ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

カテゴリ:おでかけ・野遊び( 10 )

七輪道



ヘルニアの症状が悪化し、頻繁に整形外科に通院していた昨年の12月に、病院の待合室に置かれてた雑誌に 能登地方にある 切り出し七輪 を製造している家族経営の会社が紹介されていました。

※ 切り出し七輪とは
現在一般に普及している七輪は練り物と言われ、珪藻土を粉砕して (粘土等他の材料を混ぜることも) 金型で押し固めて成型して焼き上げた七輪です。
量産に向きローコストで生産できます。金型を使うので内側まできっちりした形状です。

り出し七輪は、珪藻土を塊のまま切り出したものを削って そのまま、焼き上げるため、珪藻土の組織が破壊されず、 空孔が多く軽量で、形状によりますが一般的に強度があり (ひび割れしにくく)、断熱性に優れています。 大切に使えば一生ものです。
価格は練りものの3~5倍もします。 製造には熟練した技と労力が必要で大量生産に向かないためです。
ただし、これは一般的な評価で、練り物でも技術開発により強度や断熱性の高い製品もあります。

息子たちが小さかった13~15年ほど前、一時 何かに憑かれたかのように、キャンプに はまっていた 時期があって、その頃は金属製のBBQセットなどで炭を使っておりましたが、『七輪』は使用したことがありませんでした。
そもそも、小さな子供を連れたキャンプでは 何事も「スピード」が大切で、準備が手軽な ホワイトガソリンやガスボンベを用いた調理器具が主役でした。
「火がつくまでに時間が掛かる」 炭 は、あくまでも主従で言えば 「従」の存在で、「火がつくまでの時間を惜しまない」という "スローライフ的キャンプ" は、小さな子供がいては なかなか難しいです。

ところが、息子たちの成長と共に、また我が家の犬たちの頭数が増えるに従い、ファミリーキャンプや家族と一緒のアウトドアライフは激減し、日帰りキャンプすら ここ10年以上、ご無沙汰となっていました。

「カミサンと二人で七輪を持って スローライフのアウトドアもいいかもなぁ~!」 などと思い、切り出し七輪について調べているうちに だんだんと七輪のあれやこれやが魅力的に思え、12月の中ごろに 石川県の切り出し七輪を製造している町工場に、様々な七輪道具を発注しました。
簡単に説明しますと、
 ① 炭に火をつけるための小型の七輪 (火熾し用七輪) 1個
 ② ダッジオーブンも使える かまど型の大型七輪 2個 
 ③ 燃えている炭を消化し、保管する為の七輪 (火消用七輪) 1個・・・etc
 

切り出し七輪は、手造りのため在庫が無く、発注した石川県の町工場からは 「納期まで、2カ月程 お待ちください!」 とのことでした。
七輪道具一式の到着を楽しみにしていたのですが、そうこうしている内に 昨年の暮れから 顎が痛くて口が開けなくなり、口腔内化膿により痛み著しい日々が続き・・・ 七輪道具一式が、我が家に到着したのは 私が入院する前日でした。
梱包されたまま物置部屋に放置すること2カ月。。。 やっと、口を大きく開いて物を食べることが可能(とは言え、今でも口を大きく開けると 顎の筋肉に痛みが走るのですが) となったので、家内と "七輪ライフ デビュー" を果たしました。

場所は、15年ほど前まで 月に1度は必ず、家族で訪れていたキャンプ場です。
七輪に関する薀蓄は、いずれまた・・・

e0204314_11441989.jpg

e0204314_11451635.jpg
e0204314_11443365.jpg
e0204314_11450288.jpg
e0204314_11444739.jpg
e0204314_11464410.jpg
e0204314_11454746.jpg
e0204314_11462932.jpg
e0204314_11473087.jpg
e0204314_11465710.jpg
e0204314_11460136.jpg
e0204314_11461316.jpg
e0204314_11471125.jpg
e0204314_11474536.jpg
e0204314_11475826.jpg
e0204314_11481296.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。

 
  


[PR]
by gundogclub | 2017-04-13 12:06 | おでかけ・野遊び

また水遊び


8月6日に長野の湖に遊びに行き、それから3日後の9日(日曜)に、再び水遊びへ!
今度は千葉県内の渓谷で、相棒はフラウ姐さんと我が家の次男君 & 英セッターチーム。
e0204314_8313364.jpg


この渓谷はを流れる渓流の水深は、足の長ーいフラウだと胸の部分までの水深の場所が多く、一部は川底が深くなっていて泳ぐ必要がある・・・という感じです。
渓流の両側から伸びる木々が天然の「ひさし」になっていて、日光が遮られ、かなり涼しく感じました。

常時、水に体を浸して冷却できる状態 & 日光が遮られている ・・・ ということで、フラウ姐さんは、大張切り!

