ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

Japan Final への道 越後路へ 

10月20日 金曜日 午前5時15分・・・  降り続く雨の中、クワンを連れて新潟県へと向かいました。

最初の行き先は、20日~21日 の両日、宿泊する予定の 『愛犬と泊まれる古民家の宿』 でした。
この宿を予約したのは、7月の中旬・・・ 「2017年のJAPAN FINAL の開催地は、新潟県長岡市の運動公園」 と、JFAのホームページに掲載されて、間もない頃でした。

勿論、7月の段階では、クワンがJAPAN FINALに、ノミネートされるか否かは確定しておりませんでしたが、 『シニアドッグのJAPAN FINAL ノミネート頭数は、上位30位まで』 ですので、7月中旬のクワンの順位を勘案しながら (確か、9位~11位の間だったと記憶しています)  "見切り発車" で宿を予約しました。

前々回、クワンがJAPAN FINALに出場した折は、『ノミネートが確定してから、宿探しを始めたら、開催地周辺の愛犬と泊まれる宿は、どこも予約で一杯』 という苦い思い出があり、今年は早々と宿を確保したのですが・・・
e0204314_14093872.jpg

『宿を早々と確保し、7月下旬に背中や腋の下の脂肪腫の除去手術も行い、8月中旬頃から9月にリバビリも兼て2~3回 競技会に出場し、準備万端 JAPAN FINALに出場する』 予定が、術前検査で クワンの内臓に腫瘍が見つかり、「準備万端、滞りなく」「粛々と」の筈が、全てが瓦解してしまいました。


しかも、このブログでも何度か書かせて頂きましたが、 クワンは手術後の傷口の癒合が、獣医さんも首をかしげる程、芳しからず 傷口が完全に癒合したのは手術から4週間後・・・
最初の予定では、手術から8日目に抜糸で、その8日間で傷口は癒合する筈だったのですが。

結果として、この  「約4週間 エリザベスカラーを装着したまま、自宅周辺の散歩程度しか運動が、できなかった」 ことが大きく響き、クワンは 持続力(スタミナ)を大きく損なう結果 となりました。
手術前 クワンは、9歳のシニアであるにも関わらず フリスビー練習を連続で20セットくらい行うことが可能でした。
距離にして大よそ 35m×2(往復)×20回 = 1,400m ・・・ つまり、1,400mを全力疾走し続けることが可能な9歳でした。

それが、手術後は・・・ 練習を重ねるにつれ スピードは回復 してきたものの、持続力は戻らず 連続でフリスビー練習が出来るのは8セット・・・しかも6投目あたりからスピードが落ちるようになりました。

そして、何より手術前と手術後で変わったのは 『少し休憩した位では、スピードもスタミナも回復しなくなった』 ということ。
20セットのフリスビー練習をしても、30分ほど休憩すると、再びスピードもスタミナも、ある程度は回復したいたクワンが、休憩をはさんでも、ほとんど回復が見られなくなりました。


それでも、 「内臓腫瘍の摘出手術を経たクワン、そして なかなか傷口が癒合しなかった状況を乗り越えたクワン」 とJAPAN FINALに出場できただけでも、 「何とか、間に合った! という安堵感」 で胸が一杯 でしたので まさか クワンのスタミナの喪失が金星を掴み損ねることに繋がるとは、想像すらしませんでした。

「何とか、間に合った! という安堵感」 そして、 「クワンと共に再びJAPAN FINAL に出場できる喜び」 を胸に越後路へ!
関越トンネルを過ぎる頃、雨は上がり 薄日が差し込んできました。
まずは、予約した古民家宿の確認、そして宿を確認した後は JAPAN FINALが開催される長岡市の運動公園を確認に行きました。
e0204314_14102656.jpg
e0204314_14100742.jpg

運動公園で、JAPAN FINALに出場する同郷の友人と会って、話をすることも楽しみにしていました。
その友人に、私は千葉を出発する前日にメールを送っていました。
「2017シーズンのクワンは、シニアクラス13位で終わりましたが、JAPAN FINALでは なんとか一桁順位に入りたい。8位でも9位でもいい! 決勝戦に進出するのは無理だと思うけれど、何とか一桁順位を獲得して、千葉に帰りたい」・・・と。

JAPAN FINAL開催まで、あと16時間。

e0204314_14104071.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします

 


[PR]
by gundogclub | 2017-10-24 14:17 | フリスビー(JFA)