ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

目標のひとつを達成


今日は、フラウ & 美琴 のコンビで、野原へ!!
美琴を迎え入れた当初、目標にしていたことの一つを達成できました。
その写真が ですが、説明は おいおい・・・
e0204314_10381586.jpg


まずは、フラウ & 美琴 のフリーラン。
フラウ&美琴のコンビで野原に行くのは、今日が2回目ですが、1回目と比べ 「ただひたすら、フラウの後ろをついて走る」 という感じでは、なくなってきました。
とは言え、撮影した写真は2頭一緒に写っているものが多いのですが。
e0204314_10424255.jpg

e0204314_1043297.jpg

e0204314_10432128.jpg


そして、貴重な(笑) 写真をご紹介。
e0204314_10453388.jpg

フラウ姐さん、顔を上に向けて浮遊臭気をとっています。 ( 高鼻 と表現します)
と同時に、美琴も同じ方向に向かって飛び跳ねながら、臭気をとっています。
2頭同時に駆け寄って飛び込んだ草むらには、兎が潜んでいました。
フラウはよくある事ですが、美琴ちゃん よく判ったねぇ~!!

その後、 『美琴を迎え入れた当初、目標にしてきたこと』 を試してみました。
結果は、大成功!!
目標とは 「他の犬と一緒に、ボールのレトリーブ遊びが、できるようになること」 です。
今日の、フラウ&美琴の紐付きボール遊びを、順を追って説明しますと・・・

【第1ステージ フラウ姐さん 余裕のレトリーブ】
2頭同時に、私が投げた、紐付きボールを追わせたのは今日が初めてでした。
当初、美琴は ボールが地面に落ちるのを確認してから追いかけていたので、フラウ姐さんは余裕のレトリーブ。
「小娘なんかに、まだまだ負けないわよっ!!」と余裕の笑みを浮かべている写真もあります。
e0204314_10574116.jpg

e0204314_10575914.jpg

【第2ステージ フラウ姐さん 本気 (マジ) になる】
美琴は、何度かやっているうちに 「パパがボールを投げる姿勢に入った瞬間から走ればいいんだ!」と理解したようです。
まだ生後8か月で、「意図的に、ぽっちゃり体型」にしている美琴ですが、走るのが本当に速いです。
私が投球姿勢に入ると同時に走るようになった藻琴に対し、フラウ姐さんは余裕が無くなりました。
本気モードで、ボールに突っ込むフラウ姐さん!
e0204314_1125642.jpg

e0204314_1131425.jpg

【第3ステージ フラウ姐さん 若い子には負けるわ】
要領を覚えた美琴ちゃんに対し、フラウ姐さんは、アドバンテージが無くなりました。
しかも10歳を過ぎたオバサンと、体力が上り坂の美琴では、持続力の差が顕著・・・
投数を重ねるごとに、フラウは美琴に敵わなくなり・・・ 美琴の独壇場。
e0204314_1194535.jpg

e0204314_1110248.jpg

e0204314_11102189.jpg


美琴ちゃん、このように他の犬と一緒に、ボールのレトリーブ遊びが出来る様になりました。
次からは、もうフラウ姐さんでは体力がもたないと思います。
美琴の上り坂の体力に付き合ってボール遊びができるのは、もはやソロモンだけかも・・・
そして、初めて会う犬にも友好的な美琴は、おそらく他のお家のワンたちとも、ボールのレトリーブ遊びが可能だと思われます。
今度、スクールの生徒さん (ワンズ) たちとも、ボール遊びをさせてみよう!

そして、紐付きボール遊びの次の目標は、フリスビー遊び。
黄金の矢、クワン姉ちゃんの出番です。
上手くいけば、図らずもクワン後継の 「我が家のフリスビードッグ 美琴」 が誕生するかもしれません。
e0204314_11231423.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-29 11:23 | MY TALK

優れものかも!


