ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

カテゴリ:MY TALK( 293 )

迎え入れた日の喜びを


10月7日は、我が家の元祖犬 フラットコーテッドレトリバーのシャドーを、我が家に迎え入れた日です。
15年前の今日、シャドーを迎えに羽田空港に行った日の事は、今でも鮮明に記憶に残っています。

バリケンを開けたと同時に、飛び出してきて 初対面の私の手を舐め、尻尾をぶんぶん振って、私に飛びついてきた生後50日のシャドー。
『はじめまして! あなたが、パパさんですか? よろしくお願いしますっ!!』 という感じでした。

シャドーを迎え入れた時は、本当に嬉しく、シャドーは私の宝物でした。
当時、私はビデオカメラに凝っておりまして、ほとんど写真を撮影しませんでした。
ですから、シャドーのパピー時代の姿も、沢山ビデオカメラで撮影したのですが、そのビデオカメラは今では姿を消した 「小型のビデオテープ」 を媒体として撮影するタイプでした。
時は流れ、そのビデオカメラが壊れ、ビデオカメラとテレビを結んで撮影した動画を見る事が出来なくなり、そのうちVHSビデオデッキも壊れ、何本も撮影したシャドーのパピー時代の動画を見ることが出来なくなってしまいました。
ビデオカメラだけではなく、もっと写真も撮影しておけば良かったと後悔します。

わが家に残る、最も幼いシャドーの写真は 生後4か月 の頃に長男と、九十九里近くの公園で撮影した、この一枚。 長男も、まだ3歳数か月でした。
e0204314_10475345.jpg


『犬を迎え入れる』 という事は、私に限らず 誰もが とても嬉しく、華やいだ気持ちになるのではないかと思います。
迎え入れる先が、ブリーダーさんであろうと ペットショップであろうと 愛護センターや保健所であろうと、且つ その迎え入れる犬が パピーであろうと 成犬であろうと 「新たに犬を家族に迎え入れる」 という事は、わくわくと楽しい 本当に幸せな日なのではないでしょうか?

自宅近くの商業施設の駐車場に、わざわざ神奈川から来てくださった実家のご夫婦からフラウを譲り受けた日も、LADFにクワンを引き取りに行った日も、エステルや美琴を譲渡してもらう為に北関東の保護団体を目指して車を走らせている時も、ソロモンを迎えにブリーダーさん宅へ向かった時も、私は わくわくと幸せな気持ちでした。

私は、この 新たに犬を迎え入れた日の わくわくとした 幸せな気持ちを 失うことなく保ち続ける努力をする ことが、とても重要なのではないかと思います。

わくわくと迎えた日のことを、いつしか忘れ 「こんなことになるなら犬なんか・・・・」「こんなことになるとは・・・」 と、迎え入れた日の幸せな気持ちをすっかり忘れてしまう飼い主さんも、いらっしゃるのではないかと思います。

では、 「なぜ、迎え入れた日の幸せな気持ちのままで、いられなくなったのか?」 を、きちんと考えるべきなのではないかと思うのです。
その原因は、100%と言ってよい程、飼い主さん側にある筈です。
その原因となる部分を、除去したり緩和したりする為には、何をすべきかを、考えるべきなのだと思います。


迎え入れた日の喜びを、その犬が天国に召されるまで忘れない・・・ 忘れないための努力をする・・・ 
私にとっては、それが 愛犬たちと暮らす指針であり、また目標でもあります。

e0204314_11163751.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-10-07 11:18 | MY TALK

美琴 2歳

10月1日は、私の亡母の誕生日であり、美琴ちゃんの推定2歳の誕生日です。

わが家に来て、1年9カ月が経過した美琴ちゃん。
当初は、怖がりで私と目が合っただけで逃げ回っていた美琴ですが、現在では、我が家の5ワンズの中で、最も激しく私や家内に甘えます。

ピョンピョンと垂直跳びをして、私や家内の顔を舐めようとします。
なかなかのジャンプ力!