渓流に到着してから、引き上げるまでの2時間、ほぼ間断なくボールやダミーを投げさせられました。
2~3歳の頃のフラウは、私から止めないと本当に2時間くらいは飽きずに、また疲労の色も見せずボールを追いかけておりましたが、10歳を過ぎても持続力が衰えていないことには、正直 驚きました。
水の抵抗があるので、野原でボール遊びをしている時より、体にかかる負担が大きい筈なのですが。

e0204314_842667.jpg

e0204314_8422156.jpg

e0204314_8423847.jpg

e0204314_8425785.jpg

e0204314_843954.jpg

さすがに、1時間半ほどで私は肩が痛くなり、ボールを投げられなくなりました。
私が、もうボールを投げてくれないと見るや、すかさず次男君に、おねだりするフラウ姐さん(笑)
e0204314_8463861.jpg


滞在時間は短かったのですが、綺麗な渓流で フラウと楽しく水遊びができました。
来年も、再来年も、元気なフラウと水遊びができますように。。。
e0204314_8492366.jpg

e0204314_849416.jpg

e0204314_850311.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-08-11 08:52 | おでかけ・野遊び

恒例の水遊び


暑いですねぇ~!
我が家周辺も日中は34℃~35℃まで気温が上昇し、早朝も25℃を超える蒸し暑さ・・・

早朝ですら、ミストサウナのような湿度の野原では、もはや真剣にレトリーブ練習をするのは無理!!
もしかすると、ワンより私のほうが蒸し暑さに弱いかも・・・

ということで、恒例となりました長野の湖に、スクールの有志と行って参りました。
我が家からは、今回はソロモンのみ参加。
e0204314_18201067.jpg

e0204314_18203613.jpg

e0204314_1821116.jpg

e0204314_18211342.jpg


単純に、湖面にダミーをほうり込んでウォーターレトリーブ・・・みたいな「水遊び」が中心ではありました。
e0204314_18243579.jpg


ただ、ちょぴっとは 真面目に練習!!
この湖には、小川 (と言っても、ソロモンは体高が低いので泳ぐことになりますが) が流れ込んでいるので、
① 小川の先にある中州にダミーを投擲する。
② 湖面にもダミーを投擲する。
③ 方向指示で、中洲にあるダミーから先に回収する。
といった、『V字のダブル・ウォーター・レトリーブ』などを、何度か試みました。

写真 向かって右側から水が流れている小川を泳いでのレトリーブ。
水しぶきは、ソロモンが泳ぐ際に跳ね上げているものではなく、川の流れがソロモンの体に当たって、しぶきとなっています。
e0204314_18305833.jpg

e0204314_18311274.jpg


ちなみに、ソロモンはチビ助ですが、泳ぎは本当に上手です。
ダミーを咥えたまま、水しぶき ひとつ立てないで、すーっと カワウソっぽく泳ぎます。(笑)
e0204314_1834456.jpg

e0204314_18341455.jpg

しかも、何度も何度も飽きずに、ウォーターレトリーブに向かいます。
もうね・・・ こちらが、ダミーを投げるのが嫌になるくらい・・・

綺麗な湖で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
本当は、水遊びが 「イベント&お出かけ」 ではなく、野原と同様の「日常」であるような場所に住むことができたら、幸せなのですが。
e0204314_18384846.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-08-06 18:43 | おでかけ・野遊び

信濃路 旅情編


GRTAの競技会に参加する場合、一昨年までは 『深夜に自宅を出発して、そのまま競技会に出場し、閉会後は、そのまま自宅に戻る』 というパターンでした。(昨年は、GRTA競技会に不参加でしたので)
何度か書いておりますが、私は強度の乱視なので (眼鏡で矯正しているとは言え) 夜間に長距離運転すると、目が赤く充血し、涙が止まらなくなります。

ただし、目は赤く充血し 鏡に自らの顔を写すと異様で気持ち悪い (ですから、他の方が見ると、より気持ち悪く思うかも) ものの、「体自体は、さほど疲れていない」 状態でしたので、この 「日帰り強行軍方式」 できたのですが、今年は 競技会場に到着する頃には、体そのものが へとへとに疲れています。
50歳をすぎて数年・・・ 4~5年前までとは 明らかに何かが変わってしまったようです。


蓼科の牧場で開催される、今年3回目のGRT競技会のエントリーが始まった時、カミサンに 「帰りの高速道路とか、渋滞するんだろうなぁ~ 競技で疲れて、その後 帰りの高速道路が渋滞すると、本当に辛いんだよ。 参加、やめようかな・・・」 と話をすると カミサンが 「じゃ、泊まってくれば いいじゃん!」 と。。。


