ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

汚れて なんぼ


昨日は、 「生後3か月」 のラブラドールレトリバーのお見合いに、里親候補の方に同伴しました。

ペットシッョプ ➡ 飼い主宅に1か月滞在 ➡ 飼い主が匙を投げる ➡ 保護団体が引き取り という経緯で、生後わずかに3か月・・・
e0204314_835837.jpg
 
e0204314_842748.jpg

飼育放棄の原因は、まあ色々とあるのですが、小さなお子さんもいるなかで 『犬が来る前と同じ生活 (室内の清潔さも含め) を続けようとして挫折』 ということ・・・らしいです。

我が家も、長男が3歳の時に、フラットコーテッドレトリバーのシャドーを迎え入れました。
一戸建てを購入して1年ちょっと の時でした。
私は当時、まだ会社員で朝から晩まで家にはおりませんでしたので、ニンゲンのパピーとワンのパピーの世話が、家内の手に委ねられることになりました。

長男とシャドーが、「ママ」を取り合って大騒ぎの毎日・・・ 長男は泣くは シャドーは吠えるは 「遊んで遊んで!」と、長男とシャドーが家内の後を追いかけまわり・・・

そんななか、家内が真っ先に切り捨てたのが 「家を綺麗に保つこと」 だったそうです。
掃除しても、掃除しても、汚し続ける 「オスのハピー 1人&1匹」・・・
ですので、「せっかくの新居なのだから、なるべく綺麗に」から「許容できる最低限の掃除」に切り替えて、精神の平穏を保ちつつ、長男やシャドーと遊ぶ時間を、なるべく多く 取れるようにしてくれた様です。


現在、我が家には5頭のワンがおります。
2か月ほど前に、掃除機を北欧の紙パック式の掃除機に変えたのですが、その紙パックは容量が大きく、「普通の4LDKの家なら、紙パック1個で3か月は交換不要」と取扱説明書には書かれています。
しかし、我が家では 居間&PC部屋&キッチン&1階の廊下 を3回掃除しただけで、紙バックが一杯になって、紙パック交換サインが表示されます。
普通の4LDKの家を丸ごと清掃して3か月もつことを想定されている紙パックが、3回・・・しかも1階部分を清掃しただけで、満杯に・・・
どんだけ 汚いんだよ 我が家!!・・・(苦笑)
そりゃね 居間と庭を隔てるガラス扉を開放して、行き来が自由に出来る (夏は暑いし、エアコンも使うので、常時開放にはしていませんが) ようにしているので、室内に持ち込まれる砂の量が半端ではない。 掃除機が、1年で壊れるのも納得。

まあ、我が家は例外として 「犬と暮らす = 犬と暮らしていない時に比べれば室内が汚れる」 という覚悟で、「それでも犬と暮らすことを選択するのか否か」・・・を、覚悟をもって選択すべきだと思います。


ただ、この 「部屋が汚れる」 ということが、必ずしもマイナスでは無いケースもあります。
私の父は、母が逝去して以降 マルチーズのラブちゃんと 1人&1匹 で暮らしておりました。
残念ながらラブちゃんは虹の橋を渡ってしまい、今は父は本当に一人暮らしになってしまいました。

庭(我が家と違って、ちゃんとした芝生の庭) に出した後は、濡れたタオルでラブちゃんの足を拭いておりましたが、それでも室内に若干の砂や土は持ち込まれます。
当然、抜け毛もあります。
ラブちゃんをブラッシングし、頭に可愛いリボンをつけ、その後に室内清掃。
おまけに、フードも完全手作り食!
愛犬の手入れをし、フードを作り、室内を日に数回、清掃し・・・
「ラブちゃんが居るから、動き回らなくてはならない。 やらなければ、ならない事もある。ラブちゃんのお蔭で、心身ともに呆けないで済む」と父はよく言っておりました。
ある意味、「犬がいて、室内を汚してくれる」ことを、父は感謝していたとも言えます。


犬と暮らすということは、 家も汚れれば、犬も汚れる と私は考えています。
我が家では、体高の低いソロモンを野原で走らせただけで、ぐしょぐしょに濡れて、泥だらけになって・・・でも、野原に連れていく度にシャンプー ・・・などということは、ありません。

ガンドッグは、汚れて なんぼ。
汚れているのはガンドッグの勲章・・・ そう思って暮らしています。
e0204314_8525339.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2015-08-24 08:56 | MY TALK