ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
外部リンク
最新の記事
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
12歳1か月のフリスビー
at 2017-07-02 07:46
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

課題山積ではありますが

朝、4時に起床してソロモンと野原へ!
昨日は、フラウ姐さんを野原へ連れて行ったのですが、野原は乾燥した状態でした。
ラバーブーツが、全くと言って良い程、濡れませんでした。
ところが、今日は一転して、野原は朝露で、ビショビショの状態でして、ラバーブーツはもとより、ズボンも膝上まで、ずぶ濡れ・・・
体高の低いソロモン君は、まるで泳いだかのように 全身 びしょ濡れ、耳からは水滴がポタポタと・・・
e0204314_934680.jpg


本日の主な練習メニューは、ブラインド・レトリーブ
予め、ソロモンを車に待機させておいて、5か所かにダミーを置いておきました。
マーキングレトリーブ (ダミーが落下した場所を目視して、回収する) とは、異なり 『ハンドラーが腕で指し示した方向に、いかに正確に走ることが出来るか』 が鍵となります。

2014年 GRTA第3回競技会が開催された5月の段階では、30m程度しか 私が腕で指し示した方向に直進できなかったソロモンですが、その後の約3か月で、少しは直進できる距離が伸びました。

今日、ご紹介する動画では スタートライン(私とソロモンが立っている場所) から、ダミーを置いた小さな崖の先までの距離は、70m~80mという処だと思います。
私がフリスビーを2回投げて、ちょうど位の距離でしたから・・・  (※ フリスビーを2回投げて、ちょうど位の距離でしたので90m位だと思います。・・・ と書けないことが、辛いです。 相変わらず私はフリスビーを遠くまで飛ばす技術に欠けています : 溜息)
e0204314_950349.jpg

さてさて・・・


ソロモン君、きちんと70~80m直進して、ダミーを発見し、回収することができました。
ただし、5個所に隠したダミーのうち、腕で指し示した方向に、どこまでも直進して回収できたのが2回、途中で曲がってしまい、何度か笛や声符で指示を出して何とか回収できたのが2回、結局ダミーを発見できなかったのが1回・・・
まだまだ、精度は低いです。
e0204314_9533521.jpg


唯一ソロモンがフラウ姐さんに勝っているのは、私が腕で指し示した方向に走るスピードです。
ブラインドレトリーブでも、マーキングレトリーブと同様のスピードで走ることが出来たら、理想的だと思っています。


フラウ姐さんも、ブラインドレトリーブをマスターした当初はスピードがあったのですが、私が競技種目には無い、「ダブル・ブラインド・レトリーブ」 とか 「マーキングレトリーブ1 & ブラインドレトリーブ2 の合計3個の回収」 とかの練習をして、やたらと 『ストップホイッスルで停止~遠隔操作』 をしておりましたら、「いつでも、すばやく停止してハンドラーの方に向き直る事」 が容易なように、フラウが自分でスピードを制御する癖がついてしまいました。
言い換えれば、いつストップホイッスルが鳴っても良い様に神経を集中させていた訳ですが、その為にブラインドレトリーブ時のスピードを削ぐ結果となってしまいました。


一方のソロモン君、私の笛に神経を集中してなんぞ、おりません。 
「いつでも、ストップホイッスルで停止できるように・・・」 なんて、考えてはおりません。
「とにかく、パパが腕で指し示した方向に全速力で走るっ!!!」 が、現段階でのソロモンのブラインドレトリーブです。

ですから、走る方向が一旦、ずれてしまうとフラウとは異なり、容易に修正ができません。
ストップホイッスルも瞬時に停止しない時も多いし、前後左右への指示にも、かなり いい加減・・・
軌道修正装置のついていないミサイルみたいな感じ。。。(苦笑)


まあ、フラウの遠隔操作の正確さと、ソロモンのスピードを足して割ると、理想的なブラインドレトリーブになるかもしれませんが、無い物ねだりをしてもね!
ソロモンは、フラウほど応用力も高くなさそうですので、あまり競技種目には無い 「私の創作種目」 の練習などさせず、長所を磨いていきたいと思います。

ソロモン君、課題山積ではありますが いつもニコニコ、ダミーを見せただけで尻尾をブンブンと振るソロモンとの練習は、楽しいです。
e0204314_1017377.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-07-29 10:22 | ソロモン (WC)