ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
経験が犬を育てる
at 2017-05-18 19:48
W優勝!
at 2017-05-07 06:44
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

カテゴリ:ソロモン (WC)( 94 )

馴染んできました


我が家へ来て6日目のソロモン・・・
ずいぶん、我が家での生活のリズム、そして3頭のお姉様たちとの暮らしにも馴染んできました。

バリケンの中での粗相(排泄)は、ほとんど無くなりました。
チッチ・うん○をしたい時は、バリケンの中から鼻をピーピー鳴らして知らせてくれる事が多くなったので、助かります。
夜中の排泄の間隔も長くなり、前日の夜11時半頃に庭に出すと(排泄のために)、次に鼻をピーピー鳴らすのは翌朝の5時頃です。
迎え入れた日から3日程は夜中も2時間おきに起こされていたのですが、ここ2日程は ぐっすり眠ることが出来る様になりました。

e0204314_215476.jpg


ソロモンとは、まだほんの僅かな日数しか共に暮らしておりませんが、驚くことがいくつかあります。

まず 食事に執着しない点です。
シャドーもフラウもパピーの頃は、それこそ 一心不乱に脇目も振らずにフードに、がっついていた様に記憶しているのですが、ソロモンは 例えばフードを食べている最中に庭で鳥のさえずりが聴こえると、庭に面したガラス扉に顔をつけて、納得いくまで食事に戻りません。鳥のさえずりの他にも、何か気になる音や気配があると、食事を後回しにして様子を見に行ってしまいます。
ですので、フードを食べ終わるのに、結構 時間がかかります。

次に驚くのは、生後80日のパピーなのに、ものすごいレトリーブ欲があることです。
1mを超える木材(軽くて薄い木材ですが)を器用に咥えて私の足元まで持ってきたり、木の枝を咥えたまま庭から居間によじ登って来たり・・・
しかも咥えてきたものは、きちんと私に手渡ししてくれます。 私に渡すために、様々な物を咥えて持ってくる感じです。

そして最後に、疲れ知らずのヤンチャ坊主だということです。
シャドーもフラウもパピーの頃は、遊び疲れると、いつの間にか居間で寝ている事があったのですが、ソロモンがバリケンの中以外で寝たのは我が家に来た当日にカミサンの膝の上で寝た一度だけ・・・
クワンやエステルと遊んだり、一人で庭を駆け回ったり、生後80日のパピーにしては、かなり激しく動いていると思うのですが、なんか末恐ろしい気がします。(笑)


3頭のお姉様たちとの関係ですが、クワンとエステルは、ソロモンの良き遊び相手になってくれています。
フラウ姐さんだけは、話になりません。(苦笑)

特にクワンは、本当によくソロモンと遊んでくれる様になりました。
30分くらい、飽きずに2頭で遊んでいる時もあります。

e0204314_2213181.jpg

e0204314_22133187.jpg
e0204314_2213394.jpg



そして、クワンとソロモンが遊んでいる近くで、エステルが2頭の遊びを監視している感じです。
たまに、クワンが力の加減を誤ってソロモンが 「ヒャン!」 と言おうものなら、すぐさまエステルがクワンを叱りに行きます。 遊んであげた挙句に、エステルに叱られるクワンは大変ですが・・・
ただ、エステルは過保護にソロモンを擁護している訳でもなく、ソロモンが礼を失した行動をすると、きっちりエステルに叱られます。
エステルは教育係、クワンは一緒に遊んでくれるお姉ちゃん  という感じかもしれません。

エステルとクワンが、ソロモンの教育係や遊戯係をしっかり勤めてくれている時に、ただ1頭 庭で木を見上げながら 「鳥よ 鳥!」 と騒いで、全くソロモンの教育に関わってくれない茶色いドイツ女には、呆れてしまいます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-02-21 22:29 | ソロモン (WC)

一夜明けて

ソロモンを迎え入れた昨日は、久々に消臭スプレー片手に、居間に投下されるソロモンのチッチを拭いて歩きました。
クワンは生後5ヶ月になってから我が家に来たのでトイレは全く問題ありませんでした。
生後3ヶ月に満たないパピーを迎え入れたのは2005年8月、フラウが来て以来のこととなります。
フラウの時は居間に可変式(形を自由に変えられる)の大きなサークルを置き(縦1.2m×横2mくらい)、サークル内に居住スペースとトイレスペースを設け、トイレが済んだのを確認してから居間に出していたので、チッチ失敗も少なかったのですが・・・
居間にバリケンが4個並んでいる現在は、大きなサークルを置く場所も無くなってしまったので、 ソロモンは2時間に1度程度、トイレタイム&運動のために庭に連れて行こうと思っています。
夜も懐中電灯を使って、庭で排泄&プチ運動・・・


昨晩、ソロモンはバリケンの中で 夜の11時~本日の早朝5時まで、鳴くことも無く大人しくしていました。
チッチや、ウン○ まみれになっている覚悟をしてバリケンの扉を開けたのですが、中は綺麗で 抱きかかえて庭に連れて行くと、すぐに排泄(大小)をしました。
日中も、バリケンに入れた直後は少し鳴いたり吠えたりしますが、すぐに諦めて大人しくしてくれます。
今のところ、「吠え続ける」とか「鳴き続ける」ということは無いので助かります。

庭 (というか小型の野原:笑) にも、すぐに慣れて走り回っています
e0204314_14361512.jpg

なかなかの面構えです
e0204314_14414449.jpg



今日は、掛かりつけの獣医さんに、ソロモン初めての診察に行って来ました。
体重 4.02kg
検便(顕微鏡検査)は異常なく、触診による関節検査でも問題はありませんでした。
何事もなければ、次回 病院に行くのは 2回目のワクチン接種時となります。

ソロモンの診察券
e0204314_14464338.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-02-17 14:50 | ソロモン (WC)

ソロモン到着!