今日は、 「掃除機ネタ」 です。

結婚し、長男が生まれ、シャドーを迎え入れ、次男が生まれ、そしてフラウを迎え入れるまで。。。我が家の掃除機は、国産家電メーカーの紙パック式の掃除機でした。
ごくごく普通の、1万5千円位で売られている掃除機でしたが、支障はありませんでした。
それは、シャドーもフラウも、「十分に散歩をしたり、野原で運動をさせれば」あとは排泄の時くらいしか庭に出ない犬たちだったので、さほど家の中に土を持ちこむことが無かった為です。

その後、クワンを迎え入れたのですが、クワンはどんなに野原で運動をさせても、帰宅後に庭を 「一人遊び」 で走り回る娘でした。 庭と居間の仕切りのガラス扉を開放して、常に庭と居間を行き来できる様にしたのは、クワンが我が家に来た後のことです。

次に迎え入れたエステルは、クワンをバリケンに入れておきさえすれば、排泄の時以外は庭に出ないのですが、クワンと一緒にすると 居間と庭を使用して 「大運動会」 を繰り広げるので、途端に家の中が土っぽくなりました。

この時点で紙パック式の掃除機が壊れたので、 『国産のサイクロン掃除機』 に買い替えました。
国産を選択したことに、特に理由はありませんでした。
強いて言えば、世界的に有名な米国のサイクロン掃除機 (以下、Dと略記) に比べ、幾分 安かったから。。。

ところが、この『国産のサイクロン掃除機』の脆弱な事・・・
「購入しては1年もたずに壊れる」が2回、続きました。メーカーを変えてみても壊れることに変わりはありませんでした。

2代目の国際サイクロン掃除機に至っては、購入してから8か月ほどで壊れたので、メーカーに問い合わせをしましたら、使用状況を尋ねられ説明しました処、 玄関で靴を脱ぐ日本の生活様式を想定して製造しているので、お宅様の様な使用は想定していません との回答・・・

ならば・・・と意を決して D掃除機を購入。
D掃除機の吸引力の強さには驚きました。 元々は青かった居間のカーペットが、灰色に変色していたのですが、それが見事に元の青いカーペットに蘇ったのです!!
吸引力の強さと、掃除機作動時の音の大きさ・・・ それが、D掃除機を使用した最初の印象でした。
しかし、「吸引力が変わらない」という謳い文句とは裏腹に、徐々に吸引力が落ち、いつの間にか 「音だけうるさく、ゴミを吸わない掃除機」に・・・
マニュアルを見て、メンテナンスはしていたのですが、メンテの仕方が不十分だったのかもしれません。


掃除機は、たいてい大型量販店で購入するので、「3年無料保障」とか「5年無料保証」などが、ついているのですが、車のディーラーなら自分の車を修理してもらっている間、「代車」を用意して貰えたりしますが、大型量販店でも 「代掃除機」 は貸してはくれず、修理完了まで掃除をしない訳にもいかず、結局は修理しないで新たに掃除機を購入することになります。
本当は、「壊れた掃除機を修理しつつ、新たにもう一台、購入する」という 「二台体制」 にしておくのがベストなのかもしれませんが、予算の関係もあり。。。

D掃除機の吸引力が落ちてきたので、ネットで 「フルメンテナンス済」 という中古D掃除機を購入したのですが、メンテナンスしてあっても中古は、やはり中古で、これは4か月程度しか、保ちませんでした。 結局、我が家の物置には、吸引力の落ちたD掃除機が2台、転がっているはめに・・・


新しい掃除機を購入せざるを得なくなり、その際に家内から ゴミを捨てる時とかメンテナンスの時に、息苦しくなるから、サイクロン式は止めて欲しい との要望が出されました。
家内は、気管支系が弱いので サイクロン式掃除機の吸塵容器を開けてゴミ袋にゴミを入れる時など、もわっと舞い上がる埃や土で咳き込むことがあります。
一度、咳き込も始めると、なかなか収まらないので、見ていて可哀想でした。

