ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

少 女

2008年の11月末か12月初旬だったと思いますが、東京西部でアジリティースクールを営んでいる友人でもあり、また先輩トレーナーでもある方から LADF を紹介され、家内と一緒に見学に行きました。
12月中旬に開催する、私のスクールの運動会を開催する候補地としての見学でした。

ちょうど、フィールドには、LADFのオーナー Kさんのご令嬢たち 2頭のコーギーと1頭のボーダーコリー、そして1頭のゴールデンレトリバーがKさんと遊んでおりました。

それから1週間ほど後、今度は私ひとりでLADFを訪問。
運動会の開催地をLADFに決め、開催に関する打ち合わせをしました。
LADFを訪れたのは、夕方くらいだったのですが、前回同様 4頭のご令嬢たちがKさんと遊んでおりました。

私がフィールド内に入ると、私に気が付いたゴールデンレトリバーのパピーが、嬉しそうに駆け寄ってきて、私の膝に ぴったりとくっついて停座をしてくれました。
確か、Kさんの許可を頂いてボールのレトリーブ遊びをした記憶が・・・

Kさんの奥さんに 「ゴールデンレトリバーも、アジリティ競技に参加する予定なんですか?」と尋ねましたら、 「あの子は、長期お預かりの子なんですよ。 今の飼い主さんが、もし誰かいい人が居たら譲りたいって言っているのだけれど・・・ 誰かゴールデンの子犬を探している人、いませんかね?」と・・・。
↓写真は、長期お泊り保育の頃のクワン
e0204314_1125164.jpg

その日から、約10日を経て、 くーちゃん と呼ばれていたゴールデンレトリバーのパピー(生後5か月)は、 クワン という名前に変わり、我が家の一員となりました。

クワンは、我が家に来て1年を経た頃から フリスビードッグとしての才能を開花させ、私をJFAのジャパンファイナル出場へと導いてくれました。
そして一昨日のクワンは・・・
e0204314_1172952.jpg

ここ数カ月、一時は見向きもしなかったダミーにも興味を示し、簡単なダミーレトリーブなら嬉しそうに、やってくれます。
ダミーに駆け寄るスピードは、すさまじいのですが ダミーを強く噛んで運搬するのが欠点。
ダミーに犬歯でつけた深い穴が開き、ダミーの中に詰められている木粉がこぼれ出します。
なので、まあダミーレトリーブは、今後もお遊び程度で・・・

やはり、クワンにはフリスビーやボールの方が向いているかも。
もっともダミー同様、フリスビーも強く噛むので すぐに穴だらけになってしまいます。
それでも、ダミーを咥えて駆け戻る時の表情と、フリスビーを咥えて駆け戻る時の表情は、少し違います。 フリスビーを咥えている時の表情の方が真剣!
e0204314_11142564.jpg

e0204314_11143959.jpg

そして、クワンの何よりの特徴は、フリスビーやボールを追う時のギャロップ・スタイル(全力疾走する時の姿勢)です。
まるで、牧羊犬のような低い姿勢でギャロップするクワン。
この様な姿勢で走るゴールデンレトリバーを私は、あまり見たことがありません。
e0204314_1124472.jpg


わが家に来た時、生後5か月だったクワンも、早いもので来年の7月には7歳になります。
そう言えば、少し お顔が白くなってきた気もします。

それでも、私にとってのクワンの印象は、いつまでも 「少女」 のまま。
夕暮れ時、私に駆け寄って、私を嬉しそうに しかし どこか寂しそうに見上げていた可憐な少女のまま。

そして、あの夕暮れ時を思い出すと、私の脳裏には 村下孝蔵さんの名曲 「少女」 の歌詞の一節が聞こえてきます。

 振り向いて 僕を見つけ
  うれしそうに 微笑んだ
   名も知らぬ あどけない 少女よ

  『村下孝蔵 少女』より


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします  
[PR]
by gundogclub | 2014-11-19 11:39 | クワン (GR)