ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

カテゴリ:フリスビー(JFA)( 48 )

W優勝!

いよいよ、ゴールデンウイークも本日が最終日となりました。
もっとも、長男が大学生、次男が中学三年生ともなると、家族で どこかへ出かける事も無くなり、普段と変わらない日々を過ごしたゴールデンウィークでした。

そんななか、昨日は つくばで開催されたJFAのフリスビー競技会に クワン&ソロモンと 参加しました。
実は、5月3日の宇都宮での大会にもエントリーしていたのですが、家内側の親戚に ご不幸があってキャンセルでした。
e0204314_05345814.jpg
e0204314_05350778.jpg
e0204314_05353942.jpg
クワン は、 シニアクラス(8歳以上がエントリー可能)に参戦。
今年の7月に、9歳になるクワン・・・ 相変わらず可愛い笑顔ですが、お顔は 随分と白っぽくなってきました。
目元も、少し垂れ下がってきた感じです。
それでも、シニア犬にしては スピードもスタミナも高いレベルを維持している様に思います。

昨日も、強い風でフリスビーの軌道が、風の影響を受ける中、鋭い突っ込みでフリスビーをキャッチするシーンも見られました。
結果は、 優勝!!  
昨年の11月末から始まった2017年シーズン・・・私の体調不良や入院などで、思う様に競技参加ができないなか、今期3回目の優勝となりました。


ソロモン
 は、チャレンジクラス にエントリーしました。
チャレンジクラスは、エントリークラス  (初級クラス) のカテゴリーですが、レトリーブクラス(一番下の、初級クラス)とは異なり、空中キャッチをしなければポイントになりません
「例え、空中キャッチできなくても、持ち帰ればポイントになる」 レトリーブクラスとの大きな違いです。

そもそも、ソロモンがフリスビー競技会にクワンに帯同する形で参加する様になったのは昨年からなのですが、ソロモンを家に置いて クワンだけを連れて出かけると、ソロモンが ふてくされて(苦笑)、いろいろと やらかすらしく・・・。

私が競技会に参加する時は、 家内が『留守番組の世話係』 なのですが、ソロモンは、家内が呼んでも庭から戻ってこなかったり、留守番組の女子にマウンティグをしようとしたり・・・で、我が家の女子チームにはソロモンに大人しくマウンティングされる女子は一頭もいない ので、逆にソロモンが制裁を受けて大騒ぎになったり・・・ という事で、家内から 「ソロモンがいるだけで、和が乱れるから、連れて行ってよ!!」との強い要請があり・・・。

と、まぁ ソロモンがフリスビー競技会に参加する様になったのは、上記のような事情からではあるのですが、「副産物」と言うか 競技会に慣れてきて、見知らぬ人や犬が大勢いる中でも、落ち着いていられる様になったのは、本業(笑)のレトリーブトライアルにも良い影響がある様に思います。

ソロモンは、スピードがあって、かつ フリスビーを空中キャッチしてからの戻りにも一切の無駄が無い のが武器なのですが、キャッチできる高低差の範囲が狭く、ジャンピングキャッチが必要な軌道でフリスビーを投げると、咥え損ねる確率がとても高い為、これまで 「12年間 体に染みついてきた投法」 とは異なる、「ソロモン用の投法」を、試行錯誤して編み出しました。
まだ、練習途中ではあるのですが、風が強い日などはソロモンだけではなく、クワンにも有効な投法かもしれません。

昨日は、チャレンジクラスとは言え ソロモン以外の参加犬は、ほぼ ボーダーコリー のなか 優勝 することができました。
これまでもチャレンジクラスで、2位や3位は何度も獲得してきましたが、優勝は初めてです。

結果、初めて クワンとソロモン のダブル優勝!! の、嬉しい一日となりました。
e0204314_05355489.jpg
ソロモンは、フリスビー競技会では、初トロフィー獲得。
優勝しても、表彰状は貰えても トロフィーは必ず貰えるとは限らないので・・・
e0204314_06243354.jpg
e0204314_06244422.jpg
こうして、我が家の2017年 ゴールデンウイークも、終わろうとしています。
話は変わりますが、先日 岐阜県の山中まで 往復1,000km を走った時にも感じたのですが、キャラバンは運転していて疲れが、あまり出ません。
ディーゼルなので、エンジン音は大きいですし、スピードも出ないのですが、座席が高く見晴らしが良く、前後左右が遠くまで見渡せるのが、50歳代も半ばを迎えた私には合っている様です。
昨年秋までの愛車は、ツインターボ搭載で アクセルを踏めば、たちどころに加速しましたが、車高が低く、前方視界を遮られることが多く、ストレスなのか 疲れが出るのが早かった様に思います。

