ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
ソロモン王子 戴冠!
at 2017-10-09 15:33
霧ヶ峰でGRT競技会
at 2017-10-03 09:06
クワン 無事に復帰戦を終える
at 2017-09-24 17:42
クワン快気祝い in LADF
at 2017-09-14 09:57
大きな、お友達
at 2017-09-03 09:39
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

翔べない男


フラウ姐さんにジャンピング・レトリーブの練習を始めたのは、フラウ姐さんが3歳を過ぎた頃でした。
ジャンピング・レトリーブとは、文字通り 障害物(板とか、牧場の柵とか、ネットとか)を飛び越える練習です。
往路は何も咥えずに障害物を飛び越えるわけですが、復路はダミーを咥えたまま、障害物を飛び越えることになります。


我が家を購入した時に、工務店がクローゼットの中に置いていった 縦1m×横3mほどのベニヤ板が何枚かあったので、DIYショップで半分に切ってもらい、高さ50cmのベニヤ板にして、これをを繋げて、庭の全幅をベニヤ板で仕切りました。
つまり、ベニヤ板を飛ばない限りは、仕切り板の向こう側へは、行けないようにしたのです。
ベニヤ板の向こう側に、ボールを投げ回収に向う練習をしましたら、すぐに仕切り板を飛び越え、ボールを咥えて戻って来るようになりました。

そして、フラウ姐さんは 「JUMP!」の声符で、板だろうがネットだろうが、水路の溝だろうが、倒木だろうが何でも飛び越えられるようになりました。
かつ、『飛べるけれど、指示がなければ 飛ばない』 ので、ハイジャンプが出来る様になった後も、困ることはありませんでした。
e0204314_8442140.jpg

e0204314_845340.jpg

e0204314_8462581.jpg

e0204314_8502271.jpg


これに対し、ソロモン君は、ジャンピングマシーンです。
高さ1.1m位の居間とキッチンを隔てているドッグゲートも、居間とキッチンを隔てている1.3m位の壁も、平気で飛び越えてしまいます。
たまに遊びに来る保護活動家のNさんは、我が家のドッグゲート付近や対面式キッチンの壁付近に、逆さまにして積み上げている椅子を見て、「何、これ?」と大笑い。
飛ばない様に、バリケード代わりに椅子を逆さまにして積み上げているのです。

好き勝手に飛び越えるドッグゲートや壁とは別に、「JUMP!」の声符で飛べるようになったものもあります。
食卓用テーブルに助走なしで飛び乗り、瞬時に食卓天板に停座することも出来ます。(カミサンに見られたら、私が大目玉を食らいそうですが・・・)
あとは、椅子の上とか、バリケンの上とか、庭にある物置小屋の天板などが、指示で飛ぶ(飛び乗る)ことができる様になりました。

つまり、ソロモンは 「自分の意志で勝手に飛ぶ」場合と、「指示によって飛ぶ」場合があり、「指示が無ければ、飛べるけれど飛ばない」というフラウ姐さんとの差があります。
何はともあれ、飛び越えることが大好きなソロモン君です。
e0204314_8571790.jpg

e0204314_857342.jpg


先日、岐阜県のスキー場で開催されたGRTAの2014年2回目の競技会では、ミドルクラスとアドバンストクラスでは、ネット超えのレトリーブが競技種目にありました。
ソロモンが参加したノービスクラスではネットは使用しませんでした。

競技終了後のフリータイムの折、ソロモンを連れ、ダミーとカメラを持ち、ネットが設置された場所へ!
ネットは、それほど高くはありませんでした。 ソロモンなら、楽々とネットを飛び越えられる筈!

ダミーを咥えてネットを飛ぶ瞬間を写して、額に入れて飾ろうかと意気込んでいたのですが・・・
ところが、意外なことに、ソロモン君はネットを飛びませんでした。 大回りして、ネットが無い場所から遠回りしてダミーを咥え、戻ってきます。
何度か繰り返しましたら、往路はネットを飛び越える様になったのですが、ダミーを咥えての復路は、ネットを飛ばず大回りして戻って来るまま・・・

結局、あまり練習することが出来なかったので、「ダミーを咥えてネットを飛ぶ」までには、至りませんでした。

あーぁ ネットを使って練習しないとダメですね~。
ソロモンは、前述した「自分の意志で勝手に飛ぶ」場合と、「指示によって飛ぶ」場合、そして 「指示されても、飛ばない(飛べる高さであっても)」というパターンがあるみたい。

一つには、応用力の差がある様に思います。
ベニヤ板が飛べるようになった後は、飛越対象物ごとに練習をしなくても ネットだろうが溝だろうが、何でも飛べるようになったフラウ姐さん。
対して、ソロモンは 自分が飛び超えたいものは教えなくても飛び代わりに、「指示によって飛ばす」場合は、飛越対象物ごとに練習して経験を積ませないと、ダメなのかもしれません。

面倒な男だねぇ~ 
まあ当分は、パピーを迎え入れる予定もありませんし、焦らずゆっくりと練習を重ねていくことにします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします   
[PR]
by gundogclub | 2014-04-17 08:58 | ソロモン (WC)