カミサンの言葉は、なおも続きました。
『蓼科だったら、望月から そう遠くないでしょ! 馬事公苑に寄って、馬でも乗ってくれば、いいじゃん!』
「望月に泊まって、馬に乗って帰る」 ・・・ その言葉を聞いた5分後には、第3回目の競技会参加申込を完了しておりました。

蓼科での競技会ですから、蓼科高原周辺とか女神湖、白樺湖周辺のドッグペンションを探す方が多いと思うのですが 私にとっては「長野県なら望月」と思えるほど、思い出深い場所なのです。


旧長野県北佐久郡望月町は、現在は佐久市に合併されておりますが、平安時代から「駒の里」として知られ、京都の朝廷にも御料馬を献上していた馬産地です。
そして、旧望月町には町営の馬事公苑があり (現在は、佐久市営? 別法人? よくわかりません) 1993年~1996年の4年間 私は乗馬仲間の友人たちと毎年 春と秋の2回、馬術合宿をしておりました。


そして、馬術合宿最後の開催となった1996年に、私の女友人であるAさんが 「私たちと所属クラブは違うけれど、彼女も乗馬をやっているのよ!」 と連れてきた女の子が、今では私のカミサンです。


言わば、望月町の馬事公苑は 私とカミサンの出会いの場でもあります。
その後、カミサンは私が所属していた乗馬クラブに移籍し、つきあっている間も 何度か2人で馬事公苑を訪れて馬に乗りました。
当時の馬事公苑の所長さん、そして我々が馬術合宿をする時期に数年間 同時期に合宿を行っていた、某大学馬術部の監督のYさんは、我々夫婦の結婚披露宴にも出席してくださいました。


今回、宿泊した旅館は 馬術合宿で何度も利用した ゆざわ荘
露店風呂からは、隣接している馬事公苑が一望できます。(男用露天風呂に限ってですが、馬に乗っていると露店風呂に入っている男性の裸体がよく見えます。女性用露天風呂は囲いがあって残念ながら馬上からは見えませんが:笑)

蓼科の競技会場から、一路 ゆざわ荘へ!
チェックインの手続きを終了すると同時に、馬事公苑に駆けつけました。
所長さんは、以前とは変わっておりましたが、現所長も顔見知りで 「久しぶりだねぇ~ なに ホースマンが犬遣いになってしまったの?」 と言われ、苦笑・・・
e0204314_11521318.jpg

e0204314_11455684.jpg

馬事公園内にある、パターゴルフ場&アスレチック広場は夕方であったため、誰もおらず所長さんの許可を得て、1時間以上 ソロモンと遊ばせて頂きました。

最近のソロモンのブームは、私の 「JUMP!」のコマンドで様々な物に飛び乗り、瞬時に停座すること。
助走無しでも、1.3m位までの高さなら、飛び乗ることが出来ます。

e0204314_11442594.jpg

e0204314_11445580.jpg

e0204314_11451120.jpg

e0204314_11452463.jpg

e0204314_11453730.jpg

ヘトヘトになる程、ソロモンと遊んだ後、ソロモンは車の中へ・・・
宿泊した ゆざわ荘 の唯一の欠点は ペットの宿泊が不可なこと。
ゆざわ荘と馬事公苑の共用駐車場の車中でソロモンは、お泊り。
『寂しがって鳴いたり、吠えたりしないか?』と心配だった (ソロモンだけ車に残して宿泊するのは初めてだった為)のですが、心配ありませんでした。
何度か様子を見に駐車場へ行ったのですが、バリケンの中でソロモンは丸くなって寝ていました。 思いっきり遊ばせておいたのが、よかったのかも・・・


旅館内は、我々が馬術合宿をしていた頃と、何一つ変わっていませんでした。
食堂にも、売店にも、階段にも、カミサンとの思い出が沢山ある旅館。
まあ、我々が馬術合宿をしていた頃は、この旅館が竣工して間もなかったので、館内はとても綺麗でしたが、あれから18年・・・ 私とカミサンが18年分 年老いたのと同様に、旅館も18年分 薄汚れていたのには、ちょっと哀愁を覚えました。


翌日は、まず馬に乗って(笑)、その後で 何度か遊びに行ったことのある エメラルドグリーンのダム湖にソロモンを泳がせに行く予定にしていたのですが、旅館の支配人さんから「今年は豪雪で、雪解けが遅かったので、山の上にある湖は例年より、かなり水温が低いのではないかと思う」と言われ、ダム湖水泳は諦めました。
ソロモンが泳いでいる途中に、心臓麻痺でも起こして沈んでしまったら、助け様が無いので。

翌日、再びソロモンをアスレチック場で1時間ほど遊ばせ、馬術選手だった時代から18kgも太ってしまった体で、お腹を揺らしながら馬に乗りました。
情けない・・・ 本気で痩せないと!!