4月でも凍結することのある岐阜県山中への遠征も終わったので、タイヤを夏タイヤに変更し・・・ついでにと言うか インチアップしてホイールも買い替えました。
「また、無駄遣いしてっ!!」と、山の神に、お小言を頂戴してしまいましたが・・・(苦笑)
e0204314_05360638.jpg
e0204314_05361807.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。


[PR]
by gundogclub | 2017-05-07 06:44 | フリスビー(JFA)

封印開放

11月19日(土曜日)、クワンとソロモンを連れて、つくばで開催されたJFA(日本フリスビードッグ協会)のフリスビー競技会に参加しました。
JFAは、11月中旬から、2017年度シーズンになっております。

19日は、朝 起きた時から既に雨が降っておりました。
天気予報では、つくば市は午前8時から降雨の予報だったのですが・・・
出発する前から雨で、気持ちは萎えましたが、既にエントリー代金を支払っておりましたので、気持ちに鞭打って、つくばへ!

今回は、
ソロモン ➡ レトリーブ大会 & チャレンジ大会
クワン  ➡  シニアドッグ大会
の、計3カテゴリーに出場しました。
e0204314_1803537.jpg

e0204314_1804625.jpg

ちなみに、ステッキは ”カッコつけ” で持ち歩いた訳ではありません。
実は、今年の5月頃にダイエットすることを一念発起し、約半年で13kgほど減量しました。
ウエストも10cm以上、細くなりました。
減量に成功したのは良いのですが、丁度 父が入院した8月下旬頃から、左足の股関節から膝~くらはぎ~足 が、歩くと痛みを伴う様になり、常に ピリピリと痺れているような感覚。
50m歩くのも、大変なんです。
父の病状が、超低空飛行ながら安定してきたので、整形外科で精密検査をして貰おうと思っています。
若い頃の度重なる落馬も、脂肪というクッションを失って、何らかの影響を与えているのかも・・・
いずれにせよ、今のままでは、GRTの競技会で 四種目 歩き切るのは無理だと思います。

歩くのも、ままならない状態の出場で、プレイコート脇で 杖の受け渡しをしてくださったり、クワン&ソロモンをバリケンに収容して頂いたり、多くの方のご好意を、とてもありがたく思っています。 この場で、改めてお礼を申し上げます。

それでも、まあ雨の中、痛い足をひきずり、参加した甲斐はありました。
3種目に出場して、 優勝・準優勝・準優勝 でした。
e0204314_18152532.jpg

さて、クワンちゃんのシニアドッグ大会での活躍は日を改めるとして、今日はソロモンの話を・・・

ソロモンが初めてフリスビー競技会に出場したのは、2013年11月23日。
この 『フリスビー競技会初参加』 の時に,2種目に出場し 優勝&準優勝。

しかし、それ以降 ソロモンとはフリスビーの競技会には出場しないばかりか、2014年 そして2015年も9月までの間計21カ月間 ソロモンとはフリスビー練習を一度もしませんでした

フリスビー競技は、飼い主がフリスビーを投げ、フリスビーが飛んでいる方向と距離を犬が見て、それから走り始める訳ではありません。
ハンドラーが、フリスビーを投げる動作に入るのと同時に犬が走り始めなくては、なかなかキャッチはできません。
つまり、 「飼い主のフリスビーを投げる動作と同時に走り出す必要」がある訳で、この「ハンドラーの、ちょっとした体の動きで、走り始める」という癖がつくと、「指示があるまでは、いかなる誘惑があっても動かない」というレトリーブトライアルとは、 『真逆』 の動きを求められる訳で、フラウならまだしも ソロモンに 「競技による使い分け」 が出来るとは、思えませんでしので・・・

それが、ソロモンを 「フリスビー封印」 にしていた要因なのですが、ソロモンも もうすぐ5歳・・・ やっと 「競技種目による使い分け」 が出来る様になってきた気がします。

ソロモン君、フリスビー競技 封印開放です!!
カミサンは、 「単に、パンドラの箱を開けただけじゃないの?」 と不吉なことを言っておりますが・・・

ソロモンが昨日出場した レトリーブ大会 と チャレンジ大会。
レトリーブ大会の方は、フリスビーを空中でキャッチできなくても、持ち帰ればポイントになります。
ソロモン君は80ポイントを獲得!
まだ、始まったばかりの2017年度ですが、 今の処 ソロモン君が暫定2位

まあ、距離50m以内で、ボールやダミーやフリスビーのレトリーブ競争をさせたら、ソロモンの俊足と旋回性能が、如何なく発揮されますから!

