私と50mくらいの距離) ➡ リコールホイッスル(呼び戻しの笛) ➡ ストップホイッスル ➡ ハントシグナルで右方面のブッシュへの移動を指示 ➡ サーチングホイッスル(その辺りを探せ! の笛) ➡ ダミーを発見しレトリーブ の動画です。

ストップホイッスルで停止 ➡ ハンドシグナルに従って真右(画面向って)のブッシュへ突っ込めるかがポイント。
ちなみに、最大望遠で撮影しているので、私の立ち位置から近くに感じられますが、実際はそれなりに、距離があります。




次の動画は、フラウ姐さん。
前回のブログで、ご紹介した 『Midland Game Fair 2015 – Great Wall Motor World Series Gundog Championship 』 の動画は、いくつかアップされていて、その中に面白い種目がありました。

ダミーを咥えて戻る途中定められた範囲内で ダミーを咥えたまま 停止 ➡ 停座 ➡ 伏臥 が出来るか否か、その正確性を競う 種目でした。

この種目には、ちゃんと意味があり 英国では養殖雉を放し、その雉を射手が撃ち落し、コールされたガンドッグのみが、その撃ち落された雉を回収に向う・・・という競技形式があります。

犬が雉を咥えて戻る途中 その犬を横切るように雉が飛んだ場合、射手と犬との位置の高低差によっては、仰角射撃となり散弾銃の弾が犬に当たってしまう危険性があります。
その為、雉(ダミーでも良いのですが)を咥えて戻る途中でも、笛や声符で瞬時に停止したり、雉を咥えたまま伏せて次の射撃が終わるのを、やり過ごす・・・という猟芸が求められます。

日本のGRTAでは、「ダミーを咥えたままの停止」 とか 「ダミーを咥えたままの伏臥」 などの競技はありませんが、フラウは若い頃から練習していたので、ちょっと復習。
以前は、ハンドシグナルで瞬時にダミーを咥えたまま伏臥が出来たのですが、近ごろは練習していなかったので、忘れてしまったようで(苦笑)、仕方ないので声符にしてみました。


 
まあ、こんなことが出来ても、GRTAの競技会では何の役にも立ちませんが 競技種目とは別に、私の頭の中には 「ガンドッグとして、出来る様になって欲しい事リスト」 があり、そのリストに沿ってフラウを育成し、またソロモンを育成しつつあります。

競技種目のことだけを考えたら、不必要だったり、遠回りになってしまう事柄もあるのですが・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2015-10-20 11:41 | レトリーブ (GRT)

動画 レトリーブ祭り


今年、英国で開催された、自動車メーカーをスポンサーとした 「ツアー方式のレトリーブトライアル」 の決勝戦の動画です。
多種多様なガンドッグによる 「レトリーブ祭り」 という感じ!!



facebookで繋がった、私の友人も 「優勝すると、すごい四輪駆動車が貰える!!」 と、張り切って参加していました。 決勝戦に臨むことなく、途中で敗退してしまいましたが・・・

この 『Midland Game Fair 2015 – Great Wall Motor World Series Gundog Championship 』 は、ジャッジング・ルールではなく、タイムトライアル・ルールです。
参加頭数が多いときは、タイムトライアルにしないと、競技の進行が遅れますので・・・

日本のGRTAは、タイムトライアル・ルールから、ジッャジング・ルールに完全に移行してしまいましたが、個人的には 「年に一度くらい タイムトライアル・ルールの競技を開催しても、面白いかな。。。」と思っています。

この動画を見て 感じたことは、二つ。

一つは レトリバー種だけではなく、スパニエル種や 多目的ガンドッグ(GSP、ビズラ、ワイマラナー等や) など、多様なガンドッグが競技に参加している ということです。
我が家は、GRTA創設時のごくごく初期に、フラットコーテッドレトリバーのシャドーと競技に参加しておりましたが、それ以降は ジャーマン・ショートヘアード・ポインター ➡ ワーキング・コッカー・スパニエル と、マイナーな犬種でGRTAに参加しております。