平日(月曜日)であるにも関わらず、馬に乗りに来た中年のご夫婦が、何組がいらっしゃり、お話をすると共通の知り合いや友人が居たりで、『乗馬談義』で楽しい時間を過ごさせて頂きました。

馬事公苑のクラブハウスで、昼食の出前をとって、帰路へ!
途中、佐久平のハイウエイオアシスで、長い長いエスカレーターにソロモンと乗り、ドッグランで遊び、アイスクリームを食べたり・・・
e0204314_11485097.jpg

e0204314_1149237.jpg

夕方4時頃には自宅に到着しました。
お日様が出ている時間の長距離運転は、ほとんど苦になりません。
目も充血したりしませんし。

思い出の地、望月に 「泊まってくれば!」と提案してくれた、カミサンに感謝しております。
次のGRTA競技会は10月、ソロモンは勿論ですが、久々にフラウ姐さんも参加するかもしれません。
まあ、それまで 基礎訓練をしっかりと、やりたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-05-14 11:53 | おでかけ・野遊び

エメラルドグリーンの湖へ

スクールの有志の皆さんと、エメラルドグリーンに輝く湖へ、水遊びに行ってきました。
e0204314_21332047.jpg


我が家からは、フラウ&ソロモンの茶色チームが参加。
フラウ姐さんが、この湖を訪れるのは3年ぶりです。
ソロモンは、淡水で泳ぐのはLADFのプールを除けば、今回が初めての経験です。 
そして、今年の春に群馬の保護団体が主催したイベントに参加して以来、ソロモン君は千葉県から出るのはこれで生涯2回目・・・
遊ぶために県外に 「おでかけ」 するのは、生まれてから今日が初めてのソロモン君です。

今日の朝、早く自宅を出発し、夕方には自宅に戻ったのですが さすがに疲れました。
今日は、かいつまんで写真の紹介を中心に。。。

フラウ姐さん
フラウ姐さんは、海・川・湖を問わず、ダイブするのが大好きです。
わざと高くジャンプして豪快にダイブするのがお気に入りみたい。。。
e0204314_21395919.jpg

e0204314_21401616.jpg

e0204314_2140295.jpg


フラウ姐さん、湖面に投げ入れられたウォーターダミーに向って飛び込む意欲は、若かりし頃と変わりません。
何度も何度も飽きずにウォーターレトリーブする意欲も旺盛。
川(湖)の中州のような場所にダミーを投げると、落下したダミーまでの最短ルートで水に飛び込みダミーを咥え、最短ルートで私の足元まで戻ってきます。
水深の浅い場所を探したり、流れが緩やかな場所まで遠回りするようなことは、ありません。
流れが急だろうが、水深が深かろうが お構いなく最短ルートのウォーターレトリーブをするフラウ姐さん!
e0204314_21481946.jpg


ただ・・・ 泳ぐスピードは、ずいぶん遅くなってしまいました。
3年前にこの湖で遊んだ時は、魚雷のように(笑)速かったのですが・・・
犬にとって、3年という時の流れは、かくも大きな衰退をみせるものなのか。。。 
格段に泳ぐスピードが衰えたフラウ姐さんを見て、正直 とても寂しい気持ちになりました。


ソロモン
ソロモン君は、まともに泳いだのは千葉の海で一度だけ・・・
ソロモンの湖デビューは、期待と不安が入り混じった気持ちで迎えたのですが、結果は 『期待通り7割 がっかり3割』 という感じでした。

初体験にしては、頑張って泳いでいたと思いますし、参加犬の中で最後まで泳いでいたのはソロモンでした。
e0204314_223187.jpg

e0204314_2235226.jpg

e0204314_2263751.jpg


ただ、フラウ姐さんと同様に、中州のよう場所にダミーを投げ込んでソロモンに回収に向わせると・・・
行きは最短距離で湖に飛び込むのですが、ダミーを咥えての戻りは 水深の浅い場所まで遠回りして戻ってきたり、飛び込むのを躊躇して、ウロウロしたり。。。
うーん この点は普段、野原でのレトリーブで見せるソロモンの回収意欲から鑑みて、まさか水深や流れの緩急を気にしてウロウロするとは思っていなかったので・・・・ ちょっと、がっかり(苦笑)
まあ、今日は初体験でしたので、経験を積み重ねることによって、上積みがあることを期待したいです。

e0204314_22124646.jpg

e0204314_2213583.jpg


今日は、取り急ぎフラウ&ソロモンの写真のみ・・・
日を改めて、一緒に湖を楽しんだワンズの写真や あれやこれや ご紹介したいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-08-03 22:17 | おでかけ・野遊び

Salty Dog


今日のブログカテゴリーは、 「おでかけ・野遊び」 
シャドー&フラウの2頭しか居なかった頃は、息子たちも小さかったので よく観光牧場に行ったり、キャンプに行ったり、「おでかけ満載」 でしたが、最近は どこにも おでかけ しないので・・・
競技会に参加するのは、おでかけ では無いし。。。 
と言う訳で、 「前回 おでかけ・野遊びカテゴリーでブログを書いたのは、何時だろう?」 と遡ってみたら、なんと約2年前にエステルとプールに行った時のものでした!

