ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

またしても雨?


今度の日曜日は、長野県の牧場で2014年の GRT競技会 ファイナル(決勝戦)。
ソロモンは、ノービスクラスのファイナル戦に出場します。

今年の3月にGRT競技会にデビューしたソロモン。
3月のデビュー戦を経て、4月のノービス参戦2回目で3位に入り、5月の競技会からミドルクラスに昇格。
そして台風接近する中で行われた10月のミドルク2回目の競技会を経て、2014年のGRT定例競技会は終了。
結局、2戦しか出場していないミドルクラスでの順位は15位でした。
敗者復活戦出場を経て、ミドルクラスのファイナルを目指すことも考えましたが、まあミドルクラスのファイナル出場は、来年の目標ということにして・・・


ところで、今度の日曜日は、千葉も長野も 曇り時々雨 の予報・・・
前回、霧ヶ峰の競技会で 強い雨が降り続く中 寒さにブルブルと震えていたソロモンの姿を、どうしても思い出してしまいます。

ソロモンの名誉のために申しますと、ソロモンは 決して濡れる事を忌避する犬ではありません。
私が練習で使用している野原は、夏の間 朝露がひどく ソロモンは連日 耳からボタボタと水滴を垂らしながら走り回っておりましたが、へっちゃらでした。
濡れても、動き回ってさえいれば平気。 しかし真夏でさえ全身ずぶ濡れになった後、杭などに繋いでおくと、少し震えておりましたので 『耐寒性』 がある犬種とは、言えないような気がします。


一昨日から、長野の競技会開催地の週間天気予報で 雨模様となることは判りましたので、保温性の高いレインスーツを購入することも考えました。
ネットで発注すれば、土曜日頃までには自宅にレインスーツが到着するのではないかと・・・
しかし、生まれてから約3年 一度もレインスーツを着せたことのないソロモンに、泥縄式にレインスーツに慣らそうとしたり、あるいは競技の度に着せたり脱がせたりするのも、どちらもあまり良い結果を生みそうにないので、ソロモンのレインスーツ着用計画は、中止にしました。


そんな訳で、雨が降ろうが 寒かろうが 前回の霧ヶ峰と同様、素のままで競技に参加することにしました。
雨と寒さで震えだして、レトリーブ意欲が損なわれたり、集中力が切れるようなら、それはそれで諦めるしかないかな・・・と。

本日は、ソロモンと野原で少し練習をしました。
楽しそうに、ニコニコと笑っているソロモン。
君は、野原では、いつも楽しそうだねぇ~
この笑顔が、日曜日も続くことを、願っています。

e0204314_1828713.jpg

e0204314_18282264.jpg

e0204314_18283475.jpg

e0204314_18285115.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-30 18:32 | ソロモン (WC)

変則ダブル・レトリーブ


ソロモン君と、ダブル・レトリーブの練習をしました。
『ダブル・レトリーブ』 と言っても、ちょっと変則的な練習を・・・

ソロモンは、「ダミーを2個」 とか 「ボールを2個」 とか、同じツール(回収対象物)を用いた練習では 「パパが腕で指し示した方から回収する」 という約束事は、比較的早く 習得できました。
と言うより、最初から ダミーやボールを複数個 回収させる練習を始めた時点で 「指示を伴う回収」 で練習をしたソロモン君。
「どちらでも、好きな方から回収していいよ!」 という方法で練習(遊び)を、したことは、ありません。

ところで、ソロモンはパピー ~ 生後2歳くらい までは、ボールよりダミーが好きな 奇特な犬(笑)だったのですが、フラウ姐さんやクワン、エステルとのボール遊び (レトリーブ競争) を通して、ボールも大好きになってしまい、最近では以前とは真逆で ボール > ダミー になってきました。

で・・・
今日は、あえて ボールとダミーを用いた ダブル・レトリーブの練習。
ボールとダミーを投げ、指示でボールから先に回収させたり、ダミーから先に回収させたり・・・
最初は、何度かボールの方へ行きたがる素振りを見せましたが、すぐに練習の意図を理解したようで、指示どおりの回収ができました。
e0204314_1684913.jpg