そして美琴は、室内でフリーにしている間は、とにかく 私の姿を目で追い続けます。
カーペットで寝転んでいる時も、ソファーの上にいる時も、目は常に私を追っています。
私と目があった時に、私が右手の人差し指を、上から下へ ちょんと動かすと、素早く停座をする様にもなりました。
別に教え込んだ訳ではないのですが、 『偶然 目と目が合ったら座った』 を、褒めましたら、 座る➡褒められる と自ら学習したようです。

こういう部分って、美琴はフラウ姐さんと、似ています。
警戒心の強さが、注意深さに繋がれば、それがプラスに作用することも、あるのではないかと思います。
e0204314_731815.jpg

e0204314_733717.jpg

美琴も、我が家の他のワンズと同じく、ボール遊びが大好きな娘になりました。
最終的な目標は、JFA(日本フリスビードッグ協会) の競技種目である 「トライアルボール ドッグゲーム」 に出場する事ですが、まずは 大好きになったボール遊びを 「私以外の人とでも、出来る!」 ようになることが目標です。

美琴ちゃん、誕生日おめでとう!!


話は異なりますが、入院している父の件。
今年6月に父を伴って、父が居住している東金市役所の「高齢者支援課」に行き、「自治体として、何らかのサポートをお願いできないか?」 と相談に行った時には、 要支援1すら認定されないでしょう』 (介護度として、最も下ですら×) と担当者に言われていた父。
自宅から近所のスーパーまで、杖も使わずに買い物に行っておりましたし、掃除や洗濯なども 自力で行える状態でしたから・・・


入院後、東金市役所の介護度を認定する担当職員が父の病室に来訪し、色々とヒヤリングや調査を行いました。(父が入院しているのは、私の自宅の近くにある病院)
約1カ月の時を経て、 介護度認定通知が本日届き、何と 最も上の『要介護度5』で認定されていしまた。
たった3カ月前は、最下級の介護度も認定されなかった人が、最上級の介護度に認定されてしまいました。

内臓の疾患が2カ所、脊椎の化膿が1カ所・・・どれも重篤で 不謹慎な言い方だけれど 「死因のロシアンルールット」 みたいな感じで、どの弾が当たってもおかしくない状態。

にも関わらず、頭脳は明晰なままで 「私の年金は、2カ月で◯◯◯◯◯◯円だから・・・」などと端数まで正確に言うし、病状に関して私に尋ねる時も、私がオブラートに包んだり、言外に誤魔化した部分を、深読みして来ます。
私があえて説明しなかった部分も含め、「お前が言いたいことは ・・・・・・と言う事か?」と、理路整然と組み立てて、尋ね返して来ます。

やりにくいです。
内臓や脊椎の化膿を少し良化させる引き換えに、頭脳を少し霞ませて欲しい感じです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-10-01 07:23 | MY TALK

霧ヶ峰 出場断念


台風一過の、涼しい朝でした。
曇天で、涼しく、それ程 湿度も無かったので、我が家のワンズ全頭を、2チームに分け、自宅と野原を二往復しました。

第一チーム (クワン & ソロモン)
e0204314_13471237.jpg

e0204314_13473292.jpg


第二チーム (クワン & フラウ & 美琴 & エステル)
e0204314_13491540.jpg

e0204314_13493654.jpg

e0204314_13495273.jpg


こうして、ワンズと遊んでいられるのも 自宅から この野原まで、車で片道25~30分なればこそ・・・です。


入院している父の容態は、下降線を辿っています。
肋骨の圧迫骨折、大腿骨の単純骨折の部位には変化が見られないのですが、脊椎の圧迫骨折部分が化膿し、下半身の神経が冒され始めました。

加えて、以前から問題を抱えた内臓の障害 (その為に、毎月 定期的に検査していたのですが) に起因して、他の内臓にも障害が広がっており、体の状態から手術するのも不可能。
『おそらく、全身麻酔をして手術している途中で天国に召されてしまうのではないか』 というのが、内科主治医の見解でした。

このまま脊椎の化膿が広がり、脊髄に菌が入れるば、脳炎や髄膜炎へと繋がる可能性が大きいそうで、外科的な見地からも また内科的な見地からも 「いつ、容態が悪化急変するか、予断を許さない」 とのこと。

自宅から数十分の野原で、犬たちと遊んでいる分には 【もしもの場合】 にも、駆けつける事が出来ますが、長野県まで出かけている最中に 「もしもの場合」 が起きては、間に合いません。
10月2日の、GRT競技会に参加し、父の容態に変化が無いままに、帰宅できる可能性も高いと思ってはいますが、 「犬の競技会の為に遠出していて、父の臨終に間に合わなかった」 というのでは、一生 悔いと罪悪感が、残りそうです

