ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

信濃路 競技編


2014年5月11日 長野県蓼科の牧場で開催されたGRTA (ガンドッグレトリーブトライアル協会) の、今年3回目の競技会にソロモンと参加しました。

e0204314_1613419.jpg

↑ 開催地の写真です。 草丈も短く、これならソロモンも 草丈に悩まされることもない? ・・・ はずなのだけれど・・・

ソロモン君、今回から ミドルクラス に昇格です。
ソロモンのミドルクラスの競技の順番は ブラインド (シングル 50m) ➡ WALKED UPマーキングシングル (今回はミドルの参加ペアが多かったので3組ずつの競技) ➡ ダブル30m(マーキング&マーキング) ➡ 100mロングマーキング でした。
ミドルクラスの競技種目詳細については、 こちら をご参照ください。

さて、我が家の茶色坊主は。。。

① ブラインド (シングル 50m)
この競技種目は、最初から 諦めていました。
練習でさえ、 30m位しか ブラインドレトリーブができないソロモンが、50mのブラインドが出来る筈もない! 
がっ 結果的には成功してしまいました。 
予想どおり、私が腕で指示した方向に直進できたのは30m位で、その後 さかんに右方向に行きたがったのですが、 なんとか ストップホイッスルによる停止 と バックの声符 で、左方向へ誘導することができ、走り回っているうちに、偶然 ダミーを発見し、回収成功。
これは、「できた」 とは言いません。 できていない。 走り回ったラインの草むらに 偶然ダミーが転がっていただけのハナシ!
ただ、あの状況で ストップホイッスルで停止し こちらに向き直り、かつパックの声符で後方に走る 「聞く耳」 を、ソロモンが持っていたことだけは、評価したいと思います。
秋までには、「偶然」ではない、ブラインドレトリーブを習得させる様に、頑張らないと・・・


② WALKED UPマーキングシングル
今回のミドルクラスの競技会で、唯一 満足のできる内容だったのが、この競技。
この競技に出場することを見越して、ソロモンがパピーの頃から 『ちょっと特殊なヒールウォーク』 の練習をしてきました。
この競技は、簡単に説明すると 2組~3組のペア(ハンドラー&犬) が横一列になり、歩きます。
勿論、ヒールウォークであることが望ましく、ハンドラーと犬が1mも離れていたり、あるいは無理矢理リードを手繰って一緒に歩かせようとしている場合は、減点の対象となると思います。
ただし、この 『ヒールウォーク』 にポイントがあるのです。
2組~3組のペア(ハンドラー&犬) が横一列になり歩いている最中に、いきなり発砲音が鳴りダミーが投擲されます。 発砲音がしてダミーが地面に落下するまでの時間は 3~4秒。
発砲音が鳴ると同時に、前方を見て ダミーが落下場所を犬が確認できなくては、ダミーの回収は、できません。
しかし、服従訓練競技会とかドッグダンスなどで用いられる 『ヒールウォーク』 では、犬がハンドラーを見上げながら歩く(アイコンタクト付ヒールウォーク) のを良しとする為、ハンドラーの顔を見上げているうちにダミーが地面に落下してしまい、ダミーの回収が難しくなってしまいます。
ですので、ソロモンには 私の左足とソロモンの右前脚部が、こすれ合うほど密着していても、視線は前方を向いて歩く & 私が歩くのを停止した場合は声符が無くてもソロモンも停止~停座 をする練習をしました。
これが、私が言う処の 『ちょっと特殊なヒールウォーク』 の内容です。


③ ダブル30m(マーキング&マーキング)
実は、競技前に一番、自信があったのが、この種目でした。
ソロモンは、ダブルダミーの練習を方向指示付のダブルダミーで最初から練習していたのです。
ノービスクラス(初級クラス) のダブルダミー競技には方向指示は無く、好きな方から回収することが出来ますが、これをせずに 最初から 「ダブルダミーは方向指示を伴うもの」 として、教えました。
前回のノービスの競技会でも、方向指示を用い かつ満足のいく内容でした。

が・・・ 今回は 投擲されるダミーの方向に私と共にソロモンも体を正対させ ダミーを確認したにも関わらず、二つのダミーの真ん中方向に何度も走って行ってしまいました。

ここ10日ほど ダミーを 「V字型」 に投げ、両方のダミーの真ん中辺り (つまり正面方向) の草むらに、ブラインドダミーを置く練習を盛んにしておりました。 (競技種目には、ありません)
目視したダミー(マーキングダミー) の誘惑に負けずに、腕の指示した方向に直進してブラインドダミーを発見回収する練習 を、やり過ぎたみたい。
『ダブルダミーの時は、その前に 必ずブラインドのダミーがある』 という、間違った擦りこみをしてしまったかもしれません。
とは言え、しっかりマーキングダミーを腕で指示したのに、ありもしないブラインドダミーを探して、正面方向に何度も走ろうとしたソロモンも、ちゃんと理解していないなぁ~
もう一度、練習のし直しです。 一応、規定時間内に指示された方のダミーから回収できたので、一応この種目もクリアしました。


④ 100mロングマーキング
草丈が短い競技会場だったので、「なんとかなるのでは?」 と思っていましたが、心臓パクパク 薄氷を踏む感じでした。
facebookで友人となった、英国のワーキングコッカー専門のドッグトレーナーも 『110ヤード (約100m) のマーキングレトリーブは、かなり練習を重ねないと難しいし、生まれながらのセンスとか血統にも左右される。 どんなに練習しても、できないワーキングコッカーも多い。 そもそも110ヤードのロングマーキングは、ワーキングコッカーのディスタンス(距離)ではない!』 と言っておりますし、ハンドラーの腰が引けている面があって・・・(苦笑)

ソロモン君 100mの距離の往復(200m) を 3回、繰り返しました。
ソロモンには、パピーの頃から 「ダミーを発見できなかったら、勝手に探し回らないで 私の足元に戻る訓練」 をしております。
ですから、まず 宙を滑空する様なスピードで走り、ダミーに向い、少しダミーの落下場所とは異なる場所を探し周り、見つけられずに また宙を滑空する様なスピードで私の足元に戻る を2回繰り返し、3回目の出撃(笑)で、やっとダミーを発見し、戻ってきました。
制限時間内に、延べ600mを走るソロモンのスピードは確かにすごいけれど、あと数秒でタイムオーバーで失格だったそうです。


以上、諦めていたのにパスした競技が1種目、思い通りにできた種目が1種目、自信があったのに 「なんでやねん?」 の種目が1種目、100mという距離がさらに怖くなってしまった種目が1種目と、なんとも総括しにくい結果となりましたが それでも一応 4種目を全てクリア。
確か、ミドルクラスで7位だったと思います。


秋に向けての課題満載。
でも、あれもこれも は難しいですから まずは ダブルダミー(マーキングとプラインドを交え、かつ勝手にありもしないブラインドダミーを探したり等の先読みをさせず) の精度をあげること そしてブラインドレトリーブが可能な距離をもう少し伸ばすことを目標としたいと思います。

次回のプログテーマは 「信濃路 旅情編」 競技終了後の あれやこれやこそ 今回の旅の目的だった・・・かも・・・・

e0204314_1721739.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-05-12 17:27 | レトリーブ (GRT)