今度は、 ソロモンを停座させ 左前方に匂いの強いレバーなどを煮たものをお皿に入れて 右前方にダミーを置いて、ダミーの方を指し示して ソロモンがどんな動きをするか、試してみたいと思っています。
「誘惑物」 とか 「犬自身の意志」 よりも、指示(腕で指し示した方向に直進し、回収する)を優先する練習・・・ 怖い声で叱ったり、威圧したりして馴致するのではなく 『さしあって、指示された回収作業を優先しよう』 という心を育てながら訓練をしていきたいと思っています。


ここからは、オマケ
今日の野原には、フラウ姐さんも一緒でしたので、ちょっと 「おさらい」 をしてみました。
紐付きボールを投げ、回収に向わせます ➡ ボールを咥えて戻る途中でストップホイッスル ➡ 咥えたままの即時停座
しばらく、練習しておりませんでしたが、フラウ姐さんは忘れてはおりませんでした。
e0204314_16203531.jpg

ついでに、ソロモン君も、同じ練習。
e0204314_1621562.jpg


「ダミーを咥えて戻る途中に、ダミーを咥えたまま停座」 とか  「ダミーを咥えて戻る途中に、ダミーを咥えたまま伏臥」 などはGRT競技会では用いませんし、そのような競技種目もありません。
ただ、自分なりに 「競技には無用だけれど、出来る様になって欲しい回収作業」 が、いくつかあって、その練習は競技の種目に関係なく、我が家のガンドッグたちには見につけさせたいと思っています。

例えば、今はフラウ姐さんしか出来ませんが

1本目のダミーを咥えて駆け戻る ➡ 咥えたまま停止(停座)のホイッスル ➡ 咥えていたダミーを口から離す ➡ 2本目のダミー(ブラインド)に向う ➡ 2本目のダミーを回収して戻る ➡ 口から離した1本目のダミーを回収に向う などの連続作業を、ソロモンにも出来るようになって欲しいと思っています。
思いっきり画質悪いですが、咥えて戻る途中、停止してダミーを口から離し、別方向のダミーに向うフラウの姿だけは、ご確認できると思います。 かなり以前の動画なのですが・・・



受験勉強をする時に 「試験では出題されない範囲だから勉強を省く」 のは効率的かもしれませんが、出題されない範囲であっても 「知ることが不必要」な訳ではない・・・ というのと、同じ事だと私は考えています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-27 16:47 | レトリーブ (GRT)

JUMP! JUMP!

11月に開催される、GRTAのファイナル(決勝戦)では、ミドルクラスとアドバンストクラスは、障害物越えの競技種目を行うと、事務局から連絡がありました。
ソロモンが出場するのは、ノービスクラスなので、障害物飛越は ありません。

フラウ姐さんが、アドバンストクラスのファイナルに出場していた頃にも、障害物飛越種目があればよかったのになぁ~。
この写真を撮影した、今から5年ほど前なら 1.2m位のネットや柵は平気で飛び越えていました。
e0204314_1002888.jpg

e0204314_1004441.jpg

つくば市にあります 『ドッグスポーツ広場』 をご存知の方にしか解らない例えで申し訳ないのですが、フリスビー競技の時に、咥えて戻る途中のフリスビーを口から離し、隣接している牧草地との境に建っている金属フェンスを飛び越えて、牧草地に潜む雉にポイントした経歴もお持ちのフラウ姐さんなので・・・(苦笑)
あの金属フェンスは、1.2m以上はあると思います。

で、facebookに 「以前は、こんなにハイジャンプができたのに・・・」 という趣旨の話を書き写真を掲載ましたら、 「うちの犬だって!!」 と、何枚か「愛犬自慢」の写真を添付して頂きました。
e0204314_1091856.jpg

e0204314_1095546.jpg

e0204314_10101027.jpg


みんな、見事なジャンプ!
ネットより、木の柵や木製フェンスの方が、絵になりますね。

今年に入ってからも、フラウ姐さんは9歳を過ぎたオバサン(オバアサン?) にも係らず、果敢にネット越えのジャンプを!!
e0204314_1015989.jpg

e0204314_10152913.jpg

ただし、同じネットでも 5年ほど前に撮影した時よりも、少しネットの高さを低くしてあるのですが。。。


フラウ姐さん、様々なシーンで、意欲と覇気の減退が、目立ってきました。
レトリーブトライアルに関しては、2015年の第一回目の競技会 (3月頃開催) を、フラウの 『引退試合』 にしようと考えていたのですが、果たして来年の3月まで、回収意欲が継続するのか、ちょっと微妙・・・

とは言え、相変わらず野原に連れて行きますと縦横無尽に駆け回り、茂みから雉を出したり、兎を追いかけたり。
以前にも増して、私と二人 ONE&WAN のフィールドでは、笑顔で楽しそうなフラウ姐さん。
競技どうこうは別として、フラウと野原を散策する時間は、私も本当に楽しいです。

e0204314_10251153.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-23 10:29 | フラウ (GSP)

フラウと海へ!


