ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

I 型 レトリーブ


先日の蓼科でのレトリーブトライアル競技会のアドバントクラス(上級クラス)の競技種目を見学していたら、初めて見る種目がありました。

『競技ペアは、ジャッジからコールされたら待機場所からジャッジのいるスタート位置に移動する。移動中はリードとカラーは装着していてよい。
スロアーは、ジャッジの指示によりスタート位置から30m~100m離れた場所にブラインドの場合は事前にダミーをセットし、マーキングの場合は発砲音またはマーク声の後、ダミーを投げ入れる。さらに2本目のダミーをブラインドの場合は事前にセットし、マーキングの場合は発砲音またはマーク声の後投げ入れる。2本のダミーの位置は V型、I型、L型
前後など地形や条件により組み合わせる。会場により、スロアーは2人で行うこともある。』


V型、I型、L型とは、スタートラインで ハンドラーが立ち、その左横に競技犬が停座している状態を起点として、2本のダミーが、どのような方向に投擲されるかを表しています。
V型とL型は、なんとなく想像がつくと思うのですが、I型って???
『I 型』 とは ハンドラーから見て、一列になるように2本のダミーが投げられることを指します。
直線上に、スタートラインからは距離の異なる2本のダミーがある と表現すれば、お判りになるでしょうか?


この 『I 型』 は、ソロモンが参加しているミドルクラスでも競技種目に含まれておりますので、練習も兼て実験してみました。


この練習は、ダミーではなく ボールでもできるので、多少デフォルメして、説明します。
まず、スタート地点を決め、愛犬を停座させ、その横にハンドラーが立ちます。
スタート地点から10mの場所にボールを1個置いてもらいます。 このボールをAとします。
次に、スタートラインから20mの場所に、ボールを1個置いてもらいます。 このボールをBとします。


まず、前提として 犬には言葉は通じません。 「奥の方にあるBのボールから、持ってきてくれる?」 と話しかけても犬には通じません。
次に、何も指示をしないで、犬を送り出したら 近くにあるAのボールから咥える犬が大半だと思います。
言葉では通じない、かつ 何も指示をしなければ、大半の犬は近くにある方のボールから咥えてしまう・・・ では、AではなくBのボールから咥えさせるには、どうしたら良いのか? ということです。


実際の実験は、50mの巻尺を使って、スタートラインから30mの処にダミーを1個 (これをAとします )、そこから直線上 スタートラインから50mの処にダミーを1個 (これをBとします) 置いて、行いました。

Get on!の声符で予想通り、Aのダミーを咥えようとするソロモン ➡ 咥えようとした瞬間にストップホイッスル ➡ 咥えるのを止めて、こちらに向き直るソロモン ➡ バック!の声符とハンドシグナル ➡ ソロモンがBのダミーをめがけて走る ➡ 咥えて戻り私にダミーを手渡して終了!
思いの外、一発目から、上手くいきました。
e0204314_16535130.jpg


そして、この一連の動きを3回ど繰り返しましたら、ソロモンは もうAのダミーには見向きもしなくなりました。
「どうせ、奥にあるダミーから、回収しろって言うんでしょ!」 と、Aのダミーを踏んづける様に、Bのダミーに駆け寄るようになりました。


やったぁ~! これで競技会もダイジョウブ!! と思えばよいものを、私は面白くありません。
何故なら、ソロモンは 『単に、奥の方から回収すればいいんだ!』 と条件反射で行っているだけですから。


おそらく、競技会でも手前側Aのダミーからの回収をジャッジが指示することは無いと思うので (これだと簡単すぎるので) 『奥側のBのダミーから回収する』 を馴致させるだけでも良いのかもしれませんが、これでは面白くありません。
だってこれでは、「指示に従って回収」 ではなく 「条件反射で奥側から回収」 するだけに、なってしまいますから・・・


で、競技会の事だけ考えるなら、よせばいいのに(苦笑) ダミーをもう1個、増やしてみました。
直線上に、スタートラインから近い方から A・B・C と3つのダミーを置いてみました。
Aのダミーはルアーダミー(囮のダミー)にして、回収はさせません。

Bのダミーを回収するのか Cのダミーを回収するのかで、ハンドリングが異なります。

【Bのダミーから回収の場合】
①Get Onの声符で回収に向わせる
②Bのダミーの、ごく手前でストップホイッスル
③ソロモンが、こちらに向き直る
④「フェッチ!」の声符
  ※ 「フェッチ! の声符で咥える練習」 はパピーの頃からしておりました
⑤ソロモンがBのダミーを咥え戻り手渡す

【Cのダミーから回収の場合】
①Get Onの声符で回収に向わせる
②Bのダミーの、ごく手前でストップホイッスル
③ソロモンが、こちらに向き直る
④「バック」の声符&体符
⑤ソロモンがCのダミーを咥え戻り手渡す

こうして、ダミーを3個にすると 「とにかく、奥側のダミーから回収すりゃ、いいんでしょ!」という条件反射的レトリーブはできなくなります。
「ハンドラーのコントロールによるレトリーブ」 が可能となります。
やはり、この方が 断然 面白いです。
e0204314_1732597.jpg


ちなみに、こういう 「マーキングレトリーブの派生型」 の練習は、ソロモンは本当に理解が早いです。
「どうやって理解させようか?」と悩むこともなく、Bの回収&Cの回収とも、初回から成功!
e0204314_17332068.jpg


やはり、当面の課題(あるいは生涯の課題かも・・・)は ブラインドレトリーブと100mを超えるようなロングレトリーブとなりそうです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-05-23 17:38 | レトリーブ (GRT)