で、今日も 「おでかけ」 とは言っても、いつもレッスンでお世話になっているLADFから徒歩数分の距離の、本須賀海岸にソロモンを連れて行っただけ。。。
とは言え、 「レッスンのついで」 ではなく 海で遊ぶことを目的に行った訳ですから、私にとっては立派な「おでかけ」です!(笑)


さて、LADFのプールでしか、泳いだ経験の無いソロモン君!
本当は、湖とか、小川とか、淡水で泳がせたかったのですが、千葉には湖や綺麗な川がありません。
東京や神奈川に住んでいたら、富士五湖などへのアクセスも良いのですが・・・

私は、 愛犬を泳がせる場所の難易度としては プール < 湖 < 川 < 海 だと思っているので、LADFのプールでしか泳いだ経験の無いソロモンを、いきなり海で泳がせることは、心配な面がありました。
「ゴーという海の音、押し寄せる波を怖がるのではないか?」 とか 「海水を飲んで吐いたり下痢したりするのではないか?」 とか心配は尽きず。。。

しかし、まあ 「案ずるより産むが易し」 でした。

e0204314_21275.jpg

e0204314_2122710.jpg

e0204314_212422.jpg

e0204314_2125379.jpg

e0204314_2131073.jpg

e0204314_2132968.jpg

何の躊躇も無く、波間に浮くウォーターダミーを目掛けて走り、飛び込み、泳ぎ、何度もウォーターレトリーブをしたソロモン君!
頭から波を被っても、怖がることも無く ダミーを口から離すことも無く・・・

ソロモン君、間違いなく 海に来たのは初めてで、まして海で泳いだことも、ウォーターダミーのレトリーブも初体験だった訳ですが、なかなかのものでした! ← 親ばか自慢。。。
海が平気だったんだから、湖や川も問題ないかな。。。


家に戻ってカミサンに、「ソロモン、初めての海でも ちゃんと泳げたよっ!!」 って自慢しましたら 「うちの茶色坊主は、河童犬の系譜なのよ きっと!」 と言っておりました。
初代河童犬 シャドーを越える 二代目茶色河童犬に育って欲しいものです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2013-06-22 21:15 | おでかけ・野遊び

プールへ!

エステルを連れて茨城県にあるドッグプールへ行ってきました。
朝、起きると生憎の天気で、強い霧雨が降っていました。
7月にも、エステルを連れてドッグプールへ行く予定を組んでおりましたが、私の体調不良で断念・・・
そして今日は、雨!
エステルをプールに連れて行くことを阻む未知の力が働いているのかも・・・
それでも、「プール日和」とは言えない天候(プールに行くには涼しすぎました)をものともせず、半分「意地」でドッグプールへ行って来ました。


エステルとドッグプールに行くにあたり、その候補地を2箇所に絞ったのですが、かなり迷いました。

一つは、山中湖の近くにある woof  (ワフ) です。

この施設の長所は、何と言っても全天候型なこと。
簡単に申しますと、大型室内プールです。 しかも温水・・・
雨が降ろうが、風が強かろうが、灼熱の炎天下であろうが、雪であろうが、天候を気にせず(飼い主さんも、雨に濡れたり、あるいは日焼け止めクリームを塗る必要も無く) 快適に利用することができます。
プールに限らず、ドッグランやアジリティーフィールド、レストランなどのアメニティーも充実しています。
私のお友達(ワン友)の方も、東京や神奈川にお住まいの方は、woof を贔屓にしている方、愛犬を頻繁に泳がせに行っている方が、大勢いらっしゃいます。

ただ、電話で問い合わせた限りでは、 「飼い主が愛犬と一緒にプールに入るのは不可」との事で、全く泳がない可能性のある犬 (例えば、ボールなどをプールに投げても、全く水に入らない犬) を連れて行く場合に、「飼い主が愛犬を抱きかかえて、水深のある場所まで連れて行く」 ということは、出来ないとのことでした。 


もう一つは、昨年の夏 シャドーが最後の水遊びをした PRIMELAND DOGRUN HINUMA です。

こちらは、写真のとおり、屋外プールです。
雨が降れば飼い主も濡れますし(本日が、まさにそうでした) 、日差しが強い日は飼い主も、日焼け止めクリームなどが必要となるでしょう。
温水プールではありませんので、冬は使えません。