LADFでのレッスンの後、LADFの近くにある海岸に、フラウと遊びに行きました。
e0204314_948435.jpg

10月中旬の海岸には、ちらほらとサーファーの姿が見えるだけ・・・
誰もいない10月の砂浜で、フラウと 紐付きボール で、レトリーブ遊び。
e0204314_952161.jpg

e0204314_9524446.jpg

e0204314_953647.jpg

ボールを追いかける瞬発力は、年老いた(9歳6カ月)とは言え、目を見張るものがあるフラウ姐さん。
スリムな体型を維持しています。
e0204314_957346.jpg

私は、ニンゲンの女性であるか 動物の牝であるかを問わず、美しく引き締まった足(脚)が大好きな 【足フェチ】 ですが、フラウの引き締まった太ももから足首にかけてのラインが大好き!
e0204314_9575719.jpg

こうして写真で見ておりますと、数年前と何ら変わらないように見えるのですが、スタミナ(持続力)は、かなり衰えてきました。

昨年までは、紐付きボールのレトリーブ遊び では、私の方が投げるのが辛くなってきて 『フラウ~ 肩が痛くなってきたし、疲れたし、そろそろ終わりにしない?』 とか言っていたのですが、今回は 15投(40m×往復×15=1,200m) 位で、フラウの方から 「もう、そろそろ疲れました! もう、満足よ!」 とアピール。


そう言えば、自宅の庭でのボール遊びも、昨年までは 一番張り切って嬉しそうにしていたのはフラウだったのですが、ここ数カ月は 他の犬との 「合同ボール遊び」 の際には、仲間に加わらなくなってきました。
エステルとクワンとソロモンが、目の色を変えてボールを追いかけている時に、フラウは庭の隅で木の棒を齧っていたり・・・

いつの日か、野原で あるいは浜辺で フラウを相手にボールを投げても、ボールの行方を目で追うだけで、ボールを追いかけなくなる日が、来るのかもしれませんね。

『ボール命』 だったフラウが、ボールを追わなくなる日・・・
その日を想像すると、なんか寂しい。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-18 10:19 | フラウ (GSP)

八面六臂 (はちめんろっぴ)


11月は、茶色坊主 ソロモン君に 八面六臂(はちめんろっぴ) の活躍をしてもらう月に、なりそうです。

まず 11月2日 に  GRT 2014年度 本競技会(ファイナル戦) ノービスクラス に出場。

GRT(ガンドッグレトリーブトライアル) 競技会への参加が当初の予定より1年、遅くなったソロモン君。
3月9日 2014年度定例競技会 第1戦  GRT競技会デビュー。 ノービスクラス(初級クラス) 
4月に開催された 2014年度定例競技会 第2戦 で、ノービスクラスの3位に滑り込み、ミドルクラスに昇格決定。
5月に開催された 2014年度定例競技会 第3戦 でミドルクラスにデビュー 4種目とも、なんとかクリア。
そして先週 行われた 2014年度定例競技会 第4戦 は不本意な結果に・・・

ということで、でき得れば ミドルクラスのファイナルに出場したかったのですが、ちょっと無理でした。
ファイナル戦は、年4回の定例競技会のポイント合計 上位10ペア + 敗者復活戦で勝ち上がった数ペアのみが、出場できます。

まあ、 『ノービスのファイナルに出場する』 という 2014年の目標 は、達成できましたので、来年は ミドルクラスのファイナル進出を目指して、ソロモンと精進したいと思います。
e0204314_1027501.jpg


そして、 11月16日 には JFA(日本フリスビードッグ協会)  チャレンジカップ が、つくば市で開催されます。

チャレンジカップは、言わば フリスビーの初級クラスの王者決定戦  のような競技会です。
この初級クラスの王者決定戦は、東日本王者を決める競技会と西日本王者を決める競技会が開催されます。
かつて、 我が家のクワンちゃんが 「東の3位」 に輝いたこともある 競技会です。

