ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
Japan Finalへの道..
at 2017-10-26 16:34
Japan Final への..
at 2017-10-24 14:17
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

半歩前進かな?


ソロモン君と、2016年度 第一回目のGRT競技会(レトリーブトライアル)に出場しました。
開催場所は、各年度の第一回目の競技会が開催されることの多い、キャンプ場です。
e0204314_1293964.jpg

今年から、ノービスクラスと、ミドル&アドバンストの競技会を、開催日や場所を変えて行うケースがあり、昨日も ミドル&アドバンスト の 2クラスのみの競技会でした。

ソロモンが、このキャンプ場で開催されるレトリーブトライアルに参加するのは、テビュー戦となった一昨年の3月に続き2回目です。
ミドルクラスの出場頭数が 25頭 と多く、ちょっと びっくり。

さて、各種目の競技ルールの説明は、割愛しますが ソロモンの競技の様子を少しご説明。

M1 マーキングシングル シッピング 50m(DRIVEN)
数個のダミーが予め置かれている中に、さらに1個のダミーを投擲した後に、回収に向う、この競技。
私の 「Get On!」 のコマンドと同時に真っ直ぐに跳び走り、一番奥に転がっていたダミーを咥え、駆け戻って来ました。
ダミーを咥えて戻る際、「邪魔だよっ!」とばかりに、他に転がっているダミーの直上を飛び越えて戻ってくる姿が、ハンドラー的には 「おっ カッコイイ~!」って思いました。 ← 親バカ
競技中の写真はありませんので、イメージ的には ↓ こんな感じでした。
e0204314_12303033.jpg

M2-1 WALKED UP マーキングシングル 50m
ダミーを咥えて戻る際、ダミーを咥えた場所から私が立っている場所まで 一直線ではなく、やや湾曲しましたが、まあ スピードのある意欲的な作業でした。

M5 ロングマーキング 120m
日ごろの野原での練習ですら、滅多に120mのロングレトリーブ練習など、やりませんので どうかな?と思いましたが、案の定と言うか・・・
ダミーが落下した方向へ、80mほど 物凄いスピードで跳ね走り、そこで くるっ と私の方を向いて、「パパ 判らないよ!」という感じ。
方向的には、ドンピシャだったので 「バックっっ!!」と叫びましたら 何故かハンドラーから向って右後方に大きく迂回。(苦笑)
それでも、『距離軸』は120mに到達したのですが、ダミー落下地点の奥にあったブッシュを中心に、全くスピードが衰えることなくコータリングを繰り返し・・・
『距離軸』は何とかなりましたが、『左右軸』まではコントロールできず、ダミーが落下したと思われる付近でサーチングホイッスルを吹く機会も数回ありましたが、結局タイムオーバーで失格。

M3 ダブル  マーキング&ブラインド 50m×50m
お世辞にも褒められるフィールドワークではありませんでしたが、一応 マーキングダミーもブラインドダミーも回収成功しました。

結局、4種目中3種目 成功、1種目 不成功。
e0204314_1250414.jpg

ただ、第3種目の、ロングマーキングで回収失敗をしたにも関わらず、第4種目目を なんとか成功で終わらせることが出来たのは収穫でした。

昨年までは、例えば 第2種目目に回収失敗すると 「駄目だ~、どうせ もう頑張っても、意味ないや!」 みたいな感じで、3種目以降は ズルズルと失敗を続けるパターンだったのですが、曲がりなりにも集中力と意欲を切らさずに、競技を続けられたのは、初めてなのです。
e0204314_12552742.jpg


まあ、距離が伸びるのは ワーキングコッカーにとっては、あまり歓迎できる事ではありませんが、不利を承知で 『次に迎えるのは、ワーキングコッカーの女の子!』 と、心に決めている私。(苦笑)
もっとも、今までご報告しておりませんでしたが、ソロモンは昨年の12月に去勢手術を施しましたので ソロモン&メスのワーキングコッカーの、繁殖 ♂♀ を目的としている訳ではありません。
純粋に、ワーキングコッカーに惚れ込んでいるだけです。

イギリスをはじめ、欧州では スパニエル種限定の、あるいはレトリバーたちに交じってスパニエル種(ワーキングコッカーや、フィールド系のスプリンガー)がレトリーブトライアルに参加しています。
ワーキングコッカーは単なる フラッシングドッグ ではありません。
日本にも、不利な面があるのを承知で、レトリバーたちに挑戦し続ける おばか なハンドラーが、いてもいいかな・・・と。

e0204314_1385646.jpg

e0204314_1391034.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-03-14 13:14 | ソロモン (WC)