そして、チャレンジ大会(こちらは、空中キャッチしないと、ポイントになりません)も、準優勝!
21カ月もフリスビー練習をせず、今回が2回目のフリスビー競技会出場にしては、ソロモンは上手いものです。
フリスビーを空中キャッチしても、穴どころか 傷すらつかない ソフトバイトのキャッチです。

これからは、クワンと帯同して、ソロモンもフリスビー競技会に出場する予定です。
フリスビー競技ではありますが、我が家には牧羊犬は おりません。
『ガンドッグ 輸送隊 司令部』の名にかけて、これからもガンドッグでフリスビー競技会に参加します。
e0204314_18434839.jpg


因みに、あと2cm 体高が低ければ 「小型犬部門」 に出られたソロモンですが、運悪くと言うかボーダーコリーやNZヘディングドッグと同じカテゴリーで競うしかありません。
レトリーブトライアルでは本家 レトリバー種と競い、フリスビー競技では牧羊犬を相手に競う・・・
常に、 「挑戦者」 のソロモン君、頑張れ!!

わが家の、NV350 キャラバン君も、ドッグスポーツ競技会 デビューでした。
e0204314_20583424.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2016-11-20 18:53 | フリスビー(JFA)

クワン シニアドッグ大会 デビュー


久々に・・・ 本当に久々に クワンと JFA(日本フリスビードッグ協会)主催のフリスビー競技会に参加しました。
クワンと前回の出場って、何時だっけ???と思い出せない程で、調べましたら最後の出場が昨年の7月!
なんと、一年以上もクワンは、フリスビー競技会に出場しておりませんでした。

「なんやかんや」で、競技会から遠ざかっているうちに、クワンは7歳3か月となり 『シニアドッグ大会』 の出場要件である「7歳以上」を満たしてしまいました。
という事で、せっかく(笑)7歳を過ぎたのだから・・・ということで、初めてシニアドッグ大会に出場してみました。


写真1 つくばの競技会場に到着した直後のクワン。 久々で、ちょっと緊張している?
e0204314_2253330.jpg

写真2 1Rは 6P×5投 =30P で暫定1位 クワンも、ニッコリ!
e0204314_22113435.jpg

写真3 2Rは私のミススローがあり、結局 1R・2R合計2位で競技終了。 それでも、クワンはニッコリ!
e0204314_22135923.jpg

写真4&5 表彰状と記念写真
e0204314_22153473.jpg

e0204314_22154630.jpg


普段は、あまり気が付かないのですが、写真に撮ると、クワンの顔が白っぽくなってきたことに気付きます。
目も、垂れ目っぽく写ることが多くなってきました。
やはり、少しずつ 「年相応」の、お顔になってきたのかも。。。


今回のブログの前半の方で書いた 「なんやかんや」 の、大きな理由の一つは、我が家に5頭のワンがいること・・・
例えば、クワンとフリスビー競技会に出場すると、我が家には 5-1 で4頭の犬が残っているわけです。
比較的、自宅から近い つくばでさえ 往復の時間も合わせ、私は12時間以上 家を留守にすることになります。
誰かに、排泄とか給餌とか、残されたワンの世話をして貰わなければ、なりません。
数年前までは次男が小学校の 低~中学年だったこともあり、カミサンは土曜・日曜は仕事を入れないようにしていました。
しかし、次男が中学生になり土曜・日曜は 朝から晩まで部活動で不在 ➡ カミサンが次男の世話をする必要が無い ➡ 土曜・日曜も勤務を入れる様になった。
加えて、長男は 模擬試験やら塾やら、カノジョとのデートやらで土曜・日曜は、あまり家に居ない・・・

という事で、滅多に無くなってしまった 「カミサンの仕事が休みの土曜・日曜」 しか、動きがとれなくなってしまいました。
まあ、この状況は来年も、あまり変わらないと思うので ごくたまにしかクワンとフリスビー競技会には出場できませんが、一戦一戦を大切に そしてクワンとの思い出として心に刻んでいきたいと思います。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2015-09-21 23:07 | フリスビー(JFA)

身もだえ

ソロモンと ChallengeCup IN 茨城つくば に参加しました。
ソロモンが出場したのは、チャレンジクラス(空中キャッチをしないとポイントにならないクラス)で、総勢22頭が参加しました。

ChallengeCup は、初級クラスの王者決定戦でもあり、また将来 オープンやレディースなどの最上位クラスで、JFAの屋台骨を支える看板犬を輩出する登竜門と言えるかもしれません。