残念な思いもありますが、予約していたペンションも、本日 キャンセルしました。
2017年度のGRT定例競技会の開催は、来年3月から・・・。
来年の2月頃、「どうしよう・・・ 父も入院しているし・・・」などと、悩めるようなら、むしろ幸いなことです。


今年88歳になる父の誕生日は、11月10日。
病床にあっては、ご馳走を食べる事もできませんが、家内や息子たちと共に病床の父に、米寿の御祝いを伝えたい。
ささやかではありますが、切実な私の願いです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-09-21 14:21 | MY TALK

ルーティーン


今朝は比較的、涼しく 久々に ソロモンと、ゆっくり練習&運動ができました。
e0204314_8353233.jpg


父が入院して、2週間余となりましたが、発見された3ヵ所の骨折に関しては、まだ何も治療が始まっていません。

8年ほど前に発見された内臓の疾病の進行状況を確認するために、この8年間ずっと、年に2回 大学病院で検査を受けていたのですが、現在入院している病院の主治医の見解としては、 「大学病院の検査方法が、おざなりだった。もっと精査した検査を行っていれば、疾病の進行を発見できたのでは?」 ということでした。

8月の中旬ころまでは、「背中が痛い」「わき腹が痛い」 と言っていた父が、入院の数日前からは 「体が、こえくて こえくて・・・」(秋田弁で、「辛くて辛くて」) と言っておりましたので、骨折の痛みより、全身の倦怠感が勝っていたのだと思います。


我が家から、父が入院している病院まで 車で10~15分と近いこともあり、一日に3回 お見舞いに行っております。
入院した当初は、午前と午後の計2回だったのですが、ある日 夕方にもお見舞いに行きましたら、その後は 「午前・午後・夕方」 という 1日/3回 が、ルーティーンとなってしまいました。

何かの用事で、見舞いに行くのが遅れると 看護師さんから 「お父様が、早く病室に顔を出して欲しい と仰っていますよ!」 と連絡が来る様になり 1日/3回の見舞い は、欠かせなくなってしまいました。


仕方がないので、東京や神奈川などの飼い主さん宅でのレッスンなどは、中断させて頂きました。
身動きが、とれない・・・
10月の初旬に長野で開催される 2016年 第4回目の GRTA定例競技会 も、一応 エントリーをし、参加費も振り込みましたが、参加できるか否かは不透明です。


まあ・・・ 親孝行らしい親孝行もしてこなかった一人息子の、最初で最後の親孝行が 1日/3回の見舞い かもしれません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-09-09 09:03 | MY TALK

家族の健康があってこそのドッグライフ


私の父は、今年の11月で88歳 (米寿) になります。
母が逝去して以来、父は一人暮らしをしているのですが、我が家と父の家が 車で30分位 と、比較的近いこともあり、私と家内とで週に3~4回は父の家を訪れ、買い物や洗濯、掃除などのケアをしていました。

月に一度、我が家の近くの内科クリニックで健康診断を受け、年に二回は大学病院で人間ドッグによる精密検査を受け、医師から「87歳にしては、非常に健康」「血糖値が、やや高いことを除けば、何ら所見が無い」と言われ続け・・・ まあ、そのことが、父の「一人暮らし」を、許容していた理由でもあった訳ですが・・・


8月の2日か3日頃だと記憶しておりますが、父から電話があり 「背中が痛い」 と言うので、すぐに整形外科に連れて行こうとしたのですが 「お風呂に入って様子を見る」 とのことで、この自宅での入浴治療(?)が、三日ほど続きました。

今にして思えば、この 「背中が痛い」 という原因は、父が自宅内で転倒したのではないかと思います。
健康診断では 「いたって健康!」 と言われる父ですが、歩行に関しては かなり足元が怪しくなっており、室内で転倒することは、ままあった様です。
父が、申すには 「転倒が日常茶飯事になって、いつ どのように転んだのかなど、よく覚えていない」 とのことでした。


そして、三日目の入浴中に 浴室から脱衣場に移動しようとした時に、全身に力が入らなくなり、必死に浴室から脱衣場へ移動しようとした際に、浴槽の縁や、脱衣場の洗面台や洗濯機などに、体を強く、ぶつけた様です。