これは、まあ私が 「へそ曲がり」 であるという理由もありますが 「非レトリバー種でも、レトリーブトライアルに参加し、競技を楽しむことができますよ!」 という、アピールでもあると考えています。

実際に、この動画でも ラバーネットの外側で、レトリバー種に交じって多くのスパニエル種が待機している様子が、映し出されています。

いつの日か、GRTAにおいても レトリバー種に交じって、多くの多目的ガンドッグやスパニエル種が参加する様になって欲しい・・・それが、私の願いでもあります。


もう一つは、 このイベントが多くのギャラリーを集め、またテレビ中継もされている という点です。
GRTも、創立10周年を迎えましたが、「全犬種対応型のドッグスポーツではない」という面もあり、またレトリバー種と暮らしている飼い主さんたちにとっても、レトリーブトライアルをご存じない飼い主さんが大部分ではないかと思います。

「せっかくレトリバー種と暮らし始めたのだから、我が家も ちょっと頑張ってレトリーブの練習をして競技会に出てみるか!!」・・・ という感じに、レトリバー種の飼い主にとって、レトリーブトライアルが認知され、参加頭数が増えることを願っています。


そして、Midland Game Fair 2015 – Great Wall Motor World Series Gundog Championship の優勝犬は、レトリバー種ではなく、我が家のソロモンと同じ ワーキング・コッカー・スパニエルだったようです。

ソロモンも、そろそろ 「お笑い系」を卒業して、覚醒して欲しいものです。
きっと、このイベントには、ソロモンの親戚犬も参加していたハズですし・・・ 我が家の 「太陽の王子」 にも、そろそろ戴冠してもらいたいものです。
e0204314_12361953.jpg

e0204314_12372921.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2015-10-18 12:38 | レトリーブ (GRT)

10歳を過ぎても輝けるドッグスポーツ


GRTA の 2015年のリザルトが発表されました。
フラウ姐さんは、 「ミドルクラス」 の、4位で 2015年を終えました。

3年間、GRT競技会から離れ 半引退状態で、かつ今年も2回しか競技に参加しなかった割には、フラウ姐さんは頑張ってくれました。
長くアドバンストクラスに籍を置いているとは言え、 「半引退状態からの復活」 の、フラウを大いに褒めてあげたいと思います。
e0204314_10133078.jpg


ミドルクラスに関して言えば、「上位10頭」のなかに、10歳以上の犬が複数頭、名を連ねていることが、GRT競技の特徴を、よく表していると思います。

先日、7歳を過ぎたクワンと フリスビー競技の 『シニアクラス』 に、初出場しました。
アジリティーでも シニア部門 が設定されているようです。
つまり、フリスビーにしろ アジリティーにしろ 「シニア」 というクラスを設けなくては、ハンデがある・・・つまり、若い犬と対等には競えない・・・ と、いうことだと思います。

これに対して、レトリーブトライアルには 年齢によるクラス分け がありません
例えば、初出場なら 生後10か月の犬も、11歳の犬も 同じ 「ノービスクラス」の土俵で競うことになります。

日ごろから、 『1秒でも早く!』 とか 『オビよりダミーに駆け寄る意欲とスピード優先!』 などと、散々 言っている私がこのように書くのもナンですが、 「加齢がハンデとならず、むしろ様々な経験を積むことにより、犬に厚みが増してくる競技」 は、素晴らしいと思います。

これは馬術の世界でも同じで、例えば乗馬の売買においては 若い馬の方が安いのです。
「競馬を引退した直後の馬」などは、場合によってはタダで手に入ります。
しかし、訓練を重ね 経験を積み 大きな大会でメダルを何個も獲得しているような馬は、非常に高額で取引が為されます。


GRTAも、以前はタイムトライアル制でしたので、おそらく「加齢によるハンデ」は、あったのではないかと思います。
「〇歳までに、一通りのことを教えまないと、今度はスピードが ついていかなくなる」という面も、あったかと思います。
しかし、現在は ジャッジング (審判による採点方式) に、変わりましたので 「若いうちに、何とかしなくては!」という面は、減ってきたのではないかと。