そんな、将来のJFAを担うような幹部候補生相手に、フリスビー競技出場2回目のソロモンが挑みました。
e0204314_14453522.jpg


1 R
なんと1投目、2投目ともフリスビーは場外へコースアウト!
フリスビー競技に出場する様になって9年ほど経ちますが、いまよりずっと ”下手っぴい” だった頃にも、あるいは砂埃が舞い上がるような強風の時も、2投連続してフリスビーがコート外に流れたのは初めて!(コートアウトすると競技時間が10秒ずつ。削られていきます)
気を取り直して投げた3投げ目、ソロモン 7-8ポイントエリアでキャッチ! しかし、ここでラインジャッジから赤旗があがりました。
なんと、フリスビーを投げる時にスタートラインから足が出たらしく・・・(フットホルト ポイント無効)
その後、気落ちしつつ投げた2投をソロモン君 5-6ポイントのエリアでキャッチ。
6P×2で、なんとなんと1Rは、たったの12P
フットフォルトも、ここ3年ほどは、したことが無かった(ラインより、かなり手前から投げる癖をつけたので)のに、肝心の処で・・・
結局、1Rは まともに跳んだフリスビー3投(フットフォルト ポイント無効分を含む)を、ソロモンは全てキャッチしてくれました。

2 R
2Rは、アクシデントもなく、ソロモン君5投中 鼻先で弾いてしまった1投を除き、4投空中キャッチ成功!
2Rは29P獲得。 2Rに限って言えば、29Pは出場22頭中4位に相当するポイントでした。

結局、1R 12P + 2R 29Pで、合計41Pを獲得。
決勝戦進出(上位5頭)のボーダーライン近くまでは挽回したものの、結局 22頭中/7位 でした。

で、ここからは 「たら れば」 のハナシになるのですが、もし1Rのフットフォルトが無ければ(無効にならずポイントになっていれば)ソロモンは7Pを上乗せして 41P+7P(あるいは8P) で計48P or 49P・・・
なんとフリスビー競技出場2回目で、ChallengeCup の決勝進出を果たすところでした

私のミスで、ソロモンが煌めきを放つチャンスを逸してしまいました。
たいして強い風も吹いていなかったのに2投連続してコースアウトした自分も、あれだけラインを踏まない癖をつけたのに肝心な時に踏んでしまった自分も、どちらも本当に情けない。

結局、トータルで まともに飛んだフリスビー8投のうち、ソロモンがミス・キャッチしたのは1回だけ! 
ソロモンとのフリスビー練習は、月に1~2度 程度しかやらないのに、ソロモンの方は、しっかり結果を出してくれました。
なのに、クワンとは週に3~4回は練習している私が、この体たらくでは。。。


家に戻ってからカミサンには 『2回目の出場で、あわやChallengeCup の決勝進出 という処までいったんだから、十分じゃない!』 と慰められ、高校生の長男には 『自分より下に15ペアもいると思えば、嬉しくね?』 と言われましたが、そもそも自分より下位だったペアの数を数えて満足できる位なら、競技会なんか出場しません。


決勝戦で3位までに入賞するのは無理でも、決勝戦進出の芽は大いにありました。
ソロモンにも、フラウやクワン同様の煌めきがあることを、披露したかった。
もうね 身もだえする程、地団太を踏むほど、悔しいです。 

あ そうそう 前回レトリーブトライアルのチャンピョンシップの写真を撮影してくださった、私の友人の友人が、また応援に来てくださって、ソロモンの競技中の写真も撮影してくださったので、近いうちにご紹介したいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2014-11-16 15:37 | フリスビー(JFA)

モンテカルロ ラリー


11月16日(日曜日)、つくば市で開催される JFA(日本フリスビードッグ協会)主催の  ChallengeCup IN 茨城つくば にソロモンと参加します。

ChallengeCup は、毎年 年度の最終ゲームとして開催される競技会で、今年に関して言えば11月22日(土曜)から2015年シーズンに突入します。

また、ChallengeCup は、言わば 初級クラスの王者決定戦のような位置づけで、関東と関西で同時開催されます。

さて、以前にも書いたことがありますが、ソロモンは約1年前に一度、フリスビー競技会に参加しただけ・・・
その時は レトリーブ大会(一番、下のクラス コート内に落ちたフリスビーであれば、空中キャッチができなくても、持ち帰ればポイントになる) と チャレンジ大会(空中キャッチをしないとポイントにならない)の2種目に出場しました。

ソロモンが出場した日が2014シーズンの開幕日だったのですが、1年を経て ソロモンの出したポイントは、
レトリーブ大会 通年 255頭中/8位
チャレンジ大会 通年 334頭中/50位
でした。

一度だけ、しかも初出場の時に出したポイントがレトリーブクラスでは年間を通して全国8位、空中キャッチしなければポイントにならないチャレンジクラスでも50位 というのは、親パカながら、なかなかのものかも・・・

しかし、今回出場する  ChallengeCup IN 茨城つくば  では、レトリーブクラスではなく、空中キャッチをしなければポイントにならないチャレンジクラスにエントリーしましたので、さてさてどうなりますことやら!

