ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

Japan Final への道  メンタルスポーツ

さて、 『31頭中、なんとか ”一桁順位” を獲得して、千葉に戻りたい。 8位でも9位でも良いから!』 という目標で臨んだにも関わらず、思いもよらぬ 31頭/2位 で、決勝戦へと駒 を進めることとなった、私とクワンのペア・・・
e0204314_14005213.jpg
決勝進出が決まった後、実際に決勝戦が行われるまでには、1時間以上の 「間 (ま) 」 がありました。
この間、多くの方から 「おめでとう!」 とか 「凄いじゃーん!」 などと祝意を頂いたり、旅館のご主人が用意してくださった お弁当 (バラエティに富んだおかずで、量も多く とても食べきれるものでは、ありませんでした) を食べているうちに、なんか ほっこりとした気持ちになり・・・
e0204314_14004118.jpg
お弁当を、頬張りながら シーズン中の競技会では シニアクラスは決勝戦は行われず、1R・2Rの 合計ポイントが順位になるので  『シーズン中なら、俺とクワンのペアが準優勝じゃん!』  などと考えているうちに (実際には、Final なので決勝戦が控えている訳ですが)、なんとなく戦意や覇気、気力というものが、溶けてしまいました。
これが、2R終了後、5分とか10分とか短い時間で、決勝戦を迎えていたら、覇気や気力も持続したいたかもしれません。

そんななか、決勝戦が始まりました。
決勝戦は、出場31頭の上位6頭で競うこととなり、 6位 ➡ 5位 ➡ 4位 ➡ 3位 ➡ 2位 ➡ 1位 の順で行われました。
私とクワンのペアは、最後から2番目の出場です。

6位 ➡ 5位 ➡ 4位 ➡ 3位 と競技が進んでいくなかで 「これは、ちょっと 追いつくのが難しいな~」 と感じるポイントを獲得するペアが何組かあり、元々 スタミナに不安を抱えているクワンでもあり 気持ちは、どんどん弱気に・・・

さぁ、そして いよいよ 私とクワンの出番となりました。
1 投 目
考えていたのは、 「短い距離に投げ込んで、クワンの様子を見よう!」 ということでした。
1Rでも、様子を見ながら 短い距離の5投勝負 で パーフェクトキャッチ だったクワン。 しかし1Rでは 「短い距離に、しっかりと投げ込む」 という "明確な意思" をもって投げ込んでいたのですが、 決勝戦の第1投目は ただ距離が短く、高く舞い上がっただけの、中途半端なスロー になりました。
一応、フリスビーは真っ直ぐに飛んだのですが、推進力を失ってからは急速に左側に曲がりながら落下する軌道に・・・
急速左旋回しながら落ちるフリスビーに、クワンはタイミングを合わせる様に飛びついてくれたのですが、キャッチならず。

2 投 目~ 投 目
5~6ポイント で キャッチ成功!! 計12ポイント獲得
e0204314_14013384.jpg

4 投 目 クワン3投目を持ち帰り、残り13秒!!
デジタルタイマーで、残りが13秒ある事を確認し、 『ただ単に6ポイントエリアに投げ込むのではなく』 ごく短い距離へのスロー (2ポイント想定) と 6ポイントエリアへの "2投" を瞬時に決めました。
これは初めての試みではなく、シーズン中も この戦法は何度か試みて、ほぼ成功しておりましたし、「残り時間15秒程度」を想定して、野原でも練習をしておりましたので!!
ところが、ごく短い距離へのスローをクワンが鼻で弾き、フリスビーは地面に落ちました。 空中キャッチならず!!
しかし、ぎりぎり クワンがすぐにフリスビーを持ち帰れば、もう1投する時間的余裕はありました。
ところが・・・ クワンが地面に落ちたフリスビーを咥えられないのです。 咥えようとしても、フリスビーがずるずると 地面を動くだけで 、咥えることが出来ません。 そうこうしているうちに、なんとタイムオーバー・・・
焦って、地面に落ちたフリスビーを 咥え上げることすら出来ないで、もがくクワンを、初めて見ました。

こうして、私とクワンの決勝戦は 「2キャッチ 12ポイントの追加」 に留まり、 結局 決勝進出6ペア中/6位 で終わりました。 

結果として、決勝戦の第1投目を6ポイントエリアに、きっちり投げ込み クワンがキャッチしていたら あるいは 残り13秒で迎えた4投目に余計な事をせず6ポイントエリアに、きっちり投げ込み クワンがキャッチしていたら ・・・ 第1投目か、第4投目のどちらかを、6ポイントエリアでクワンがキャッチしていたら、なんと決勝戦3位という大金星 だったのですが、 『たら・れば』の妄想は、これ位にしておきましょう。


それにしても、フリスビー競技は、本当に、メンタルスポーツだと思います。
ちょっとした、『心の綾』が、勝敗に大きな影響を与えます。(個人差が、あるのかもしれませんが・・・)
フリスビー競技に参加するようになって、十数年が経ちますが、改めて この メンタルな部分に魅力を感じる様になりました。

きっと、この経験は、私にとって今後のフリスビー競技の糧となるように思います。
そして、思わぬ好成績を残した "黄金美魔女 クワン" は、2018年シーズンも、シニアクラスにて現役生活を続行する事にしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします



[PR]
by gundogclub | 2017-10-28 15:15 | フリスビー(JFA)