ただ、このHINUMA(涸沼)のプールは飼い主が泳ぐことは禁止ですが、 「ワンちゃんを抱きかかえたりしてプールの最深部まで飼い主が入ること」 は禁止されておりません
e0204314_16201720.jpg

e0204314_1620358.jpg

まあドッグランは、woof も HINUMA も、大差は無い様に思いますが、その他のアメニティーを総合的に判断すると、 woof に軍配があがるかも・・・ 

それでも私は 「愛犬の補助をする為に、飼い主もプールに入ることが出来る」 という点、そして「シャドーが最後に遊んだプールである」 という、非論理的な理由を元に、woof ではなく、 HINUMA を選択しました。
今後とも、私はHINUMAを愛用させてもらおうと思っています。
ちなみに、HINUMAはバーベキューが出来るのですが、安くて美味しいです!



と言う訳で、PRIMELAND DOGRUN HINUMA へ GO!

朝から降り続く霧雨は、ドッグランにつくまでの間、止む事がありませんでした。
結局、雨の中のプール遊び・・・
覚悟を決めて、海水パンツ&Tシャツに着替えました。
いやぁ~ 寒かったです!

プールの敷地内に入って、プールにボールやダミーを投げ入れても、エステルは全くプールに入る気配がありませんでした。
プールのヘリに前足を置いて、地団太踏みながら鼻をピーピー鳴らすだけ・・・

埒が開かないので、エステルを抱きかかえてプールの中へ・・・



あはは。。。 一応、泳げるんだ・・・

最初の30分程は、だーれも居なくて、エステルも泳がないし、少し退屈だったのですが、ジャーマン・シェパードを連れたご夫婦が、いらっしゃいました。
お話をしましたら、このジャーマンシェパードも元保護犬で、山の中で保護されたそうです。
昨年までは泳げなかったそうですが、今年の春に開眼したそうで、今ではなかなかの河童犬です!

そのシェパの飼い主さんがプールに投げ込むオモチャをエステルは欲しくて欲しくて・・・
最初は、プールのへりで地団太を踏んでいましたが、意を決して水の中へ!
e0204314_171296.jpg

そのうち、真打登場で、黄ラブラドールの河童犬が来まして、黄ラブとシェパと一緒に、飼い主さんが水の中へ投げ入れるボールやダミーを追いかけているうちに、エステルも少しは上手に泳げるようになりました。
e0204314_1741540.jpg


怖がらずに水の中に入る様になったので、ライフジャケットを脱がせたのですが、ライフジャケット無しでも (と言うか、ジャケットが無い方がスムーズに) 泳げるようになりました。
その頃から、少し雨が強くなってきたので、写真は撮影できませんでした。
woofなら、室内プールですから、雨も気にせず撮影できたのですが・・・(苦笑)
e0204314_1775252.jpg


もっとも、フラウ姐さんのの様に、プールのヘリをジャンプ台代わりに、水面にダイビングする様な感じではありませんから、河童犬への道は、まだまだ先が遠そうです。
でも考えてみたら、エステルだけを連れて千葉県外に遊びに行ったのは初めてのことですし、雨の中のプールは震え上がるほど寒かったのですが、結構 楽しい一日でした。

エステル! また一緒にプールに行こうね!
いつの日か、エステルもフラウ姐さんの様に、荒波を乗り越えてダミーを回収に行ける河童犬に育ってくれることを期待しています!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-08-21 17:20 | おでかけ・野遊び

海へ!

フラウ姐さんと久々に  へ遊びに行きました。
ご一緒してくれたのは、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの ボニーベルちゃん と、その飼い主のエミさん。
ボニーちゃん(と飼い主さん)は、昨年の夏、シャドーがドッグプールで最後の水遊びをした時にも、同行してくださいました。
そして、シャドーの火葬にも、駆けつけてくださいました。
ボニーベルちゃん、そしてエミさん いつもありがとう!