クワンも、かつて 東の ChallengeCup で3位を獲得し、大きなトロフィーを頂いたことがありますが、何度も競技に出場して、フリスビー競技慣れしたうえでの3位獲得でしたので、約1年ぶり 通算2回目のフリスビー競技出場のソロモンは、はたして???


1964年 イギリスのクーパーS(ミニクーパー)が、ポルシェやBMW、サーブなどの強豪を抑え、モンテルロラリー優勝!
e0204314_17142130.jpg


さて、我が家の ミニクーパー(ソロモン)は、ポルシェ(牧羊犬)やBMW(ウイペット)を相手に、どのようなレースを見せてくれるのでしょうか?
e0204314_17162031.jpg

e0204314_17165536.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2014-11-13 17:21 | フリスビー(JFA)

JFAつくば 2連戦

7月19日~20日の2日間、JFA(日本フリスビードッグ協会) 茨木つくば にクワンと出場しました。

週間天気予報で、つくば市の週間天気予報をチェックしておりましたら、どうやら19日も20日も雨模様ということで・・・ まず始めたのがレインウエア探しでした。

普段の野原では、雨が降っていてもBarbourのワックスコートを着用しているのですが、私のBarbourは少し劣化しておりまして、ワックス(蝋のようなものを溶かして塗布します)を塗り直しても、長時間の雨ですと、方々から雨が染み込んでくるようになっています。
かつ、Barbourは袖口が広くて、フリスビーを投げる時に少々、邪魔なんです。

近代的な(笑) 防水透湿素材を用いたレインスーツも1着、持ってはいるのですが 保温素材が入っているウエアなので、とても蒸し暑い梅雨時には使えません。

で、実はレインスーツ選びはとても大変でした。
身長の割には、お腹が出っ張っておりまして・・・まあ、簡単に言うと太っているわけですが お腹が きつくないものを見つけると損口が長すぎたり、お腹もうまく入り袖の長さも許容範囲なのに、レインパンツのウエストのサイズが合わなかったり・・・  方々のショッピングモールのアウトドア・ショップを延べ3日かけて回り、やっと体型にフィットするレインスーツを見つけました。
いやぁ~ 標準体型であることの大切さを痛感しました。(苦笑)


さてさて、クワンとの つくば2連戦・・・
前回、出場したのは2月に関東で大雪が降った日でした。
e0204314_10345483.jpg


3月、4月、5月 と、ソロモンを伴っての レトリーブトライアル競技が主体となり、クワンちゃんは放置・・・
蒸し暑い7月になって、やっと重い腰をあげ、フリスビー競技会へ!

19日、20日とも 『ユースオープン選手権』 に両日とも 上位5チームが出場する決勝戦へと、駒を進めることができました
19日が4位、20日が3位  という成績でした。
e0204314_10404413.jpg


蒸し暑い2日間の競技会を通して感じたのは 『ボーダーコリーって、ゴールデンやラブラドールより耐暑力が、格段にあるのでは?』 ということでした。
2日間を通して、薄日が差す時間帯があり、高温多湿の状態になる訳ですが 排泄散歩などで会場内ですれ違うラブラドールが、ハァハァと苦しそうにしているのに対し、ボーダーコリーはケロッとした感じの犬が多かったように思います。 まあ、根拠のある話では無いのですが・・・

クワンも競技会出場に備え、数日に分けて アンダーコートを、かなり念入りにトリムしたのですが、それでもハァハァと苦しそうに歩いていました。 なんか、その様子を見ているだけで、「もう7月~8月の出場は、やめよう!」 と思いました。
e0204314_11103141.jpg

とは言え、排泄散歩時は辛そうにしているクワンが、プレイコートに立つと、表情が一変!
いつもは、ニコニコと笑顔で私に甘えているクワンが、真剣な顔で私の僅かな動きも見逃すまいとしてしている時の表情が大好きです。 


7歳以降は 『シニアドッグ選手権』 に出場することが可能です。
シニアドッグ選手権の、ジャパンファイナルへの出場枠は、上位25ペアのみ!
これは、格好の目標と言うか、モチベーションの維持に繋がります。

ボーダーコリー全盛の時代にあって、あえてゴールデンレトリバーのクワンと共に歩む 「挑戦の途」 は、まだまだ続きます。


そして・・・ 天気予報に反し2日間 レインスーツが必要となる雨は降りませんでした。
あんなに、懸命に体にフィットするレインスーツを探し回ったのにっ!
悔しいので、2日目の表彰式の時、小雨でしたが着用してみました。 まあ、腐る物ではないので、いつか使うこともあると思いますし。。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-07-21 11:14 | フリスビー(JFA)

雪中優勝

クワンと、筑波で開催されたJFA (日本フリスビードッグ協会) の競技会に参加しました。
既に、昨年の11月下旬から、JFAは ”2014年度” の競技が始まっているのですが、私とクワンのペアは本日が2014年度初参戦となりました。
ちょっと、出遅れてしまいました。