改めて、父から「背中が、とても痛い」と連絡があり、8月8日に 我が家の近隣では評判の良い、中規模の整形外科へ、連れて行きました。
「全身の方々を強く、ぶつけた」 と父から聞きましたので、MRIでの精密検査を希望したのですが、一番痛みが強い 背中のレントゲンを撮影し、「骨折はありません。打ち身でしょう!」 という診断で、湿布薬のみ貰って帰宅。

16日には、私や私の家内、息子たちと共に亡母のお墓参りに行き、墓地の駐車場からお墓まで、独力で歩き、お墓参り後は ファミレスで ステーキ220gを、ぺろりと食べ帰宅。


しかし、20日に 「背中の痛みが、一向に治らない」 との連絡を受け、父を前回と同じ整形外科へ連れて行きました。
再びMRI検査を要望したのですが、「そこまでは必要ないでしょう!」という医師の判断で、再びレントゲン撮影・・・
ただ、前回の診察と異なるのは 「もしかしたら、肋骨に僅かな ひびが入っているかもしれません」 とのことで、簡易コルセットの様なものを、装着する事になりました。

24日の夕方に父から、「全身のだるさが著しい」と連絡を受け、25日に 月に一度 定期的に健康診断を受けている内科クリニック にお願いをして、予約日を繰り上げて診察 してもらう事としました。


父を迎えに行って、驚きました。
22日に訪問した時には、自力歩行していた父が、全く歩行困難となっていたのです。
父宅を訪問しなかった 23日~24日の間に、何があったのか???


何とか父を車に乗せ、内科クリニックへ! クリニックの駐車場から病院内へは車椅子を借りて移動。
血液検査の結果、「血液の状態が、非常に悪い。 一か月前の数値からは、考えられない程、悪化している」 との事で、救急車で近くの総合病院へ搬送されました。

MRI、CT、エコー と、立て続けに検査が行われ、「肋骨の圧迫骨折」「背骨の圧迫骨折」「右大腿部 単純骨折」 と、3カ所も骨折が判明。
それにも増して、とにかく血液中の炎症反応が著しく、内臓にも障害をきたしている為、『内科的な面での治療ができなければ、骨折部位の手術は、とてもできない!』 とのことでした。

そして、「大腿部を骨折したら、歩行は不可能」とのことでしたので、少なくとも最後に父宅を訪れた22日までは、肋骨や背骨の圧迫骨折は別として、大腿部の骨折は無かったと思われ (スーパーの店内を自力で歩いていましたから)、本当に 23日~24日の間に、何があったのか???


体内の炎症反応が著しくなった原因は、一番最初の肋骨の圧迫骨折 以降、約1か月 骨折による炎症の放置  (その間、転倒などにより、骨折箇所が次々と増えたと想像され) であり、8月8日に最初に整形外科を訪れた際に、MRI検査の要望を受け入れてくれていたなら・・・という思いはあります。


昨日から、酸素マスクによる酸素吸入も始まった父。
主治医からは 「骨折は別として 血液や内臓の状態が改善されなければ、かなり危険な状態である。 万が一の心構えが必要な状態」 と一昨日、申し渡されました。
8月の半ばには、220gのステーキを、ぺろりと食べていたのに・・・


夜も、「病院から、緊急の連絡が あるかも」 と思うと、よく眠れません。
愛犬たちを野原へ、連れて行って トレーニングや運動をさせていても、身が入りません。
うわのそら という感じ。

愛犬との暮らしも、自身や家族の健康が あってこそだと改めて実感します。
自身が、家族が・・・心身ともに健康であることが、愛犬にとっても 最も重要で、かつ幸せな事なのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-29 08:41 | MY TALK

そろそろコンビ解消かな!

ここ数日、台風の通過や、その影響なのか 朝から雨が降っている日が多く、なかなか早朝の運動&練習に行けず。

今日は久々に早朝から晴れたので、 フラウ&ソロモン の 「茶色倶楽部」 「レトリーブトライアル倶楽部」 のコンビ2頭を連れて、野原へ。 
e0204314_9111772.jpg

(↑ の写真は、本日撮影分ではありません。)

