ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

2枚の写真

今日は、2枚の写真を ご紹介しますが、単なる飼い主の自慢話です。
親バカ (一枚は、バカ旦那) の、独り言ですので、参考になるようなオハナシは一切、ございません。
あしからず・・・

写 真 1

7月19日~20日、クワンだけを連れて、つくば市で開催されましたフリスビーの競技会に参加しました。
前日から、バタバタと荷物を車に積み込んだりしておりましたので、フラウは 「あら うちの旦那、明日は どこかに行くのね~」 と認識していたと思います。

19日の早朝に クワンを連れて家を出ようとしている時も 「あら クワンと行くの? いってらっしゃい。 気を付けてネ!」 と余裕の表情のフラウ姐さん。
帰宅後も、愛想よく出迎えてくれて、夜も ぴったりと私に寄り添って寝てくれました。 (本当は、夏は一緒に寝ると暑いのですが・・・)

そして20日(日曜)の早朝・・・
競技会場の受付時間が6時半と早かったので、午前3時頃に起きて、出撃の用意をしておりました。
昨日とは異なり、私の後をついて歩くフラウ姐さん。
前脚で、私の膝の辺りをトントンと叩き、 『今日は、ワタシよね?』 と私を見上げるフラウ。

わが家では、パソコン部屋の壁に ワンズの首輪をかける木製ボード (本来は、フックが横に5本並んだ帽子掛けなのですが) を設置してあり、 私がどの首輪を手にとるか をワンズたちは注視しています。
普段、野原に出かける時も、私が首輪を手にした犬は、私の周りをクルクルと回ったり、ジャンプをしたり・・・。
私が首輪を手にしなかった犬たちは、落胆したかのようにバリケンの中に入っていったり、ソファーで 「ふて寝」を始めたり・・・
4頭とも、『自分の首輪』 を認識している様です。

その日も、クワンの首輪を手にしながら、「フラウ ごめんね。 今日もクワンなんだ!」 と言うと、「フー」 とため息のような音を鼻から出して、ドッグベッドで丸くなってしまいました。
その姿が可哀想で、何度か名前を呼んでみたのですが、私に視線を向けることもなく・・・

競技会場に到着してからも、丸くなってうずくまったフラウの姿が脳裏から離れず、競技会場に犬具屋さんが店を出していたので、思わずフラウ用の首輪を買ってしまいました。

フラウは、生まれた時の個体識別リボンがオレンジ色で 『オレンジリボンちゃん』 と呼ばれていました。 それからずっと、フラウのイメージカラーはオレンジです。

自宅に戻って、フラウに新しい首輪をつけてあげましたら、フラウ奥様は ことの他 お喜びになり、断尾された尻尾を激しくピコピコと振りながら、私の体にジャンプしたり、体当たりをしたり。
「首輪を新調してもらって、嬉しかったのだ」とは思いませんが、「自分だけ、何かをして貰った」というのは、判るのだと思います。

以前にも、クワンにだけ新しい首輪を買ってあげた時、それを見ていたエステルがクワンの首に巻いた新しい首輪を咥えて振り回していましたから、「何で、あんただけ いい事、してもらってるのよっ!」という嫉妬的な感覚は、あったみたいです。

なんか、休日に奥様を放置してゴルフ三昧、釣り三昧の旦那さんが、後ろめたくて 奥様にブランドバッグをプレゼントして、ご機嫌をとっている時の気持に近いものがあったかも。。。
e0204314_959491.jpg


写 真 2
話は変わりまして、次はソロモン。
ソロモンが野原を走り回っている際、草むらに潜んでいた鳥が飛び立ちますと 首を高く上げ胸を張り、精悍な顔つきで、飛び去っていく鳥を見ている時があります。
普段は、ニパニパ笑い 尻尾ブンブンで愛想の良い(だけ)のソロモンが、たまに見せる姿と表情が好きで、写真撮影をしたいと思っているのですが、なかなか機会がありませんでした。
カメラを持っていなかったり、あるいはカメラを持っていても、ソロモンの雄姿が遠すぎたり・・・
先日、ダミーに駆けよるソロモンを横面から撮影しようと思い、ダミーを草むらに投擲しましたら、偶然にも潜んでいたカルガモが2羽、飛び立ちました。
ちょうど、ソロモンの横から撮影しようと思っていた処でしたので、絶好の位置に私が立っており、ソロモンの雄姿を撮影することに成功しました。
小柄なソロモンではありますが、飛び去る鳥を見るソロモンの姿には、威厳のようなものを感じます。
撮影することができ、ラッキーでした。
e0204314_9593143.jpg


以上、今日は2枚の写真を、ご紹介して、オシマイ!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-08-01 10:04 | MY TALK