1週間ほど前から、開催地である 「つくば市菅間」 のピンポイント天気予報を見ていたのですが、最初は 「曇り時々雨」 の予報。
「なんだよぉ~ 初参加なのに雨かよぉ~」 などと思っていたのですが、数日後には 雨のマークが雪だるまのマークに。。。
木曜日頃から 「関東地方 大雪の恐れ」 などとニュースでも注意喚起が始まり唖然。


昨日、カミサンにポツリと 「俺、これからスタッドレスタイヤを買いに行ってくる!」 と・・・。
カミサン 呆れた様子で 「キャンセルしないでスタッドレスタイヤ買ってまで参加するわけぇ~? そう言えば皿を投げて功徳を積む宗教だったわね。(苦笑) 雪が降っても、タイヤを買ってまで駆けつける難行苦行が功徳になるのよねぇ~」 と・・・
こういう、ちょっと辛口の冗談がアドリブでスラスラと出てくる処が、私がカミサンと一緒に居て楽しいと感じる部分かも。


で、スッドレスタイヤを買いにショップへ行った訳ですが、ウインターシーズンも終盤に入り、在庫が減っていることに加え、私の車(トリビュート)のタイヤのサイズが、ちょっと特殊なので(私のトリビュートは一応、最上級グレードで、そのグレードだけは、日本のSUVではあまり使用しないサイズのタイヤ) 主要タイヤメーカー全てに問い合わせをして貰ったのですが、どのメーカーにも在庫は無し。
仕方ないので、インチダウンして、どうにかこうにかスタッドレスタイヤを装着しました。


本日は、午前5時40分に自宅を出発。
天気予報では雪が降り出すのは、午前7時以降だったのですが、外に出ると既に車には、うっすらと雪が積もっていました。
しかし、道路には殆ど雪は積もっておらず、一般道路~高速道路とも途中までは雪の影響はありませんでした。
しかし、千葉と茨木の県境あたりから雪が強くなり、道路の所々に吹き溜まりが見られるようになりました。


つくば市に入った頃から雪・風ともに強くなり競技会場に到着した時は唖然!
そこは、まるで雪国!!
降雪により、各クラスともかなりのペアのキャンセルがありました。
e0204314_18344794.jpg



さて、競技(クワンは、ユースオープン選手権に出場)の方はと言うと

1 R
私の好きな追い風。
雪の中でもクワンのテンションは高く、意欲満々。
6P×5投=30P!
久々に・・・本当に久々に 理想とする 『6P×5投(5投パーフェクトキャッチ)』 ができ、クワンちゃん 首位に躍り出ました。
e0204314_18352474.jpg

e0204314_1841410.jpg


2 R
横殴りの吹雪、しかも強い逆風
ダメダメなスローを繰り返してしまいましたが、クワンが右に左に奮迅のキャッチをしてくれ、ポイントはお粗末でしたが首位をキープ
結局、1Rと2Rの合計、42Pで決勝進出。
e0204314_18364065.jpg

e0204314_18365672.jpg


決勝戦
なんとか逃げ切り、優勝!
2014年度 初出場を優勝 で飾ることができました。
e0204314_1837214.jpg



表彰式・閉会式が始まった頃から風雪が強まり、道路にも雪が積もり始めました。
千葉県に入った頃から雪はさらに強まり、中央分離帯で停止している車、道路の真ん中でハザードを点灯して停止している車、坂道の途中で動けなくなっている車・・・死屍累々。
千葉北ICから高速道路に入ったのですがチーン規制をしていて、料金所の手前で1台ずつ、係員がタイヤの検査をしていました。
チェーンもスタッドレスタイヤも装着していない車は、全てUターン誘導路を用いて一般道に戻されていました。
久々に吹雪の中、高速道路を走りました。
基本は安全運転。 私は秋田の生まれ、関東の方よりは雪に慣れておりますが、雪の怖さ(雪の中での運転の危険性も含め)も、また身に染みているので。。。


皿投教 雪中神事(笑)、まずは気持ちの良いスタートをきることが出来ました。
クワンちゃん ありがとう。
吹雪の中でも、意欲満々の黄金爆裂娘に感謝です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-02-08 18:42 | フリスビー(JFA)

ソロモン王 初陣 金&銀

本日はJFA(日本フリスビードッグ協会)の2014年度開幕戦でした。
つくば市で開催された競技会に、フリスビー競技初陣 (と言うか、ドッグスポーツ初参戦) のソロモンと出場してきました。