まずは、ソロモン王子から。
e0204314_9132495.jpg

ブラインドレトリーブでは、以前よりは 私が腕で指示した方向に、真っすぐに走れるようになりました。
ソロモンの長所は、 マーキングレトリーブでもブラインドレトリーブでも、スピードが変わらない こと。
私が腕で指示した方向へ、フルギャロップで駆けていきます。
ただし、以前からの課題であった スタートラインから50m~60mを過ぎると、ストップホイッスルに反応しなくなる ・・・という問題は、改善されないまま。

まあ、一つスキルが増えたとすれば 『スタートラインからの距離軸は合っていて、左右軸が間違っている』 という場合、 私から見て左側にダミーが置かれているとして、右方向に走っているソロモンに 「逆!!」 と声をかけると、Uターンして正面右側から左側に移動 ➡ サーチングホイッスルでダミーを発見 が出来るようになりました。

でも、「逆!!」なんて、叫んでいるのは見栄えが悪いし ストップホイッスル ➡ ハンドラーのハンドシグナルに従って左右に移動・・・が、距離の壁なく出来るようになって欲しいです。
フラウは、ストップホイッスルからの遠隔ハンドリングに従うのが、得意だったのですが、ソロモンは、この部分では まだ試行錯誤中です。


さて、そのフラウ姐さんですが ソロモンを迎え入れて以降、常に 私とソロモンの練習に、同伴してくれました。
我が家のホイッスルコマンドの呼び戻しは ピーピッピッという 「1長2短」 の吹き方なのですが、ソロモンには ロングリードなどを用いて 「ピーピッピッ=呼び戻し」を馴致したことがありません。
ピーピッピッの笛で駆け戻るフラウを見習い、ソロモンが自習しました。呼び戻しに関しては私はソロモンに、何も教えていません。

ダミーレトリーブの練習に関しても、フラウがお手本を見せてくれましたし、ソロモンが回収出来なかったダミーは、全て私の近くに控えているフラウが回収してくれました。
飼い主が、えっちらこっちら ダミーを回収に行くのは大変ですので・・・

そんな訳で、フラウ&ソロモン で野原に行く時は、たとえソロモンの練習が長引いた時でも、フラウは勝手に野原を走り回ったりせず、私の近くに控え、常にダミーが投擲された方向や、ブラインドダミーが置かれた場所を見ておりました。
ソロモンがダミーを回収できなかった場合は、「自分の出番」となる訳ですから、フラウにとっても "他人事" ではありません。


ところが・・・まあ、数か月前から気が付いていた事ではありますが 投擲されたダミーが落下した方向を、しっかりと見ているにも関わらず、いざフラウに回収に向かわせると、「距離軸」が全く合っていないことが多くなりました。

例えば50mほどの距離にダミーを投擲し、ダミーが落下する様子をフラウも、しっかりと目視している様に見受けられるにも関わらず、実際に回収に向かわせると 「走っていく方向は合っているけれど、距離の把握が出来ない ・・・ 50mの距離があるのに 20m~30mのあたりを、うろうろと探し回る というケースが増え、 もはや 「ソロモンが回収失敗したから、代わりにフラウを回収に向かわせる」 は、不可能となってきました。

今日も、あえてソロモンには停座継続のコマンドを出し フラウに いろいろと試してみたのですが どうもマーキングダミーであっても30mが限界のようです。
相変わらず、ストップホイッスルでの急停止は、優れているのですが・・・
e0204314_9542160.jpg

e0204314_9544953.jpg

e0204314_955323.jpg


↓の写真は、本日のフラウ姐さんですが ダミーを咥えて停座するフラウを撮影できる機会も、残り僅かかもしれません。
e0204314_1032364.jpg

e0204314_104037.jpg

ソロモンと一緒の野原では、いくら 「フラウ、好きに走り回っていていいよ!!」 と言っても、気持ちだけは 「万が一の場合は、私の出番です!」 とばかりに、ずっと私とソロモンの練習に、付き従うフラウの姿が目に浮かびますし、 フラウ&ソロモン のコンビは解消です。

野原に一緒に行く相棒が、エステルや美琴なら フラウも、思いのままに走り回れますし。
フラウちゃん、今まで 私を そしてソロモンを、サポートしてくれて、ありがとう!!