ただし、クワンは それなりにフリスビー競技に参加した後の、チャレンジカップ参戦でしたが、ソロモン君は昨年の11月に、たった1度、出場したのみ・・・

フリスビー競技会に たった1度 出場しただけのソロモンが、レベルの高いJFAの競技慣れした牧羊犬を相手に、どこまで健闘できるかは、はなはだ疑問ですが、頑張ってもらいましょう。

体が小さく、体重も軽いので 停止状態から短い助走距離でトップスピードに達することが出来るのが、ソロモンの長所です。

頑張れ、ソロモン!!

e0204314_10443330.jpg

e0204314_10451832.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   

 
[PR]
by gundogclub | 2014-10-12 10:46 | ソロモン (WC)

震える犬 第4回GRT 定例競技会

10月5日、GRTA 第4回定例競技会の朝は、午前4時に起床。
競技会場の 霧ヶ峰高原 までは一般道で1時間半程度を要する場所にあるペンションでしたので、午前4時半には、競技会場へ向けて出発しました。
今回の競技会は、参加頭数が多く そのため受付開始時間が6時45分と、いつもより早かったので 不案内な場所でもあり、少し早めに出発。


台風の接近に伴い、霧ヶ峰周辺のピンポイント天気予報では大雨と強風が予想されていましたが、ペンションを出発した時点では、小雨が ぱらついている程度でした。
しかし、霧ヶ峰高原を目指して山道を登っている途中から霧が濃くなり、とうとう3m程度の視界しか、ない有様になってしまいました。
車の前照灯をロービームにしていても、霧に反射して見え辛く、道路と道路脇のU字溝の境も見えず、本当に怖かったです。
まさに、霧ヶ峰の名に違わない、濃霧でした。
U字溝に脱輪しない様に、なるべくセンターライン寄りを走りつつ、事前に事務局から送られた地図を頼りに、「道の駅」の様な場所まで、たどり着いたのが 午前5時50分・・・
なるべく道路際に車を駐車し、顔見知りの方が施設内に入って来るのを待つこと40分・・・

この 「道の駅」の様な施設から、競技会場までの道順も、頂いた地図には載っていたのですが、もうどこに道路があるのかも、濃霧で見えない状態だったので、自力で競技会場に向かう勇気はありませんでした。
しばらくして、施設の駐車場の奥の方で、バタンと車の扉を閉める音がしました。
商品などの納入業者さんだったら、道を教えて貰おうとしたところ・・・ 奥側の駐車スペースに見知った車と、会員さんの姿が!
いやぁ~ 『地獄に仏』 と言うか、本当にホッとしました。 
そして、お会いした会員の方の後ろをついて行かせて貰い、なんとか競技会場に到着!


競技会場に到着し ふと車に搭載されている外気温計を見ると 4.2℃
まあ、あまり正確ではないので、何とも言えませんが 外に出ると 雨は殆ど降っていなかったのですが、肌酒かったです。
やがて、徐々に雨が強くなってきました。
e0204314_1239896.jpg

雨が降っている中、ソロモンを排泄&小散歩のために外に出したのですが、ソロモン君 元気いっぱい!
後に起こる事を予想することは、その時点では できませんでした。


開会の挨拶や競技会場の説明などが終わり、ノービスクラス(初級クラス)の競技がスタートする頃には、さらに雨が強くなってきました。
北国育ちで、かつ平均的な男性より脂肪で武装(笑)している筈の私でさえ、震えるほどの寒さ・・・


やがて、ノービスクラスの競技が終わり、ソロモンが出場するミドルクラスの競技の開始が告げられました。
車の荷室に搭載したバリケンから、元気に飛び出すソロモン!