出場したのは、入門クラスのレトリーブ大会と、一つ上のクラスのチャレンジ大会です。
チビのソロモンだけを連れての参加でしたので、軽自動車で行ってきました。 

競技の順番が、チャレンジ大会(空中キャッチしないとポイントにならない)が先で、レトリーブ大会(コート内であれば地面に落ちたフリスビーを咥えて戻ってもポイントになる)が後でしたので、なんと難易度の高いクラスからの参加となってしまいました。

今回の競技会参加、実は不安だらけでした。
四方をネットで囲まれた場所で練習したことは無いので、「ネットを怖がるのではないか?」 とか 「ネットを飛び越えて脱走するのではないか?」 とか 「コート内に立っているジャッジに抱きついたりするのではないか?」 とか、「コート内で放尿してしまうのではないか」 とかまあ色々と。。。
私は、これまで延べ5頭の愛犬と暮らしてきましたが、 「予想外の行動に出ることがある」 という点では、ソロモンがダントツなので。。。(苦笑)

さてさて、競技の結果は・・・

チャレンジ大会 

1R 「何か、しでかすのではないか?」 という心配をよそに ボーダーコリーなどの牧羊犬を相手に、 暫定首位!
距離の目印に置いてある小型のカラーコーンが気になって匂いを嗅ぎに行った(これで5秒ほど、ロスしました) 以外は、特に問題行動は無し。
e0204314_20534684.jpg

e0204314_2053577.jpg

e0204314_21264896.jpg


2R 出場の順番待ちをしている時から、地面の匂い取りが激しく、集中力を欠いている感じでした。
1投目、綺麗に真っ直ぐにフリスビーは飛んだのに、それを追いかける茶色坊主の姿が無い???
振り返ると、なんと地面の匂いを嗅いでいる茶色坊主が・・・
それでも2投目以降は、集中力を取り戻して、真剣に走ってくれました。
e0204314_2059383.jpg


結局、2Rに逆転され チャレンジ大会は 準優勝 でした。

レトリーブ大会
レトリーブ大会(レトリーブクラス)は、コート内であればキャッチできずに地面に落ちたフリスビーでも、持ち帰ればポイントになりますので、まあ気楽と言えば気楽・・・
1Rと2Rの合計ポイントは75ボイントでした。
レトリーブ大会は 優勝!

で、レトリーブ大会もチャレンジ大会も昨年までのルールが改訂され 昨年までは入門クラスということで2Rとも追い風側から投げていたのですが、今年からは、よほどの向かい風でない限り1Rと2Rは逆側から投げる(つまり、上のクラスと同じルールになった)ことになりました。


常に追い風になるように投げていた昨年までとはルールが異なりますので単純に比較はできませんが、75ポイントは 2013年度内に開催されたレトリーブ大会のポイント に準拠しますと、約200頭の出場頭数のうち、7位に該当するポイントです。
まあ、自画自賛ですが 「チビだけれど韋駄天」 のソロモンの力は発揮できたのではないかと思います。

e0204314_21121522.jpg

e0204314_21122712.jpg



結果的には、初陣で優勝と準優勝 ・・・ 予想以上にソロモン王は頑張ってくれました。
e0204314_21151884.jpg


ただ、競技待機時の散歩中も とにかく匂い嗅ぎが激しく、名前を呼んでもコンタクトが無かったり、コマンドが聞こえなかったり ワサワサ、ガサガサした落ち着きのない感じでした。
競技中も、匂いが気になって集中力を欠くシーンが何度かありましたし、結果オーライと言う訳にはいきません。
「慣れない初陣だったから」 なのか 「未去勢♂も関係しているのか」 それとも 「根本的に修正が必要なのか」 もう少し見守って観察していきたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-11-23 21:27 | フリスビー(JFA)

フラウ優勝 クワン準優勝!!

茨城県つくば市で開催されたJFA(日本フリスビードッグ協会)主催の競技会に、フラウ&クワンで参加しました。
数日前から天気予報を検索するたびに 「爆弾低気圧」 とか 「暴風」 とか 「豪雨」 とか、出場するのがイヤになってしまう様な言葉が並んでおりましたが、幸いにも つくばの会場は、風はものすごく強かったものの、雨は時折、パラパラと降る程度で競技開催時間中は雨合羽の必要はありませんてじた。

5ヶ月ぶりの出場となる我が家の現役フリスビードッグ、クワンの他に、「昔の名前で出ています」的な 実に3年ぶり出場のフラウ姐さんも参戦!
クワンがユースオープン選手権、フラウがチャレンジ大会に出場しました。


まずは、3年ぶりの出場となったフラウ姐さんから・・・
フラウ姐さん、競技会場に到着しても、自分が出るとは思っていなかったみたい。。。
「クワン! まぁ 頑張りなさいね~ アンタ、フリスビーしか取り得が無いんだから!」 って、他人事みたいにアクビをしていたフラウ姐さん。

えっ? ワタシも出るの? ウソでしょぉ~
e0204314_1884288.jpg

プレイコートの中に入っても 「本当に、やるんですか?」 という顔をしていました(笑)

まあ、それでも MCの 「LEADY GO!」 の合図を聞けば、そこは 「昔とった杵柄」 という奴で、勢いよく飛び゛だすフラウ姐さん!

