ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ウォーキング ステッキ 到着
at 2018-01-11 14:11
本年も、よろしくお願いいたします
at 2018-01-01 00:02
師走の影法師
at 2017-12-28 10:53
美琴、もうすぐ3年
at 2017-12-21 10:14
2年余を経て
at 2017-12-14 11:01
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

2017年 12月 14日 ( 1 )

2年余を経て

2015年8月、とある保護団体が 生後約4か月で元の飼い主さんから引き取ったラブラドール・レトリバーの男の子と、私のスクールの生徒さんであるOさんご家族とのお見合いがもたれました。
e0204314_10103830.jpg
このラブラドールの男の子が、元の飼い主さん宅に居たのは、1か月間にも満たなかったようです。
「こんなに大変だとは、想像していなかったので・・・」という、「おきまり」の理由での放棄だったようですが、短期間での放棄は、このパピーにとっては、 "不幸中の幸い" だったかもしれません。

e0204314_10102261.jpg
数週間の後、Oさん宅に引き取られたこのパピーは タイタン と名付けられ、 Oさんご夫婦、Oさんの息子さんと娘さんたち の愛情に包まれて、成長していきました。

そして、あのお見合いの日から2年余を経た、タイタン君です。

この動画 では、 あえて タイタン君が大好きな 「鳥の形を模したダミー」 と 「通常の形状のダミー」 を用いた、ダブルダミー・レトリーブに挑戦しています。



まず、前提として 二つのもの (ボールでもダミーでも) を投げた場合、先に投げたもの より 後から投げたもの の方が、犬にとっては記憶も鮮明で、何らの指示をせずに回収を指示した場合は 後から投げたものに駆け寄る確率の方が、最初に投げたものに駆け寄る確率より、かなり高い と私は思っています。

次に、 とてもお気に入りのボールや玩具、ダミー と、 それほど執着していないボールや玩具、ダミー の二者択一を犬に委ねた場合、 とてもお気に入りのボールや玩具、ダミー を選択するのは、自明の理と言えます。

しかし、添付動画では、
① 通常のダミーを最初に投げ、次にタイタンが大好きな鳥形のダミーを投げている。
② 印象も鮮明な後から投げたダミー、しかも大好きな鳥形のダミーがある。
③ にも関わらず、 回収の指示は 「最初に投げた方のダミー」 であり、しかも 「通常の形のダミー」 である。

と言う、ちょっと難易度の高い事を要求しています。

で・・・ この動画は、プロモーション用に何度も失敗を重ねた上で、やっと成功させた動画ではありません
なんか、成功しそうな予感はあったのですが、成功する確信は無かったのですが・・・
まぁ、細かい部分に関しては、突っ込みどころ満載で、まだまだ改善の余地が大 ではありますが、それでも随分とガンドッグらしいくは、なってきました。

そもそも、 2つのボールやダミーを飼い主さんが投げて、飼い主さんが足元まで戻るまでの間、停座を続けていられるレトリバーは、一般的には多くないのでは???
ボールを投げた瞬間に、待てずに駆け寄る光景が目に浮かびます。 まぁ、タイタン君も、長らく そのような感じでしたから。(苦笑)
ノーリードで、このように複数のダミーを用いた練習が可能となるまでには、時間が必要でした。

そして、何より Oさんがダミーを2方向に投げたり、投げ終わって戻ろうとしている時に 尻尾をブンブンと車のワイパーのように地面を掃きながら、期待に満ちた様子で待っている タイタン君の姿が、この動画の最大のポイントかもしれません。
強制されて待っているのでもなく、大きな声で制御されて待たされているのでもなく、 期待に満ちつつ・・・ そう Oさんから ”GetOn!!” の号令がかかるのを、期待に満ち溢れながら、待機しているタイタン君の姿!!

きっと、これからも より成長した姿を見せてくれるものと、期待しています。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします




[PR]
by gundogclub | 2017-12-14 11:01 | レトリーブ (GRT)