まあ、確かにフラウは タイムトライアル方式に対応させることに一意専心して育成しましたので、おそらく タイムトライアルの方が順位は良いのだと思います。
10歳を過ぎた今でも、かなりスピードがありますし・・・
写真は、数年前のフラウの フルギャロップ。
e0204314_10432544.jpg


しかし、逆に 「スピードと回収意欲だけ」 が取り柄で、離れると遠隔操作が難しくなる ソロモン・ロケットのことも 「もう少し経験を積めば。。。」 と、焦らずに見守ることが出来るのも、ジャッジングに変更になればこそ! です。

フラウ姐さんに関して言えば、ソロモンが爪を折らなかったら 半分引退状態 から 本当にそのまま引退していた可能性が大で 「塞翁が馬」 という感じ。


運よく、決勝戦にも出場できましたし、もう暫く フラウと 「10歳を過ぎても輝けるドッグスポーツ」 である、レトリーブトライアルを楽しみたいと思います。
e0204314_1052532.jpg

e0204314_10523271.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2015-10-14 10:56 | レトリーブ (GRT)

安定のフラウ


フルムーン旅行 二日目は フラウと霧ヶ峰で開催されたGRTAの 「2015年 3回目」 の定例競技会に出場しました。

昨年とは、うって変わり 晴天!
e0204314_1743520.jpg

ちなみに、去年は こんな感じ・・・
e0204314_1791894.jpg


さて、ミドルクラスに出場したフラウ姐さんは、「通常運転」と言うか まあ可もなく不可もない感じ。。。

2006年の春に、GRT競技デビューを果たし 「いかに、一秒でも早くダミーに駆け寄り、咥えて戻るか」そして「UFOキャッチャーのように、思い通りに前後左右に遠隔操作できること」に主眼を置いて磨いたフラウ姐さん・・・

フラウの全盛期は、現在のGRTAの競技ルールとは異なり、タイムトライアル方式だったので 「一秒でも速く!」は、重要な要素でした。
勿論、ルールの大幅な変更に対応するため、「付け刃」で、ノーリードの脚側やら、ダミー受け渡し時の所作やらをフラウと練習しましたが、フラウさんは想像以上に頑固で 彼女自身 納得できない様子・・・(苦笑)

「一秒でも早く」 から 「正確に、かつ落ち着いた所作で・・・まあ、スピードも無いよりは有ったほうが良いでしょう!」に変わった訳ですから、頑固な独逸女には難しかったようです。
現在、10歳を超えて ミドルクラスやアドバンストクラスで活躍している、レトリバー種のベテラン組は、この「移行」がうまくできたペアが多いように思います。

しかし反面、磨きに磨いたものですから、フラウのダミーに駆け寄るスピード また、ダミーを咥えて駆け戻るスピードは、とても10歳5か月の ”お婆ちゃん” には、見えません。
写真は、霧ヶ峰でのフラウ姐さん。
e0204314_17273224.jpg

e0204314_17274561.jpg


また、「前後左右に思い通りに遠隔操作できる」「ストップホイッスルで瞬時に停止できる」 という長所も、まぁ若干 錆付いてはきましたが、満足のいくレベル!


と言うわけで、「待機場所からスタートラインまで、脚側歩行ではなく前気味」とか 「ウォークドアップ種目でも一馬身、前気味(苦笑)」とかステディネス系はダメダメで、かつ今回はダブルダミーのうちマーキングダミー(落下場所を犬が目視している)を横目で見ながら  『これって、囮ダミーよね! 奥にブラインドダミーがあるんでしょ!』 と思い込み、横目でマーキングダミーを見つつ咥えずに、奥へ奥へと突っ込もうとする。。。等々、ありましたが 結果として 前回に続き4位 で競技終了。
ステディネスは別して、「優勝しない代わりに大崩れもしない」・・・ 『安定のフラウ』 の、面目躍如です。

