ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

10歳を過ぎても輝けるドッグスポーツ


GRTA の 2015年のリザルトが発表されました。
フラウ姐さんは、 「ミドルクラス」 の、4位で 2015年を終えました。

3年間、GRT競技会から離れ 半引退状態で、かつ今年も2回しか競技に参加しなかった割には、フラウ姐さんは頑張ってくれました。
長くアドバンストクラスに籍を置いているとは言え、 「半引退状態からの復活」 の、フラウを大いに褒めてあげたいと思います。
e0204314_10133078.jpg


ミドルクラスに関して言えば、「上位10頭」のなかに、10歳以上の犬が複数頭、名を連ねていることが、GRT競技の特徴を、よく表していると思います。

先日、7歳を過ぎたクワンと フリスビー競技の 『シニアクラス』 に、初出場しました。
アジリティーでも シニア部門 が設定されているようです。
つまり、フリスビーにしろ アジリティーにしろ 「シニア」 というクラスを設けなくては、ハンデがある・・・つまり、若い犬と対等には競えない・・・ と、いうことだと思います。

これに対して、レトリーブトライアルには 年齢によるクラス分け がありません
例えば、初出場なら 生後10か月の犬も、11歳の犬も 同じ 「ノービスクラス」の土俵で競うことになります。

日ごろから、 『1秒でも早く!』 とか 『オビよりダミーに駆け寄る意欲とスピード優先!』 などと、散々 言っている私がこのように書くのもナンですが、 「加齢がハンデとならず、むしろ様々な経験を積むことにより、犬に厚みが増してくる競技」 は、素晴らしいと思います。

これは馬術の世界でも同じで、例えば乗馬の売買においては 若い馬の方が安いのです。
「競馬を引退した直後の馬」などは、場合によってはタダで手に入ります。
しかし、訓練を重ね 経験を積み 大きな大会でメダルを何個も獲得しているような馬は、非常に高額で取引が為されます。


GRTAも、以前はタイムトライアル制でしたので、おそらく「加齢によるハンデ」は、あったのではないかと思います。
「〇歳までに、一通りのことを教えまないと、今度はスピードが ついていかなくなる」という面も、あったかと思います。
しかし、現在は ジャッジング (審判による採点方式) に、変わりましたので 「若いうちに、何とかしなくては!」という面は、減ってきたのではないかと。

まあ、確かにフラウは タイムトライアル方式に対応させることに一意専心して育成しましたので、おそらく タイムトライアルの方が順位は良いのだと思います。
10歳を過ぎた今でも、かなりスピードがありますし・・・
写真は、数年前のフラウの フルギャロップ。
e0204314_10432544.jpg


しかし、逆に 「スピードと回収意欲だけ」 が取り柄で、離れると遠隔操作が難しくなる ソロモン・ロケットのことも 「もう少し経験を積めば。。。」 と、焦らずに見守ることが出来るのも、ジャッジングに変更になればこそ! です。

フラウ姐さんに関して言えば、ソロモンが爪を折らなかったら 半分引退状態 から 本当にそのまま引退していた可能性が大で 「塞翁が馬」 という感じ。


運よく、決勝戦にも出場できましたし、もう暫く フラウと 「10歳を過ぎても輝けるドッグスポーツ」 である、レトリーブトライアルを楽しみたいと思います。
e0204314_1052532.jpg

e0204314_10523271.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします 
[PR]
by gundogclub | 2015-10-14 10:56 | レトリーブ (GRT)