色々と検討して結果、 ①紙パック式掃除機  ②靴を履いたまま室内外を行き来する生活様式下で使用されている掃除機  ③可能な限り、排気が綺麗な掃除機 として候補にあがったのが、スウェーデンの エレクトロラックス社の掃除機 でした。
私の友人が長年、愛用し 「丈夫・吸引力が強い・頻繁にモデルチェンジしない」 ということで、推奨していた掃除機でもあります。

購入して、まだ1週間ほどですが、
① 吸引力が強い割には、音がとても静か。
② 紙パックが特殊で、紙パック交換時に手が全く汚れない。
③ パワーノズル (T型ノズル) のブラシに巻き付いた毛を除去するのが容易 (国産メーカーはネジを外さないと毛の除去ができない商品も多い)

など、かなり 使い勝手が良いです。
とても気に入りました。 吸引力だけではなく、環境にも配慮が為されていて同じスウェーデンのメーカーであるボルボになぞらえ、 「掃除機のボルボ」 とも言われているそうです。
同じ四輪駆動車でも、スウェーデンとアメリカでは「理想とすべきこと」に違いがあるのと一緒かもしれません。


この掃除機、もっと 「犬を多頭、飼っている人々」 に認知されて欲しいですね。
広告宣伝力やマーケッティング・マネージメント力の差があるのでしょうね~。
今日、日本では 「多頭数の犬と暮らしている = D掃除機」 みたいな感じになっておりますが、エレクトロラックスも十分に 多頭犬飼育家庭用の掃除機 として通用すると思います。
ゴールデンレトリバーとかフラットコーテッドレトリバーが室内にいるような写真を挿入したカタログも作ればいいのに・・・

と、頼まれもしていないのに 本日は エレクトロラックス社の掃除機を推してみました。
埃っぽい話でしたので、最後に 我が家の「萌えセンター」 カノンちゃんの写真を。。。
e0204314_10261871.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-24 10:32 | その他

おかえり・・・


昨日、長男と カノンちゃんを引き取りに行ってきました。

カノンちゃんは、自宅に戻る車中で、初めて会った長男に顔をこすりつけて、ゴロゴロと喉を鳴らして、ご機嫌でした。

わが家に到着してすぐ、2階への階段を上り、迷うことなくトイレへ!
e0204314_97577.jpg

トイレの後は、これまた初めて会った次男と、紐で遊び・・・
e0204314_985633.jpg

e0204314_99796.jpg

先住猫とも遊び、その後 ルナがお気に入りだった椅子に座って寝てしまいました。

夜には、カミサンのベッドに飛び乗ってカミサンの枕元で丸くなり、未明には今度は長男のベッドに潜り込んで寝たらしいです。
これらの行動は、全て天国に旅立ったルナちゃんと全く同じ。

そう言えば、長い尻尾に黒い輪が3本あって、尻尾の先端が黒いところも、ルナちゃんとカノンちゃんは、一緒!!

何年も前から一緒に暮らしているかのような、カノンちゃんの様子に思わず 『ルナ! お帰り!』 と言いたくなる程です。
まあ、あまりルナとの類似点ばかりを探すことは、カノンちゃんに失礼だし、可哀想だけれど、それにしても そっくり。。。

預り親さんが、夜中に何度も起きて授乳して育ててくださった、カノンちゃん・・・
本当に、ありがとうございました。
カノンちゃんを、大切にします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-22 09:20 | その他

カノンちゃん


昨年の秋に、我が家の最先住愛玩動物であった エジプシャン・マウ (猫種) のルナちゃんが天国に旅立ちました。
e0204314_12393070.jpg
 

エジプシャン・マウって、「古代イエ猫の血をひいている」と言われておりますが、まあ パッと見は、日本の 『キジ猫』 と、あまり変わりません。

生まれてこのかた、猫との暮らしが絶えたことの無いカミサンと、カミンの遺伝子に色濃く影響されている長男が 「また、ルナのような猫と暮らしたい。 エジプシャン・マウではなく、キジ猫でもいいから、可愛い子猫がいたら、引き取りたい」と言い出したのが、今年の3月頃・・・

