ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

5か月ぶりのフリスビー競技会


昨年の9月以来、約5か月ぶりに、昨日 クワンとJFAのフリスビー競技会に出場しました。
その昨年の9月が、クワンにとって 『シニアクラス』 のデビュー戦でしたので、昨日が延べ2回目の、シニアクラスの競技会参加となりました。
「黄金爆裂娘」のクワンも、早いもので7歳7か月・・・ 「娘」と言うには無理のある年齢になりました。
e0204314_12304385.jpg

相変わらず、クワンはバリケンの中で何時間 待機しようが、鳴いたり吠えたりすることは、一切ありません。
それでいて、いざ出番が近づき 「クーちゃん 行くよっ!!」 とバリケンの扉を開けると、尻尾が激しく揺れてバリケンの壁面をバンバンと音をさせながら飛び出て来る、意欲満々のクワン!
クワンの、そのような姿が愛おしく、またクワンとフリスビー競技会に出場するのが、とても楽しいのです。

さて、競技会の結果は、前回の 「シニアクラス デビュー戦」 に続き、準優勝でした。
「1Rを暫定1位で通過するも、2Rに逆転される」というパターンも前回と一緒でした。(苦笑)
まあ、2戦とも 全国屈指の「シニアクラス犬&飼い主さん」と同じ土俵で競いましたので、「犬は良いけれど、投げ手が下手っぴい」な、クワンと私のペアでは、なかなか一番高い場所へは立てません。
e0204314_12471215.jpg

e0204314_12472620.jpg

そして、最近実感している事ですが、流石のクワンもスピードが衰えてきました。
「フリスビーの飛ぶ軌道を やや高めにして滞空時間を稼ぎ、投げ手のテクニックで、愛犬の若干のスピードの衰えをカバーする」などのテクニックが私には不足しているので、クワンは「あと一歩、届かずフリスビーが地面に落下&ポイントを獲得できず」というシーンが増えてきたように思います。

競技を終えて、ぼー としながら、「クワンが引退する年齢になったら、自分は どうするんだろう?」と考えてしまいました。

ソロモンは今まで、延べ2回 フリスビーの競技会に出場し、1回が優勝、そしてもう1回が準優勝でした。
手前味噌ですが、ソロモンは意外なほど (滅多に練習せず、もっぱらダミーの回収練習ばかりしている割には) フリスビーのキャッチが上手です。
e0204314_12593446.jpg

e0204314_130027.jpg

でも、フラウ姐さんは フリスビー競技とレトリーブトライアルでは「自らの意志で意識を切り替え」しておりましたが、ソロモンは、それ程 要領が良いとは思えないので、あまりフリスビー競技会には出したくありません。

美琴は、ボールのレトリーブは大好きですが、フリスビーは上手く咥えられない・・・
マズルの形のせいなのか、地面に落ちたフリスビーを咥えようとしても、なかなか咥えられず、そのうち飽きて興味が無くなる・・・という感じ。  
短吻種系のマズルではないのに、なぜか地面にあるフリスビーを咥えることが出来ません???

「フリスビー競技のために、牧羊犬を迎え入れる」という選択は、しないと思いますし、クワンが引退したら、どうしましょうかね?
クワン引退 = フリスビー競技からも引退 ・・・ では、ちょっと寂しい気がしますし。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2016-02-28 13:11 | クワン (GR)