ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

なるほど 納得!!

facebookの友人であり、ワーキングコッカーのファンシャーである友人数名が出場した、湖水地方の 『スバニエル種限定』 のレトリーブ競技会の、ひとこま。
e0204314_8144829.jpg

e0204314_815564.jpg

e0204314_8152194.jpg

 の写真の競技は、なかなかのハイレベルで、 ウォーターレトリーブとブラインドレトリーブの複合競技です。
一番上の写真の、正面上部に 根元から数本に枝分かれした、こんもりとした木が写っておりますが、その木の根元にダミーが置かれているそうです。

腕で方向を指し示して、泳ぐ「おおまかな方向」を指示し、泳ぎきって陸に這い上って、ハンドラーの方向を向いた時に 「バック!」 の声符 & サーチングホイッスル・・・という感じでしょうか。

このように、私のfacebook繋がりの 英国や欧州大陸のスパニエル・ファンシャーの皆さんは、ご自分の愛犬である「スパニエル」と参加したレトリーブ系の競技会の写真や動画、また普段の練習の様子などを、沢山掲載なさっています。

しかし・・・と言うか 日本のGRTAに所属している会員の方々で、英国の競技会を見学したり、英国でガンドッグトレーニングを学んだ方たちに伺うと、「スパニエルがフラッシュ(鳥を飛び立たせる)し、その飛び立った鳥を撃ち落し、レトリバーが回収する競技は盛んに行われるけれど、スパニエル単独のレトリーブ競技会は、見たことがない」 と・・・

それで、またまたfacebookの ワーキングコッカーのファンサイトに 「スパニエル種を用いたレトリーブ競技会って、やらないんですか?」 と質問を書き込むと 「いや、しょっちゅう 開催されているよ!」 とか 「俺が所属しているガンドッグクラブでは年に6回、定期的にスパニエルのレトリーブ競技会を開催しているよ!」 とか、 「やっている」 という回答ばかりで、尚更 ???に・・・。

で、英語では細かい機微まで伝えるのが難しいので、ご夫婦ともにワーキングコッカーのファンシャーで、かつ奥様が日本人の方に、日本語で(笑) 質問をして、ご主人様に聞いてもらい、やっと理解できました。

簡単に申しますと KC(英国のケネルクラブ)が発行する血統書に ”FTCH” などの記載をする為には、KC主催の あるいはKCが公認した競技会である必要があり、このKCが主催する あるいは公認する競技会における スパニエルのFTCHとは フラッシュドッグ としての優秀さを証明するものであると。
そして、その KC主催or公認の競技会 においては あくまでも回収はレトリバー種の仕事であると。。。

一方、KCが関与していない 各ガンドッグクラブ主催 あるいは 企業協賛のゲームフェア などでは、ワーキングコッカーも含め スパニエル種も、レトリーブ競技会に多数、参加しているとのこと。

日本でも、例えば OPDES主催のアジリティー競技会で好成績を収めたり、あるいは日本代表として海外のアジリティー競技会に出場するほどの実力であったとしても、血統書発行に関してはJKCkの範疇であり、JKCのアジリティー競技会に出場しなければ、血統書に AGCH の文字が書き込まれることはない・・・のと、事情は似通っているのかもしれません。


なるほど 納得!!
と、同時に 英国でも また欧州大陸でも KC主催 とか 血統書 とか、そういう話は別として、数多くのスパニエルがレトリーブ系競技会に出場し、また日々 練習している姿に共感!!
e0204314_922019.jpg

e0204314_924344.jpg


最後に、ソロモンの 100m超えの シングル・ブラインド・レトリーブのご紹介を!
フラウと比べると、まあ 涙が出るほど なかなか上達しませんでしたが、試行錯誤の上に やっと100m-120m くらいまでの距離のブラインドレトリーブには 対応できる時もある (← まだまだ、満足いくレベルではありませんが) ようになりました。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-06-09 09:13 | ソロモン (WC)