ところが、ここでアクシデント発生。
冷たく強い雨が降り続く中、大会本部テント前で、かなり長い時間 待たされることとなってしまいました。
やがて、ソロモンが ブルブルと震えだしました。
その姿を見て 「えっ?!」 という感じ。
夏の間も、朝露でビショヒジョに濡れながら 全く気にすることなく走り回っているソロモンを見続けておりましたので 濡れることを全く気にしない犬 だと思っておりましたので・・・

ただ、考えてみると 寒い季節にビショビショに濡れているソロモン というのは、見たことがなかったかも。
冬は野原も乾燥していることが多いので 濡れる+寒い という経験 は、これまで無かったかもしれません。


他の参加犬 (大部分がレトリバー種)は、冷たく強い雨に打たれながら 平然とハンドラーの横で停座していたり、ハンドラーを見上げて尻尾を振っておりました。
改めて、レトリバー種の耐寒性を実感しました。
そういえば、我が家のフラットコーテッドレトリバー、シャドーも岸辺に氷が張っている様な湖に飛び込んで、泳いでいたような。。。

冷たく良い雨の中、平然としているレトリバーたちと、停座して前方を見つめながらブルブルと震えているソロモン ・・・  この時点で もう競技の趨勢は決していた  のでした。


とにかく集中力は無いし、笛や声符に対する反応も悪い・・・
何より ショックだったのは 第三競技の 120mのロングマーキング競技。
私は、練習の時も競技会の時も スローワー(ダミーを投擲する係) が 「マーク!」 という合図や発砲音を鳴らす直前に 腕で指し示しながら 「ソロモン マーク!!」 と口で言うのですが、私の 「ソロモン マーク!!」 の指示に合わせ、小さな体を精一杯 伸ばして ダミーが落下していく方向を真剣に見定めるソロモンの姿が好きでした。

しかし、この時は ダミーが投擲される瞬間 「ソロモン マーク!!」 という私の声を聴いたソロモンは、ダミーを見ずに 真横を向いてしまった のでした。
もう、本当に寒くて辛くて、嫌だったのだと思います。


第四競技で出番を待っている間、 ソロモンが震えながら歯をカチカチと鳴らす音 が聞こえました。
寒さで震えながら、歯を鳴らす犬を、初めて見ました。
こんな状態であったにも関わらず、第四競技のダブルレトリーブ(マーキング&ブラインド)は、力を振り絞って成功させてソロモン。
ありがとう!!


フリスビーやアジリティーの競技では、出場直前まで車の中やターフの中で待機している事も可能ですが、GRT競技は 競技場所を変えながら四種目を連続で行うので 降雨時は ずーっと雨に打た続けることになります。
事前に寒さに弱い事を知っていれば、脱着が容易なレインコートなどを用意できたのですが、「ソロモンは冷たい雨に弱い」 という認識が欠落しておりましたので・・・

結局4種目中 成功したのは2種目、昨日順位が発表され 13位/23頭中 でした。


まあ体の表面積が小さい というこは 熱が奪われるのも早い という事でしょうから、こればかりは仕方ありません。
「根性で寒さに勝つんだ! 気合だ 気合だ ソロモン おー!!」 とか言ってもダメでしょうし、レインスーツを用意しつつ、冷たい降雨と競技会が重なったら、ある程度の諦め(苦笑)も必要かも・・・
facebookの友人で、英国でラブラドールとワーキングコッカーの繁殖とトレーニングをしている方が、いるのでお尋ねしましたら やはり 『ラブラドールとワーキングコッカーの耐寒性能は、大きく異なります。ワーキングコッカーは冬場のウォーターレトリーブは1回が限度だけれど、ラブラドールなら何回でも回収に行けます』 というお答え・・・
ソロモンだけが、寒がりな訳ではなかったようです。


ちなみに写真は、ミドルクラスの競技会終了後のソロモン。
いつもは、ご機嫌でニコニコ笑っているソロモンの、こんな物調面、初めて見ました。
体をタオルで拭いてあげましたが、ペンションに戻っても しばらくは震えていましたから・・・
e0204314_1238438.jpg


ソロモンにとっては、かなりの悪条件の中、ソロモンなりに一生懸命、頑張ってくれたのだと思います。
次回・・・ 今度の競技会が 「晴れの日」 なら また一緒に頑張ろう!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-08 12:40 | レトリーブ (GRT)

信濃路へ! GRT第4回 定例競技会

GRTA(ガンドッグレトリーブトライアル協会)の 2014年度 4回目の定例競技会に出場しました。
GRTAの定例競技会は 年/4回 なので、今回が2014年度最後の競技会でした。
あとは、各クラスのファイナル(決勝戦)を残すのみとなりました。
『猫と犬と子供のいる居間 後編』 は、後日・・・

