ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

水陸両用小型回収犬


長野の湖、ソロモンにとっては今年2回目の水遊びでした。
今年の1回目は6月に海へ行きました。 少し波が高い日でした。

波を乗り越えて、ダミーに向うソロモン & 波に向って突っ込むソロモン
e0204314_7581442.jpg

e0204314_81147.jpg

波濤を乗り越えてダミーに向って泳いだ海に比べれば、湖でのボールやダミーのウォーターレトリーブは容易だったようで、何度も何度も 飽きずにダミーやボールに向って泳いでいました。

e0204314_842848.jpg

e0204314_845223.jpg

e0204314_85520.jpg


なんか、泳いでいる姿は、カワウソみたい・・・(笑)
ソロモンは、泳ぐのが大好きなようです。 
ただ、フラウ姐さんのような、派手な飛び込みはしません。 飛び込まずに、すーっと泳ぎ始めます。


それと、フラウ姐さんのように、ウォーターレトリーブ中のホイッスル・コマンドは、まだ効きません。
例えば、ダミーを湖面に2個投げておいて、ダミーAに向って泳いでいる途中でストップホイッスルを吹くと、フラウは立ち泳ぎの様な感じで、陸地に立っている私の方に向き直るので、改めてダミーBにハンドシグナルで向わせる・・・などという作業ができましたが、ソロモンにはまだ無理です。
陸上でのフラウとソロモンのストップ・ホイッスルに関する精度の差が、ウォーターレトリーブでも そのまま出てしまっている感じ。


とは言え、ソロモンにもフラウ姐さんに勝っている面もあります。
今回、遊んだ湖には小川が流れておりまして、その小川の護岸のために、石を組んで擁壁(ようへき)にしている場所があります。
石のひとつひとつが、お城の城壁の石のように大きく、しかも石組みの擁壁は、ほぼ垂直です。
この擁壁の上にダミーや棒切れを投げて回収させようとした場合

① 川を渡って、擁壁に取りつく。
② ほぼ垂直の擁壁を、よじ登る
③ ダミーや棒切れを咥える
④ ダミーや棒切れを咥えたまま、ほぼ垂直の擁壁を下る
⑤ ダミーや棒切れを咥えて川を渡る
⑥ ダミーや棒切れを私に渡す

という感じになります。
全盛期のフラウ姐さんでさえ、躊躇した ほぼ垂直の擁壁を、ソロモンは平気で登って行きます。
まあ、体が小さく軽いという利点もあるのでしょうが・・・

それでも、この一連の作業は強いレトリーブ欲と勇気が無くては、成り立ちません。
小型軽量 (ワーキングコッカーは、英国最小のガンドッグ) であるにも関わらず、意欲と勇気をもってレトリーブに向うソロモンは、自慢の息子です。

ソロモン君、陸上回収も水上回収も意欲満々、楽しくて尻尾ブンブンの 『水陸両用小型回収犬』 です。

e0204314_8323375.jpg

e0204314_8322091.jpg

e0204314_8324296.jpg

e0204314_83353.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-08-24 08:37 | ソロモン (WC)