ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

飼い主と遊べる犬

長野の湖への 「おでかけプログ」 第3段。

わが家と、同行してくださったK君家が湖近くの空き地に到着し、あれやこれやと水遊びの準備をしておりましたら、その横を一台の車が湖に向って降りて行きました。
車は、ライムグリーンの初代レンシ゜ローバー・・・ 1stとかクラシックレンジ(ローバー)と呼ばれている車。
今では、この1stのレンジローバーはクラシックカーの範疇に入っており、舗装道しか走らないオーナーさんも多いと思うのですが、この1stレンジローバーは坂を下り小川を渡り中州を乗り越え湖畔に到着。
いやぁ~ 見ていて、うっとりするほど カッコよかったです!
そして、カーゴルームから飛び出してきたのは、3頭のフラットコーテッドレトリバー。
英国製の古式四輪駆動車から、英国産のレトリバーが飛び出してきて。。。 絵になる光景でした。


フラットの飼い主さんが、湖に向ってボール系ダミーを投げ入れ、何度かフラットたちが湖に飛び込んだ頃、我が家とK君家も湖畔に到着。
e0204314_8424429.jpg


湖畔には、フラウ、ソロモン、K君、そして3頭のフラットコーテッドレトリバーがノーリードでいた訳ですが、犬同士が からみあったり、追いかけっこを始めるようなことは、一切ありませんでした。
フラットチームがフラウやソロモンに挨拶に来たり、あるいはソロモンがフラットチームに挨拶に行ったり・・・という淡い接触はありましたが、飼い主を放置して犬同士が遊び始めることは無く・・・


フラウ姐さんは、若い頃は見知らぬ犬に近寄られるのが大嫌いで、まして背後に回ってお尻の匂いを嗅ごうとする犬には鼻に皺を寄せ、犬歯をむき出して かつ唸って威嚇する感じだったのですが、7歳を過ぎた頃から過剰反応をしなくなりました。
丸くなったと言うよりは、覇気が無くなったのかも・・・  最近ではソロモンにマウンティングされている始末ですから!(苦笑)
まあ覇気も鋭敏さも喪失しつつある事は、競技犬としてはマイナスですが、日常生活では気を使わなくても済む分、楽になりました。


そんなに広くはない湖の湖畔で フラットチームはパパが投げるボール系ダミーのウォーターレトリーブ遊び、フラウとソロモンはウォーターダミーのレトリーブ、そして初めて水遊びに挑戦したK君も問題なく泳げることが判明し、単独で泳いだり、ダミーを咥えて泳ぐソロモンと併泳したり。
e0204314_911890.jpg

e0204314_9112622.jpg


もし、我が家のソロモンがフラットチームの処に遊びに行って 「フラットチームと飼い主さんとの遊び」 の邪魔をしたり、あるいはフラットチームがソロモンやK君と遊び始めたりしたら、バタバタになるところでした。
『他の犬が近くにいても、飼い主と集中して遊べる』 というのは、とても大切なことだと私は思います。


でも、これは一朝一夕で、できることではありません。
普段から愛犬とよく遊び、 「飼い主と遊ぶのが一番、楽しい!」 と愛犬から思ってもらえる飼い主でなくては、成り立ちません。
「ドッグランに行くと、他の犬と遊ぶのに夢中で、いくら呼んでも戻ってこなくて・・・」 とか 「犬同士の遊びに、飼い主は勝てないですよね!」 などと、言ってるようではね。
まずは、飼い主が遊び上手になることですね!


フラットチームも日頃から飼い主さんとよく遊び、飼い主さんと遊ぶのが大好きな犬たちだったのではないかと、推測します。
淡い交わりは あったにしろ、飼い主と道具を用いて集中して遊んだ犬たち。
楽しいひと時でした。
e0204314_936369.jpg

e0204314_940771.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-08-30 09:40 | MY TALK