ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

失敗を減らす工夫

本日のタイトルは、 『失敗を減らす工夫』 です。
要約しますと 愛犬を叱ったり、罵倒したり、溜息をついたりする機会 を飼い主の工夫で減らそう!! ということです。

例えば、愛犬を室内フリーにして外出し、戻ってみたら テレビのリモコンが齧られて壊されていた、大切なスマホが破壊されていた、ゴミ箱のゴミが室内に散乱していた・・・ というケースでは、飼い主さんは 怒りのあまり 大声で叱ったり、呪いの言葉を吐いたり、あるいは叩いたり (これはダメですが) という事になります。

しかし、外出する時間の長さにもよりますが 「バリケンに入れる」とか「犬が届く範囲の高さに、物を放置しない」などの工夫をすることにより、 『愛犬を叱る原因』 を回避することが可能です。

この様なケースにおいて 「いえ 私は、室内フリーにして外出しようが、届く高さに物を置こうが、なにも悪戯しない おりこうさんの犬 に育てたいのです。」 と仰る飼い主さんが、いらっしゃいます。
つまり、 「飼い主が何ら工夫をしたり、予防手段を講じなくても、何ら悪戯をしない犬」 に育てたいという事なのですが、確かに これは理想ですよね。
もし、その理想像に至るまでの間、弛まぬ練習をする時間と熱意がある飼い主さんなら、それこそが理想像であると私も思います。

しかし、理想像に至るまでの練習をする熱意も無く、ただ「無いもの ねだり」で、理想像を愛犬に押し付けても、結局は 失敗 ➡ 叱る という悪循環に陥ってしまいます。
それなら、予防策を講じて、「愛犬が叱られる可能性」を排除すべきだと思います。
e0204314_10393797.jpg

あるいは、やっと 飼い主さんと愛犬が向かい合って 距離10mの停座&マテ ができるようになったペアがいるとします。
私が、「少しずつ、距離を伸ばしてくださいね!」とアドバイスしているのに、いきなり距離を30mに伸ばしたりする飼い主さんがいらっしゃいます。

やっと 距離10mの停座&マテ が出来る様になったのですから 次は15m・・・その次は20m・・・と、距離を伸ばしていけば良いものを、いきない30mに伸ばして 失敗 ➡ 叱る という、はめに。

上記ふたつの例を書きましたが どちらも 失敗の原因は 飼い主の予測力不足 です。
「もしかしたら、失敗するかもしれないな!」 という予測力が足りません。

失敗したことにより、叱られたり 罵倒されたり 溜息をつかれたりする のは、愛犬の側な訳ですので、 失敗させない為の工夫、そして失敗する可能性の予測 をする力を飼い主が磨くことにより、回避することが可能となります。

叱る、罵倒する、叩く・・・などの実力行使ではなくとも、犬は 飼い主さんの 溜息や落胆の表情にも敏感です

飼い主が、がっかりした顔、落胆した顔を見せると 犬の方も しょげてしまったりします。
ニンゲンの子供も犬も、パパやママに誉められると嬉しい。
逆に、叱られたり、大声で怒鳴られたり、溜息をつかれたり、落胆の表情を見せられると、ニンゲンの子供も犬も、悲しくなるんです。


愛犬を叱らない工夫をすることにり 成功 ➡ 褒められる の機会を増やしていきましょう。
いつも、飼い主の傍らで 飼い主を見上げて笑っている犬に育てましょう。
e0204314_10582729.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-07-01 11:06 | MY TALK