ソロモン を迎えに、ソロモンの実家へ行ってきました。

ソロモンは、2011年12月3日生まれの、 ワーキング・コッカースパニエル です。

FCI(国際畜犬連盟)の犬種標記に従えば、イングリッシュ・コッカースパニエル なのですが、欧州では(特に英国では) KCコッカー あるいは ワーキングコッカー と表現しているラインであり、ワーキングコッカーを専門にブリードしている英国犬舎などの説明には 『イングリッシュコッカーとは、70年以上 交配しておりません』 などと書かれております。

ですので、 ソロモンに関しましては イングリッシュコッカースパニエルではなく、KCコッカースパニエルあるいは、ワーキングコッカースパニエル(WC) と表現していきたいと思います。

e0204314_16185213.jpg



ソロモンの母犬を見せて頂きましたが、被毛や飾り毛が短く、明らかにショー系のイングリッシュコッカースパニエルとは体型が異なります。
ワーキングコッカー(KCコッカー)の方が、イングリッシュコッカーに比べ、かなり大柄です。

ソロモンのお母さん
e0204314_1622624.jpg



ソロモン君、実家から我が家までの約3時間の車中、全く吠えたり鳴いたりしませんでした。
家に到着し、室内を探検し、お姉様たちとも顔合わせを済ませ、フードを残さずペロリと食べ、今はカミサンの膝の中で丸くなって寝ています。
なかなかの大物かも・・・

次男とソロモン
e0204314_16262717.jpg



「何故、数多くのガンドッグの犬種があるなかで、ワーキングコッカーを選択したのか?」 に関しましては、いずれ ご説明したいと思います。
しばらくは、食べて寝て遊ぶのが仕事のソロモン・・・ 元気に大らかに育って欲しいと願っています。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2012-02-16 16:32 | ソロモン (WC)

ソロモン

ブログの カテゴリ欄 に、そっと ソロモン というカテゴリーを追加して3日・・・
本日、スクールのレッスンを終えて自宅に戻りPCを開きましたら、長い間 私のプログを愛読してくださっている方から 「カテゴリに ”ソロモン” というのが追加されていますが、ソロモンって何ですか?」 と、お問い合わせのメールが入っておりました。


話が、飛んでしまいますが。。。。

先日、スクールの生徒さんにダミーを投げてもらい、クワンを回収に向かわせようとしたした処、ダミーを咥えないどころか、ダミーに駆け寄ることさえしなくなっている事が判明!
2年ほど前は、曲がりなりにも回収競技に参加したこともあるのですが・・・
まあ確かに、ここ何ヶ月間、ダミー練習は一切しておりませんでしたが、投げられたダミーに全く興味を示さない、あまりの潔さ(笑)に、私も笑ってしまいました。
円盤型の物(フリスビー)のレトリーブは大好きなクワンですが、円筒形(ダミー)は、お好きではないらしいです。(苦笑)

クワンを迎え入れた当初は、フラウ姐さんの様に 「回収競技でもフリスビー競技でも、どちらでも入賞できる程度の汎用性のある犬」 に育って欲しかったたのですが、クワンに二股は無理みたい・・・
こうなったらクワンには、とことん円盤道を究めてもらって フリスビードッグとして活躍してもらいましょう!


我が家の3姉妹の役割分担は、

フ ラ ウ  : 犬の奥さん  スクールのデモ全般  回収競技  フリスビー競技(お遊び)

ク ワ ン  : グラビア・アイドル  フリスビー競技  オビィディエンスのデモ犬

エステル  : 大型愛玩犬(笑)  呼び戻しのデモ犬  保護活動関係のイベントへの帯同 

という感じかなぁ~。


そして、来年7歳になるフラウ姐さんの後継として、 回収競技犬 として、我が家へ迎え入れるのが ソロモンです。
ソロモン (Salmon) は旧約聖書に登場するイスラエルの王様の名前です。
ブリーダーさんから直接、我が家に迎え入れるのはフラウ以来となります。
そして久々の男の子・・・
いずれ血統書のコピーなども、ご紹介できると思います。


名君 ソロモン王
e0204314_1564810.jpg


当初、新しい仔を迎え入れるのは、あと3年ほど経ってから(フラウ姐さんが10歳になる頃)を予定していたのですが、ソロモン君の父母犬が、 「ラストクロップ(最後の繁殖)になるかもしれない」 というお話を聞き、仔犬を譲渡して頂く決断をしました。


ソロモン君が我が家に到着するのは、来年の3月下旬~4月上旬となると思います。
今から、ソロモン君の到着が、楽しみです!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-12-10 15:08 | ソロモン (WC)