ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
最新の記事
つづら折り
at 2017-08-24 11:13
よしなしごと
at 2017-08-13 09:40
クワン 入院中
at 2017-08-01 07:51
クワン 9歳に!
at 2017-07-20 18:34
今年からプールかな?
at 2017-07-13 11:31
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

同犬種を選択するのが怖い私


わが家の歴代の愛犬は

① シャドー (フラットコーテッド・レトリバー) 故人(犬)

② フラウ  (ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)

③ クワン  (ゴールデン・レトリバー)  飼育放棄犬

④ エステル (イングリッシュ・ポインター) 保護犬

⑤ ソロモン (ワーキング・コッカー・スパニエル)


クワンとエステルは 想定外と言うか 『後継犬計画』 にリストアップされた犬種ではありませんでした。
特に、エステルの場合は保護犬でしたので、「収容期間」 を過ぎると処分されてしまう恐れもあった為、長考する猶予がありませんでした。
e0204314_936328.jpg

しかし、エステルもクワンも 結果的には とても良い犬たちで 出会えたことを感謝こそすれ、後悔の気持ちは微塵もありません。

ただ、フラウが5歳を過ぎ 漠然と 「後継犬を夢想している」 時期に、立て続けにクワン、エステルと迎え入れた為、「後継犬計画」 を中断せざるを得ませんでした。

やっと一昨年の2月にソロモンを迎え入れ、フラウ クワン エステル ソロモン の 「4頭体制」 になりましたが、できればもう少し フラウ姐さんがレトリーブ系作業に意欲満々な頃に、ソロモンを迎え入れる事ができていれば。。。 と、思います。
フラウ姐さん、1年ほど前から単純なレトリーブ作業は、面倒がる様になり、お手本になってくれません。(苦笑)
『犬は犬に習うのが一番、効率も良く また理解し易い』 と思っているのですが、あと2年ほど早くフラウ後継犬を迎え入れていれば、フラウ姐さんが よいお手本になってくれた筈・・・
e0204314_101375.jpg



さて、上記で 「後継犬を夢想」 と書きましたが、私は 「同犬種を、継続して選択した」 経験がありません。
わが家に最初に迎え入れた犬がシャドーで、家内も彼のことは、とても愛してくれました。
猫派だった家内を 「犬と暮らすのも楽しいわね!」 と思わせてくれたシャドーの役割は大きく、シャドーがいなければ、私の今の暮らしも無かったかもしれません。
ですから私は、シャドーにはとても感謝しておりますし、今でも大好きですが、だからと言って フラットコーテッド・レトリバーを選択し続ける ということには、なりませんでした。

同様にクワンもエステルも、カワイイ娘たちですが、ゴールデンレトリバーと暮らすのはクワンが最後、イングリッシュポインターと暮らすのもエステルが最後だと思います。

私の 「犬の奥さん」 であり、私の生活の大部分を「犬」が占めるようになった きっかけを作ってくれたフラウ(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター) に関しては 『フラウが天国に旅立った後、またGSPと暮らす』 という可能性が無いとは言えないのですが、ちょっと怖い  ・・・


何が怖いのかと言うと 比較してしまいそうで怖い のです。
「同じ犬種を何代も続けると、比較してしまいそうで怖い」 と言うと 「息子さん(同じニンゲンという種の息子)2人いても、どちらがより可愛いとか、どちらが可愛くないとか、ないでしょ! 犬も一緒だから大丈夫!!」 と励まされる(笑) ことがあります。

ただ、我が家の息子たちは、「どんぐりの背比べ」 と言うか 「五十歩百歩」 というか、まあ似たりよったり なのですが、もし 兄か弟のどちらかが 「成績優秀 行動も模範的 得意なスポーツもあり、女子にも人気あり」 みたいな 「絵に描いたような理想の息子」 で、もう片方がダメダメだったら 偏愛するのではないか?・・・ 自分が 『成果主義的評価に基づいた愛し方』 をするのではないかと、これもある意味 「怖い」 んです。 まあ幸いと言うか、そんな心配は現実には、全くありませんが・・・

ジャーマン・ショートヘアード・ポインター(GSP)に関しては、フラウほど息の合う犬には巡り会えないのではないかと思いますし、もし折角 新たなGSPを迎え入れて失望するようなら、その迎え入れたGSPも不憫ですし・・・
などと、あれやこれや考えますと どうも大好きなGSPでさえ、2代目を迎え入れることが怖いのです。


ただ、ここにきてやっと ワーキングコッカーなら 2代目を迎え入れてもいいかな・・・ と思えるようになりました。
ただし、今の処 気持ちとしては 『女の子限定』 ですが・・・
女の子なら、ソロモンと優劣があったとしても 「性別が異なるから」 と自分を納得させられそうですし。

まあ、同じ犬種を迎え入れることを 「怖い」 とあまり逡巡せずに思えるのは、私が ワーキング・コッカー・スパニエル という犬種をもっと深く理解し、経験を積みたいという願望・・・要は惚れこんでいるのかもしれません。

e0204314_10442492.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-07-03 10:51 | MY TALK