数年前までは、GRT競技会に出場するにあたり 競技会当日の早朝に自宅を出発 ➡ 競技会場到着 ➡ 競技に出場 ➡ 競技会終了後、自宅に戻る という強行軍でも平気だったのですが、寄る年波には勝てず、最近は競技会場にたどり着いた時点で、かなり疲労していることも多く・・・

今年は第2回目と3回目の競技会では  競技会当日の早朝に自宅を出発 ➡ 競技会場到着 ➡ 競技に出場 ➡ 競技会終了後、宿に泊まる ➡ 翌日、自宅に戻る という方法をとったのですが、今回はさらに 競技会前日から宿に泊まり、競技会終了後も、その宿に戻る という 「二泊三日」 のパターンを試してみました。 自宅から競技会場に到着し、すぐに競技に臨む・・・ということが、かなり辛くなってきましたので。


10日5日(日曜日)に、霧ケ峰高原で開催される競技会に向け、4日(土曜日)の早朝に自宅を出立。
そんなに早く家を出る必要は無かったのですが、高速道路の渋滞が人一倍、嫌いなので あまり高速道路が混雑しない時間に、渋滞ポイントを通過してしまおうと・・・


千葉の自宅を出て、土曜・日曜に渋滞する、いくつかのポイントを過ぎるまでは一気に走り続けました。
東京側から中央道で長野方面に行く際に渋滞するポイントをすべて通り過ぎた時点で、まだ午前8時。
そこからは、パーキングエリアやサービスエリアで、休憩をとったり、ソロモンと散歩をしたり写真を撮影したりしながら、ゆっくりゆっくりと中央道を走り・・・

e0204314_1429152.jpg

e0204314_14293424.jpg

それでも、高速道路を下り、予約したペンションに午前11時には到着してしまいました。
このペンションのチェックインの時間は、午後3時以降!(苦笑)


ただ、事前にこのペンションを予約する際に 「ペンションの近くに、ドッグランとか 広い野原とか、ありますか?」 とお尋ねしたところ 「友人が事務長をしている専門学校の芝生のグラウンドが土曜・日曜なら使わせて貰えます。 事前に話しておきますから!」 というお答えだったので、ペンション到着後に場所をお聞きして、行ってみました。

広い広い芝生のグラウンド・・・ いたのはカラスのみ。
ここでソロモンと、紐付きボールやフリスビー、ダミーなどを用いて、思いっきり遊びました。
e0204314_14353587.jpg

e0204314_14365136.jpg

e0204314_14371123.jpg

e0204314_1437301.jpg

しかし、かなり へとへと(私が) になるまで遊んでも、まだ午後1時前・・・
お腹もすいたので、専門学校の職員の方に、「この辺りで、食事ができるところ、ありませんか?」 とお尋ねしましたら、プチ観光農園のような場所を紹介してくださいました。

観光農園で、お弁当と焼き芋を食べ、ソロモンと散歩。
e0204314_14424090.jpg

e0204314_14425453.jpg

e0204314_14431094.jpg

e0204314_14432846.jpg


そうこうしている間に、やっと午後3時を過ぎ、チェックインのために、ペンションへ。

ところで。。。
今回宿泊したペンションは、リーズナブルな価格設定と、珍しいガンドッグが看板犬だったことで、宿泊を決めたのですが、ペンションに入ってみると、そこは 「オタクの館」 でした。 
客室のある2階の壁際は全て本棚で、コミック(漫画)で埋め尽くされていました。 
蔵書は、2,000冊くらい、あるそうです。

しか、オーナーの奥さんは少女漫画ではなく、深夜枠のアニメで放送する様な 「なんか冴えない男の子が急に、女の子にモテモテになり始め、でも何故か その女の子たちは尻尾が生えていたり、猫耳だったり、空から落下してきた天使だったり・・・」 みたいな、ラブコメ系アニメの 「原作コミック」 がお好きなそうで。。。

で、旦那さんの趣味は、アニメ系美少女フィギュアの作成と収集。
1階の食堂をはじめ、いたる処が美少女系フィギュアだらけ・・・

恥ずかしながら、私も アニオタ(アニメタク)なので、犬の話よりむしろ、そちら系の話で、ご夫婦と盛り上がってしまいました。


雪が降ったら、次男を連れて(スキーのため)、泊まりに行きます。
そして、来年も霧ヶ峰で競技会があるなら、迷うことなく このペンションを予約!
できれば、犬連れて あのペンションに1週間くらい、籠りたいです!(笑)