何でワタシが・・・
e0204314_18121816.jpg

何でワタシが・・・
e0204314_18131946.jpg

いきなり、こんなこと させられるのよぉ~!
e0204314_1814682.jpg


余計なプレッシャーが無かったのが幸いしたのか、見知らぬ人や犬が沢山いても「年の功」で、あまりどんよりとしなくなったのが良かったのか 1R・2Rとも首位をキープしフラウ姐さん 優勝!

子犬の頃に近所のドッグカフェが開催したパピー運動会に参加した時に始まり、ボールのレトリーブ競争、フリスビー競技、レトリーブトライアル と、”ドッグスポーツ”と名がつくものに何度となく出場し、2位や3位は各種競技で獲得しているものの、ついぞ 「優勝」 したことの無かったフラウ姐さん・・・
7歳11ヶ月にして、ドッグスポーツ初優勝でございます!
やったぁ~!!!!!!


続いて、現役フリスビードッグのクワンちゃんのご報告。

1R(午前中)は、真正面からの強い向かい風! あんな正面からの向かい風は私はあまり経験ないかも・・・
でも、まあ1Rは暫定2位で通過! 
もっとも、あまりに風が強くて皆さん、各ペアとも さして差の無いポイントでした。

お昼の休憩時間に、 LADF のオーナーのKさんが、愛犬のボーダーコリーNANAちゃんを連れて応援に駆けつけてくださいました。
クワンは、我が家に来る前、LADFでお泊り保育で暮らしていた時期があり、LADFはクワンの第二の実家、Kさんは養父でNANAちゃんは義姉妹のような感じ!(笑)

KさんとNANAちゃんが、お車の中で見守る中、(近くで応援して頂くと、Kさんの方に、すっ飛んでいく危険があるので:苦笑) クワンは3位(と言っても1・2R合計のポイントは2位のペアと同じでした) で決勝進出!
予選を1位で通過したペアとは、僅か1ポイントの差でしたが決勝戦で、つき離され 結局 準優勝で競技を終了! まあ5ヶ月のブランクがあるにしては、まあまあで70点くらいの出来でした。

Kさん&NANAちゃん、応援と差し入れ ありがとうございました!

フラウ姐さん ドッグスポーツ初優勝!
e0204314_18412129.jpg

5ヶ月ぶりの出場で、準優勝!
e0204314_18431785.jpg


2頭出しで、優勝と準優勝・・・
できのよい 犬の奥さんと娘を持って、本当に身に余る幸せです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-04-06 18:49 | フリスビー(JFA)

ジャパンファイナル出場決定

JFA(日本フリスビードッグ協会)から、2012年度の ジャパンファイナルの 「出場確認書」が送られてきました。
私とクワンのペアは、2年連続のジャパンファイナル出場 (クラス:ユースオープン選手権) となりました。

ジャパンファイナル出場確認書
e0204314_175269.jpg


今年のジャパンファイナルは三重県津市で行われます。
昨年の淡路島よりは少し、自宅から近い場所での開催となります。

ちなみに、昨年のジャパンファイナルは ”全国22位” でのファイナル出場、今年のジャパンファイナルは ”全国42位” での出場。


順位から言いますと昨年より下降してしまいましたが、一つにはルール改定の影響もあったと思います。
昨年は 「獲得したポイントの1番目から7番目までの合計」 だったのですが、今年は「順位をポイント換算し出場回数の上限はあるものの、その上限に達するまではポイントを累積する方式」 に変わってしまいました。
どうしても、最低出場回数(15回)程度しか出場しないペアより、30試合・・・40試合・・・と、競技回数が多いペアに有利なシステムになっています。


ただ、システムの変更のみが原因ではなく 昨年の秋の出来が100とすると、今年は3月以降 ずっと60~70程度の感じ・・・
昨年の9月~10月の頃のコンディション(私の投げるフリスビーとのタイミングという点でも)が最も良かったように思います。


とは言え、元の飼い主さんとは相性が悪く、ドッグスポーツ施設で 「お泊り保育」 の状態にあったクワンと出会い、我が家へ迎え入れ、そしてこうして2年連続でジャパンファイナルへ出場できることは本当に幸せです。


クワン・・・ 三重で 「あのスピード・・・ 本当にゴールデン?」 と言われるような 黄金爆裂娘の姿を披露できるといいね!!

e0204314_18313294.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします
[PR]
by gundogclub | 2012-11-06 18:32 | フリスビー(JFA)