で、明日 キジ柄の子猫 (元 遺棄子猫) を、迎えに行くことになりました。
現在は、預り親さん宅におります。
名前は、カミサンと息子たちが話し合い 「カノン」 に、決まりました。
かなり遠方なので、明日の未明に長男と共に自宅を出発します。

カノンちゃん、手の裏が真っ黒なところも カミサンや長男にとっては 「萌えポイント」 なのだそうです。 私も、この写真を見る度に、なんか顔が、ほころんでしまいます。
e0204314_12501927.jpg

e0204314_12503120.jpg

カノンちゃん! 明日、迎え行くから もう少しだけ待っていてね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-20 12:52 | その他

フラウ 4位


5月10日に、蓼科の牧場で開催されたGRTAの2015年度 2回目の競技会。
ソロモンの怪我で。急きょ代役として出場 したフラウ姐さん・・・。

ソロモンが所属している "ミドルクラス" に、スライド出場したフラウは ”アドバンストクラス” に所属しているとは言え、GRTA競技会からは3年間、離れておりました。

昨日、蓼科の競技会の結果が、送られてきました。
競技会当日は、順位発表の前に帰ってしまった為、そしてその後 GRTA事務局に問い合わせをすることも、しなかった為、昨日までフラウの順位を知りませんでした。

結果は ミドルクラス出場22頭中 4位
競技会翌日に書いたブログでも 『4種目ともクリアしたペアの中の下位』 と推測しておりましたが、4位という順位には、ちょっと びっくり・・・
もっと低い順位だと思っておりましたので!
e0204314_18234378.jpg


競技成績も、さることながら フラウと競技会に出場した前後から フラウ姐さんは以前の覇気が戻ってきました。
一時は、生後数か月の美琴にマウンティングされても、困惑した様子で立ち尽くしていたフラウ姐さん・・・
最近では、美琴がマウンティングの素振りを見せようものなら、押さえつけ転がし、美琴の首筋を咥えて 「いい加減にしなさいよ! この小娘!!」 という感じ。
美琴ちゃん、茫然。。。(苦笑)
フラウ姐さんの 「覇気と闘志の維持」 のためにも、もう暫く フラウとGRT競技に出場することにしました。

それにしても、3年間ほとんど練習をせず、 ”ぶっつけ本番” で4種目ともクリアし、4位に滑り込んだフラウ姐さん。。。
かたや、我が家の 「現役主力戦闘機」 であるソロモンは 週に3回は練習しているのに(苦笑)、ミドルクラスでの停滞が続きそうな感じ。

冗談だけれど、今回フラウがミドルクラスで獲得した6ポイントを、ソロモンに譲ることが、出来ればなぁ~。
そしたら、ソロモンも ”アドバンストクラス” に昇格できるのですが・・・
もっとも、ミドルで 「もがいている」 ソロモンが、アドバンストの競技に出場しても、手も足も出ないのですがね。

フラウちゃん ありがとう&おめでとう!
やはり、まだまだ ダンスのパートナーには、あなたが必要です。
e0204314_18214718.jpg

e0204314_1822119.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-11 18:25 | フラウ (GSP)

満足しつつも・・・


facebookに、非公開の 『ワーキングコッカー限定』 のサイトがありまして、私は そのサイトのメンバーになっております。
そのサイトは、入会するにあたり 所有するワーキング・コッカーの、父母・父方の祖父祖母&父方の曽祖父と曾祖母・母方の祖父祖母&母方の曽祖父と曾祖母の血統書名を記入し、(ワーキング・コッカーではなく、イングリッシュ・コッカーやイングリッシュ・スプリンガーの血統が混入していないか、確認するためらしいです)、そのうえで入会が認められる・・・という、ちょっと面倒なサイト。
入会者の大部分が英国在住の人であり、交配の相手探しに用いることも目的の一つとして運営されているサイトの為、曾祖父の代まで遡っての記入が必要。。。らしいです。