さて、翌日は 2014年度4回目のGRT競技会。
大型の台風が接近していて、午後10時を過ぎた頃から、雨が降り始め、風も次第に強くなってきました。
ペンションの部屋でも、ニコニコと ご機嫌だったソロモン君。
明日の競技会終了後も、この笑顔を見ることが、できますように!
e0204314_14503990.jpg


つづく

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-07 14:55 | レトリーブ (GRT)

猫と犬と子供のいる居間  前篇

わが家の愛猫、ルナちゃんが天国へ旅立って今日で4日目。
昨晩、家内が 『ルナとシャドーとフラウだけの頃は、我が家の居間が本当に居間らしく使われていた』 と感想を漏らしていました。

ミレミアム・イヤーの2000年に、我が家の家族となったルナちゃん。
その時、長男は2歳半くらいで、次男はまだ生まれておりませんでした。
ルナにとっては、1階も2階も全ての部屋が自分の部屋のようなもので、方々にお気に入りの場所がありましたが、家内や長男と一緒に居間にいることが多かったように思います。


1年後、2001年の10月にフラット・コーテッド・レトリバーのシャドーが我が家の家族になりました。
ルナとシャドーは、喧嘩することも無く、すぐに仲良しとなり・・・と言うか、「君たち、ちょっと仲が良すぎるんじゃないの?」という間柄になりました。
シャドーの背中の上でルナが寝ていたり、シャドーの大きな前足で押さえつけられて、全身をベロベロと舐めまわされてもルナは逃げませんでしたし・・・
家内が 「なんか、ルナは、シャドー臭い!」 とよく言っておりました。(笑)


2002年に次男が生まれ、我が家は益々、賑やかになりました。
それでも、「統制がとれていた」 と言うか、例えば家内が夕ご飯の用意をしている間、
居間のソファーでは長男が夕方のテレビアニメに夢中になり、ソファーにはシャドーも大の字になって寝転び、シャドーの背中の上にはルナ、次男は乳児用の椅子の上・・・という感じで、しばしば夕食の用意が中断されるようなことは無かったようです。


ちなみに、家内が夕食(夕食に限らず朝食や昼食時もですが)を作り、食卓に皿を並べたり準備を始めると、何も言わなくても シャドーは空気を読んで、自分からバリケンの中に入る男だったので、幼児と乳児が居ても あまりバタバタする事はなかったようです。
バリケンの扉は開いたままなので、ゴソゴソと出てきて、食事中の家族に おかずの 「おすそ分け」を要求することも可能でしたが、シャドーは、そのような事はしない男でした。
やがて、当時はまだ会社員だった私が帰宅する時間には、食事も終わり 食事後の後片付けも終わり、ソファーでは長男とシャドーがアニメビデオ鑑賞会、シャドーの背中にはルナ、家内と次男はお風呂という感じ。

ですから、私が家宅後に居間で目にする光景は、人間の子供と猫と犬が共に過ごす、多少騒がしいけれど和気藹々としたものでした。


2005年の夏に、今度はフラウが我が家の家族となりました。
フラウはシャドー兄ちゃんが大好きで、シャドーの胸や耳を噛んで、ぶらさがったり シャドーの尻尾を追いまわしたり(シャドーが寛大でフラウの激しい遊びにも、辛抱強く、つきあってくれました)と大騒ぎの毎日でしたが、不思議とルナを追いかけまわすことは無く、よくソファーで一緒に寝たり、シャドーと同様 ルナを前足で押さえて舐めたりしておりました。
写真は5歳の頃のルナと、我が家に来て10日ほどの時のフラウ。
e0204314_14455116.jpg


フラウが加わっても、シャドーのフラウに対する教育が良かったのか、我が家の居間は平穏なままでした。
ソファーでは長男と次男がアニメビデオ鑑賞会、シャドーもソファーで寝転んでいて、3兄弟が大人しくソファーに座り、シャドーの背中にはルナ。
そして、息子たちの足元では フラウがカーペットに寝そべっていて・・・
e0204314_14461698.jpg


2007年、長男が拾ってきた猫が、なんと子猫を生み、とうとう我が家は、ニンゲンの数より、犬・猫連合チームの数の方が、多くなってしまいました。

つづく

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-10-02 14:48 | MY TALK