フラウちゃんへ
競技を引退し、レトリーブ練習すら引退したとしても、そしてこの先 君が天国へと旅立ったとしても、そして将来 君以上の競技成績をあげる娘と 縁があったとしても、私の「千年女王」は、君だけです。
e0204314_10195933.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-19 10:22 | MY TALK

影法師


これから数日間は、酷暑が続くようです。
どうか、ご自愛くださいませ。

わが家の愛犬たちと、私の影法師。

e0204314_757196.jpg

e0204314_7573367.jpg

e0204314_757454.jpg

e0204314_7583190.jpg

早く、涼しくなって欲しいものです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-08-05 08:01 | MY TALK

影絵の中の笑顔

今日も、関東地方は 暑くなりそうですね。
皆様も、ご愛犬 ともども ご自愛くださいませ。

暑くなる前に・・・ ということで、本日も 朝4時30分には、野原に到着。
そして 5時30分 には 練習&野原遊び 終了!
e0204314_1056957.jpg


丁度、野原に到着した頃に、太陽が昇り 綺麗なシルエットが野原に現れました。
e0204314_1057342.jpg


ソロモン君は、影絵の中でも 私を見上げ 楽しそうに笑っています。
e0204314_10572432.jpg


飼い主と一緒にいるだけで、楽しい犬。
飼い主も、愛犬と 時間と空間を同じくして 共に居ることが嬉しい。
訓練云々より、まずは 「一緒にいるだけで」 楽しく、笑顔になれる関係・・・
そんな関係こそが、何よりも大切なのだと、私は思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-11 10:58 | MY TALK

失敗を減らす工夫

本日のタイトルは、 『失敗を減らす工夫』 です。
要約しますと 愛犬を叱ったり、罵倒したり、溜息をついたりする機会 を飼い主の工夫で減らそう!! ということです。

例えば、愛犬を室内フリーにして外出し、戻ってみたら テレビのリモコンが齧られて壊されていた、大切なスマホが破壊されていた、ゴミ箱のゴミが室内に散乱していた・・・ というケースでは、飼い主さんは 怒りのあまり 大声で叱ったり、呪いの言葉を吐いたり、あるいは叩いたり (これはダメですが) という事になります。

しかし、外出する時間の長さにもよりますが 「バリケンに入れる」とか「犬が届く範囲の高さに、物を放置しない」などの工夫をすることにより、 『愛犬を叱る原因』 を回避することが可能です。

この様なケースにおいて 「いえ 私は、室内フリーにして外出しようが、届く高さに物を置こうが、なにも悪戯しない おりこうさんの犬 に育てたいのです。」 と仰る飼い主さんが、いらっしゃいます。
つまり、 「飼い主が何ら工夫をしたり、予防手段を講じなくても、何ら悪戯をしない犬」 に育てたいという事なのですが、確かに これは理想ですよね。
もし、その理想像に至るまでの間、弛まぬ練習をする時間と熱意がある飼い主さんなら、それこそが理想像であると私も思います。

しかし、理想像に至るまでの練習をする熱意も無く、ただ「無いもの ねだり」で、理想像を愛犬に押し付けても、結局は 失敗 ➡ 叱る という悪循環に陥ってしまいます。
それなら、予防策を講じて、「愛犬が叱られる可能性」を排除すべきだと思います。
e0204314_10393797.jpg

あるいは、やっと 飼い主さんと愛犬が向かい合って 距離10mの停座&マテ ができるようになったペアがいるとします。
私が、「少しずつ、距離を伸ばしてくださいね!」とアドバイスしているのに、いきなり距離を30mに伸ばしたりする飼い主さんがいらっしゃいます。

やっと 距離10mの停座&マテ が出来る様になったのですから 次は15m・・・その次は20m・・・と、距離を伸ばしていけば良いものを、いきない30mに伸ばして 失敗 ➡ 叱る という、はめに。

上記ふたつの例を書きましたが どちらも 失敗の原因は 飼い主の予測力不足 です。
「もしかしたら、失敗するかもしれないな!」 という予測力が足りません。

失敗したことにより、叱られたり 罵倒されたり 溜息をつかれたりする のは、愛犬の側な訳ですので、 失敗させない為の工夫、そして失敗する可能性の予測 をする力を飼い主が磨くことにより、回避することが可能となります。

叱る、罵倒する、叩く・・・などの実力行使ではなくとも、犬は 飼い主さんの 溜息や落胆の表情にも敏感です

飼い主が、がっかりした顔、落胆した顔を見せると 犬の方も しょげてしまったりします。
ニンゲンの子供も犬も、パパやママに誉められると嬉しい。
逆に、叱られたり、大声で怒鳴られたり、溜息をつかれたり、落胆の表情を見せられると、ニンゲンの子供も犬も、悲しくなるんです。