千葉県には、綺麗な川や湖は無いのですが (強いて言えば、養老渓谷くらいかも)、海に囲まれた県ですし、我が家から車で1時間とかからずに、九十九里の海岸に到着します。 
ただ、淡水の湖や川と異なり、海水に浸かったまま愛犬を放置しておりますと皮膚病の原因となる場合もあり、「ある程度、海水を洗い流せる量の水」を予め用意するなど、川や湖で遊ばせる場合と比較し、注意が必要です。
私の友人たちは、ポリタンクに水を入れたものを用意したり(20L×3個など)、電池で動く簡易シャワーを使ったりして、愛犬との海遊びを楽しんでいる方もいらっしゃいます。

夏本番です!海辺で愛犬と安全に楽しく過すために

今回は、毎週 レッスンで使用しているドッグスポーツ施設 LADF  から徒歩8分程度の処にある 本須加海岸 で遊び、LADFまで戻ってから犬用シャワーを使わせて頂きました。


今日の本須加海岸は風が吹いていて涼しかったのですが、波が少し高かったです。
ウォーターダミーを使ってフラウ姐さんと遊びました。

波がアーチ型を形作る先までダミーを投げ飛ばします。
フラウ姐さんは、躊躇無く そのアーチ型の波の中へ突っ込んで行きます。


e0204314_1118554.jpg
e0204314_11182543.jpg
e0204314_11183649.jpg

e0204314_11433345.jpg

e0204314_20372289.jpg

今日の本須加海岸は、靄(もや)が、かかっていて、かつ曇っていて・・・ しかもかなりの望遠で撮影しているので、ピンボケ写真ばかり・・・と言い訳しておきます。
ちょっと、がっかり・・・

ボニーベルちゃん  053.gif
e0204314_11193492.jpg

ボニーベルちゃんのレトリーブ
e0204314_11203839.jpg

フラウ姐さんとボニーベルちゃん
e0204314_1121864.jpg



シャドー亡き後、我が家では、高い波でも躊躇なく乗り越えてダミーのレトリーブをする子はフラウ姐さんだけになってしまいました。
クワンは、後足を殆ど使わない「変則犬掻き」しかできませんし(苦笑)、エステルに至っては泳げるのかどうかも不明・・・

シャドー → フラウ と続いた、河童犬の系譜を途絶えさせないためにも、クワンには、もう少し上手に泳げるようになって欲しいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-08-19 11:37 | おでかけ・野遊び

ウォータードッグ

早いもので、もう7月・・・
昨年の7月、シャドーを連れて イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルのボニーベルちゃんと一緒に、茨城のプールに遊びに行ってから、もうすぐ1年が経とうとしています。
昨年の春先に内臓に悪性腫瘍があることが判り、加えて先天的に疾患のあった左後肢の膝蓋骨の状態も悪化し、殆ど関節が曲がらなくなっていたシャドー・・・
「もしかしたら、泳ぐのはこれが最後かも・・・」という、漠然とした覚悟をもってプールに行きました。

シャドー 最後の水遊び
e0204314_1043168.jpg


シャドーは泳ぐのが大好きでした。
フラウやクワンは、ボールやダミーなどを水面に向かって投げない限り、海でも川でも湖でも、自分から入って泳ぐことは無いのですが、シャドーは私が遊んであげなくても 「泳ぎそのものを楽しんでいる」 という感じでした。
以前、クリスマスの日に家族でキャンプに行ったことがありました。
川の近くのキャンプ場だったのですが、ちょっと目を離した隙にシャドーが行方不明に・・・
家内が、「川じゃないの?」 と言うので川の方へ探しに行くと、小雪が舞うような寒さの中で嬉々として泳ぐ中年茶色オヤジを発見・・・(苦笑)
川岸には氷が張っていましたので、さぞかし川の中は冷たかっただろうと思います。

長野の湖で
e0204314_111287.jpg

秋田の川で (左:シャドー 右:フラウ フラウは大型ペットボトルのレトリーブ)
e0204314_11171418.jpg


シャドーが逝ってしまって、我が家には ”根っからのウォータードッグ” は居なくなってしましました。
前述した様に、フラウはダミーやボールを投げ込めば、物凄い勢いで水面にダイブしていきますが自分から入って泳ぐ・・・つまり、泳ぐことそのものを楽しむタイプではありません。

クワンは、レトリバーとは思えないほど泳ぐのが遅くて・・・(苦笑)
後足であまり水を掻かずに、前足だけで泳ごうとするので、「泳ぐ」と言うより「浮いている」感じです。
陸上でなら韋駄天なのにねぇ~

水に浮いているだけのクワン
e0204314_11272051.jpg


エステルに至っては、泳げるのか 泳げないのかも不明・・・
昨年シャドーが最後に泳いだプールへ、エステルを連れて行ってあげようと思っているのですが、あのプールを見るとシャドーを思い出して涙が出てしまうかも・・・
白と黒のブチの犬(エステル)を連れた中年オヤジがプールサイドで泣いていたら、気味悪いですよね。。。(苦笑)


そして、プールとは別に 今年はフラウやクワン、そしてお友達のワンたちと一緒に ”秘境チックな水辺” へ遊びに行くことを計画しています。
初めて行く場所なので、とても楽しみです。
その水辺でも・・・ 私の目には嬉々として泳ぎ回る、大柄な茶色坊主の姿が見えるかもしれません。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。