ステディネス系の所作は、現役ソロモンに任せることにして、フラウ姐さんとは 「タイムトライアル制度時代の化石」 を貫きたいと思います。
フラウちゃん、お疲れさま!!
もし、ファイナルに出場することになったら、年内中の もうひと頑張り をお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2015-10-06 17:51 | レトリーブ (GRT)

フルムーンの旅


10月4日に、長野県は霧ケ峰高原で開催された、GRTAの2015年3回目の定例競技会に、フラウと参加してきました。

「え??? フラウ姐さん??? ソロモンじゃないの???」 とお思いの読者も、いらっしゃることかと・・・

事の起こりは、5月に蓼科牧場で開催された、2015年の 第2回目の定例競技会に遡ります。
競技会を直前に控えたソロモンが、前肢の爪の一本を根元から折り、とても競技会に参加できる状態ではなく、約3年間 「半引退状態」 だったフラウを急きょ、ソロモンの代替として参加することを、GRTA事務局ならびに役員の方々に許可頂きました。

丸3年、GRT競技から離れていたフラウ姐さんですが、ソロモンの出場枠に、そのままスライドさせたので、「ミドルクラス」の競技に参加しました。
3年間、離れていたとは言え、フラウ自身は 「アドバンストクラス」の為、なんか気持ちよさげに競技を終了し、 ミドルクラスの4位で6ポイントを獲得!

この蓼科の競技会で、フラウが1~2ポイントしか獲得できなかったのなら、今回の霧ヶ峰の競技会では、迷うことなくソロモンと出場したと思います。
しかし、蓼科でフラウが6ポイントを獲得したことにより、今回の霧ヶ峰の成績如何では11月に開催される ファイナル = チャンピォンシップ = 決勝戦 への進出も可能となった為、迷いに迷いました。

① フラウとソロモンを同じミドルクラスに出場させる。(カミサンとかの介添えがあれば別だが、一人で同じクラスの2頭だしは、結構きつい)

② 将来を見据え、現役犬たるソロモンを優先させる。 (しかし、霧ヶ峰で優勝でもしない限り、ファイナル進出の可能性は、かなり低い)

③ 現役犬のソロモンを切り捨ててでも、フラウとのファイナル進出を狙う

で・・・ 結局 現役犬のソロモンが切り捨てられ(苦笑)、半年前まで約3年間、ほぼ引退状態だったフラウとの参加に的を絞ることにしました。
回収意欲の塊である反面、制御の難しい 「小型高速ロケット」 のソロモンとの出場は、来年以降に改めて・・・


まあ、フラウとの参加を決めて申し込みをした後の、心穏やかなことと言ったら。。。(笑)
『安定のフラウ』ちゃん、大崩れすることがありません。 ストップホイッスルを吹けば、必ず止まる・・・という信頼感と安心感だけでも、ソロモンロケットとは大違い。


JRが まだ「国鉄」と呼ばれていた頃、「フルムーン旅行」という言葉が流行りました。
確か、ご夫婦合計で100歳を超えると、申し込む資格があったはず。



現在、10歳5か月のフラウ姐さんを人間の年齢に換算すると、50歳代半ばの私との合計では100歳を超えるはず!
あと何年間、フラウと一緒に旅行できるだろうか??? と考えると、競技会参加が目的とは言え、まさに私とフラウの「フルムーン旅行」のような旅でした。

e0204314_14433227.jpg

 
e0204314_14434373.jpg
e0204314_1443533.jpg
e0204314_14444985.jpg

e0204314_1445952.jpg

e0204314_14452155.jpg

昨年も宿泊したペンションは、ワンコ用のシーツカバーや、掛布団カバーを用いれば、愛犬との同衾(どうきん):笑 もOKでしたので・・・
e0204314_14481348.jpg

e0204314_14482572.jpg


さあ、そして競技会へ!!
そのお話は、次回に・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
  
[PR]
by gundogclub | 2015-10-05 14:54 | レトリーブ (GRT)