愛犬を叱らない工夫をすることにり 成功 ➡ 褒められる の機会を増やしていきましょう。
いつも、飼い主の傍らで 飼い主を見上げて笑っている犬に育てましょう。
e0204314_10582729.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-01 11:06 | MY TALK

美琴 つれづれ


昨日の野原遊びは フラウ & 美琴ちゃん。
美琴ちゃんは、推定1歳8カ月。 正面からお顔を見ると和犬っぽいのですが、脚が長く お腹の巻き上がった体型は、和犬とは異なります。  現在、体重は 18.6kg。
e0204314_15304191.jpg
 
e0204314_1531083.jpg
 
美琴は、紐付きボールのレトリーブが大好きです。
e0204314_15343822.jpg

e0204314_15345756.jpg

脚が長い為か、 ”一間歩” の幅が広く、跳びの大きいランニングフォームが特徴です。
その為、直線を走らせると、現在では 我が家の 5ワンズ の中で、最も速いかも・・・
但し、小回りは苦手の様です。

わが家に迎え入れてから、ちょうど1年6カ月となった美琴ちゃん。
今では、 「近い距離は声符で」 「150m位までの距離は笛で」 「それ以上の距離は、トレーニングカラーのポンポン音で」 呼べば確実に私の足元まで戻って来るようになっています。
e0204314_15414419.jpg

トレーニングカラー (ポンポンと音がする首輪、手元のトランシーバーのようなもので操作します) を装着せずとも、あるいはロングリードを装着せずとも 『通常は』呼べば、すぐに駆け戻って来る美琴ちゃんです。
おそらく、 四方をネットで囲まれたドッグラン などでしたら ロングリードもトレーニングカラーも必要はない筈です。 ただし、 「見知らぬ人を極度に怖がる」美琴 がドッグランに行っても、楽しくは無いでしょうね、怖がるばかりで・・・

実は、この 「見知らぬ人を極度に怖がる」 ことが、 「ロングリード + トレーニングカラー」 という二重の保安対策を施している理由なんです。

お顔は、和犬チックな美琴ですが、以前にも書いたことがありますが とにかくフラッシングが得意!!
鼻を高くあげて臭気をとり、ブッシュに突っ込んでいくと 雉が飛び立ったり、鴨が飛び立ったり・・・
全くポインターやセッターとは異なる顔なんですけれどね・・・ 美琴って、どんな犬種が混じっているだろう??? と考えてしまいます。

で、この 「雉や鴨をフラッシングした場合」限定 なのですが 飛び立った雉や鴨を追いかけて、かなり長い距離を走り抜けます。
こんな時は、名前を呼んでも、笛を吹いても 追跡に夢中になり、なかなか戻りません。
仕方なく、トレーニングカラーをポンポン鳴らすと 我に返ったように戻ってくるのですが・・・

万が一、逸走してしまったとしても エステルさんなら 人が通りかかれば 長い尻尾を振りながら近づいて行くと思いますので 首輪には携帯電話の番号やマイクロチップの番号を刻印したネームリングが装着されていますし まあ保護してくださった方から連絡が来るのではないかと・・・

しかし、美琴の場合は 同じく首輪には電話番号やマイクロチップ番号を刻印したネームリングを装着しているとは言え、おそらく 「人を見たら逃げる」 ・・・ 人通りのある日中は茂みや林に潜み、人目の無い夜間に移動・・・ という行動が予想され、おそらく 「誰かに保護される」 という事は無いのではないかと。

その為の、「ロングリード + トレーニングカラー」 という二重の保安対策なのですが、とにかく 「ゼッタイに逸走させない」 ことを、第一に考えています。

「そもそも、リードを装着しての、自宅周辺散歩をメインとした生活をすれば、そんなリスクは回避できるのでは?」 という考え方もあることは承知しておりますが、 それは 「愛犬と、どのような日々の生活をしたいか」 という根幹の部分の問題でもありますので・・・

まあ、見慣れた自宅近隣の方々は、それ程 怖がらなくなっていますし、少しずつでも 美琴の 対人恐怖症 が改善されることを願っています。
e0204314_1611214.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-06-17 16:16 | MY TALK