いのちつないだワンニャン写真コンテスト
[PR]
by gundogclub | 2011-07-02 11:48 | おでかけ・野遊び

体の異変に気がついたのは日曜日。
朝、目が覚めた時、ちょっと背中が痛かったんです。
でも、そんなに酷くはなくって、寝違えたのかなぁ~?という程度・・・

しかし月曜日の夕方から背中の痛みと同時に胸の辺りも痛くなり、夜は背中と胸が痛くて眠れない状態に。。。
物を飲み込んだだけで、胸に痛みがはしるようになりました。


火曜日に、掛かりつけのお医者さんの処でレントゲンを撮り、薬を貰らって帰宅。
少なくとも肺ガンではないそうです。
貰ったお薬には鎮痛剤も含まれていたのですが、全く効かず、引き続き 夜は背中と胸の痛みで、一睡もできず・・・


昨日、再度通院し血液検査と尿検査をしたら、高い値の炎症反応が出たそうです。
来週の月曜日に 胃カメラ&MRI検査の予定です。


とにかく

① 午前中~夕方までは背中も胸も、それほど痛くありません。 クワンとフリスビーの練習ができる位ですから・・・

②午後7時過ぎから、胸と背中の痛みが強くなり背筋をシャン と伸ばすと激痛がはしります。少し前かがみになっていると、楽チン!

③夜は11時頃に寝て1時頃に激痛で目がさめ、その後は痛みで全く眠れません。激痛で目がさめた時が最悪で、しばらくは体が硬直していて、体を動かすだけで、うめく様な激痛。。。

④眠れないものですから、起きてソファーに座っていると痛みは収まってきます。


内臓の疾患なのか、脊椎とかの疾患 (何回も落馬して背骨が湾曲しているし) なのか、いまのところ判りません。

ただ。。。
タバコは、ちょっと吸っただけで咳き込んで、咳き込むと胸にも背中にも激痛がはしるので、ここ4日間、タバコは1本も吸っていません。
このまま禁煙できるかも。。。



前述しましたように、午前中は比較的、体が楽なので フラウとエステルを連れて、野原に呼び戻しの練習に行ってきました。
私の携帯電話のカメラは画質が悪いなぁ・・・
e0204314_1514779.jpg



呼び戻しの練習は、意識的に呼び戻す間隔を長くしたり、短くしたり ・・・
呼び戻した後は暫く自由に走らせる時もあれば、足元から解き放って10秒程度で、また呼び戻しの笛を吹く時もあります。

あまり頻繁に呼び戻しの笛を吹いていると、だんだんに戻りが悪くなるワンちゃんもおりますが、我が家の3人娘は、「笛を吹いても戻らない」 とか 「走って戻ってこない」 は、ご法度です。

確実に、笑顔で、走って戻って来い! ・・・ それが家訓(笑)です。



それと、距離を決めた呼び戻しの練習 もします。
例えば、「今日は100m位、離れたら呼び戻す」 と決めたら、おおよそですが100m離れたら、呼び戻しの笛を吹きます。
「もっと先に行きたいのにぃ~!」 と フラウもエステルもヤキモキしているかも・・・
「もうちょっとで、よく雉が隠れている場所に到達!」 という頃合を見計らって、すかさず笛を吹いて呼び戻しをしたりします(笑)。

鳥の匂いの誘惑より、呼び戻しのコマンドを優先して従うことが出来る・・・
あえて誘惑(雉などの臭気)の多い場所で行うことが効果的です。
笛が鳴っているのに 「ちょっと待っててネ! 鳥が居るか確かめてから、戻りますから・・・」 これも、我が家では、ご法度です。


せっかく野原に来たのに、呼び戻しの練習ばかりされていては、フラウもエステルも可哀想ですので、練習が終わったら自由に走らせてあげます。
しかし 「野原に3姉妹を連れて行って最初から最後まで好きなように遊ばせる」 という日は、ほとんどありません。
必ず、自由運動の合間や、自由運動の前などに その日の課題(練習)を織り込んでいます。




午後から家内と 千葉市の 昭和の森 公園に桜を見に行きました。

家内とは、今年の5月で結婚して15年になるのですが 夫婦だけで桜を見に行ったのは2回目・・・
結婚して翌年には長男が生まれましたので、いつも 「コブ付き観桜デート」 でした。

e0204314_15345294.jpg
 

e0204314_1535589.jpg



早いもので、長男も4月から中学2年生になりました。
そろそろ、頼んでも一緒に桜見物などには同行してくれないお年頃になりました。


震災の被害の大きかった東北地方にお住まいの皆さんに、桜を愛でる日が早く訪れますように。。。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-04-08 15:46 | おでかけ・野遊び