まあ、英国から遠く離れた日本で、しかも一頭だけしかワーキング・コッカーが居ない私にとっては、血統云々はどうでも良いのですが、ワーキングコッカーの愛好家たちが撮影した、ダミーやゲーム(撃ち落とされた鳥)を咥えて駆けている写真の数々を見ているだけでも楽しいので、それらの写真見たさに入会したようなものです。
e0204314_993460.jpg

e0204314_910383.jpg

先日、ソロモンのダミー・レトリーブの写真を、このサイトに投稿しましたら 『おたくのコッカーは、ダミーより実際に撃ち落された鳥の回収の方が、得意じゃないの?』と英国のファンシャーからメッセージをもらいました。

「どうして、そう思ったのですか?」と返信しましたら、長々とご返答を頂きまして、要約しますとKC(イギリスのケネルクラブ)の ワーキングテストは、養殖雉や あるいは野生のシギなどを用いて 鳥を草むらから飛び立たせる ➡ 射手が鳥を撃ち落とす ➡ 撃ち落とされた鳥を咥えて回収する という手順によって行われるそうで、血統書に記入されているFTCH(フィールドトライアル・チャンピォン)とは、このように実際の鳥の回収作業の優劣により冠されるものです。

そしてダミーを用いた回収競技には、ダミーを用いたレトリーブトライアルに向いたワーキングコッカーの血統が別にある のだとか・・・

どう違うかと言うと、レトリーブトライアル血統は、よりフォーマルで オビィディエンス能力とステディネス能力の高い 「優等生タイプ」 なのだとか・・・

確かに、ソロモン君の血統書は、遡るとFTCHの赤文字だらけ・・・
近親もFTCHが、ぞろぞろ。
だからソロモンは、あんな 目玉グルグルの興奮MAXレトリーブなのかっ!!!(笑)
e0204314_9384650.jpg


それでも我が家で最も綺麗に ノーリードのヒールウォークが出来るのは、やはりソロモン君。 
興奮さえしなければ、オビィディエンス能力も、かなりのもの! ← 自画自賛
ソロモンのスピード、そしてダミーレトリーブに対する意欲を見るにつけ、ワーキング・コッカー・スパニエルという犬種と出会えたことは、感謝でしかありません。
もしかすると、爺さんになってもソロモンは、落ち着きなく、興奮も高く、ステディネスあふれるダミーレトリーブなんか、出来ないかもしれないけれど、それはそれで私の考え方次第。

とは言え、「自分は実猟はしないけれど、コッカーを相棒としてレトリーブトライアルを楽しみたい。その為に、ダミーレトリーブに長じた血統のWC(ワーキングコッカー)を手に入れたい!」などと考えた場合には、それが叶う英国が 羨ましくはあります。

でもね ソロモン!!
「ボクは、本物の鳥を探し出して、回収するのが得意な家系なので、ダミーはちょっと・・・」なんて、言い訳は無しだよ!
これからも、私の相棒として、時には真剣に練習もしてもらうけれど、よろしくな!!
e0204314_9501556.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-10 09:55 | ソロモン (WC)

模倣する力


写真は、野原の木にとまっている鳥を見上げる美琴ちゃんです。
e0204314_8545722.jpg

e0204314_8551484.jpg

我が家に来た当初は、鳥に全く興味の無かった美琴ちゃん。
空を飛んでいる鳥は もとより、庭の木々やフェンスに とまっている鳥にも全く反応しませんでした。

我が家では、居間と庭を隔てるガラス扉を解放して、庭と居間の行き来が自由にできるようにしている時間があります。
フラウやエステルは、ドッグベッドで寝転がっていても、庭で鳥のさえずる声がすると、猛ダッシュで庭に飛び出して行きます。
さえずりが全く聞こえなくても、フラウとエステルが ほぼ同時に飛び起きて、庭に駈け出して行くこともあります。 そうしますと、2頭が見上げる木の枝に鳩が、とまっていたり・・・
あれは、「羽音」で気配を感知しているのでしょうかね? 私には何も聞こえません。

我が家に迎え入れた当初、美琴ちゃんは たびたび猛ダッシュで庭に飛び出していくフラウ&エステルを見ても、何が何だか解らかったらしく 「何? 何? 何かあるの?」 という感じで立ち尽くしておりました。

が、そのうち 「姉さん達は、鳥に反応しているのだ」 ということを理解したようです。
そして、今では・・・ フラウ&エステル&美琴が、ほぼ同時に鳥の気配を察して、庭に飛び出して行くようになりました。
フラウやエステルより一瞬、早く察知して美琴が一番に飛び出していくこともあるので、当初は単に模倣していたものが、現在では完全に理解して、自らの意志で 庭に飛び出しているのだと言うことが解ります。

おまつさえ、美琴ちゃんは木に とまっている鳥にポイントする様になりました。
鳥の気配を察して庭に飛び出して行ったフラウ&エステル&美琴・・・
英独ポインターがポイントするのは当然として、 中折れ耳の雑種犬まで、鳥を見上げてポイントしている姿には 『後天的学習』 という言葉が頭に浮かびます。
ちなみに、美琴ちゃんより遥かに長い時間、フラウやエステルと暮らしているクワンは、鳥の気配には全く反応しません。
目の色を変えて庭に飛び出していくポインターの姉さま達を横目に、寝ころんだまま・・・


話は変わりますが、居間のバリケンに入れると何時間でも静かに待機ができる美琴ちゃんでしたが、最近 ピーピーと可愛らしく鼻を鳴らして 「出してぇ~」 とアピールするようになりました。
居間での、バリケン待機中に 鼻を鳴らして 「出してくださいアピール」 をするのは、我が家では、ソロモンのみ!
ソロモンの様子を見て 「バリケンで待機中、鼻をピーピー鳴らすと、必ずではないけれど、出してもらえる事もある」 を理解したようです。
ただ、「ピーピーと鼻を鳴らしても、出してもらえない時もある」という事も美琴は理解している様で、少しばかり鼻ピー・アピールを試してみて、私が無反応だと諦めて鼻を鳴らすことを、やめます。
「出してもらえるまで鼻を鳴らす犬」では困りますが、トライしてみて ダメなら諦める ・・・ という範囲なら、鼻ピーも愛嬌の一つです。


このように、美琴ちゃんは 他の犬の様子を観察し、理解し、模倣し、自分のスキルとして取り入れる力 に長けています。
ただし、全てを理解し、模倣できる訳ではありません。

美琴ちゃんを庭のフェンスに繋ぎ ソロモンと ボールを投げる ➡ ソロモンがボールに駆け寄る ➡ ソロモンがボールを咥える ➡ ボールを咥えて私の足元まで戻る ➡ 私にボールを渡す ➡ 私から、ご褒美を貰う の一連の手順を何度も美琴に見せているのですが、スムーズに出来るようになったのは、ボールを咥えるところまで・・・

そもそも、以前は私の足元に来るのも怖がっていたので、このレトリーブ遊びは無理でした。
今でも、ボールを咥えて私の足元に戻る、 戻る途中で口からボールを離してしまう、 ボールを咥えたまま逃げる と、その時によって、まちまち。
まあ、ボールを追いかけて咥えるまでは、「動いているものを追い、咥える」という本能行動に基づいたものですが、「咥えて足元まで戻る」は 「作業行動」 ですので、おいそれとはいきませんね。
美琴ちゃんが 「咥えて逃げ回ったり、口から離してしまうより、手渡してもう一度、投げてもらった方が楽しい!!」 と思えるようになったら、飛躍的に上達する気がします。

「動くものを追う」という本能行動には、とても強いものがある美琴ちゃんなので、今でもボールやフリスビーを投げると、物凄いスピードで追いかけます。
あとは、「咥えたら、パパの足元まで戻る」 さえ馴致されれば、美琴とドッグスポーツを楽しむことも、夢ではないと思います。
e0204314_9545041.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-06-04 09:58 | MY TALK